ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」最終回(11話)視聴率、感想、あらすじ。医龍まとめ。桜井の脳外科を担当したのは岡村だった。。

公開日: : 最終更新日:2014/04/14 あらすじ, テレビ 視聴率, ドラマ, 医龍, 感想

本文(ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」)のサマリー(要約)

・ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」が最終回(11話)視聴率、感想
・ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon間」の視聴率の経緯
・ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」最終回(11話)あらすじ
・ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」最終回を迎えまとめ
・ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”過去の記事
以上です。それではご覧下さい。


ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”最終回(11話)が放送されました。岡村が救世主として現れましてね。

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」視聴率、感想、あらすじまとめサイト

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”最終回(11話)視聴率、感想

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”最終回(11話)が放送されました。視聴率は 12.7%となりました。10話11.5%と最終回で1%程度上昇しました。


11話の感想は、桜井を救うための救世主が、なんとなく岡村とわかっていたので面白みにかけましたね。そして最終回(11話)の大半が、オペの場面で展開もなく、期待はずれでした。

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”視聴率の推移

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”視聴率の推移をみてみましょう。

1話 11.6%
2話 12.8%
3話 13.2%
4話 12.3%
5話 11.2%
6話 11.0%
7話 10.7%
8話 13.3%
9話 13.3%
10話 11.5%%
最終回(11話)12.7%

医龍4は、安定した視聴率でした。10.7%が最低視聴率常に二桁の視聴率を獲得していました。

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”最終回(11話)あらすじ

桜井が急患の処理で心臓マッサージを行い、血管への過渡な圧力を加え病状が急変した。心臓、脳とも危険な状態となった。

朝田はオペを行うことを決意した。しかし脳外科医がいない。アメリカNO1脳外科医が来日するのは一ヵ月後。。

朝田が脳をオペすると発言するが、荒瀬が
”それは桜井先生を殺すことにもなる”
と強く反発した。

桜井先生の脳のオペは誰がすることに

藤吉がアメリカから連絡が入る。
”ただ1人日本で脳のオペができる”と

それはなんと岡村だった。
そして藤吉は、岡村に連絡して
”今L&P病院に向かっている”
とのことだった。

桜井先生のオペが始まる

桜井先生の脳、心臓同時オペが開始される。
朝田、岡村による世界最高難易度のオペにオペ室内の空気も緊張していた。

オペが開始されると、岡村のオペの早さに他のスタッフは驚愕する。
それに負けずと朝田もオペを迅速に行う。

朝田、岡村に様々な困難がオペ中に直面するが、2人とも各々にオペをこなし無事終了した。

桜井先生がオペ終了後

朝田は、桜井病院に戻り通常の問診を行う。早川も朝田と桜井についていく。

藤吉はアメリカで研究に従事し、加藤は人工心臓の研究に従事する。

伊集院は鬼頭と一緒にインドに赴任し、医療を世界に普及される努力を行っていた。

岡村はビジネスで世界を変える努力にいそしむ。

各々頑張っていた。そして野口は。。。

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”最終回を迎えてまとめ

医龍の四作目は、野口の医療の世界侵略の策略のためにチームドラゴンのメンバーをハンティングする岡村と、チームドラゴンのメンバーの葛藤があがかれた物語でした。

医龍は4作目になり視聴率は安定していました。しかし飛躍的に上昇することはありませんでした。

脚本という観点からみると、冬の医療ドラマで放送された”チームバチスタ”のほうが数段面白かったです。

視聴率を安定させたのは、配役にあったと思います。

医龍のシリーズ5作目はあるかどうか、微妙ですね。

ドラマ”医龍4 ~Team Medical Dragon”過去の記事

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告、ネタバレ。桜井の病状が急変チームドラゴンは救えるのか。。

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ。岡村の過去が徐々に明らかに

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。早川が朝田によって、今回医師として成長しました。

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」第7話視聴率、感想、あらすじ。第8話予告、ネタバレ。キャスト伊集院役の小池徹平さんが患者への向き合うことが新たな治療の解決法を見出しました。

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」第6話視聴率、感想、あらすじ。第7話予告、ネタバレ。キャストに今回は平幹二朗さんの長男、岸部一徳さんの長男が出演。主題歌EXILE ATSUSHIの「青い龍」発売中。

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」第5話視聴率、感想、あらすじ。第6話予告、ネタバレ。キャストは荒瀬役阿部サダヲさんが大活躍。主題歌「青い龍」2月10日発売。

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。キャストは阿部サダヲさん、小池徹平さんなど。

坂口憲二さん主演のドラマ”医龍4”第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。チームドラゴンのキャストは阿部サダヲさん、小池徹平さんなど。

以前桜井裕美さん、稲森いずみさんと噂になった坂口憲二さんが結婚。恋のキューピットは伊藤英明さん。ドラマ「医龍」撮影頑張って下さい。

主演坂口憲二さんドラマ”医龍4~Team Medical Dragon~”木曜10時放送開始。キャストは稲森いずみさん、小池徹平さん、阿部サダヲさんなど。第1話あらすじ、ネタバレ

ad

関連記事

ru-zuberuto

2014年春のドラマ視聴率、評判ランキング(5月26日現在)。視聴率1位”花咲舞が黙ってない”に猛追する”ルーズヴェルト・ゲーム”、”border(ボーダー)”

2014年春のドラマ視聴率ランキング、順位(5月26日現在) 2014年春のドラマでの視聴率ランキ

記事を読む

ryuusei2

視聴率更新。流星ワゴン2話あらすじ、感想、視聴率。3話予告。西島秀俊さん、香川照之さん出演。主題歌はサザン。父の家族に見せないプライドをしる。

流星ワゴン2話がはじまりました。息子と父親の絆は。。 ・流星ワゴン2話視聴率、感想 ・流星ワゴン

記事を読む

hirugao8

上戸彩さん主演ドラマ昼”顔~平日午後3時の恋人たち~”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、挿入歌、キャスト、出演者を公開 。紗和と北野の不倫がばれる。

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼顔~平日

記事を読む

tamioulast

視聴率更新。民王(たみおう)最終話あらすじ、泰山が内閣総辞職し選挙に、翔は最終面接に。視聴率、原作、出演者、主題歌

遠藤憲一さん、菅田将暉さんのダブル主演ドラマ民王 ・最終話視聴率、感想、動画 ・最終話あらすじ

記事を読む

kitazimasaburou

北島三郎さん、今年で紅白引退を発表。最後は”まつり””川 ”何を歌うの?でも先月は博多座でコンサート元気ですね!

紅白の発表が先日行われ、「あまちゃん」 メンバーの小泉今日子さん、薬師丸ひろ子 さんが選出されま

記事を読む

nisizima

ドラマ”MOZU”(もず)の5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。葵美の争奪戦東が勝つか倉木が勝つか。。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の5話視聴率、感想

記事を読む

taxi2

“素敵な選TAXI(タクシー)”2話あらすじ、3話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。脚本、主題歌、出演者、キャスト公開。

"素敵な選TAXI"に関する内容まとめ ・"素敵な選TAXI"2話視聴率、感想 ・"素敵な選

記事を読む

hhanamoyu7

視聴率更新。花燃ゆ7話あらすじ、感想、視聴率。8話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん出演。

NHK大河ドラマ花燃ゆ6話が放送されました。 ・花燃ゆ7話視聴率、感想 ・花燃ゆ7話あらすじ

記事を読む

herosaisyuukai

HERO11話(最終回)あらすじ、視聴率、感想、まとめ、続編は?キャスト、出演者公開。久利生冤罪を国分に自供させる

本文( 木村拓哉さん主演ドラマ"HERO"に関する)内容 ・ドラマ"HERO"11話(最終回)視聴

記事を読む

napo6

ナポレオンの村6話あらすじ市長が志が変わる。視聴率、動画。最終話予告

唐沢寿明さん主演ドラマナポレオンの村が放送を開始します。 ・6話視聴率、感想、動画 ・6話あらす

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑