視聴率更新。花咲舞が黙ってない4話あらすじ、視聴率、感想、動画。5話予告。相馬大活躍!!

公開日: : 最終更新日:2015/10/03 あらすじ, テレビ 視聴率, 予告, , 花咲舞が黙ってない

さん、上川隆也さん出演花咲舞が黙ってない
・4話視聴率、感想、無料動画
・4話あらすじ
・5話予告あらすじ
を公開。

花咲舞が黙ってない
・原作
・主題歌
・出演者
・放送日時
・2014年放送された”花咲舞が黙ってない”のあらすじ、視聴率
こちら

4話視聴率、感想、無料動画

”花咲舞が黙ってない”4話が放送されました。
視聴率は14.1%でした。
3話視聴率は14.7%でした。

4話感想は、今回は相馬が融資課にいた経験をいかし大活躍でした。
花咲舞が黙ってない4話無料動画は、こちら

花咲舞が黙ってない4話あらすじ

花咲舞は、広報のモデルに選ばれ写真撮影を行う。

そのときに臨店班に仕事の連絡が。

町田支店の女性行員がストーカー被害に遭っているという被害届けが提出された。そして町田支店で、向かう相馬と舞。
融資課の前原美樹という人物だった。

被害内容は、
数ヶ月前から無言電話
帰りに後をつけられる
自宅マンションの部屋への不法侵入
だった。

舞は、同僚の行員による犯行の可能性があると思い水曜日相馬と一緒に尾行することに。

そしてストーカーは、同僚の古橋だと判明。
理由は”彼女をみていたかった”ということだ。

しかし古橋は、
自宅マンションの部屋への不法侵入
はかたくなに否定する。

その時相馬と舞は、”美樹が担当していた取引先の青山建業が2億円の負債を抱えて倒産したこと”を知る。
そして美樹は、この倒産は計画倒産である可能性を言及した。

美樹は、青山建業の財務帳票を自宅に持ち帰っていた。
調べてみると”振込先リスト”がなくなっていることに気づく。
美樹が、青山建業の財務帳票持ち帰っていたことを知る人物は融資課全員ということを知る。

相馬は
不法侵入は、別の人物の仕業かもしれない
という。

そして相馬と舞は、本部に送られた青山建業の財務資料を調べたが”振込先リスト”はなかった。

町田支店の人間が、振込先リストを知られたくなく抜き取った可能性があるといい、
青山建業の振込みデータの確認を、一件一件徹夜でおこなう。

そしてある一件不信な振込みデータを見つける。
ブレーン総研 500万
調べるとブレーン総研は
・業務実績0
・社長は、小見山課長奥さん

つまり融資課の小見山課長が、計画倒産に協力し報酬として500万を受け取っていたのだ。

そして証拠隠滅のために、不法侵入を美樹のマンションに不法侵入したのだ。

舞は、最後に小見山課長に対して
お言葉を返すようですが、銀行に信用を失墜させようとした。”と言及する。

5話予告あらすじ

ある休日、舞(杏)は久しぶりの合コンに参加し、新しい出会いを求めていた。

一方、相馬(上川隆也)は大学の同窓会に参加し、友人の青井(石黒賢)と10年ぶりに再会する。

出世コースから外れ、離婚もした相馬に対し、青井は5年前にIT企業「デジタルブルー」を立ち上げ、妻と2人の子供と円満な家庭を築いていた。

翌日、相馬は青井からデジタルブルーへの融資を依頼され、五反田支店の松木(成宮寛貴)を紹介する。

営業成績が伸びずに困っていた松木は、新規の大型融資を獲得できるとあって大張り切り。だが、松木から融資の稟議書を見せられた相馬は、デジタルブルーの業績の不審な点に気づく。

気になって調べてみると、デジタルブルーは2カ月前に会社を縮小していた。

相馬は、大学の同級生で元妻の由美(財前直見)を呼び出し、青井のことを相談する。

すると、相馬には「家族との時間を大切にしている」と話していた青井だったが、青井の妻は「仕事で毎晩帰りが遅い」と愚痴をこぼしていたという。

青井が自分に嘘をついていることを知った相馬は、舞、松木と共にデジタルブルーの真の姿を探り始める……。

花咲舞が黙ってないホームページ引用

ad

関連記事

ドラマ「Dr.DMAT」11話(最終回)あらすじ、視聴率、感想。凛は最後に亡くなりましたね。。

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約) ・ドラマ「Dr.DMAT」が11話(最終回)視

記事を読む

hirugao6

上戸彩さん主演ドラマ昼”顔~平日午後3時の恋人たち~”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者を公開

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼顔~平日

記事を読む

hanamoyu21

視聴率更新。大河ドラマ花燃ゆ21話あらすじ、感想、視聴率、22話予告。久坂が攘夷決行

NHK大河ドラマ花燃ゆ21話 ・花燃ゆ21話視聴率、感想 ・花燃ゆ22話あらすじ ・花燃ゆ22

記事を読む

lovesong

2016年春のドラマ高視聴率は。福山雅治さん主演ラヴソング、嵐大野さん主演世界一難しい恋、99.9 刑事専門弁護士ホームページ、OUR HOUSE

2016年冬のドラマも終わり、夏のドラマが始まります。 ・2016年春のドラマ ・高視聴率予想ド

記事を読む

大河ドラマ”軍師官兵衛”12話視聴率、感想、あらすじ、13話予告、ネタバレ。官兵衛の苦渋の選択

大河ドラマ”軍師官兵衛(岡田准一さん)”のサマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が12話視聴

記事を読む

hannzwanaoki

2013年ドラマ視聴率ベスト10は。1位「半沢直樹」2位「ドクターx」3位「ガリレオ」10位にはなんと「Woman」が!

それでは、2013年ドラマ視聴率ベスト10を発表します。 2013年ドラマ視聴率ベスト3 201

記事を読む

no image

ドラマ”ごちそうさん”23週視聴率、感想、あらすじ。24週予告、ネタバレ。戦後力強く生きるめ以子

ドラマ”ごちそうさん”のサマリー(要約) ・NHK朝のドラマ”ごちそうさん”が23週話視聴率、感想

記事を読む

ドラマ”福家警部補の挨拶”最終回”11話”視聴率、あらすじ、感想。元キャリア組み福家は警部になることを断りました。

ドラマ「福家警部補の挨拶」の本文サマリー(要約) ・ドラマ「福家警部補の挨拶」最終回(11話)視聴

記事を読む

hanakotoannsyuuzyou

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”11週視聴率、感想、あらすじ。12週予告、ネタバレ。周造が亡くなり、はなは東京へ。視聴率は最高を記録しました。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の

記事を読む

asumamagainaitaitoru

主題歌コトリンゴの「誰か私を」、主役子役芦田愛菜さんドラマ ”明日、ママがいない”が養護施設から抗議を受けて中止,打ち切りの危機。しかし日本テレビはドラマ継続を表明。視聴率もいいドラマですが、ただ個人的感想として”あだ名”は。

日本テレビの水曜ドラマ芦田愛菜さん主演「明日、ママがいない」が放送を継続することを明らかにしました。

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑