花燃ゆ34話あらすじ。薩長同盟。感想、視聴率。35話予告

公開日: : テレビ 視聴率, 花燃ゆ

NHK大河ドラマ花燃ゆ
・花燃ゆ34話視聴率、感想
・花燃ゆ34話あらすじ
・花燃ゆ35話予告あらすじ、ネタバレ
・花燃ゆ原作、脚本
・花燃ゆ出演者
・花燃ゆ過去のあらすじ、視聴率
を公開します。
花燃ゆ全話あらすじ、視聴率こちら

花燃ゆ34話視聴率、感想

花燃ゆ34話が放送されました。
視聴率は後日公開
花燃ゆ33話視聴率は12.6%でした

花燃ゆ34話の感想は、薩長同盟という大きな時代の節目の回でした。

その仲介をした坂本龍馬。さすがかっこいいですね!!

花燃ゆ34話あらすじ

薩長同盟
大奥では、おき丸のお小姓を決めることとなる。
銀姫と美和はその推薦を行うことに。

小姓とは

小姓(こしょう)とは、武士の職名である。「小性」とも表記される。
「扈従」に由来し、中世以来、武将の身辺に仕えて、諸々の雑用を果たした。

引用 wikipedia

高杉が、銀姫と美和のもとに。
銀姫の夫に会いに行く。

そして薩摩が幕府を見限っている。といい薩摩と同盟を結ぶことを提案する

その時大宰府で、小田村が三条実朝とあい、倒幕を提案するが難航していた。

そこで小田村は、坂本龍馬から薩摩との同盟を提案される。

高杉は、自分は倒幕の運命だという。

桂小五郎が復権する。そこで坂本龍馬、小田村と飲むことに。
そこで龍馬が
銃と蒸気船を薩摩名義で購入すればいい
とつぶやく。
”薩摩に今米が困っているから米を送ればいい”
薩長同盟は、いいこと尽くめだ”という。

しかし薩摩に久坂を失った美和は、賛同できなかった。
そんな美和に小田村は
許すことは、踏み出すことだ”という。

その時椋梨は、死罪となる。
美和の父も亡くなる

下関では、薩長同盟の締結に難航していた。
西郷が、藩のとりまとめに難航しているようだとのこと。

龍馬は、あらためて長州が薩摩に米を、薩摩が長州に武器弾薬を提供することを進言する。

龍馬が、長州と薩摩の交渉難航し憤慨する。
そして桂と西郷は強引に手を握らされる

薩長同盟が結ばれる。

おこ丸の小姓に、美和は椋梨の子を推薦する。
許すことは、踏み出すことだ”の小田村の言葉を胸に

花燃ゆ35話予告あらすじ、ネタバレ

孤独の戦い

薩長同盟が成立し、長州藩は薩摩藩からひそかに武器を入手し幕府との戦いに備え始めた。

そして、いよいよ幕府軍が長州に攻め始めた。

兵の数は圧倒的に幕府軍がうえだが、長州軍は武士から農民まで一子団結し士気は高まっていた。

だが敵を迎え撃つ準備が整っていなかった。

そんな折幕府は、藩主毛利と世継ぎの元徳を広島に出頭を命じた。

そこで小田村が身代わりに出頭し、その間高杉に戦の準備を進めるよう施す。

はたして命がけの伊之助の指名を背負って広島に出向き、投獄されながらも交渉を引き延ばした。

高杉も使命を帯び、無謀とも思える幕府討伐に乗り出す。

そんな中高杉の妻雅は、下関で夫が芸このうのと一緒に暮らしていることを知り美和に訴える。

美和も自分もかつてなくなった夫久坂から他の女性のことを告げられた過去を打ち明け、命を散らすように戦っていった夫への思いを語った。

そのころ、へいいん丸からの戦い望む高杉は吐血する。

美和は、高杉も今頃、命を散らすように、なくなったものへの思いや、判の未来を背負い、孤独に耐えて戦っているのだと雅に話す。

花燃ゆホームページより引用

花燃ゆ原作、脚本

”花燃ゆ”原作、脚本は、大島里美さんだそうです。

代表作は
・東京タワー オカンとボクと、時々オトン
・1リットルの涙
・太陽の罠
などです。

花燃ゆの放送日

”花燃ゆ”の放送日は、毎週日曜の8時からNHK総合テレビです。

花燃ゆ出演者

花燃ゆ花燃ゆ”出演者は、
主人公
杉文 井上真央さん

・小田村伊之助 大沢たかおさん
・吉田寅次郎 伊勢谷友介さん
・久坂玄瑞 東出昌大さん
・杉敏三郎 森永悠希さん
・杉百合之助 長塚京三さん
・杉滝 檀ふみさん
・杉梅太郎 原田泰造さん
・杉寿 優香さん
・玉木文之進 奥田瑛二さん
・桂小五郎 東山紀之さん
・毛利敬親 北大路欣也さん
・高杉晋作 高良健吾さん
・吉田稔麿 瀬戸康史さん
・入江九一 要潤さん
井川 遥さん他。

花燃ゆ過去のあらすじ、視聴率

・33話あらすじ、視聴率はこちら

・32話あらすじ、視聴率はこちら

・31話あらすじ、視聴率はこちら

・30話あらすじ、視聴率はこちら

・29話あらすじ、視聴率はこちら

・28話あらすじ、視聴率はこちら

・27話あらすじ、視聴率はこちら

・26話あらすじ、視聴率はこちら

・25話あらすじ、視聴率はこちら

・24話あらすじ、視聴率はこちら

・23話あらすじ、視聴率はこちら

・22話あらすじ、視聴率はこちら

・21話あらすじ、視聴率はこちら

・20話あらすじ、視聴率はこちら

・19話あらすじ、視聴率はこちら

・18話あらすじ、視聴率はこちら

・17話あらすじ、視聴率はこちら

・16話あらすじ、視聴率はこちら

・花燃ゆ15話あらすじ、視聴率はこちら

・14話あらすじ、視聴率はこちら

・13話あらすじ、視聴率はこちら

・12話あらすじ、視聴率はこちら

・11話あらすじ、視聴率はこちら

・10話あらすじ、視聴率はこちら

・9話あらすじ、視聴率はこちら

・8話あらすじ、視聴率はこちら

・7話あらすじ、視聴率はこちら

・6話あらすじ、視聴率はこちら

・5話あらすじ、視聴率はこちら

・4話あらすじ、視聴率はこちら

・3話あらすじ、視聴率はこちら

・2話あらすじ、視聴率はこちら

・1話あらすじ、視聴率はこちら

ad

関連記事

視聴率ランキングドラマベスト3(2014年3月17日最新速報)。”緊急取調室”明日、ママがいない””戦力外捜査官”など最終回を迎えました?。 NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”、大河ドラマ”軍師官兵衛”視聴率も公開

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

天皇の料理番概要、あらすじ、1話予告、放送日、原作、脚本。主題歌さだまさしさん、佐藤健さん、黒木華さんなど出演

佐藤健さん主演の日曜劇場天皇の料理人が始まります。 ・天皇の料理番概要 ・天皇の料理番1話あ

記事を読む

視聴率更新。斎藤工さん、石田ゆり子出演”医師たちの恋愛事情”あらすじ最終話(最終回)。春樹と千鶴が、お互いの立場を尊敬した恋愛の形を見つける。感想、視聴率、動画、主題歌、まとめ。

医師たちの恋愛事情最終話(最終回)が放送されました。 ・医師たちの恋愛事情最終話(最終回)視聴率、

記事を読む

ど根性ガエル4話あらすじ、視聴率、感想、動画。原作、主題歌

松山ケンイチさん主演ドラマど根性ガエル ・4話視聴率、感想、動画 ・4話あらすじ ・原作 ・

記事を読む

視聴率更新。ようこそ、わが家へ6話あらすじ、視聴率、感想、7話予告。名無しさんに健太が刺される

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ6話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

2話視聴率更新。DEATH NOTE(デスノート)2話あらすじ、視聴率、動画。Lが月の正体を知る。3話予告あらすじ。感想、原作、出演者

窪田正孝さん主演ドラマDEATH NOTE(デスノート) ・”DEATH NOTE(デスノート)”

記事を読む

視聴率更新。”ワイルド・ヒーローズ”7話あらすじ。日花里は何者なのか。視聴率、感想、8話予告。

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ7話 ・ワイルド・ヒーローズ7話視聴率、

記事を読む

ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話予告、ネタバレ。舞が相馬の敵討ち。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、

記事を読む

Nのために9話あらすじ、視聴率、感想。最終話(10話)予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者。さざなみの放火の真犯人がわかる。

本文(Nのためにに関する)内容まとめ ・Nのために9話視聴率、感想 ・Nのために9話あらすじ

記事を読む

視聴率更新。ホテルコンシェルジュ4話あらすじ、視聴率、感想、動画。5話予告、原作、出演者、主題歌。

西内まりやさん主演ドラマホテルコンシェルジュ ・4話視聴率、感想、動画 ・ホテルコンシェルジュと

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑