ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」第6話視聴率、あらすじ、感想。第7話予告、ネタバレ。碧翠院の戸山が殺害されて新たな展開が。

公開日: : 最終更新日:2014/02/19 テレビ 視聴率, ドラマ , , ,

ドラマ「チーム・バチスタ4」の本文サマリー(要約)

・ドラマ「チーム・バチスタ4」第6話視聴率、感想
・ドラマ「チーム・バチスタ4」視聴率の推移
・ドラマ「チーム・バチスタ4」第6話あらすじ
・ドラマ「チーム・バチスタ4」第7話予告、ネタバレ
を公開します。ご覧下さい。

ドラマ「チーム・バチスタ4」第6話が放送されました。視聴率はどうだったのでしょう。

ドラマ「チーム・バチスタ4」第6話視聴率、感想

ドラマ「チーム・バチスタ4」第6話視聴率が発表されました。視聴率は9.4%でした。第5話は、11.6%だったので2%強下落です。

第6話の感想としては、ある事実を知った戸山が殺された。新たに急速な展開が。また末期患者の早すぎる死に疑問を抱く田口。展開が大きく変わってさらに面白くなってきそうです。

ドラマ「チーム・バチスタ4」視聴率の推移

ドラマ「チーム・バチスタ4」視聴率の推移ですが、

第1話 12.9%
第2話 13.0%
第3話 12.6%
第4話 11.5%
第5話 11.6%
第6話 9.4%

第6話ですが2%強下落しています。一桁台に視聴率が落ちたことは気になります。面白いのに何故視聴率が伸びないのでしょう。

理由を考えたのですが、末期医療が舞台ということで死が直面する現場を舞台にするドラマは、ちょっと重すぎるのかもしれません。

ドラマ「チーム・バチスタ4」第6話あらすじ

白鳥はいきなり東京へ帰ると言い出す。

理由は、先日小百合が末期患者の神岡が「病院から出せ」と迫った時に、小百合が体が硬直していた。その姿を見て田口は、小百合は過去に乱暴された経験があることを心療内科医として診断した。

その出来事が立花の死と関係があると考え、白鳥は小百合のことを調べる。

そして小百合にその現実を突きつける。

しかし小百合がその事実を、話し出すと立花を殺害する動機と結びつかず、小百合の心を傷つけてしまったと感じたのだ。

その時田口は、白鳥に向かって
”あなたはいつも人の内面にずかずかと、入ってくるのはいつもだと”
だからあきらめずにちゃんと調べるようにと言及する。

その時田口から小百合の事件がおきたのが”8年前”ということに発した。

白鳥はその時気づいた
小百合の事件と桜宮家の長男がなくなった年が同じで、また同じ夏だった。

そして、一方放射線技師の戸山は、忘れ物をしたため、夜CT室に戻ると車椅子の男が死体をCTで調べていた。その光景をみて驚いて逃げるように帰る。

翌日戸山は、白鳥を探すがたまたま病院にはいなかったため田口に、白鳥に連絡を取りたいと話す。夜CT室で信じられない状況をみたのだという。

そして次の日、海岸に戸山の死体があがる。

ドラマ「チーム・バチスタ4」第7話予告、ネタバレ

白鳥は海岸に戸山の死体が上がった。

白鳥は、”戸山はCT室である人物を目撃した”ことで殺された可能性もあるということで「殺人の可能性が高く、碧翠院の関係者は全員容疑者だ」
と言及。その為第三者の東城医大に解剖を依頼することに。

そして、刑事の小幡立会いの下碧翠院の建物をしらべることに。
すると
・「螺鈿の部屋」の奥にも部屋が設置されていること
・解剖室や桜宮家の住居、病院棟をつなぐ地下通路があること
が分かり、碧翠院に桜宮家の人々が人目につかず敷地内を自由に出入りできる構造になっていたのだ。

白鳥は、早速、巌雄らに戸山殺害時のアリバイを確認する。しかし、偽装できそうなアリバイばかり。ただ巌雄と警察は、死体解剖の依頼でお世話になっている以上にあまり深く捜査することに消極的である。

そこで白鳥は、亡くなる2日前の夜、戸山がCT室で密かに遺体を撮影している人物の姿を目撃していたことから、その時に撮影された画像を自ら復元してみる。

調べてみると、立花の遺体を撮影した人物と同じ特徴で撮影を行っていることにきずく。つまりCT撮影従事者ではなく素人ということだ。

戸山の検死の結果、溺死だと判明するが、同時に睡眠薬も検出された。これで桜宮一族への疑いはますます強まることとなる。

そして容疑者の可能性がある人物のアリバイをしらべていると、戸山が亡くなった晩に、天馬とすみれが二人で病院を出て行ったことが明らかに。

白鳥が、再び病院を抜け出す二人を見つけ、尾行すると。。。

そして田口と白鳥はあらなた人が住んでいた住居を見つける。。。

最新記事 第7話、第8話
ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」第7話視聴率、あらすじ、感想。第8話予告、ネタバレ。死んだはずの桜宮家の長男が。。。

ドラマ「チーム・バチスタ4」過去の記事

ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」第5話視聴率、あらすじ、感想。第6話予告、ネタバレ。碧翠院の謎が徐々に明らかに。

ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」第4話視聴率、あらすじ、感想。第5話予告、ネタバレ。

ドラマ”チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮” CT画像がすべて集まりその画像はなんと立花だった。第3話あらすじ、視聴率、感想。第4話ネタバレ。

ドラマ”チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮”第2話の視聴率、あらすじ。第3話ネタバレ。ジェネラル・ルージュの凱旋映画版(境雅人さん、阿部寛さんなど出演)とドラマ版はストーリー若干違います。知ってました?


ドラマ「チーム・バチスタ4螺鈿迷宮」第1話あらすじ。キャスト伊藤淳史さん、仲村トオルさんなど。主題歌は「東方神起」

ad

関連記事

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」第7話視聴率、感想、あらすじ。第8話予告、ネタバレ。キャスト伊集院役の小池徹平さんが患者への向き合うことが新たな治療の解決法を見出しました。

本文(ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」)のサマリー(要約) ・ドラマ「医

記事を読む

地獄先生ぬーべーあらすじ、視聴率、感想5話。予告あらすじ、ネタバレ6話。主題歌、出演者。人体模型に魂が。

本文(地獄先生ぬーべーに関する)まとめ ・地獄先生ぬーべー5話視聴率、感想 ・地獄先生ぬーべー5

記事を読む

吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”22週,23週視聴率、感想、あらすじ。24週予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者公開。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・ドラマ”花子とアン”の22週,23週

記事を読む

インフルエン2014年第11週 (3月10日~3月16日)感染者増加。予防、症状、潜伏期間など基本情報は本文内のサイトで公開。

2014年第11週 (3月10日~3月16日)インフルエンザ本文サマリー(要約) ・インフルエンザ

記事を読む

2014年のNHK朝ドラ「マッサン」で史上初の外国人ヒロイン登用。”ごちそうさん”の視聴率は?”あまちゃん”能年玲奈さんは今度はヤンキー役?

NHK朝ドラマに初の外国人ヒロインを起用することが 報道各社に発表された。 来年秋からスター

記事を読む

ドラマ”福家警部補の挨拶”第4話視聴率、あらすじ、感想。第5話予告、ネタバレ。今回は酒蔵を巡る話です。

ドラマ「福家警部補の挨拶」の ・ドラマ「福家警部補の挨拶」第4話視聴率、感想 ・ドラマ「福家警部

記事を読む

キャスト 水谷豊さん、成宮寛貴さん”相棒12”第13話視聴率、あらすじ、感想をお伝えします。第14話予告、ネタバレ。元旦スペシャルの視聴率は?

水谷豊さん主演「相棒」シーズン12の第13話が放送されました。相棒は秋のドラマから冬のドラマと半年放

記事を読む

ディアシスター1話あらすじ、2話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、出演者、キャスト紹介。美咲は姉葉月思いの優しい妹ですね。

本文(ディア・シスターに関する)内容 ・ディアシスターの1話視聴率、感想 ・ディアシスター1

記事を読む

7話あらすじ、視聴率更新。婚活刑事1話あらすじ、感想、視聴率、動画。恋をする相手が犯罪者?。2話予告、出演者、主題歌。

伊藤歩さん主演ドラマ婚活刑事が放送を開始します。 ・婚活刑事1話視聴率、感想、動画 ・婚活刑事1

記事を読む

小泉孝太郎さん主演ドラマ”ペテロの葬列”10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終話)予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者公開。

本文( 小泉孝太郎さん主演ドラマペテロの葬列に関する)内容 ・ドラマペテロの葬列10話視聴

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑