ドラマ”花咲舞が黙ってない”9話視聴率、感想、あらすじ。10話(最終回)予告、ネタバレ。花咲舞と相馬が1つの会社を救い、誰も抵抗できない人物に抵抗する。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約)

・ドラマ”花咲舞が黙ってない”9話視聴率、感想
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”9話あらすじ
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)予告、ネタバレ
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”関連記事
以上です。ご覧下さい。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”9話視聴率、感想

ドラマ”花咲舞が黙ってない”9話が放送されました。視聴率はまだ公開されていないので後日こちらで公開します

9話の感想は、舞と相馬が企業の危機を救い、誰も反抗できない人物に抵抗しました。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”9話あらすじ

舞は事務応援のために2日間新宿支店に行き、テラーの仕事をおこなうこととなった。舞は久しぶりのテラーの仕事で充実していた。

しかし、窓口業務が終わり伝票処理を済ませた後に、融資課の伊丹清一郎が現れる。そして伝票処理を再度営業にさせようとする。舞は抵抗するが、課長は再度伝票処理を行うこと舞や営業に頼む。

融資課の伊丹清一郎。実は伊丹グループの御曹司だ。そして現在伊丹グループは、銀座再開発プロジェクトの主幹事になるようが策しているのだ。そのような事情もあり新宿支店のだれも抵抗しないのだ。

清一郎の一存で幸田産業の融資が断られる

舞の新宿業務2日目。相馬も舞のお目付け役として、新宿支店へ向かうこととなった。

そして相馬も清一郎にあったが、上から目線の態度に気に入らない。

そんな中相馬が新宿支店に配属されていたときの顧客幸田産業の社長幸田にであう。笑顔の挨拶をおこなう。
しかし幸田は銀行を出て行くとき浮かない顔をしていた。”融資を断られた”とのことだ。ちなみに融資担当は清一郎だった。

相馬は、幸田産業とは10年以上付き合いのある企業であることを清一郎にいうのだが清一郎は
”倒産してもしょうがない”という。

相馬は、その夜舞の父の店に行き幸田産業の融資は通るだろうと予想している。その理由は
”銀行において融資は、担当者1人で決めるものではなく多くの人間によって決済されるものなので大丈夫”
といっていた。

幸田産業の決済当日

決済当日、幸田から相馬に連絡が入る。なんと決済当日の今日に清一郎から一方的に融資を断る連絡があったというのだ。それまでずっと連絡をしていたがつながらなかったとのことだ。

そして相馬と舞は、幸田産業へ。社長を金策をしているが今日5千万を用意しなければ倒産してしまう。とのことだった。

相馬は、新宿支店に向かい融資課の課長に幸田産業の融資が断られたことを言及する。すると課長は幸田産業からの融資の稟議書は、担当者の
清一郎からあがっていないという。

新宿支店としても、幸田産業が不渡りになれば損害が出る。そしてその事実を融資課長も支店長も知らなかった。

相馬と舞と新宿支店の人間で緊急稟議を行い、5000万融資を本社へ直接
連絡を取る。

そしてなんとか5000万の融資の決算をあり、幸田産業が不渡りは回避された。

その時、清一郎は新宿支店に帰ってくる。そして融資課長から叱責されるが、何も悪気もないそぶりをする。

そして相馬は、清一郎に対して決済日時をわかっていたのに融資に関する稟議を出していなかった。そして清一郎は得る時幸田社長から窓口で叱責されたことを根に持って、稟議書を書かなかったのだ。

新宿支店の皆から清一郎に対する冷ややかな目で見られる。

そして清一郎に人事部預かりの処分が下る。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)予告、ネタバレ

東京第一銀行始まって以来の不祥事が発生!伊丹グループの従業員1万人分の給与データが紛失してしまったのだ。

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、事件解決のための調査委員に選ばれるが、真藤(生瀬勝久)が指揮を執る調査委員会には、主要部署の精鋭たちが集められていて、舞と相馬だけが完全に場違いの雰囲気だった。

『銀座再開発プロジェクト』を手掛ける伊丹グループとの関係が悪化すれば大きな取引を失ってしまうため、真藤は一刻も早いデータの発見と事態の収拾を命じる。

だが、社内をくまなく探すものの、紛失したデータは一向に見つからない。事件解決の気配が見えないことに、伊丹グループ会長・伊丹清吾(船越英一郎)も、怒りを募らせる。

そんな中、舞と相馬は、データは紛失したのではなく悪意のある者に盗まれたのではないかと調べ始める。一方、真藤は目障りな臨店班の解体を画策していて―――。
ドラマ”花咲舞が黙ってない”HP より引用

ドラマ”花咲舞が黙ってない”関連記事

ドラマ”花咲舞が黙ってない”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。銀行員の着服を暴く花咲舞と相馬。視聴率も好調。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。花咲が使う”お言葉を返すようですが”のフレーズを相馬が。。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。花咲舞が金融庁に喧嘩を売る?

ドラマ”花咲舞が黙ってない”4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。今回はモンスターペアレントが事件を引き起こしました

ドラマ”花咲舞が黙ってない”3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告、ネタバレ。舞が相馬が嫌がらせをうける

ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話予告、ネタバレ。舞が相馬の敵討ち

ドラマ”花咲舞が黙ってない”1話視聴率、感想、あらすじ。原作、主題歌。2話予告(ネタバレ)よ。現在視聴率ドラマNO1に!

杏さん主役ドラマ”花咲舞が黙ってない”コンビ役には上川隆也さん。予告、あらすじ、出演者(キャスト)。原作は池井戸潤さんです。主題歌 は西野カナさん。

ad

関連記事

ドラマ”緊急取調室” 第4話視聴率、あらすじ、感想。 第5話予告、ネタバレ。キャストは、天海祐希さん

本文(ドラマ”緊急取調室”)のサマリー(要約) ・ドラマ”緊急取調室”が第4話視聴率、感想 ・ド

記事を読む

ごめんね青春3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。合同文化祭を実現するためにあらた条件が。

本文(ごめんね青春に関する)内容 ・ごめんね青春3話視聴率、感想 ・ごめんね青春3話あらすじ

記事を読む

ドラマ警視庁捜査一課9係4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開。

本文( ドラマ警視庁捜査一課9係に関する)内容 ・ドラマ警視庁捜査一課9係4話視聴率、感想 ・ド

記事を読む

視聴率更新。銭の戦争2話あらすじ、視聴率、感想。3話予告、主題歌はSMAP、出演者草彅剛さんほか

・銭の戦争2話視聴率、感想 ・銭の戦争2話あらすじ ・銭の戦争3話予告あらすじ、ネタバレ ・銭

記事を読む

上戸彩さん主演ドラマ昼”顔~平日午後3時の恋人たち~”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者を公開

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼顔~平日

記事を読む

視聴率更新。警視庁捜査一課9係”シーズン10。容疑者の過去を脅されて、殺害を実行することに。9話あらすじ、視聴率、感想、最終話(最終回)予告。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の9話が放送されました。 ・警視

記事を読む

”DOCTORS3”1話あらすじ、視聴率、感想。2話予告あらすじ、ネタバレ、出演者、主題歌。

・”DOCTORS3”1話視聴率、感想 ・”DOCTORS3”1話あらすじ ・”DOCTORS3

記事を読む

DEATH NOTE(デスノート)父も死ぬ。10話あらすじ、視聴率、感想、動画。最終話予告。出演者

窪田正孝さん主演ドラマDEATH NOTE(デスノート) ・10話視聴率、感想、動画 ・10話あ

記事を読む

2014ドラマ若者たち4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者公開

本文(ドラマ”若者たち2014”に関する)内容 ・ドラマ”若者たち2014”4話視聴率、感想 ・

記事を読む

ドラマ”隠蔽捜査”TBS8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ 。囮捜査に外務省が、そして上条が。。

ドラマ”隠蔽捜査”8話が放送されました。今回は外務省の人間が殺害され、殺害の裏には何の秘密があるので

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑