ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。花咲が使う”お言葉を返すようですが”のフレーズを相馬が。。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約)

・ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話視聴率、感想、原作
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話あらすじ
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”7話予告、ネタバレ
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”関連記事
以上です。ご覧下さい。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話視聴率、感想

ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話が放送されました。視聴率は16.0%でした。5話視聴率は13.8%でしたので視聴率は戻りました。

6話の感想は、花咲舞がいつも使う
”お言葉をかえすようですが”
を相馬が使いましたね。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話あらすじ

花咲は同期4人と女子会を開く。そこに川島奈津子も参加していた。

ある日週刊誌に、
”大手銀行の窓口で働く二十代の女子行員が、支店長にセクハラを受けた”
という告発記事が掲載された。

しかしその週刊誌の内容、社員証などが東京第一銀行のものであった。

それで臨店班は、この事実を調査することに。
この調査に人事部の大前次長から命令が下る。

その後頭取宛に週刊誌に告発した本人からメールが。。
そのメールの主がなんと花咲の同期川島奈津子であった。

そして相馬と花咲は京橋支店の川島奈津子に事情を聞くことに。
事実であることを認める奈津子。

セクハラをしていた相手はなんと
”人事部の大前次長。前京橋支店支店長だった”

その後この事実に関して、本部長から直接呼び出して事情を聞かれることに。

しかし相馬が、セクハラは証拠がなければ、立証することが難しい。と話花咲はセクハラの証拠を探すことに。

今まで大前が関わった支店の女性に対して、
”セクハラがあった事実を教えて欲しい”
というメールをおくった。

そして本部長と奈津子の面接の日。

相馬は京橋支店の奈津子の評価を探しに行っていた。

奈津子は本部長と面接中に、同席していた大前からセクハラを受けていたことを告白した。本部長は困惑するが、もみ消そうとする。

しかし納得いかない奈津子。本部長は
”証拠がない”
の一言に引き下がろうとする奈津子。

そこに花咲が、過去に大前にセクハラにあった女子行員からメールを提出した。しかしこれが決定的な証拠にならない。

そこに相馬が現れ、奈津子の銀行での評価が大前の支店長時代に著しく低下していた。それは奈津子がセクハラを受けていた時であった。そして強引な要求を拒否したことで、大前は奈津子の評価を下げたのだ。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”7話予告、ネタバレ

舞(杏)は、同期の友人・彩奈(瀬戸早妃)に「紹介したい人がいる」と言われ、食事に出かける。

最初は「そんな、男の人なんて…」と、あまり乗り気ではない様子の舞だったが、紹介されたのはレストラン『東京ダラス』のオーナー・友田(姜暢雄)。絵に描いたような好青年の友田に、舞もすぐに気に入ってしまう。

そんな中、舞は友田の部下・大塚(夕輝壽太)から、友田が融資を受けるために、東京第一銀行の行員に200万円の賄賂を渡していると打ち明けられる。

大塚は、友田に不正を止めさせ、店を救いたいと言う。

東京ダラスは、品川支店から5000万円の融資を受けていた。舞は相馬(上川隆也)とともに、賄賂を受け取った行員が誰なのかを調べるため、品川支店へ向かう。

「まさか、友田さんのことを調べることになるなんて」と落ち込む舞。 舞と相馬は、その人物を突き止め、問い詰めた。

しかし、友田からの金は賄賂ではなく、「個人的に借りたものだ」と言われてしまう。確かに、東京ダラスは経営状態も良好で融資先として問題がなく、友田が賄賂を渡す理由は見当たらない。調査は行き詰ってしまったかに思えたが、幸三(大杉漣)の一言をきっかけに、舞はあることに気づき―――。
ドラマ”花咲舞が黙ってない”HP より引用

ドラマ”花咲舞が黙ってない”関連記事

ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。花咲舞が金融庁に喧嘩を売る

ドラマ”花咲舞が黙ってない”4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。今回はモンスターペアレントが事件を引き起こしました

ドラマ”花咲舞が黙ってない”3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告、ネタバレ。舞が相馬が嫌がらせをうける

ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話予告、ネタバレ。舞が相馬の敵討ち

ドラマ”花咲舞が黙ってない”1話視聴率、感想、あらすじ。原作、主題歌。2話予告(ネタバレ)よ。現在視聴率ドラマNO1に!

杏さん主役ドラマ”花咲舞が黙ってない”コンビ役には上川隆也さん。予告、あらすじ、出演者(キャスト)。原作は池井戸潤さんです。主題歌 は西野カナさん。

ad

関連記事

子供のころ病気で死にかけたが、生き延び今はジブリの声優と俳優もこなす神木隆之介さん。本郷奏多とそっくり。身長?「spec」にも出演。 彼女の噂は?

来年佐藤健さんがが主演を映画「るろうに剣心」の続編 「るろうに剣心 京都大火編」及び「るろうに剣心

記事を読む

ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”あらすじ、原作、主題歌、キャスト(出演者)。藤原竜也さんと岡田将生さんコンビの兼ね合いが見所ですね。

本文内容 ST赤と白の捜査ファイルが始まります。このドラマの ・あらすじ ・見所 ・原作、脚

記事を読む

10話あらすじ更新。天皇の料理番(てんのうのりょうりばん)9話あらすじ。篤蔵が、”天皇の料理番”として2,000人に料理をもてなす。そして兄が死す。視聴率、感想、動画。10話予告

佐藤健さん主演の日曜劇場天皇の料理人が9話が放送されました ・天皇の料理番9話視聴率、感想、動画

記事を読む

マッサン。1週あらすじ、2週予告あらすじ、ネタバレ。NHK朝の連続ドラマ。原作、主題歌、キャスト、出演者など紹介

NHK朝のドラマ”マッサン”に関するまとめ ・マッサンの1週視聴率、感想 ・マッサン1週あらすじ

記事を読む

小泉孝太郎”名もなき毒”に続き、国仲涼子さん共演TBSドラマペテロの葬列に出演。 原作、主題歌、あらすじ、キャスト(出演者)公開。

月曜日8時から放送されていたドラマ”ホワイトラボ”が終了しました。 2014年夏のドラマは、ペテロ

記事を読む

すべてがFになる9話あらすじ、視聴率、感想。最終回(10話)予告あらすじ、ネタバレ。真賀田博士が萌絵の命を狙う

本文(すべてがFになるに関する)内容 ・すべてがFになる9話視聴率、感想 ・すべてがFになる9話

記事を読む

2014年3週目(4月14日週)春ドラマ週間視聴率ランキングベスト3。”花咲舞が黙ってない”が1位に!。NHK大河ドラマ”軍師官兵衛”、朝ドラ”花子とアン”視聴率。

本文(ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3)サマリー ・2014年春の民放ドラマランキングBE

記事を読む

ドラマ”続最後から二番目の恋”の11話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ。

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)内容 ・ドラマ”続

記事を読む

GTO”10話視聴率、感想、あらすじ。11話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者、キャストを公開。沢村の鬼塚への思い・・・

本文( AKIRAさん主演ドラマ"GTO"に関する)内容 ・ドラマ"GTO"10話視聴率、

記事を読む

松雪泰子さん主演ドラマ家族狩り9話視聴率、感想、あらすじ。10話(最終回)予告あらすじ、ネタバレ 。主題歌、キャスト、出演者公開。家族狩りの犯人は意外な人物だった

本文( 松雪泰子さん主演ドラマ”家族狩り”に関する)内容 ・ドラマ”家族狩り”9話視聴率、感想

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑