ドラマ”S-最後の警官-”TBS日曜劇場。9話視聴率、感想、あらすじ。最終回(10話)予告、ネタバレ。来週最終回です。

ドラマ”S―最後の警官―”本文サマリー(要約)

・”S―最後の警官―”の9話の視聴率、感想
・”S―最後の警官―”の視聴率推移
・”S―最後の警官―”の9話あらすじ
・”S―最後の警官―”の最終回(10話)の予告、ネタバレ
・”S―最後の警官―”の過去の記事
を公開します。ご覧下さい。

”S―最後の警官―”の9話の放送されました。来週が最終回です。

ドラマ”S―最後の警官―”の視聴率、あらすじ、まとめページは”こちら

ドラマ”S―最後の警官―”の9話の視聴率、感想

”S―最後の警官―”9話視聴率が発表されました。視聴率15.4%となりました。8話11.2%でした。急上昇しました。

9話の感想としては、新スナイパーが登場しました。そしてそのスナイパーはイルマで、一號と関連のある人物でした。なぜ最終回前に新たな登場人物が現れるのでしょう。

それは”S―最後の警官―”の映画化が決まっていて近日公開だからです。

”S―最後の警官―”のの視聴率推移

”S―最後の警官―”の視聴率推移ですが、
1話 18.9%
2話 15.2%
3話 16.1%
4話 12.9%
5話 12.1%
6話 12.6%
7話 12.9%
8話 11.2%
9話 15.4%

急に視聴率が上昇しました。原因はわかりませn。しかしこれで”S―最後の警官―”は、民放2014年ドラマ視聴率ベスト3はほぼ確定しました。

ドラマ”S―最後の警官―”9話あらすじ

NPSに新しいスナイパーが決まった。それにより蘇我はSATへ戻ることになった。

NPSの新しくスナイパーは女性で、元陸上自衛隊に従事していた林イルマだった。

初めてイマルが出動する事件

刃物を持った男が元交際相手を脅して、洞道に逃げ込んだとして、香椎からNPSのメンバーに出動の指令が出る。

そして今回は最後の仕事として蘇我が、そして最初の仕事としてイマルが出動した。

犯人が逃げ込んだ先が、地下道でガス、水道、電気など様々な配線がめぐらされてなるべく銃を使用せずに解決することが必要だった。

一號、イルマ、梶尾とポインターが組み犯人の足取りをおうするとポインターが反応し犯人を追い詰める。そして一號が確保したが、一號が背後から襲われそうになった時、蘇我とイマルが同時に射撃し、一號をまもった。

蘇我はその時イルマの弱点を見抜いた。それは、イマルはスナイパーでありながら相手を射殺できないのだ。

イマルと一號とゆずるの関係

イマルと一號は実は意外な関係が。それはゆずるの両親が射殺された時に、ゆずるの両親を殺した通り魔をイルマの父親が射殺したのだ。

国際テロリストMが活動開始

そして蘇我がSATへ戻ると同時に、日本の要人が誘拐され”M”のテロに利用された。その時Mこと正木は、一號とゆずるのお店で食事を取っていた。

国際テロリストMこと正木の目的は?また霧山との関係は?

ドラマ”S―最後の警官―”の最終回(10話)の予告、ネタバレ

ドラマ”S―最後の警官―”の最終回の注目ポイントは
・SATの人質奪還作戦が成功したのか
・仕組まれたテロの謎が
・イルマ、一號、蘇我の活躍
最終回です。今後展開はどうなるのでしょうか。

日本の各界の有力者10名を拉致した誘拐テロ事件が起き、犯行声明から「M」こと正木圭吾が事件の首謀者であることが判明した。

人質解放のタイムリミットは明日1日となる中、一號の実家の定食屋「まんぷく食堂」に正木が現れ、一號に電話を入れる。動転した一號は「まんぷく」に駆けつけ正木に殴りかかるが、逆にカウンターをくらい気絶してしまう。

「テロリストとは交渉しない」という警察の大前提のもと、SITの捜査員が潜伏先を特定し、蘇我、嵐らSAT基地局車両が制圧に向け出動する。

中丸の号令で作戦が開始され、武装したSAT隊員たちは次々に設定したポイントをクリアしていく。蘇我も狙撃ポイントでライフルを構えバックアップするのだが、蘇我はある違和感を覚える…。

時を同じくして、正木は都内のフォーラムで行われている演奏会で、一般の観客たちに交じって演奏に聞き入っていた。

美しい旋律が止み、観客たちの拍手が鳴り響くなか、ホールの天井や壁に向けてマシンガンが放たれる。

会場での正木たちの動向が動画サイトで、リアルタイム中継されて、取引に応じなかった日本警察への報復のため、1時間後、民間人の人質6名を殺害すると新たな犯行声明を出す。

SATが要人救出作戦に出動中のため、警察庁長官官房審議官の天城は「確保」を信条とするNPSに対し、正木らの「制圧」を命じる。

香椎は、NPSの生みの親でもあり、『制圧法』制定に向け尽力を尽くす霧山塾の塾頭・霧山の罠ではないかと疑うが…

NPSの作戦が開始され、イルマの狙撃が見張りの一人の肩を撃ち抜くと同時に物陰から飛び出す一號、通風窓の枠を外す速田。潜入班の潜入が成功し、作戦は順調に思われたのだが…

ドラマ「S―最後の警官―」HP より引用

ドラマ「S―最後の警官―」過去の記事

”S-最後の警官-”ドラマTBS日曜劇場。8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。今回は冷静な速田が取り乱していました

”S-最後の警官-”ドラマTBS日曜劇場。7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。第6話視聴率、感想、あらすじ。第7話予告、ネタバレ。主題歌MISIA

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。キャスト向井理さん、綾野剛さん第5話視聴率、感想、あらすじ。第6話予告、ネタバレ。主題歌MISIA「僕はペガサス 君はポラリス」は2月5日発売

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。キャスト向井理さん、綾野剛さん第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。

向井理さん、綾野剛さん主演TBS日曜劇場ドラマ「S-最後の警官-」。漫画原作は”海猿”も手がけた小森陽一さん。第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。第1話は再放送されました。

TBS日曜劇場ドラマ”S-最後の警官”主題歌MISIA。第2話感想、視聴率。第3話予告、ネタバレ。敵の黒幕Mも明らかに

日曜劇場TBS「S―最後の警官―」視聴率は? 向井理さんかっこよかったですね。感想はどうでしたか?主題

2014年ドラマ視聴率速報。「相棒」「S -最後の警官-」「僕のいた時間」「緊急取調室」の視聴率は?2013年紅白歌合戦が「半沢直樹」の視聴率を抜きました。ちなみに歌手別視聴率、北島三郎さんがTOPでした。

TBSドラマ「S-最後の警官-」。キャスト、エキストラは、向井理さん、綾野剛さん、土屋アンナさん、大森南朋さんなど豪華メンバー。主題歌はMISIAの最新曲「僕はペガサス君はポラリス」。第1話あらすじ、ネタバレ。映画化も決定。

ad

関連記事

2016年春のドラマ高視聴率は。福山雅治さん主演ラヴソング、嵐大野さん主演世界一難しい恋、99.9 刑事専門弁護士ホームページ、OUR HOUSE

2016年冬のドラマも終わり、夏のドラマが始まります。 ・2016年春のドラマ ・高視聴率予想ド

記事を読む

坂上忍さんがタモリさんの後任(月曜担当)元嫁 との離婚の原因。 自宅で飼っている犬の名前は佐藤さん?

坂上忍さんが「笑っていいとも」の降板番組にMC決定の話、結婚と離婚の話、後坂上さんが可愛がっている犬

記事を読む

嵐2013”love”コンサートファイナル福岡ドーム楽しみましたか?最終日セトリ公開です(セットリスト)。ファンキーダンスちゃんと覚えていきましたか?グッズ三時間以上の待ちに耐えれましたか?ファンサはとれましたか?次の日はNHK「嵐の明日に架ける旅」忙しいですね。嵐は!

12月23日、12月24日嵐の皆さんNHK「嵐の明日に架ける旅」お疲れ様でした。 嵐のコンサートが

記事を読む

Nのために7話あらすじ、視聴率、感想。8話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者。N作戦2が”Nのために”の答えが。

本文(Nのためにに関する)内容まとめ ・Nのために7話視聴率、感想 ・Nのために7話あらすじ

記事を読む

ドラマ”ビター・ブラッド”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。古雅の悲しい恋愛物語

本文(ドラマ”ビター・ブラッド”)サマリー ・ドラマ”ビター・ブラッド”7話視聴率、感想 ・ドラ

記事を読む

視聴率更新。ようこそ、わが家へあらすじ2話、3話予告ネタバレ、視聴率、感想。主題歌嵐。相葉雅紀さん、有村架純さん出演。

嵐の相葉雅紀さん主演月9ドラマようこそ、わが家へ2話が放送されました。 ・ようこそ、わが家へ2話視

記事を読む

視聴率更新。”医師たちの恋愛事情”9話あらすじ。春樹に”退職勧告”それに対して千鶴が辞職を言及。感想、視聴率、10話予告。

医師たちの恋愛事情9話が放送されました。 ・医師たちの恋愛事情9話視聴率、感想 ・医師たちの恋愛

記事を読む

軍師官兵衛44話あらすじ、45話予告ネタバレ、視聴率、感想、出演者。官兵衛が再び朝鮮へ。

本文( 軍師官兵衛に関する)内容 ・軍師官兵衛44話視聴率、感想 ・軍師官兵衛視聴率推移 ・軍

記事を読む

ドラマ”ビター・ブラッド”2話視聴率、感想、主題歌。3話予告、ネタバレ。夏輝は父の明村の気持ちを知る。

本文(ドラマ”ビター・ブラッド”)サマリー ・ドラマ”ビター・ブラッド”2話視聴率、感想 ・ドラ

記事を読む

刑事7人4話あらすじ、視聴率、感想。5話予告

東山紀之さん主演ドラマ刑事7人 ・4話視聴率、感想 ・4話あらすじ ・5話予告あらすじ

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑