ドラマ「Dr.DMAT」第6話あらすじ、視聴率、感想。第7話予告、ネタバレ。

公開日: : 最終更新日:2014/02/21 テレビ 視聴率, ドラマ , , , ,

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約)

・DMATとは(用語説明)
・ドラマ「Dr.DMAT」が第6話視聴率、感想
・ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率推移
・ドラマ「Dr.DMAT」第6話あらすじ
・ドラマ「Dr.DMAT」第7話予告、ネタバレ
・ドラマ「Dr.DMAT」の過去の記事
以上です。それではご覧下さい。

ドラマ「Dr.DMAT」の第6話が放送されました。視聴率はどうなったのでしょう。

ドラマ「Dr.DMAT」の第6話視聴率、感想

主演のドラマ「Dr.DMAT」第6話視聴率が発表されました。視聴率は5.3 %でした。第5話は5.0%とほぼ横ばいでした。

第4話の感想としては、絶望を感じた患者に対しての心のケアは凄く大事なもので、絶望を感じた患者は自暴自棄になり、自殺未遂をすることが多い。そのことに対して問題提示をしたストーリーだった気がします。しかしその生きがいを自己主張しすぎたため今回のような悲劇が起こったのも事実。非常に難しい問題です。

ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率の経緯

ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率の経緯を見てみましょう。

第1話 7.9%
第2話 7.2%
第3話 7.0%
第4話 8.4%
第5話 5.0%
第6話 5.3%

やっと視聴率が下止まりしたようです。ここからどのような視聴率の推移をするのでしょうか。個人的には5%前後~8%を推移しドラマは終了すると思います。

ドラマ「Dr.DMAT」の第6話あらすじ

今回は患者さんの身勝手な行動が、大きな危険をさらしてしまう結果になりました。

ただ死に直面したり、絶望にあった人の気持ちになると、自暴自棄になり自分勝手な気持ちになるのでしょう。もじ自分がそうなったらと想像してみてください。

ドラマ内容

有栖川総合病院のERに道端で倒れていた土屋という男性が運び込まれた。同時刻に交通事故で右腕を開放骨折した明日香という女性が運ばれてきた。

響きたちは処置を行ったが
・土屋は、末期の胃がん
・明日香は、腕の接合手術には成功したが、元通りに動く確率は低い。
と処置は行ったが、今後のことを考えると状態が二人ともよいとはいえない。

翌日、意識を取り戻した土屋は様子を見に来た響きに対してすぐに退院したい世申し出る。理由を聞くと”家族経営の町工場資金繰りが悪く、今すぐにでも金策に走らなければならない”ということだ。しかし担当医は退院を許可しなかった。

また土屋は延命治療も拒否している。

土屋は妻から工場を存続するのは無理との事で、生きる希望を失った。

一方明日香は、バイオリニストを夢見ていた。しかし今回の事故で自分の右手が思うように動かないと知った。
そして”死んだほうがマシだった”と絶望した。

絶望する土屋と明日香が共感

2人は絶望を味わい、お互いは共感し、明日香は土屋の願いをかなえるために協力した。なんと明日香は、土屋が病院を抜け出し工場へいくことに手を貸したのだ。

そして響きは、土屋がいなくなっていることにきずいて探しに外へ出る。

そして土屋は工場に着くと、何もなかったように土屋は社員に指示を出す。その時土屋は、めまいをおこし機材などの下敷きになってします。

そして、響は土屋の工場に駆けつけたとき重症で土屋を目にしてしまう。

そこで土屋は”どうせ死ぬのだからほうっておいて欲しい”と発する。それに同調する明日香。ただ土屋はまだ死んでいない。

そして響きは下敷きになっている状態の中救う手立ては、”両足切断しかない”と判断し両足切断の手術をし、土屋を延命させることに。

ドラマ「Dr.DMAT」の第7予告、ネタバレ

寿退職する看護師・麻美。有栖川総合病院のERスタッフルームでは寿退職の歓送会が行われていた。

麻美は、夫の転勤先でも看護師を続けると凛に誓う。

数日後、遊園地で火災が発生したとDMATの出動要請。

しかし現場では恐ろしい事態が起きていた。

現場に待ち受けたハイパーレスキュー隊隊長・桜庭から
”発炎筒で火災を装い園内の混乱に乗じて無差別に人を刺している通り魔がいる”

というのだ。警察が安全区域を指定しているため救護活動ができたいというものだった。DMATの安全規則したがい、容疑者確保まで待たなければならない。

しかし、規則従う前に目の前に要救護者がいるのはまっていられない。と響や紅美は単独で行動を起こす。

現場を見てみると、園内で大多数が何らかの被害を受けている状況である。
そして重篤な傷を負った者も多い。小曽根もロジスティックの花田に情報管理を任せ、司令塔となりながら自らも負傷者の対応を始める。

しかしながら現状は大人数の遊園地、そして混乱する人々。その人々を落ち着かせながら治療してゆく響。しかし負傷に対する手当ての道具が不足する。

しかし、火災と通り魔が混在し指揮命令系統が複数存在し作業が思うように進まない。そんな中不運にも、紅美と凛はフードコート内で首を切られて倒れている麻美と婚約者・鈴川を見つけてしまう。

響は重症患者の治療を行っていたがそこに、桜庭がきて無理やり倉庫に連れて行かされた。そこには川畑という男が倒れていた。

傷を診ていた響は警察から川畑が犯人だと聞かされる。
響はどんな判断とるのか。

最新記事 第7話あらすじ、第8話ネタバレ
ドラマ「Dr.DMAT」第7話あらすじ、視聴率、感想。第8話予告、ネタバレ。

ドラマ「Dr.DMAT」の過去の記事

ドラマ「Dr.DMAT」第5話あらすじ、視聴率、感想。第6話予告、ネタバレ。DMATとは、そもそも何なのでしょう?

ドラマ「Dr.DMAT」第4話あらすじ、視聴率、感想。第5話予告、ネタバレ。看護師役加藤あい。

関ジャニ∞の大倉忠義さん主演の原作漫画のドラマ「Dr.DMAT」第3話あらすじ、視聴率、感想。看護師加藤あいDMATに!第4話予告、ネタバレ。

漫画原作で関ジャニ∞大倉忠義さん、加藤あい出演の”Dr.DMAT”視聴率が停滞。感想はわるくありませんが。第2話あらすじ、第3話ネタバレ。主題歌は関ジャニ∞。 。


関ジャニ∞・大倉忠義さんドラマ初主演「Dr.DMAT」 キャスト、エキストラは加藤あいさん、石黒賢さんなど。第1話あらすじ、ネタバレ

ad

関連記事

rintarou2

視聴率更新。Dr.倫太郎(ドクターりんたろう)あらすじ2話、3話予告、視聴率、感想、主題歌、原作。堺雅人さん、蒼井優さん、吉瀬美智子さん主演。夢乃の倫太郎への想いは。。

堺雅人さんが主演でDr.倫太郎(ドクターりんたろう)2話が放送されました。 ・Dr.倫太郎(ドクタ

記事を読む

sinntani

ドラマ”MOZU”(もず)の6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。新谷の謎が明らかに事件の真相が大きく前進。そして新谷は覚醒。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の6話視聴率、感想

記事を読む

border6

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。自殺未遂の人物は再度自殺をする可能性が高い。ちょっと考えさせられるテーマでした。

本文(小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)"に関する)サマリー(要約) ・小栗旬さん主演

記事を読む

hana41

視聴率更新。花燃ゆ41話あらすじ。小田村と美和が群馬へ視聴率、感想

・花燃ゆ41話視聴率、感想 ・花燃ゆ41話 ・花燃ゆ原作、脚本 ・花燃ゆ出演者 ・花燃ゆ過去

記事を読む

gto9

GTO”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者、キャストを公開。ほなみの兄は。。

本文( AKIRAさん主演ドラマ"GTO"に関する)内容 ・ドラマ"GTO"9話視聴率、感想 ・

記事を読む

iryuu4201429

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。早川が朝田によって、今回医師として成長しました。

本文(ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」)のサマリー(要約) ・ドラマ「医

記事を読む

nagamasa

NHK大河ドラマ軍師官兵衛37話視聴率、感想、あらすじ。38話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者。官兵衛が追い込まれる。

本文( NHK大河ドラマ軍師官兵衛に関する)内容 ・NHK大河ドラマ軍師官兵衛37話視聴率、感想

記事を読む

mizuki

観月ありささん主演金曜日ドラマ「夜のせんせい」。キャストは大政絢さん、田中圭さん、堀内敬子さんなど。主題歌は、三浦大知さんの「Anchor」です。第1話あらすじ、ネタバレ

金曜9時からTBSで主演観月ありささん「夜のせんせい」が始まります。 ドラマ「夜のせんせい」の概要

記事を読む

hannzwanaoki

2013年ドラマ視聴率ベスト10は。1位「半沢直樹」2位「ドクターx」3位「ガリレオ」10位にはなんと「Woman」が!

それでは、2013年ドラマ視聴率ベスト10を発表します。 2013年ドラマ視聴率ベスト3 201

記事を読む

doctorslast

視聴率速報。”DOCTORS(ドクターズ)3”最終回(9話)あらすじ、視聴率、感想。沢村一樹さん、高嶋 政伸さん出演、主題歌コブクロ。

DOCTORS3(ドクターズ)8話放送がありました。 ・”DOCTORS3”最終話(9話)視聴率、

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑