吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”22週,23週視聴率、感想、あらすじ。24週予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者公開。

公開日: : 最終更新日:2014/09/09 テレビ 視聴率, あらすじ, 花子とアン

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー

・ドラマ”花子とアン”の22週,23週視聴率、感想
・ドラマ”花子とアン”の視聴率推移
・ドラマ”花子とアン”の22週あらすじ
・ドラマ”花子とアン”の23週あらすじ
・ドラマ”花子とアン”の24週予告あらすじ、ネタバレ
・ドラマ”花子とアン”のキャスト(出演者)
・ドラマ”花子とアン”の関連記事
を公開します。

ドラマ”花子とアン”の22週,23週視聴率、感想

NHK朝の連続ドラマ2週,23週”花子とアン”が放送されました。視聴率は22週23.4%でした。23週視聴率は23.1%でした。21週視聴率は22.3%でしたのでほぼ横ばいです。

22週,23週感想は、日本の戦況の変化が花子の家に大きな影響を与えていきました。しかし23週の金曜日の放送時、スコット先生、花子の会話がほとんど英語で行われ字幕が出されていた回にはびっくりしました。今までの朝ドラでは、考えられないことでした。

ドラマ”花子とアン”の視聴率推移

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の視聴率推移
1週・・・21.6%
2週・・・21.5%
3週・・・22.0%
4週・・・21.9%
5週・・・21.9%
6週・・・23.1%
7週・・・21.9%
8週・・・22.6%
9週・・・23.0%
10週・・・22.0%
11週・・・23.3%
12週・・・21.6%
13週・・・23.2%
14週・・・23.2%
15週・・・24.2%
16週・・・23.5%
17週・・・22.5%
18週・・・22.6%
19週・・・23.5%
20週・・・22.0%
21週・・・22.3%
22週・・・23.4%
23週・・・23.1%

23%台にまた乗せてきました。24%台に再び乗せることができるでしょうか。

ドラマ”花子とアン”の22週あらすじ

新しい家族

花子は、ラジオ局で自分の放送の中で最後の文言を
”さようなら”ではなくて”ごきげんよう、さようなら”
と変えたいということでもめたが、結局花子の意見が採用された。

そして家に帰ると英治がいた。ももがいて
”家事をするから、村岡家においてくれという”
そしてももは英治とももは一緒に住むこととなった。

後日にわに誰かがいるといって、みんなで調べてみると。。
そこには、喫茶店にきていた絵描きの益田旭だった。

以前ももの絵を描いて渡してくれた。

旭今回”絵のモデルになってほしい”と頼みに来たのだ。
ももは承諾した。

その後結婚をもうしこんで、2人は結婚することとなった。

花子のもよに、朝市が現れる。そして朝市は結婚することを報告した。ももも、花子も喜んだ。

そしてももに娘が生まれたが、旭が結核に係り療養が必要となった。

その時英治は、子犬を連れてきました。
新しい家族ができたのです。”

旭は療養しているなか、ももに代わって、ももの娘美里を英治と花子を育てていた。

ももはもう一人子を授かった。美里はももと旭の願いで、村岡家の養女となることになった。

あたらしい家族がはなれることに

戦争が激化していく中、花子の家の犬”テル”が戦地に徴収された。

美里は、テルがいなくなり悲しんだ。

花子はラジオの中で戦地の犬の話があった。これを勝手にテルの名前を引用して放送してしまった。

これにはラジオ局も大慌て、検査後の原稿を読むのが原則なのにそのことを無視する行為を行ったのだ。

しかし花子は、謝る気はなかったが
”花子の行為が、ラジオ局の人間の多くが首になるかもしれない”
と聞いて誤った。

戦争は激しくなり、宇田川も戦地に戦地の状況を伝えるための記者として戦地に向かうことに。

ドラマ”花子とアン”の23週あらすじ

アンとの出会い

花子は、宇田川が戦地の記者として向かったことを悲しむ。しかし醍醐は、はやく自分も戦地の記者として向かいたいと思っていた。

そのことに対して、蓮子は毛嫌いする。

日中戦争は激化し、日中の関係を修復しようとしていた龍一に吉太郎たちの所属する憲兵に捕まった。

そのことを知ると蓮子は、花子に話して吉太郎を通して手紙などを渡してほしいと頼む。

花子は、蓮子は、言動がストレートすぎる。と危惧していた。
蓮子は、花子のラジオ放送で戦況しか話していないことに不満をもっていた。

蓮子また花子と決別することとなった。

宇田川は、戦場から帰ってきた。宇田川が書く原稿は非常によく、評判がよかった。

しかし宇田川は”戦場はそんな生ぬるいものではない”と一括する。

戦況はますます戦々恐々となってきてスコット先生も母国カナダにかえることとなった。

そして帰りに花子にある本を渡す。”Anne of Green Gables”ドラマタイトルにもなっている。”花子とアン”です。

※この日スコット先生、花子の会話はほとんど英語で行われ字幕放送となっていました。日本ドラマでは、珍しい回だったと思います。

ある日の早朝、空もまだ暗いとき突然電話がかかってくる。
”本日のラジオ放送は、行わない”というものだった。

それ以上に重要なことが発生したというのだ。

それが真珠湾攻撃だった。

そして花子は、ラジオ放送を辞退することを決めた。

ドラマ”花子とアン”の24週予告あらすじ、ネタバレ

生きている証

美里から、なぜラジオの仕事を辞めたのか聞かれた花子は、敵方の国には大切な友人たちがいるから、戦争のぬy-巣を子供たちに伝えることは出来ないと話す。

日米開戦直後は日本軍の連戦連勝が伝えられ、人々は勝利を信じて高揚していた。

醍醐は戦地の様子を視察すべく、シンガポールへ出発する。

かよは雪乃に誘われる形で婦人会に加わり、出征兵士の見送りなど度銃後の活動にいそしむようになる。

和平活動を模索する龍一は、蓮子にしばし別れを告げ飛び立ってゆく。

村岡家では、意思が投げ込まれるという事件もおきる。

花子はももからも花子の仕事のことで近所の人からなじられたと聞き、自分が英語に関わる仕事をしているという理由で「非国民」のように扱われることにショックを受ける。

そんな折、吉太郎が英治に、仕事が激減している青凛社に軍関係の仕事を斡旋しようと持ちかけるが。。。戦況は悪化してゆき、昭和19年。本土空襲の危険がささやかれる。

甲府の吉平が村岡家を訪れる。

花子たちに疎開を進めに来たのだが・・・

”花子とアン”のHPより引用

ドラマ”花子とアン”のキャスト(出演者)

ドラマ”花子とアン”のキャスト(出演者)は、
・村岡花子・・・吉高由里子さん(主役)
・葉山蓮子・・・仲間由紀恵さん (はなの親友)
・安東吉平・・・ 伊原剛志さん
・安東ふじ・・・室井滋さん
・安東周造・・・石橋蓮司さん
・安東吉太郎・・・賀来賢人さん
・安東かよ・・・黒木華さん
・安東もも・・・土屋太鳳さん
・木場朝市・・・窪田正孝さん
・徳丸甚之介・・・カンニング竹山さん
・村岡英治・・・鈴木亮平さん
葉山蓮子・・・仲間由紀恵さん
です。

ドラマ”花子とアン”関連記事

吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”21週視聴率、感想、あらすじ。22週予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者も公開。

吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”20週視聴率、感想、あらすじ。21週予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者も公開。

吉高由里子さんドラマ”花子とアン”15,16,17,18,19週視聴率、あらすじ。20週予告あらすじ、ネタバレ。出演者、キャストを公開します。

吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”14週視聴率、感想、あらすじ。15週予告、ネタバレ。はなは失恋のショックで実家に戻る。蓮子はかなわぬ恋へ燃え上がる。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”13週視聴率、感想、あらすじ。14週予告あらすじ。蓮子と龍一と伝助はどうなるのでしょうか。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”12週視聴率、感想、あらすじ。13週予告。蓮子とはなの久しぶりの再開。そして英治のはなへの思い。。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”11週視聴率、感想、あらすじ。12週予告、ネタバレ。周造が亡くなり、はなは東京へ。視聴率は最高を記録しました。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”10週視聴率、感想、あらすじ。11週予告、ネタバレ。ももが朝市に告白。でも朝市がすきなのは”はな”

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”9週視聴率、感想、あらすじ。10週予告、ネタバレ。はなの担任の生徒が卒業することに。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”8週視聴率、感想、あらすじ。9週予告、ネタバレ。はなは母校の小学校で大暴れ?

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”8週視聴率、感想、あらすじ。9週予告、ネタバレ。はなは母校の小学校で大暴れ?

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”7週視聴率、感想、あらすじ。8週予告、ネタバレ。蓮子は結婚。はなは小学校の先生に

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”6週視聴率、感想、あらすじ。7週予告、ネタバレ。花子と蓮子ははなの実家へ。蓮子はお見合いを。。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の5週視聴率、感想、あらすじ。6週予告、ネタバレ。蓮子の復讐?はなが手伝う

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の4週視聴率、感想。5週予告、ネタバレ。親友となる蓮子との出会い。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”3週視聴率、感想、あらすじ、主題歌。4週予告、ネタバレ。花子が恋?

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”2週視聴率、感想、あらすじ、主題歌。3週予告、ネタバレ。花子がスコット先生を傷つけてしまう。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”1週視聴率、感想、あらすじ、2週予告、ネタバレ。花子が奉公に。。

NHK朝ドラ(朝の連続ドラマ)”花子とアン”のキャスト、主題歌、原作、あらすじ公開。第1週予告、ネタバレ。第1週は花子の幼少期が描かれています

2013年は「ガリレオ」。2014年春の朝ドラ「花子とアン」と出演多忙な吉高由里子さん。映画「蛇にピアス」で演技力を広げた?今熱

ad

関連記事

エイジハラスメント4話あらすじ、視聴率、感想。女性上司のパワハラ。5話予告。原作、主題歌、出演者

武井咲さん主演ドラマエイジハラスメントの ・4話視聴率、感想 ・4話あらすじ ・5話予告あらす

記事を読む

視聴率更新。ようこそ、わが家へあらすじ2話、3話予告ネタバレ、視聴率、感想。主題歌嵐。相葉雅紀さん、有村架純さん出演。

嵐の相葉雅紀さん主演月9ドラマようこそ、わが家へ2話が放送されました。 ・ようこそ、わが家へ2話視

記事を読む

視聴率更新。花燃ゆ6話あらすじ、感想、視聴率。7話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん出演。寅次郎が復活する。

NHK大河ドラマ花燃ゆ6話が放送されました。 ・花燃ゆ6話視聴率、感想 ・花燃ゆ6話あらすじ

記事を読む

ドラマ”SMOKING GUN”(スモーキングガン)3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告、ネタバレ。子供の純粋な依頼に真紀も心うたれる。

本文(ドラマ”SMOKING GUN”(スモーキングガン))サマリー(要約、目次) ・ドラマ”SM

記事を読む

上戸彩さん主演ドラマ昼”顔~平日午後3時の恋人たち~”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、挿入歌、キャスト、出演者を公開 。紗和と北野は逃げ出す。

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼顔~平日

記事を読む

ドラマ”福家警部補の挨拶”7話視聴率、あらすじ、感想。8話予告、ネタバレ。福家最大のピンチか?

ドラマ「福家警部補の挨拶」の本文サマリー(要約) ・ドラマ「福家警部補の挨拶」7話視聴率、感想

記事を読む

2016年ドラマ視聴率ランキング1位真田丸、2位相棒、3位スペシャリスト、善戦したフラジャイル

2016年ドラマの視聴率ランキング ・2016年ドラマの視聴率ランキング1位、2位、3位 ・20

記事を読む

吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”14週視聴率、感想、あらすじ。15週予告、ネタバレ。はなは失恋のショックで実家に戻る。蓮子はかなわぬ恋へ燃え上がる。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の

記事を読む

花燃ゆ13話あらすじ、感想、視聴率。14話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。コレラが流行し井伊直弼が。。

NHK大河ドラマ花燃ゆ12話が放送されました。 ・花燃ゆ13話視聴率、感想 ・花燃ゆ13話あらす

記事を読む

TBSドラマ「S-最後の警官-」。キャスト、エキストラは、向井理さん、綾野剛さん、土屋アンナさん、大森南朋さんなど豪華メンバー。主題歌はMISIAの最新曲「僕はペガサス君はポラリス」。第1話あらすじ、ネタバレ。映画化も決定。

日曜劇場、日曜9時から「S-最後の警官-」が始まります。主演は綾野剛さんと 向井理さんの2人のイケ

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑