ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。花咲舞が金融庁に喧嘩を売る?

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約)

・ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想、原作
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話あらすじ
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話予告、ネタバレ
・ドラマ”花咲舞が黙ってない”関連記事
以上です。ご覧下さい。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想

ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話が放送されました。視聴率は13.8%でした。4話視聴率は16.3%でしたので視聴率が下降しました。しかし当日女子サッカー日本代表戦が行われていましたので、視聴率低下したのは問題ないと思います。

5話の感想は、花咲舞が今回銀行員意外に
”お言葉をかえすようですが”
を使いましたね。いつも思いますが、最後すっきりして非常に気持ちのいいドラマですね。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話あらすじ

金融庁の監査が実施されることとなる東京第一銀行。しかしどこの支店に監査が入るのかはわからない。

そんな時今回は、中野支店に金融庁の監査が入ってきた。そこにたまたま居合わせた舞と相馬。

中野支店は金融庁の監査対応に非常に慌しかった。

なぜ中野支店だったのか。。非常に謎が残る監査だった。

しかしその謎が解けることに。

今回の金融庁主任検査官の青田は、支店長の牧野から以前強引な監査に関して金融庁に対し告白し、青田は処分を受けることとなっていたのだ。

その逆恨みに、今回中野支店でなんとしても牧野に仕返しをしたかったのだ。

内通者は?中野支店の危機は。。

一人一人行員を調べていく青田。そして融資課のある銀行員のパソコンを押収した際に、その人物の秘密が。それをねたにその人物から中野支店の秘密書類の場所がばれることに。

地下の物品庫に隠されてあった書類が何故ばれるのか。不思議におもった舞と相馬は銀行の中に内通者がいることを確信した。

しかし秘密の書類の中に非常に危険な融資先が一社あり、中野支店は最大のピンチを迎えた。相馬は走り回り危険な融資先から保養地の売却により融資金返済の同意書を手に入れ対応できた。

舞はひそかに青田への仕返しを考えていた。舞は青田にうその情報を聞かせる”女子行員が秘密の資料を持っていることを”
そして当然青田はその女子行員を調べるため女子更衣室に入って、強引にその女性のロッカーを物色した。

しかし何も出てこない、舞が仕込んだうそだからだ。そして相馬も青田が融資課の銀行員を脅しているところを音声で記録していた。

中野支店はお咎めも無く、監査は終了した。そして青田は懲戒免職となった。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”6話予告、ネタバレ

ある朝、週刊誌に大手銀行の窓口で働く二十代の女子行員が、支店長にセクハラを受けたという告発記事が掲載された!

その銀行は名指しこそされていなかったが、東京第一銀行であることは明らかで、舞(杏)と相馬(上川隆也)は人事部の大前次長(堀部圭亮)から告発した女子行員を見つけ出すよう命じられた。

しかし、支店をいくつか回るが、それらしき女子行員はなかなか見つからない。

調査の状況を知った大前は、舞と相馬に「金目当ての女子行員が作り話をしているだけだ。ろくでもない女に決まっている」といら立ちをぶつける。そんな大前の態度に、舞は反感を抱く。

そんな中、頭取宛てに、セクハラを告発した女子行員は京橋支店の川島奈津子(前田亜季)だというメールが届く。

奈津子は舞と同期の行員。奈津子からセクハラの話など聞いたことがなかった舞は、奈津子がこの件に関わっているとはどうしても思えなかった。

しかし、奈津子は告発記事を出したのは自分だと舞に告げる。さらにセクハラしてきた人物に意外な相手の名前を挙げた―――。
ドラマ”花咲舞が黙ってない”HP より引用

ドラマ”花咲舞が黙ってない”関連記事

ドラマ”花咲舞が黙ってない”4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。今回はモンスターペアレントが事件を引き起こしました

ドラマ”花咲舞が黙ってない”3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告、ネタバレ。舞が相馬が嫌がらせをうける

ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話予告、ネタバレ。舞が相馬の敵討ち

ドラマ”花咲舞が黙ってない”1話視聴率、感想、あらすじ。原作、主題歌。2話予告(ネタバレ)よ。現在視聴率ドラマNO1に!

杏さん主役ドラマ”花咲舞が黙ってない”コンビ役には上川隆也さん。予告、あらすじ、出演者(キャスト)。原作は池井戸潤さんです。主題歌 は西野カナさん。

ad

関連記事

オトナ女子。久々ドラマ出演篠原涼子さん。高視聴率をとれるか?出演者、一話あらすじ。

オトナ女子 2015年秋の木曜10時のフジテレビドラマは、オトナ女子に決定しました。 主演は

記事を読む

ドラマ”続最後から二番目の恋”の10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告、ネタバレ。和平の言葉に千明は心を揺れ動く。

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

視聴率更新。ドS刑事(ドエスデカ)1話あらすじ、感想、視聴率、2話予告あらすじ、ネタバレ。多部未華子さん、関ジャニ大倉忠義さん出演。主題歌関ジャニ。

多部未華子さんと大倉忠義さん主演ドS刑事(ドエスデカ)1話が放送されました ・ドS刑事(ドエスデカ

記事を読む

大河ドラマ”軍師官兵衛”第6話視聴率、第7話感想、あらすじ、第8話予告、ネタバレ。キャストは岡田准一さん、江口洋介さん

大河ドラマ”軍師官兵衛(岡田准一さん)”のサマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が第6話視聴

記事を読む

春のドラマ視聴率ランキング。1位アイムホーム、2位天皇の料理番、3位Dr.倫太郎(ドクター倫太郎)。順位変動なし。しかし”天皇の料理番”、”ようこそ、わが家へ”が視聴率上昇で順位変動も。6月14日現在。

春のドラマが徐々に終了を始めました。 最終話を迎えたのは ・戦え書店ガール ・心がポキッとね

記事を読む

水川あさみさん主演”東京スカーレット”1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ

本文内容 ”東京スカーレット~警視庁NS係”。このドラマの ・1話視聴率、感想 ・1話あらすじ

記事を読む

視聴率更新。○○妻(まるまるづま)最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。東山紀之さん、柴咲コウさん出演。主題歌椎名林檎。ひかりと正純の結婚式前日にひかりが亡くなる。

東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻(まるまるづま)最終話(10話)が放送されました。 ・○○妻

記事を読む

2016年ドラマ視聴率ランキング1位真田丸、2位相棒、3位スペシャリスト、善戦したフラジャイル

2016年ドラマの視聴率ランキング ・2016年ドラマの視聴率ランキング1位、2位、3位 ・20

記事を読む

藤原竜也さん、岡田将生さん主演ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者

本文(藤原竜也さん、岡田将生さん主演ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”に関する)内容 ・ドラマ”S

記事を読む

佐藤健さん映画”カノジョは嘘を愛しすぎてる”の宣伝で台湾へ。4月から連続ドラマ”ビター・ブラッド”に出演。 前田敦子さんや綾瀬はるかさんの熱愛?

佐藤健さんに関するサマリー(要約) ・佐藤健さん映画”カノジョは嘘を愛しすぎてる”のプロモーション

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑