視聴率更新。花燃ゆ12話あらすじ、感想、視聴率。13話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。久坂が江戸へ向うことに。文は独自の志を新たに。

公開日: : 最終更新日:2015/06/29 テレビ 視聴率, 花燃ゆ

NHK大河ドラマ花燃ゆ12話が放送されました。
・花燃ゆ12話視聴率、感想
・花燃ゆ12話あらすじ
・花燃ゆ13話予告あらすじ、ネタバレ
・花燃ゆ原作、脚本
・花燃ゆ出演者
・花燃ゆ過去のあらすじ、視聴率
を公開します。
花燃ゆ全話あらすじ、視聴率こちら

花燃ゆ12話視聴率、感想

花燃ゆ12話が放送されました。視聴率は13.2%でした。
花燃ゆ11話視聴率は14.0%でした

花燃ゆ12話の感想は、久坂と文が結婚するがその後久坂は江戸行きが藩から許される。

久坂は、文の幸せのために離縁を申し出る。しかし文は納得がいかなかった。そして文の志は”久坂を一人にしない”に。

花燃ゆ12話あらすじ

戻れない二人
文と久坂が結婚する。そして婚礼が行われ塾生酔っ払う。
その時高杉晋作が酔った勢いで
文が不美人だから、嫁にほしくないといっていたのに

と発言して、その場が凍りつく。文はその場を立ち去る。

文と久坂が一緒に住むことに。久坂は、久しぶりの家族生活に戸惑いを感じていた。
文と久坂が一緒の部屋で寝ようとすると、塾生たちが現れ皆でその夜講義を行うことに。

そんな中、江戸では井伊直弼らメリケンと条約の交渉を行う方針をとっていた。それに反発する人々が現れだした。

幕府が一部の藩に、条約の内容を公開し江戸にいた吉田は入手し、その場にいた入江が萩に向う。

小田村と寿の仲が、悪化していた。
寿が、小田村が単独で行動することに腹を立てていた。
寿は、いつも孤独を感じていたという。

ある時久坂は、藩に呼ばれることに。
塾では、吉田が仕入れたメリケンとの条約で討論していた。

久坂は、藩から江戸の入学が認められたことを塾に報告する。
そして寅次郎は
ゆけ久坂”という。
塾生みんな励ます。しかし文はその知らせを聞いて。。

小田村が久坂と会う。
久坂が
”学問を励めというが、水戸藩士がメリケンを切り殺そうとしたと聞く。そんな時ではないという。”
小田村が寅次郎と話しているようだという。

江戸では開国に対して、尊皇攘夷が盛り上がっていた

久坂が文を呼び出す。
”もともと松蔭先生に言われて、結婚した。一人のほうが気兼ねよく江戸に行ける。おまえに似合う人物がいる。”
という。文は
それは本心でいわれていますか?と聞くと久坂は”ああ”という。
文は
”江戸でもどこでもかってにいけば”という。

そんな時寅次郎が文の元を訪れる。
”武士として江戸に行く”といっていたと寅次郎はいう。
久坂は学びに行くのではない、事を起こしに行くのだ”という。

文は”わからない”というと寅次郎は
文の志はなんじゃ”という。

文は久坂と討論を行う。
”このまま夫婦でいるか”と議題を提示する。

文は久坂に
そばにいてほしいときは、そばにいてくれ
笑うときは笑って
正直になれという。

心配だという文。まっすぐな人だから

文は
”心配だから、一人にできない”という。
”私が、萩であなたを待っています。”

”あなたはひとりじゃないんですから”
私の一生の志は、あなたとともに生きてまいります”という。

久坂は文に”やっぱりお前は俺の大吉じゃ”という。
文は、久坂がいなくなることで寂しく思い、泣いてしまう。

文はかならず家に帰ってきてという。

高杉が久坂に”お前には文はお似合いじゃ”とつぶやく。
行け久坂。志を遂げよと呟く寅次郎。

時同じくして井伊直弼が大老となる

花燃ゆ13話予告あらすじ、ネタバレ

コレラと爆弾

新婚早々、遊学のために江戸に旅立つ久坂を見送った文。

寂しい気持ちを抱え、手紙をしたためながら夫の帰りを待つ。

しかし久坂からは返事が来ない。

そして、文が切り盛りする松下村塾には、一風変わった塾生小野為八がやってくる。

小野は、長崎で西洋式の砲術学んだ人物で、爆弾の作り方を吉田寅次郎や塾生に力説する。

その頃、文は一人の少女と出会う。

その少女の母は、外国船から流入し猛威をふるっていたコレラにかかり瀕死の状態だった。。

花燃ゆホームページより引用

花燃ゆ原作、脚本

”花燃ゆ”原作、脚本は、大島里美さんだそうです。

代表作は
・東京タワー オカンとボクと、時々オトン
・1リットルの涙
・太陽の罠
などです。

花燃ゆの放送日

”花燃ゆ”の放送日は、毎週日曜の8時からNHK総合テレビです。

花燃ゆ出演者

花燃ゆ花燃ゆ”出演者は、

主人公
杉文 井上真央さん

・小田村伊之助 大沢たかおさん
・吉田寅次郎 伊勢谷友介さん
・久坂玄瑞 東出昌大さん
・杉敏三郎 森永悠希さん
・杉百合之助 長塚京三さん
・杉滝 檀ふみさん
・杉梅太郎 原田泰造さん
・杉寿 優香さん
・玉木文之進 奥田瑛二さん
・桂小五郎 東山紀之さん
・毛利敬親 北大路欣也さん
・高杉晋作 高良健吾さん
・吉田稔麿 瀬戸康史さん
・入江九一 要潤さん
井川 遥さん他。

花燃ゆ過去のあらすじ、視聴率

11話あらすじ、視聴率はこちら

10話あらすじ、視聴率はこちら

9話あらすじ、視聴率はこちら

8話あらすじ、視聴率はこちら

7話あらすじ、視聴率はこちら

6話あらすじ、視聴率はこちら

5話あらすじ、視聴率はこちら

4話あらすじ、視聴率はこちら

3話あらすじ、視聴率はこちら

2話あらすじ、視聴率はこちら

1話あらすじ、視聴率はこちら

ad

関連記事

AKIRAさん主演ドラマ”GTO”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者、キャストを公開

本文( AKIRAさん主演ドラマ"GTO"に関する)内容 ・ドラマ"GTO"7話視聴率、感想 ・

記事を読む

ドラマおやじの背中4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。エンディング曲、出演者、キャストを公開します。

本文( ドラマ”おやじの背中”に関する)内容 ・ドラマ”おやじの背中”の4話視聴率、感想 ・ドラ

記事を読む

NHK朝ドラ(朝の連続ドラマ)”花子とアン”のキャスト、主題歌、原作、あらすじ公開。第1週予告、ネタバレ。第1週は花子の幼少期が描かれています。

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する本分サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の原案

記事を読む

松雪泰子さん主演ドラマ家族狩り4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ 。主題歌、キャスト、出演者を公開します。

本文( 松雪泰子さん主演ドラマ”家族狩り”に関する)内容 松雪泰子さん主演ドラマ”家族狩り”の放送

記事を読む

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。明日美の父親を殺した犯人は、意外な人物で有馬だった。その理由は娘にあった。

本文(主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”関する)サマリー ・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの

記事を読む

視聴率更新。ウロボロス8話あらすじ、感想、視聴率。9話予告、ネタバレ。生田斗真さん、小栗旬さん、上野樹里さん、吉田羊さん出演。主題歌は嵐。シスコンの那智は綾野剛さん

生田斗真さん、小栗旬さん主演ウロボロス8話 ・ウロボロス8話視聴率、感想 ・ウロボロスの意味、ウ

記事を読む

視聴率更新。戦う書店ガールあらすじ2話、3話予告、感想、視聴率。出演者AKB渡辺麻友さん、稲森いずみさん。主題歌渡辺麻友さん。恋の三角関係?

AKB48の渡辺麻友さんと稲森いずみさんが主演ドラマ戦う書店ガール2話が放送されました。 ・戦う書

記事を読む

ごめんね青春あらすじ、視聴率、感想9話。予告あらすじ最終回(10話)、ネタバレ。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。平助がりさに三女放火を告白する

本文(ごめんね青春に関する)内容 ・ごめんね青春9話視聴率、感想 ・ごめんね青春9話あらすじ

記事を読む

1話視聴率更新。主演武井咲さんドラマエイジハラスメント。1話あらすじ、視聴率、感想。2話予告あらすじ、原作、出演者、主題歌、放送日。

武井咲さん主演ドラマエイジハラスメントの1話 ・エイジハラスメント1話視聴率、感想 ・エイジハラ

記事を読む

視聴率更新。ようこそ、わが家へ3話あらすじ、4話予告、視聴率、感想。主題歌嵐。相葉雅紀さん、有村架純さん、沢尻エリカさん

嵐の相葉雅紀さん主演月9ドラマようこそ、わが家へ3話が放送されました。 ・ようこそ、わが家へ3話視

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑