視聴率更新。○○妻1話あらすじ、感想、視聴率。2話予告。東山紀之さん、柴咲コウさん出演。主題歌椎名林檎

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 速報, ○○妻

話題の東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻の放送が始まりました。
・○○妻1話視聴率、感想
・○○妻1話あらすじ
・○○妻2話予告あらすじ、ネタバレ
・○○妻原作、脚本、放送日
・○○妻主題歌
・○○妻出演者
公開します。

○○妻1話視聴率、感想

○○妻1話が、放送されました。視聴率は14.4%でした。

○○妻1話の感想は、正純とひかり一緒の部屋で暮らし、お弁当を準備し旦那のために尽くしでも結婚せずに、契約を結んでいる不思議な夫婦の物語。しかしその契約は破棄されることに。

○○妻1話あらすじ

NEWSLIFEの人気キャスター”久保田正純”。
その妻ひかり。

夫に尽くす妻。以上に気がつく妻で以前、介護に従事していた。
夜旦那が帰ると、お風呂が沸いていて、お酒も用意されていて、そして朝起きると朝食を準備されていて、洋服をコーディネートされていて、靴も磨かれていて完璧な妻を演じていた。

板垣は、正純の番組番組プロデューサー。最近視聴率が低下していて何か企画を考えていた。

しかし番組側と正純の意見は、平行線だった。

そんな時、正純の母の喜寿のお祝い正純の家でおこなうことに。
ひかりは正純の母と父親に歌舞伎入場券をプレゼントした。

母は、非常に喜んでいた。しかし後日歌舞伎を見に行ったとき正純の父が階段から倒れて意識不明となった。

正純の家族が集まったときに、正純の母が父が投資に失敗して多額の借金をしている事実を知る。

そこで母を誰が面倒を見るのか、話し合う。その時今までおとなしくつつましかったひかりが、人が変わったように大声で”うちで母の面倒を見る”と言い出した。

正純は、番組でビッグな対談を行いたいと思っていた。
その人物が丸山だった。面識があったので現実化できると思っていたが、もともとメディアに出ない人間なので、無理だった。

数日後いきなり丸山が、出演するという。
丸山と対談を行う正純。視聴率も非常に良かった。

しかし丸山の対談の裏には、ひかりがいたことに気づいた

ひかりは、丸山を毎日観察しあるスクープをとった。それを利用して丸山を正純の番組に参加させたのだ。

家で正純とひかりが話し合う。
正純は、婚姻届をひかりのまえにだした。実は正純とひかりは”結婚していなかったのだ

その代わりに正純とひかりは、3年毎の契約書を結んでいた。
子供は作らない
浮気してもいい
などの条項が書かれているものだった。

そして今回の計画更新には”夫の年収の20%を支払う”条項が増えていた。
約年間880万だった。

正純は、ひかりに
何を考えているのかわからない。
といい、そして
契約破棄だという。

するとひかりは
”6年間お世話になりました”といい家を出て行く。

正純とひかりはその後、運命的な人物と出会うことに。

○○妻2話予告あらすじ、ネタバレ

籍を入れず、3年ごとに更新する契約書を交して6年間、夫婦として暮らしてきたひかり(柴咲コウ)と正純(東山紀之)。

正純が契約更新を拒否して「本当の夫婦になりたい!」とプロポーズすると、ひかりはあっさり家を出ていってしまった。

身の回りの一切をひかりに任せていた正純は翌日から、その日に着る服すら満足に選べなかったりと生活に支障をきたす。

そんな中、姉の美登利(渡辺真起子)が二人の子供を連れて正純の家を訪れる。

夫の浮気が原因で家出してきた美登利は、しばらく帰らないと言い出す。作太郎(平泉成)が入院して以来、仁美(岩本多代)を引き取っている正純は、ひかりがいなくなって生活がままならない上に居候まで増えて困惑するばかり。

さらに、ひかりの過去を知る女性・千春(黒木瞳)がやってくる。

正純は藁にもすがる思いで千春にひかりの居所を尋ねるものの、千春は知らなかった。

正純は千春に、ひかりと契約結婚をしていたことを打ち明ける。

ひかりが契約結婚にこだわる理由に思い当たる節があるようだが、何も話そうとしない千春。彼女はその代わり、ひかりに帰ってくるように説得するという。

その晩、正純は、自身のニュース番組「ニュースライフ」で女性問題の専門家から話を聞くことに。専門家は「夫婦もある程度年月が経ったら関係を見直すべきだ」という持論を語る。

ひかりのことが頭をよぎった正純は反論し、思わず主婦に対する問題発言をしてしまう。番組には視聴者からの抗議が殺到。正純は謝罪を迫られる。

公私ともに追い詰められる正純のもとに、ひかりから「会えませんか」というメールが届く。正純がひかりに会いに行くと、ひかりは意外なことを口にするのだった…。

○○妻ホームページ引用

○○妻原作、脚本、放送日

○○妻原作、脚本は、遊川和彦さんです。

放送日は、毎週水曜日22時です。

○○妻主題歌

○○妻は、椎名林檎至上の人生です。

○○妻出演者

主人公
・ひかり:柴咲コウさん 正純の妻?恋人?家政婦?

・久保田正純:東山紀之さん
・井納千春:黒木瞳さん
・板垣;城田 優さん 番組プロデューサー

ad

関連記事

ミハエル シューマッハ、スキー事故で意識不明状態続く。現在は治療のため昏睡状態。スキー事故の詳細。F1ドライバーのときは年収100億?

現在のミハエル・シューマッハの容体に関して特別変化はないようです。 現在ミハエル・シューマ

記事を読む

速報2014年春のドラマ視聴率、評判ランキング(5月21日現在)。視聴率ダントツ1位は”花咲舞が黙ってない”。最終回を迎えましたがお勧め1位は”The long goodbye(ロンググッドバイ)”

2014年春のドラマ視聴率ランキング(5月21日現在) 2014年春のドラマでの視聴率ランキングは

記事を読む

視聴率ランキングドラマベスト3(2014年2月24日最新速報)。”僕のいた時間”が上昇傾向。 NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”安定した視聴率。大河ドラマ”軍師官兵衛”は視聴率が落ち着いてきた模様。

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

最新速報。民放テレビドラマ視聴率ベスト3。3位は”緊急取締室”2位向井理さん主演の”S-最後の警官”1位は、”戦力外捜査官”,”明日ママがいない”,”失恋ショコラティエ”それとも。。。NHK大河ドラマ”軍師官兵衛” 朝の連続ドラマ”ごちそうさん”の視聴率は好調です。

1月から冬のドラマが始まりました。 現時点での民放冬のドラマ現在のベスト3を発表します。 今年の

記事を読む

口内炎とは。できる場所、症状、原因、治療法の薬、塩、ビタミンとの関係。治らない口内炎はどの病院に行けばよいのか?

口の中の違和感、ほとんどの場合は口内炎です。しかし 口内炎に怖い病気が。。 ・口内炎とは、口内炎

記事を読む

「幸せな結末」「君は天然色」で有名な元「ぱっぴーえんど」大瀧詠一さんが、解離性動脈瘤でお亡くなりになりました。

  元「はっぴーえんど」で松田聖子さんヒット曲「風立ちぬ」、小林旭さんヒット曲「熱き

記事を読む

ドラマ視聴率ランキングベスト3(2014年2月2日最新速報)。”明日、ママがいない”、”僕のいた時間”、”失恋ショコラティエ”は? NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”大河ドラマ”軍師官兵衛”視聴率、あらすじ、予告、ネタバレ?

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

ドラマ”MOZU”(もず)の10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ。倉木、美希、大杉により大統領への爆破テロは阻止。室井は新谷に殺される。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の10話(最終回)

記事を読む

日本レコード大賞を獲得し、紅白歌合戦にも出たEXILEのMATSUさんが元旦に結婚。お相手は2013年夏に婚約した彼女。

元旦早々またまたおめでたです。 EXILEのMATSUさんが都内の区役所に一般女性との婚姻届を

記事を読む

2013全日本選手権フィギュアスケート女子鈴木明子さんのフリーの完璧な演技で逆転優勝。2位村上佳菜子さん、フリーで調子が悪かったグランプリファイナル優勝者浅田真央さんは3位。滑走順も関係したのか?天野氏も?

全日本選手権フィギュアスケート女子のフリースタイルが昨日行われ見事、鈴木明子さんが逆転優勝となりまし

記事を読む

ad

ad

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

宿泊サイトの口コミ評価、ランキング。楽天、booking.com、じゃらんなど。評価が高いのはいい。評価が悪いのは悪い?

トリバゴ,楽天、booking.comなど宿泊サイトがたくさんあります

→もっと見る



PAGE TOP ↑