”S-最後の警官-”ドラマTBS日曜劇場。7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。

ドラマ”S―最後の警官―”本文サマリー(要約)

・”S―最後の警官―”の第7話の視聴率、感想
・”S―最後の警官―”の視聴率推移
・”S―最後の警官―”の7話あらすじ
・”S―最後の警官―”の第8話の予告、ネタバレ
・”S―最後の警官―”の過去の記事
を公開します。ご覧下さい。

”S―最後の警官―”の7話の放送されました。古橋の子供は無事救出されたのでしょうか。

”S―最後の警官―”の7話の視聴率、感想

”S―最後の警官―”7話視聴率が発表されました。視聴率12.9%となりました。6話12.6%でした。視聴率は安定してきています。

7話の感想としては、一號と蘇我のコンビプレーで爆破で大勢の被害がおこるのを食い止めました。

一號は蘇我が爆弾を銃で撃って空中で爆破してくれることを予想していのですが、蘇我はその行動をしてしまったことに腹立たしい自分もいて、なかなか仲良くならないですね。

”S―最後の警官―”のの視聴率推移

”S―最後の警官―”の視聴率推移ですが、
1話 18.9%
2話 15.2%
3話 16.1%
4話 12.9%
5話 12.1%
6話 12.6%
7話 12.9%

視聴率が安定してきました。ここから上昇することを期待しましょう。

”S―最後の警官―”7話あらすじ

古橋の別れた妻・西原、そして息子の史郎が乗った河口湖行きのバスへバスが乗客の廣田によりバスジャックされてしまう。

何か踏んだようバスが、タイヤがバーストして止まった。そこへ古橋が犯人との交渉にあたる。

古橋はバスジャック犯廣田は、犯行動機を聞きだした。
・父に対する不満
・息子である自分に対してなんとも思ってないという失望感
など家族の問題であった。

古橋は交渉により人質の解放に応じた。しかし古橋の子供及び数人は人質として、バーストしたバスを乗りあえて、別のバスで走行する。

バスジャック犯廣田の父親・廣田春貴を説得のために連れてきた。しかし家族の会話はほとんどなく、それが息子の疎外感に拍車をかけ犯行に及んだ可能性も高い。

そこで父親・廣田春貴が息子を説得しようとバスに近寄り、話をした。しかし決裂し最後の手段としてSATが突入することになった。

人質を救出したが、バスジャック犯廣田は体に爆弾を巻いていたため自殺するつもりだった。そのバスジャック犯廣田に向かっていく一號は爆弾をつる。

しかしタイマーが作動し、後数十秒に爆発する。その時一號は爆弾を空中へなげる。

そして蘇我がその爆弾を銃で爆破する。絶妙なコンビプレーだった。

”S―最後の警官―”の8話の予告、ネタバレ

NPSの本部で、速田の様子を伺う古橋と梶尾。心ここにあらずと言う感じだった。聞いてみるとなんとプロポーズの結果を持っているとのこと。

相手は保育士の恋人・優子と2年前から付き合っていた。なぜか香椎は彼女の素性を知っているようだ。

突然身代金目的の誘拐事件が発生する。誘拐事件は通常SITが指揮をとる。その指揮下でNPSも捜査に参加することになる。

今回誘拐されたのは、速田の彼女優子が勤めている保育園を卒園した小学一年生女子。事務的に捜査資料を読み上げる速田の元上司・SIT係長の当は、優子も重要参考人になるとのことを速田に伝える。

身代金目的の誘拐事件は、
・SIT捜査員の追跡でマル害(誘拐された人物)保護に成功
・NPSは身代金を受け取った男たちを確保する
解決したかのように思われた。

しかし、その男たちはただの運び屋で、首謀者は別にいることが判明し男たちの自供、監視カメラの映像から被疑者として優子に逮捕状が出されることになる。

容疑者の近しい人物が捜査に加えることが出来ないため、NPSをこの事件から話すことに。
速田は、この事件をNPSの職務から離れて誘拐事件を捜査するために”退職願”を香椎へ差し出す。

ドラマ「S―最後の警官―」過去の記事

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。第6話視聴率、感想、あらすじ。第7話予告、ネタバレ。主題歌MISIA

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。キャスト向井理さん、綾野剛さん第5話視聴率、感想、あらすじ。第6話予告、ネタバレ。主題歌MISIA「僕はペガサス 君はポラリス」は2月5日発売

ドラマ「S-最後の警官-」TBS日曜劇場。キャスト向井理さん、綾野剛さん第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。

向井理さん、綾野剛さん主演TBS日曜劇場ドラマ「S-最後の警官-」。漫画原作は”海猿”も手がけた小森陽一さん。第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。第1話は再放送されました。

TBS日曜劇場ドラマ”S-最後の警官”主題歌MISIA。第2話感想、視聴率。第3話予告、ネタバレ。敵の黒幕Mも明らかに

日曜劇場TBS「S―最後の警官―」視聴率は? 向井理さんかっこよかったですね。感想はどうでしたか?主題

2014年ドラマ視聴率速報。「相棒」「S -最後の警官-」「僕のいた時間」「緊急取調室」の視聴率は?2013年紅白歌合戦が「半沢直樹」の視聴率を抜きました。ちなみに歌手別視聴率、北島三郎さんがTOPでした。

TBSドラマ「S-最後の警官-」。キャスト、エキストラは、向井理さん、綾野剛さん、土屋アンナさん、大森南朋さんなど豪華メンバー。主題歌はMISIAの最新曲「僕はペガサス君はポラリス」。第1話あらすじ、ネタバレ。映画化も決定。

ad

関連記事

菅野美穂さんを奥さんにもつ堺雅人さん主演「リーガルハイ」 視聴率好調キープ。反面木村拓哉さん主演「安堂ロイド」第四話10.3%まで下落!

境雅人さん主演の「リーガルハイ」が視聴率好調を キープしています。 今回5話目でも18.3%でし

記事を読む

相棒7話あらすじ、8話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想シーズン13(season13)。脚本、出演者、公開。亨は辞表を出す。

本文(”相棒シーズン13”に関する)内容まとめ ・相棒7話視聴率、感想 ・相棒7話あらすじ ・

記事を読む

視聴率更新。流星ワゴン9話あらすじ、感想、視聴率。最終話(10話)予告。西島秀俊さん、香川照之さん、井川遥さん出演。主題歌サザンオールスターズ。一雄は家族とのわだかまりが取れる。

流星ワゴン9話が放送されました。西島秀俊さん、香川照之さん出演。 ・流星ワゴン9話視聴率、感想

記事を読む

2014年のNHK朝ドラ「マッサン」で史上初の外国人ヒロイン登用。”ごちそうさん”の視聴率は?”あまちゃん”能年玲奈さんは今度はヤンキー役?

NHK朝ドラマに初の外国人ヒロインを起用することが 報道各社に発表された。 来年秋からスター

記事を読む

ドラマ視聴率ランキング2015。春、夏、秋、冬。下町ロケット、花崎舞が黙ってない、天皇の料理番、相棒

久しぶりの投稿です。2015年も終わりとなりドラマのランキングを公開します。 ・2015年ドラマの

記事を読む

1話視聴率更新。主演武井咲さんドラマエイジハラスメント。1話あらすじ、視聴率、感想。2話予告あらすじ、原作、出演者、主題歌、放送日。

武井咲さん主演ドラマエイジハラスメントの1話 ・エイジハラスメント1話視聴率、感想 ・エイジハラ

記事を読む

視聴率更新。デート”恋とはどんなものかしら”9話あらすじ、視聴率、感想。最終話(10話)予告、杏さん、国仲涼子さん主演。主題歌chay。巧が高等遊民になった理由が明らかに。

フジテレビ月9ドラマ”デート 恋とはどんなものかしら" ・デート〜恋とはどんなものかしら〜9話視聴

記事を読む

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”12週視聴率、感想、あらすじ。13週予告。蓮子とはなの久しぶりの再開。そして英治のはなへの思い。。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の

記事を読む

相棒、DOCTORS3、○○妻、銭の戦争、デート2015年ドラマ視聴率ランキング。○○妻(まるまるづま)、DOCTORS3が混戦:2015年3月8日

2015年冬のドラマ視聴率ランキング2015年3月7日版 ・視聴率ランキングベスト3 ・注目のド

記事を読む

SMAPの香取慎吾さん主演ドラマ”SMOKING GUN”(スモーキングガン)5話の視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。エミリのことをしる田中という女性が現れる。

本文(ドラマ”SMOKING GUN”(スモーキングガン))サマリー(要約、目次) ・ドラマ”SM

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑