ドラマ「Dr.DMAT」9話あらすじ、視聴率、感想。10話予告、ネタバレ。響がDMATの責任者として最大の難題が発生。

公開日: : 最終更新日:2014/03/09 テレビ 視聴率, DMAT, あらすじ, ドラマ, 感想

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約)

・DMATとは(用語説明)
・ドラマ「Dr.DMAT」が9話視聴率、感想
・ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率推移
・ドラマ「Dr.DMAT」9話あらすじ
・ドラマ「Dr.DMAT」10話予告、ネタバレ
・ドラマ「Dr.DMAT」の過去の記事
以上です。それではご覧下さい。

ドラマ「Dr.DMAT」の9話が放送されました。結局視聴率は戻らない感じですね。

ドラマ「Dr.DMAT」の9話視聴率、感想

ドラマ「Dr.DMAT」9話視聴率が発表されました。視聴率は6.2%でした。8話は7.3 %と1%近く下がっています。

9話の感想としては、響が今まで様々な経験をしそして、DMATの責任者となります。最初の頃の響とは、比べ物にならないほど成長しました。

ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率の経緯

ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率の経緯を見てみましょう。

1話 7.9%
2話 7.2%
3話 7.0%
4話 8.4%
5話 5.0%
6話 5.3%
7話 5.4%
8話 7.3%
9話 6.2%

視聴率は5~7%で推移しています。視聴率は最終回は回復するのでしょうか。

ドラマ「Dr.DMAT」の9話あらすじ

春子の響の妹への助言

脳外科医の紅美は、響に春子の意識を戻せるかもしれないと持ちかける。その方法は、ファンクショナルMRIという先端技術を使う方法で
”血流の変化を通して脳の状況がわかり、状況がわかればより正しい治療方法がわかる”
ということだった。

紅美の助言に従い、紅美の方法を試したが、反応はなかった。
紅美は何度も試すように響に提案したが、響は否定的であった。理由は今までずっと様々な治療を試したが、だめだったからだ。

交通事故で響と紅美の意見が対立

交通事故がおこり出動する、響と紅美。

そして要救護者の搬送順で響と紅美と対立することに。
結果を言うと、響の判断が正しかったのだ。

現場で今までの経験が、知識を凌駕したのだ。

そして成長した響の姿を見ていた伊勢崎院長は、響を呼び出された。
伊勢崎は
”小曽根の負担を減らすためにも、DMATの統括責任者を響にする”
と発言した。

いきなりのことで響はこれを拒否する。

地震発生でDMAT出動

体育館でバスケ部の練習をしていた。その時に地震が起きて2人の重傷者が発生した。

その1人黒川は、鉄筋が体を貫いていた。しかしもう1人女子学生は突き飛ばされ頭部を強く打っていた。

そしてその女子学生のマネージャーの歩き方が編だと言うことで
・健忘症、硬膜下血腫
の疑いがあり、重症の優先順位を女子マネージャーにおいた。

そして黒川の手当て中に鉄筋をはずした瞬間大出血。
しかし響は慌てずに手で心臓マッサージを行って救える命を救った。

響はDMATの責任者を引き受けることとなりました。

ドラマ「Dr.DMAT」の10話予告、ネタバレ

ドラマ「Dr.DMAT」の10話の注目点
・響がDMATの責任者としての判断
・直下型地震発生時の混乱状態

ある日、西多摩地区を震源とする大地震が起きた。雷蔵の診療所に転院した春子付き添った凛の携帯電話は回線が混雑していてつながらない。

小曽根や紅美は春子や凛を心配するが、響は有栖川総合病院にも怪我人が押し寄せてくるからそちらに集中しようと気丈にふるまう。

大田区の工場街では建物の倒壊が相次ぎ、桜庭たちハイパーレスキュー隊は救護拠点の設営に奔走する。一方、有栖川病院では伊勢崎院長を中心に対策本部が作られ押し寄せる怪我人たちの対応が始まった。

そんな中、工場街で救助活動を続けるレスキュー隊からDMATの出動要請が来た。響は院内の対応で手一杯だと断るが、伊勢崎院長は独断で出動を決める。

その頃、奥多摩では自衛隊も救急車もいつ来てくれるかわからない中で凛と雷蔵が怪我人の対応に追われていた。

要請のあった工場にやってきた響は、すぐさま状況を判断し冷徹に指示を出す。他のDMAT隊や医療従事者が駆けつけ必死の処置が続いているが、それぞれがバラバラに活動しており統制が取れず能率も悪い。

母親が倒壊に巻き込まれたという地元の医師・大迫は母の救出が最優先。他の医師たちも目の前にいる被災者にかかりき。響は意を決して全DMAT・医療従事者を集め、自分が指揮をとると告げる。

そして助かる命の数を最大限に増やすためある程度の命を見捨てると宣言する。
ドラマ「Dr.DMAT」HP より引用

ドラマ「Dr.DMAT」の過去の記事

ドラマ「Dr.DMAT」第7話あらすじ、視聴率、感想。第8話予告、ネタバレ。

ドラマ「Dr.DMAT」第6話あらすじ、視聴率、感想。第7話予告、ネタバレ。

ドラマ「Dr.DMAT」第5話あらすじ、視聴率、感想。第6話予告、ネタバレ。DMATとは、そもそも何なのでしょう?

ドラマ「Dr.DMAT」第4話あらすじ、視聴率、感想。第5話予告、ネタバレ。看護師役加藤あい。

関ジャニ∞の大倉忠義さん主演の原作漫画のドラマ「Dr.DMAT」第3話あらすじ、視聴率、感想。看護師加藤あいDMATに!第4話予告、ネタバレ。

漫画原作で関ジャニ∞大倉忠義さん、加藤あい出演の”Dr.DMAT”視聴率が停滞。感想はわるくありませんが。第2話あらすじ、第3話ネタバレ。主題歌は関ジャニ∞。 。


関ジャニ∞・大倉忠義さんドラマ初主演「Dr.DMAT」 キャスト、エキストラは加藤あいさん、石黒賢さんなど。第1話あらすじ、ネタバ

ad

関連記事

”笑っていいとも”の後番組MC発表。テレフォンショッキングゲスト欽ちゃん”萩本欽一” 出演。とんねるずはレギュラーに。

もうすぐ”笑っていいとも!”が終了しますが、いよいよ本格的に”笑っていいとも!”全貌が明らかになって

記事を読む

松雪泰子さん主演ドラマ家族狩り2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。

本文内容 ドラマ家族狩り2話が放送されました。このドラマの ・2話視聴率、感想 ・2話あらすじ

記事を読む

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”原作は池井戸潤さん。主題歌、放送日及び1話あらすじ、見所

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”原作、主題歌、放送時間。あらすじ、見所のサマリー(目次) ・ドラマ

記事を読む

視聴率更新。大河ドラマ”花燃ゆ”26話あらすじ。長州が京へのぼるが、久坂がピンチに。感想、視聴率。27話予告。

NHK大河ドラマ花燃ゆ ・花燃ゆ26話視聴率、感想 ・花燃ゆ26話あらすじ ・花燃ゆ27話予告

記事を読む

マッサン。NHK朝の連続ドラマあらすじ、放送日、原作、主題歌、キャスト、出演者など紹介

NHK朝の連続ドラマ”マッサン” NHK朝のドラマ”マッサン”が始まります。このドラマは ウイス

記事を読む

速報”リーガルハイ”第9話視聴率18.3%。第9話あらすじ。最終回1時間半スペシャル。安藤貴和役の小雪さんの運命は!

おそくなりましたが、「リーガルハイ」の最終回直前第9話の視聴率が発表されました。18.3%となり第7

記事を読む

ディアシスターあらすじ5話、予告あらすじ6話、ネタバレ、視聴率、感想。出演者。美咲の秘密が。

本文(ディア・シスターに関する)内容 ・ディアシスターの5話視聴率、感想 ・ディアシスター5

記事を読む

2013年は「ガリレオ」。2014年春の朝ドラ「花子とアン」と出演多忙な吉高由里子さん。映画「蛇にピアス」で演技力を広げた?今熱愛は生田斗真 さん?

いよいよ主演吉高由里子さん2014年春の朝ドラ「花子とアン」が クランクインしました。 現在はN

記事を読む

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”8話視聴率、感想、あらすじ。9話(最終話)予告、ネタバレ。石川が頭を撃たれた秘密などが明らかに。今回も視聴率はmozuに勝ちました。

本文(小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)"に関する)サマリー(要約) ・小栗旬さん主演

記事を読む

視聴率更新。嵐相場さん主演ようこそ、わが家へ7話あらすじ、視聴率、感想、8話予告。沢尻えりかさんは、さすがに演技がうまいですね。

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ7話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑