”信長協奏曲”1話あらすじ、視聴率、2話予告あらすじ、ネタバレ、感想。脚本、主題歌、出演者、キャスト公開。小栗旬さん演じるサブローがこのドラマを面白くしています。

公開日: : 最終更新日:2014/10/14 テレビ 視聴率, 信長協奏曲

本文(”信長協奏曲”に関する)内容

・”信長協奏曲”1話視聴率、感想
・”信長協奏曲”1話あらすじ
・”信長協奏曲”2話予告あらすじ、ネタバレ
・”信長協奏曲”視聴率推移
・”信長協奏曲”原作、脚本
・”信長協奏曲”主題歌、放送日
・”信長協奏曲”挿入歌
・”信長協奏曲”出演者、キャスト
・”信長協奏曲”の関連記事
・フジテレビ月9ドラマの関連記事
・2014年小栗旬さん主演ドラマ”border”
・外部リンク
を公開します。ご覧下さい。

”信長協奏曲”1話視聴率、感想

”信長協奏曲”1話がいよいよ放送されました。視聴率は15.8%と上々な数字でした。

1話の感想としては、月9ドラマとして時代劇ということもありどうなることかと思いましたが、今回放送を見て予想以上に面白かったです。小栗さんの役柄サブローが非常に人間味あふれる人物で、物語を非常に見やすく面白くしています。次回も楽しみです。

”信長協奏曲”1話あらすじ

サブローが戦国時代劇体験ツアーに参加していた。
そこで無理やり出口を探そうとして、塀をのぼって崖に落ちた。

そしてあぜ道でいきなり、ある人物に会う”織田信長

信長は、サブローが自分に似ていることをしり
”信長が自分と変わってくれ”という。

軽い気持ちで”いいよ”といいサブローは信長となった

軽い気持ちで戦に参加した。すると信長の前で本当に人が死んだ。そして自分も殺されそうになったとき、信長の筆頭家臣池田恒興に助けられた。
サブローはその時
自分は戦国時代にいることに気づく

戦が終わり池田恒興とともに話をしていた。
弟の信行が信長の命を狙っていること
信長家は今家督争いをしていること
を知る。

城を出て逃げ出そうとした。そこへ池田恒興がきて
”これからずっと守ってくれること”を約束してくれて安心したサブロー。

帰蝶が信長の妻であったが、性格が気が強くサブローと口喧嘩することに。

翌日信秀と信行の元へ向かうサブロー。そこに帰蝶の兄も同席し帰蝶の様子を見に来ることとなってた。

その道中に帰蝶がさらわれることに。

帰蝶は、囚われたがたまたまサブローのバックから奪ったスプレーで逃げ出す。帰蝶は、囚われた人物と信行がつながっていることを知った。

つまり帰蝶は、家督争いに帰蝶が利用されたのだ。

そしてサブローは、帰蝶を探しているときに
・跡目争い
・信長の首
などといっている家臣に
純粋に心配して、帰蝶を探せ”といった。

その言葉に帰蝶は、サブローへの心が変わった。

そして遅れながら帰蝶を連れてゆくサブロー。信行に対して
俺に直接来い”と怒りを表す。

その姿を父信秀は見ていた。

その夜宴の際に、かわらで信秀は殺害される。
その時信長の父信秀は
家督を信長に託した

困惑するサブロー。

そして一晩考えた末、サブローは信長として織田家を継ぐことに

家臣の前で
信長やっていきます
支えてください
という。

信長は織田家に
・週一日休むことを
・一日2食から3食
などさまざまな改革を行い始めた。

しかし池田恒興から”考えが甘すぎます”と言われる。

池田恒興は信行とあう。
”信長に謀反を起こす”という。そして信行に加われという。

そして信行は謀反を起こすことに。
信行軍は優勢だった。なぜならサブローは戦をしたことがないからだ。

追い詰められたサブロー。
そこに父信秀と対立していたのぶきよに、土地を与えた信長の援軍に来た。信長は、優勢となった。

信行は捕らえられた。
信行は
・”家臣を駒だ”という
・”家臣は死ねて本望”という

信長は
死んでうれしいやつなどいない
皆家族がいるんだ
信行、柴田勝家を解放する

その後信長は、熱を出し寝込むことに。
そこに信行が、お見舞いに訪れる。

しかし信行は、信長を殺すために尋ねる
信行は再度信長に刃を向ける。

そして信行はその場で切腹した。その時池田恒興は、一瞬でも信行に側についたことをせめて、切腹しようとした

その時信長は
死ぬな。命令だ”という。

”信長協奏曲”2話予告あらすじ、ネタバレ

戦国時代に迷い込んだサブロー(小栗旬)は、織田信長(小栗旬・二役)に容姿がそっくりなことを理由に身代わりを頼まれてしまう。

折しも織田家は家督争いの真っ最中。本物の戦、醜い争いに辟易しながらも、サブローは織田家当主地位を勝ち取った。

だが、信長の妻、帰蝶(柴咲コウ)は美人だが、どうにも気が強く、なかなかサブローに打ち解けようとしない。

 そんな時、帰蝶の父、斉藤道三(西田敏行)が会見を申し込んでくる。

美濃の蝮と恐れられる道三の申し込みに、サブローは逃げ回るが池田恒興(向井理)らに捕まってしまった。

最後の頼みと帰蝶に同行を頼むサブローだが、潔く斬られてこいと言われる始末。だが、帰蝶は道三に会いたくない理由も…。

 その頃、今川義元(生瀬勝久)は、引き続き織田の内情を探るよう、伝次郎(山田孝之)ら密偵に命じていた。

 織田家をつぶしてはならないという家臣らの切なる願いで、サブローは道三と会見。

しかし、衣装が気に入らないと道三に戦を仕掛けられた国があると聞いたサブローは、自分なりの正装をしてみた。

それは、タイムスリップした時に着ていた学生服。

戦国時代としては何とも珍妙な服だ。恒興たちの不安は尋常ではない。ところが、サブローの姿を見た道三は、家臣たちを遠ざけ2人きりになると宣言。

待たされるサブローの前に、ようやく現れた道三は…。
引用 信長協奏曲HPより引用

”信長協奏曲”視聴率推移

”信長協奏曲”視聴率推移は、視聴率公開が公表します。

”信長協奏曲”の原作、脚本

信長協奏曲の原作、脚本は、石井あゆみさんの漫画です。

”信長協奏曲”の主題歌、放送日時 

信長協奏曲の主題歌は、Mr.Childrenの書き下ろし曲となることが決定しています。

信長協奏曲の放送日時は、10月13日月曜日21時からです。

”信長協奏曲”の挿入歌

信長協奏曲は、まだ公開されていません。

”信長協奏曲”の出演者、キャスト

信長協奏曲の出演者、キャストは、
サブロー小栗旬さん(一人二役)
織田信長小栗旬さん
・信長の妻・帰蝶柴咲コウさん
・信長の筆頭家臣池田恒興向井理さん
・後の豊臣秀吉となる伝次郎:山田孝之さん
・天才軍師竹中半兵衛:藤木直人さん
・徳川家康:濱田岳さん
・柴咲演じる帰蝶の兄斎藤道三の息子斎藤義龍:新井浩文さん
柴田勝家高嶋政宏さん
・帰蝶の実の父親斎藤道三:西田敏行さん

と非常に豪華な出演者です。

”信長協奏曲”の関連記事

”信長協奏曲”あらすじ、1話予告ネタバレ。小栗旬さん主演、見所は?主題歌はミスチル決定。

フジテレビ月9ドラマの関連記事

HERO11話(最終回)あらすじ、視聴率、感想、まとめ、続編は?キャスト、出演者公開。久利生冤罪を国分に自供させる

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者公開。城西支部に最大の危機。

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開。城西支部のチームプレー?

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”(ヒーロー)3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開します。

ドラマHERO(ヒーロー)2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者

木村拓哉さん主演HERO1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ。

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO” 2014年放送。キムタクが月9に帰って来る。ドラマ”HERO”とは?放送日時、キャスト(出演者)、主題歌、テーマソング、歌、見所?

2014年小栗旬さん主演ドラマ”border”

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”9話(最終話)視聴率、感想、あらすじ。衝撃的な結末。石川は今後どうなるのか?続編は?5週連続視聴率はmozuに勝ちました

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”8話視聴率、感想、あらすじ。9話(最終話)予告、ネタバレ。石川が頭を撃たれた秘密などが明らかに。今回も視聴率はmozuに勝ちました。

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。mozu(もず)を視聴率で大きく上回りました。

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。自殺未遂の人物は再度自殺をする可能性が高い。ちょっと考えさせられるテーマでした

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。今回は、ほのぼのする物語でした

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”4話視聴率、感想。5話予告、ネタバレ。mozuを視聴率で上回りました。

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”3話視聴率、感想。4話予告、ネタバレ。悲しみの連鎖と憎

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”2話視聴率、感想、主題歌。3話予告、ネタバレ

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”主題歌、原作1話視聴率、感想、あらすじ、2話予告(ネタバレ)最後はおたふく風邪が。。。

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER”キャスト(出演者)、主題歌、原作、放送時間及び初回あらすじ(予告)

外部リンク

信長協奏曲公式ページ

小栗旬さん公式サイト

ad

関連記事

ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ。伊丹グループの給与情報紛失の犯人は伊丹誠一郎だった。2014年民放ドラマ視聴率NO1になりました。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視

記事を読む

2016年ドラマ視聴率ランキング1位NHK大河ドラマ真田丸、2位相棒シーズン14、3位スペシャリスト。長瀬さん主演フラジャイルが奮闘。

2016年ドラマの視聴率ランキング ・2016年ドラマの視聴率ランキング1位、2位、3位 ・20

記事を読む

ドラマ”トクボウ 警察庁特殊防犯課”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。叶が潜入捜査に。

本文(ドラマ”トクボウ)サマリー(要約 ・ドラマ”トクボウ 警察庁特殊防犯課”7話視聴率、感想

記事を読む

視聴率更新。ゴーストライター1話あらすじ、感想、視聴率。2話予告、出演者、主題歌はandropのGhost

ゴーストライターの放送が始まりました。久しぶり中谷美紀さん主演作品です。 ・ゴーストライター1話視

記事を読む

視聴率更新。警視庁捜査一課9係シーズン10あらすじ3話、視聴率、感想、4話予告。伝説の鑑識が復活。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の3話が放送されました。 ・

記事を読む

視聴率更新。”警視庁捜査一課9係”シーズン10。事件の鍵は、殺害された現場に残された陶器のかけら。。。7話あらすじ、視聴率、感想、8話予告。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の7話が放送されました。 ・警視

記事を読む

視聴率更新。Dr.倫太郎(ドクターりんたろう)4話あらすじ、視聴率、感想、5話。蒼井優さん演じる夢乃は、解離性同一性障害。

堺雅人さんが主演でDr.倫太郎(ドクターりんたろう)4話が放送されました。 ・Dr.倫太郎(ドクタ

記事を読む

信長協奏曲8話、9話あらすじ、予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。原作、主題歌、出演者。もりりんがなくなることに。

本文(信長協奏曲に関する)内容まとめ ・信長協奏曲8話視聴率、感想 ・信長協奏曲8話あらすじ

記事を読む

ドラマ”緊急取調室” 第6話視聴率、あらすじ、感想。 第7話予告、ネタバレ。キャストは、天海祐希さん他。今回はゲームが事件の鍵。

ドラマ”緊急取調室”のサマリー(要約) ・ドラマ”緊急取調室”が第6話視聴率、感想 ・ドラマ”緊

記事を読む

視聴率更新。○○妻(まるまるづま)4話あらすじ、感想、視聴率。5話予告。東山紀之さん、柴咲コウさん、蓮佛美沙子さん出演。主題歌椎名林檎 。愛が正純に恋をする。

東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻4話が放送されました。 ・○○妻4話視聴率、感想 ・○○妻

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑