視聴率更新。○○妻(まるまるづま)最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。東山紀之さん、柴咲コウさん出演。主題歌椎名林檎。ひかりと正純の結婚式前日にひかりが亡くなる。

公開日: : テレビ 視聴率, ○○妻

東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻(まるまるづま)最終話(10話)が放送されました。
・○○妻(まるまるづま)最終話(10話)視聴率、感想
・○○妻(まるまるづま)最終話(10話)あらすじ
○○妻(まるまるづま)総括
・○○妻(まるまるづま)原作、脚本、放送日
・○○妻(まるまるづま)主題歌
・○○妻(まるまるづま)出演者
・○○妻(まるまるづま)過去のあらすじ、視聴率、感想
公開します。

○○妻(まるまるづま)最終話(10話)視聴率、感想

最終話(10話)が、放送されました。視聴率は14.7%でした。
○○妻8話視聴率は視聴率は13.9%でした。

最終話(10話)の感想は、正純はニュースライフを降板しひかりとあらたな人生を歩むことになった。

とても楽しい日々だったが、そんな中高校生に絡まれてひかりが意識不明の重体に

正純が、ニュースライフで生出演した、しかしその後ひかりは死亡してしまった。

最後は悲しい結末でした

○○妻(まるまるづま)最終話(10話)あらすじ

正純は、ひかりが過去に自分の子供を置き去りにして殺害したことがネットで拡散し、ニュースライフを降板させられる。

その後正純はジャーナリストになり、高層マンションから移り住み普通のマンションに移り住む。

その後正純は、ひかりにプロポーズしていたため二人は結婚することに。

そして結婚式場で、ひかりのウエディング姿をみた正純は、あまりの美しさに驚愕していた。

そしてひかりの笑った笑顔を写真にとることができた

そんな中、ひかりは板垣に正純を再度ニュースライフのキャスターにしてほしいとお願いしていた。しかし板垣は
”あなたのせいで、先日妻と子供たちが家を出て行った”と告げられる。

ひかりと正純は、結婚式の一日前に散歩していた。
そこに高校生が数人、人が通る場所の邪魔をしていた。

それに対して、正純が注意する、ニュースライフのキャスターであることに高校生が気づいた。そして人殺しのひかりのことにも。

そして無視して帰ろうとすると、高校生は暴力を振るってきた。

ひかりがその高校生を追い払う。そして帰ろうとするとその高校生が後ろから蹴り、川沿いの土手の階段を転げ落ちる。

ひかりは、正純をかばって頭から多量の出血をおこす
一方正純は、軽症ですんだ。

ひかりは、意識不明の重体に。

そんななか、マスコミが駆けつけて病院の入り口は混乱していた。
その時板垣が、ひかりの部屋に見舞いに来る。

ニュースライフにゲスト出演してほしい。というものだった。

ひかりが、板垣が出て行った妻や子供たちを説得して家に戻ってきてくれていたのだ。

ひかりに感謝の意味でも、今回の事件のことを語ってほしいと板垣は頼む。

ニュースライフの放送が始まると奇跡的にひかりの意識が戻る。
その知らせを聞いた正純は、ニュースライフで事件の経緯などを話す。

その時板垣から止められていた妻の子供を殺害したことなども話し出す。そして視聴者に向けて

あなたが変われば、きっと世の中が変わります

人間がすることでほかの動物ができないこと
笑うこと
祈ること
です。

妻は私が望んでくれたことなんでもしてくれました。
・加湿器の調節
・掃除
・朝の靴磨き。
番組が終わったあとの感想文

番組が終わったあとの感想文
大切な宝物です。

という。そして
”勝手ですがもう帰っていいですか?”といい放送局を出る。
妻に会いたいので

そして正純が、急いでひかりの病室へ向うとひかりの顔に白い布が

正純の最後の放送が終わったときに、なくなった。というひかりの母。

ひかりの最後の手紙を読む正純。
あなたのスーツは、私が選んでいけないとだめ。

後日ひかりとのプロポーズの場所に、正純がたたずんでいた。
そこにひかりの母が現れる。

ひかりが最後に
私と同じようにあなたが必要な人が世界に沢山にいる
だから生きなきゃだめ
といっていたと告げる。

そんな中、ひかりがよく歌っていた”森の熊さん”の歌声が聞こえる。

いつまでも、めそめそしてたらひかりに怒られるといい正純は立ち上がる。

○○妻(まるまるづま)総括

○○妻(まるまるづま)の最終話が放送されました。

タイトルが○○妻(まるまるづま)ととても興味をそそるものでした。

物語は、悲しい物語でありながら笑いも含まれた非常に見ごたえのあるドラマだったと思います。

そしてひかりの人には気づかない優しさが、ちりばまれたドラマでした。

最後はハッピーエンドで終わると思ったら、悲しい結末で最終話を迎えることになりました。

期待を裏切られて悲しいですが、ドラマとしては非常にいいものだったと思います。

○○妻(まるまるづま)原作、脚本、放送日

○○妻原作、脚本は、遊川和彦さんです。

放送日は、毎週水曜日22時です。

○○妻(まるまるづま)主題歌

○○妻は、椎名林檎至上の人生です。

○○妻(まるまるづま)出演者

主人公
・ひかり:柴咲コウさん 正純の妻?恋人?家政婦?契約?
・久保田正純:東山紀之さん
・井納千春:黒木瞳さん
・板垣:城田 優さん
・風谷愛:蓮佛美沙子さん
正純の番組アシスタント

○○妻(まるまるづま)過去のあらすじ、視聴率、感想

・○○妻9話あらすじ、視聴率、感想こちら

・○○妻8話あらすじ、視聴率、感想こちら

・○○妻7話あらすじ、視聴率、感想こちら

・○○妻6話あらすじ、視聴率、感想こちら

・○○妻5話あらすじ、視聴率、感想こちら

・○○妻4話あらすじ、視聴率、感想

・○○妻3話あらすじ、視聴率、感想

・○○妻2話あらすじ、視聴率、感想

・○○妻1話あらすじ、視聴率、感想ていた%E

ad

関連記事

ドラマおやじの背中3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告あらすじ、ネタバレ。出演者、キャストを公開します。

本文( ドラマ”おやじの背中”に関する)内容 ・ドラマ”おやじの背中”の3話視聴率、感想 ・ドラ

記事を読む

外科医大門未知子の「ドクターx 」第7話視聴率23.9%。4話から7話連続20%越え!第7話あらすじ。

米倉涼子さん主演「ドクターX」民放ドラマ独走状態になりましたね。 第7話視聴率23.9%でした。

記事を読む

ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ

本文内容 ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子 ・1話視聴率、感想 ・1話あらすじ ・2

記事を読む

ドラマ”ホワイト・ラボ”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ。神山がペスト菌に。この事件に本田が関わっていた。

本文(ドラマ”ホワイト・ラボ”に関して)サマリー(目次) ・ドラマ”ホワイト・ラボ”9話視聴率、感

記事を読む

視聴率更新。掟上今日子の備忘録2話掟上今日子に恋した厄介にライバル出現

掟上今日子の備忘録2話、3話まとめ ・掟上今日子の備忘録2話視聴率、感想、動画 ・掟上今日子の備

記事を読む

視聴率ランキングドラマベスト3(2014年3月17日最新速報)。”緊急取調室”明日、ママがいない””戦力外捜査官”など最終回を迎えました?。 NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”、大河ドラマ”軍師官兵衛”視聴率も公開

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

視聴率急上昇。37.5℃の涙最終話あらすじ。母から自立する桃子。視聴率。まとめ

蓮佛美沙子さん主演ドラマ37.5℃の涙 ・視聴率、動画 ・あらすじ、予告 ・原作 ・主題歌

記事を読む

水川あさみさん主演ドラマ”東京スカーレット~警視庁NS係”の6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者公開

本文( 水川あさみさん主演ドラマ”東京スカーレット~警視庁NS係”に関する)内容 ・ドラマ”東京ス

記事を読む

藤原竜也さん、岡田将生さん主演ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者公開

本文(藤原竜也さん、岡田将生さん主演ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”に関する)内容 ・ドラマ”S

記事を読む

NHK大河ドラマ軍師官兵衛36話視聴率、感想、あらすじ。37話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者。長政の危うさ

h3>本文( NHK大河ドラマ軍師官兵衛に関する)内容 ・NHK大河ドラマ軍師官兵衛36話視聴率、

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑