ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。キャスト向井理さん、綾野剛さん第5話視聴率、感想、あらすじ。第6話予告、ネタバレ。主題歌MISIA「僕はペガサス 君はポラリス」は2月5日発売

ドラマ「S―最後の警官―」

・ドラマ「S―最後の警官―」の第5話の視聴率、感想
・ドラマ「S―最後の警官―」の視聴率推移
・ドラマ「S―最後の警官―」の第5話あらすじ
・ドラマ「S―最後の警官―」の第6話の予告、ネタバレ
・ドラマ「S―最後の警官―」の過去の記事
を公開します。

ドラマ「S―最後の警官―」の第5話の放送されました。視聴率がどうなったのでしょうか。これ以上下がればこの時間帯の秋のドラマ「安堂ロイド」の二の舞になります。

ドラマ「S―最後の警官―」の第5話の視聴率、感想

のドラマ「S―最後の警官―」第5話視聴率が発表されました。第5話視聴率12.1%となりました。第4話12.9%でしたので下げ止まった感があります。

第5話の感想としては、最後に蘇我(綾野剛)が一號(向井理)に対して初めて心を許した瞬間がありました。自分の姉の過去を話した蘇我の気持ちに対して今後一號がどのような行動を起こすでしょうか。

ドラマ「S―最後の警官―」の視聴率推移

ドラマ「S―最後の警官―」の視聴率推移ですが、
第1話 18.9%
第2話 15.2%
第3話 16.1%
第4話 12.9%
第5話 12.1%

やっと下げ止まりました。おそらくここの一番下の視聴率だと思います。いくら下がっても10%をきることはないと思われます。

ドラマ「S―最後の警官―」の第5話あらすじ

NPSのメンバーがSATから出向してきた蘇我。そして蘇我がNSPに入ってきたのでお祝いをすることに。

最近自殺者のそばに、”M”が利用するナイクラッド弾が残されていることが多い。そして女子高生の由真も自殺を図った。しかし未遂におわった。

由真が救急車で運ばれた先が、たまたまゆづるが勤める病院であった。床の上に落ちた拳銃の弾をひろうとゆづるは、入院していた横川に拳銃の弾を見せた。

女子高生由真から一號らは話を聞くと、由真は掲示板でハンドルネーム神父と名乗る人物が、浮かび上がる。

NPSは「神父」の居場所をつきとめ、確保に向かうが、「神父」こと板橋満生は部屋にはいなかった。

入れ違いで、板橋はナイクラッド弾の箱を持って交番に自首をしていたのだった。

板橋は癌の末期で余命半年と宣告されていた。その中で自殺に関するサイトをみていてそこで自殺を考えている人たちの相談を聞いて、相談を解決することで掲示板の中で”神父”と呼ばれるようになった。

板橋は癌の末期で生きがいをなくしていたが、ここで自殺者の相談にのることにより生きがいを見出したのであった。そんな時掲示板でしりあった人物から、ナイクラッド弾が送られてくる。

ナイクラッド弾をつかって板橋は自殺願望者へ自殺を思いとどまるようにと、ナイクラッド弾をおくった。しかし自殺を思いとどめることが出来ず多くの自殺者を出すことになる。

そして板橋は身柄を護送される時に、ある少年からさされる。そこへ一號が駆けつけ心臓マッサージを行うが。。板橋はなくなってしまう。しかし一時して板橋が息を吹き返す。蘇我はその奇跡的な光景を目の当たりにする。

その後帰り道で蘇我は、一號に自分の姉の過去を話す。

ドラマ「S―最後の警官―」の第6話の予告、ネタバレ

古橋の別れた妻・西原由紀子と山梨で暮らす息子史郎が、突然ひとりで古橋を訪ねてきた。突然でびっくりする古橋。

古橋は、息子史郎になぜ元旦那である古橋を訪ねてきたのか理由を聞いても、黙っている。そこで休暇をとっていた一號の家に史郎を連れて行く。

一號は古橋、史郎、そしてゆづると近くの公園に遊びに行く。
そして夕方になって、元妻・由紀子が史郎を迎えにきた。そして由紀子は、古橋に再婚話をする。その話を聞いて古橋は、ショックを受ける。

そして古橋は、由紀子と史郎を帰りの高速バスまで見送る。

古橋は、最後の別れ際、史郎に”大ッ嫌い”と言われてしまう。そして何もいえない古橋。

そして悲劇が。
由紀子と史郎が乗った高速バスがハイジャックに。

その事実をNPS隊長・香椎から古橋聞き、バスを追いかける。そして。。。

余談ですがドラマ「S―最後の警官―」MISIA「僕はペガサス 君はポラリス」は2月5日に発売となりました。

ドラマ「S―最後の警官―」過去の記事

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。キャスト向井理さん、綾野剛さん第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。

向井理さん、綾野剛さん主演TBS日曜劇場ドラマ「S-最後の警官-」。漫画原作は”海猿”も手がけた小森陽一さん。第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。第1話は再放送されました。

TBS日曜劇場ドラマ”S-最後の警官”主題歌MISIA。第2話感想、視聴率。第3話予告、ネタバレ。敵の黒幕Mも明らかに

日曜劇場TBS「S―最後の警官―」視聴率は? 向井理さんかっこよかったですね。感想はどうでしたか?主題

2014年ドラマ視聴率速報。「相棒」「S -最後の警官-」「僕のいた時間」「緊急取調室」の視聴率は?2013年紅白歌合戦が「半沢直樹」の視聴率を抜きました。ちなみに歌手別視聴率、北島三郎さんがTOPでした。

TBSドラマ「S-最後の警官-」。キャスト、エキストラは、向井理さん、綾野剛さん、土屋アンナさん、大森南朋さんなど豪華メンバー。主題歌はMISIAの最新曲「僕はペガサス君はポラリス」。第1話あらすじ、ネタバレ。映画化も決定。

ad

関連記事

視聴率更新。ワイルド・ヒーローズあらすじ1話、2話予告、視聴率、感想。主題歌クリスタルケイさん。TAKAHIROさん、岩田剛典さんEXILEメンバー出演者。

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ1話が放送されました。 ・ワイルド・

記事を読む

7話あらすじ、視聴率更新。婚活刑事1話あらすじ、感想、視聴率、動画。恋をする相手が犯罪者?。2話予告、出演者、主題歌。

伊藤歩さん主演ドラマ婚活刑事が放送を開始します。 ・婚活刑事1話視聴率、感想、動画 ・婚活刑事1

記事を読む

ドラマ視聴率の傾向、ランキング。視聴率に曜日、時間帯、テレビ局に相関関係が。2015年冬のドラマ注目はデート、DOCTORS(ドクターズ)3,○○妻

ドラマのあらすじを公開していく中で視聴率が、気になり視聴率の動向を調べています。ここ数年面白い傾向が

記事を読む

2013年FNS歌謡祭、視聴率23・4%を記録。久しぶりの小室さんと華原さんのコラボ。SMAP、嵐、AKBもコラボ。。さすがプロデューサーきくちさん!

昨日毎年恒例となってきました 「2013FNS歌謡祭」が放送され 平均視聴率18.8%を記録した

記事を読む

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。明日美が虹に父の面影を見てしまう。

本文(主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”関する)サマリー ・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの

記事を読む

相棒シーズン14(season14)新相棒反町隆史さん演じる冠城亘。法務省キャリアと右京どのようなコンビになるのでしょうか。キャスト、出演者。シーズン13、シーズン12視聴率、あらすじ

相棒シーズン14(season14) ・相棒シーズン14新しい相棒 ・相棒シーズン14の全貌

記事を読む

ナポレオンの村。限界集落で合コン。4話あらすじ、視聴率、動画。5話予告、原作、出演者、主題歌、放送日

唐沢寿明さん主演ドラマナポレオンの村が放送を開始します。 ・4話視聴率、感想、動画 ・4話あらす

記事を読む

TAKAHIROさん主演のドラマ”戦力外捜査官”感想は?視聴率は?第2話あらすじ。 第3話予告、ネタバレ。

ドラマ「戦力外捜査官」第2話が放送されました。第1話は13.3%でしたが第2話目は視聴率はどうだった

記事を読む

不倫を題材とした昼顔の次は、石原さとみさん、松下奈緒さん主演ドラマ”ディア・シスター”。あらすじ1話予告、ネタバレ、放送日、原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者公開。

本文(石原さとみさん、松下奈緒さん主演ドラマ”ディア・シスター”に関する)内容 ・ドラマ”ディ

記事を読む

ドラマおやじの背中7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告あらすじ、ネタバレ。エンディング、挿入歌、出演者、キャストを公開

本文( ドラマ”おやじの背中”に関する)内容 ・ドラマ”おやじの背中”の7話視聴率、感想 ・ドラ

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑