視聴率更新。大河ドラマ花燃ゆ18話あらすじ、19話、感想、視聴率。坂本龍馬が現れる。

公開日: : 最終更新日:2015/06/29 テレビ 視聴率, 花燃ゆ

NHK大河ドラマ花燃ゆ18話が放送されました。
・花燃ゆ18話視聴率、感想
・花燃ゆ18話あらすじ
・花燃ゆ19話予告あらすじ、ネタバレ
・花燃ゆ原作、脚本
・花燃ゆ出演者
・花燃ゆ過去のあらすじ、視聴率
を公開します。
花燃ゆ全話あらすじ、視聴率こちら

花燃ゆ18話視聴率、感想

花燃ゆ18話が放送されました。視聴率は10.2%でした。
花燃ゆ17話視聴率は12.6%でした。

花燃ゆ18話の感想は、坂本龍馬が登場しました。
坂本龍馬が寅次郎は
死してなおいき続ける

と文につげ、文を勇気付けました。

不思議で、やさしく、怖い人物である坂本龍馬。今後の日本を変えます。

花燃ゆ18話あらすじ

龍馬!登場
吉田松陰が亡くなり100日。
高杉晋作も結婚した。文は心の中で寅次郎に報告した。

どうかみんなをお守りください”と寅次郎にお願いした。

叔父がつくった松下村塾の運命が、不安だった文。
そんなかな小田村は、藩からえし塾を任されることに。
しかし小田村は
寅次郎から塾を任された”という。

桜田門外の変で、大老の井伊直弼が亡くなった。
犯人は、脱藩した水戸藩の人間だった。

久坂は、”私たちがすべきことだったのに”と憤慨する。

文は、小田村がえし塾の塾長になることをしり小田村のもとへ。

小田村は、文に
”やっぱり怒ってるのか”と聞く。
”いま幕府は、井伊直弼が討たれてから攘夷運動に抑圧を強める。松下村塾を今復興すれば、抑圧される”という。

入江と野村が、獄から開放される。
久しぶりに集まる塾生。吉田松陰は
・やさしい人だった
・わからないことは、徹夜してでもまとめてくれた
・友として接してくれた
という話で盛り上がっていた。

文は、久坂に”いつか松下村塾を引き継いでください”という。

萩城では、航海延略策に関して長井が話をしていた。
長井の考えは
”幕府と朝廷の関係を見直す”
”朝廷を上に立てる”

それに対して小田村は
”朝廷と幕府の関係を改善しても、熱をどうされる”
”各地で高まる。怒り、内政への不満。”、
”朝廷、幕府だけをみて判断してはならない。”と進言する。

久坂は、松下村塾を復活させることに。
塾はいま学問の塾ではない、勇みたっている。

その姿に失望する文。

そこにある男が現れる。武市半平太から久坂に文を届けにきた人物坂本龍馬

文が龍馬に、松蔭(寅次郎)の話をする。
そしてどうすれば生きていてくれたのか。。。と涙を流す文。

すると龍馬は
”フレーフェードとは何か、おまんの兄上に聞きたかった”という。

そして
・おまんは、兄上は消えたといったが、兄上は自由になった。
死してなおいき続ける。まっこと男の中の男。
・何者にもとらわれない、わがことをなす”という。

久坂は、坂本龍馬と話をする。文は龍馬を
どこか怖いような、やさしそうな、不思議な人でした。とつぶやく。

久坂は
・俺は種にならんと
・次の種にならんといかんという。
・俺たちは、先生にまかれた種だという。

そして文に
”その種を見定めてくれ”
これからどうなるかわからんが。。見定めてくれ。俺にはお前しかいないのだから。”という

花燃ゆ19話予告あらすじ、ネタバレ

女たち、手を組む

外国との交易が始まり、国内は品不足となり物価が高騰、文も日々のやりくりに苦労していた。

また師である吉田寅次郎が処刑された影響もあり、松下村塾の塾生たちは仕事が見つからず、家族も苦しい生活を強いられる。

そこで文は家族や友人らと内職に力を入れ始める。

その頃、高杉晋作が藩命で上海に行くことが決まる。

文は高杉から新妻の雅の話し相手になるように頼まれる。

しかし雅は若く、自由奔放で毒舌。

文は振り回される。

その頃、文の久坂は。。。

花燃ゆホームページより引用

花燃ゆ原作、脚本

”花燃ゆ”原作、脚本は、大島里美さんだそうです。

代表作は
・東京タワー オカンとボクと、時々オトン
・1リットルの涙
・太陽の罠
などです。

花燃ゆの放送日

”花燃ゆ”の放送日は、毎週日曜の8時からNHK総合テレビです。

花燃ゆ出演者

花燃ゆ花燃ゆ”出演者は、

主人公
杉文 井上真央さん

・小田村伊之助 大沢たかおさん
・吉田寅次郎 伊勢谷友介さん
・久坂玄瑞 東出昌大さん
・杉敏三郎 森永悠希さん
・杉百合之助 長塚京三さん
・杉滝 檀ふみさん
・杉梅太郎 原田泰造さん
・杉寿 優香さん
・玉木文之進 奥田瑛二さん
・桂小五郎 東山紀之さん
・毛利敬親 北大路欣也さん
・高杉晋作 高良健吾さん
・吉田稔麿 瀬戸康史さん
・入江九一 要潤さん
井川 遥さん他。

花燃ゆ過去のあらすじ、視聴率

17話あらすじ、視聴率はこちら

16話あらすじ、視聴率はこちら

花燃ゆ15話あらすじ、視聴率はこちら

14話あらすじ、視聴率はこちら

13話あらすじ、視聴率はこちら

12話あらすじ、視聴率はこちら

11話あらすじ、視聴率はこちら

10話あらすじ、視聴率はこちら

9話あらすじ、視聴率はこちら

8話あらすじ、視聴率はこちら

7話あらすじ、視聴率はこちら

6話あらすじ、視聴率はこちら

5話あらすじ、視聴率はこちら

4話あらすじ、視聴率はこちら

3話あらすじ、視聴率はこちら

2話あらすじ、視聴率はこちら

1話あらすじ、視聴率はこちら

ad

関連記事

視聴率更新。Dr.倫太郎(ドクターりんたろう)4話あらすじ、視聴率、感想、5話。蒼井優さん演じる夢乃は、解離性同一性障害。

堺雅人さんが主演でDr.倫太郎(ドクターりんたろう)4話が放送されました。 ・Dr.倫太郎(ドクタ

記事を読む

視聴率更新。相棒18話あらすじ、視聴率、感想。最終話(19話)予告シーズン13。成宮寛貴さん、水谷豊さん、木村佳乃さん出演。事件の鍵はチョコレート

相棒18話シーズン13 ・相棒18話視聴率、感想 ・相棒18話あらすじ ・相棒最終話(19話)

記事を読む

今回の月9は原作漫画の「失恋ショコラティエ」主演嵐松本潤さん。キャストは石原さとみさん、水川あさみなど。主題歌当然”嵐”。第1話あらすじ、ネタバレ

月曜日9時のドラマ今回は冬のドラマにそして”バレンタインデー”にぴったりのドラマをぶつけてきました。

記事を読む

妻夫木聡さん、瑛太さん主演ドラマ”若者たち2014”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者。暁が多香子に愛の告白をする。

本文(ドラマ”若者たち2014”に関する)内容 ・ドラマ”若者たち2014”9話視聴率、感想 ・

記事を読む

SAKURAあらすじ5話、予告あらすじ6話、視聴率、感想。主題歌、キャスト、出演者。内部に犯行の協力者が。

本文(SAKURAに関する)内容 ・SAKURA5話視聴率、感想 ・SAKURA5話あらすじ

記事を読む

2014年夏のドラマ放送日時、主題歌、原作、キャスト(出演者)公開。木村拓哉さん主演HERO、若者たち(若者達)、同窓生、GTO、金田一少年の事件簿Nなど期待ドラマが一杯です。

2014年春のドラマがまもなく終了し、2014年夏のドラマが始まります。 2014年期待の夏のドラ

記事を読む

ドラマ”続最後から二番目の恋”の10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告、ネタバレ。和平の言葉に千明は心を揺れ動く。

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”12週視聴率、感想、あらすじ。13週予告。蓮子とはなの久しぶりの再開。そして英治のはなへの思い。。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の

記事を読む

ドラマ”家族狩り”原作天童荒太さん。主題歌はandropの”Shout”。社会性の強いドラマのようで非常に期待しています。

本文( ドラマ”家族狩り”に関する)内容 ・ドラマ”家族狩り”のあらすじ ・ドラマ”家族狩り”の

記事を読む

ドラマ”隠蔽捜査”TBS最終回(11話)視聴率、感想、あらすじ。議員誘拐の裏側には何が。。

ドラマ”隠蔽捜査”サマリー(要約) ・ドラマ”隠蔽捜査”が最終回(11話)視聴率、感想 ・ドラマ

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑