視聴率更新。○○妻(まるまるづま)6話あらすじ、感想、視聴率。7話予告。東山紀之さん、柴咲コウさん、蓮佛美沙子さん出演。主題歌椎名林檎 。正純とひかりが別れる?

公開日: : テレビ 視聴率, ○○妻

東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻(まるまるづま)6話が放送されました。
・○○妻(まるまるづま)6話視聴率、感想
・○○妻(まるまるづま)6話あらすじ
・○○妻(まるまるづま)7話予告あらすじ、ネタバレ
・○○妻原作、脚本、放送日
・○○妻主題歌
・○○妻出演者
・○○妻過去のあらすじ、視聴率、感想
公開します。

○○妻6話視聴率、感想

○○妻6話が、放送されました。視聴率は13.3%でした。
○○妻5話視聴率は14.7%でした。

○○妻6話の感想は、ひかりの過去をしり困惑する正純。ひかりが予期しない行動にまた困惑する正純。ひかりと正純は、本当に別れてしまうのか。。

○○妻(まるまるづま)6話あらすじ

正純の父がなくなり、夜ひかりと正純が話しをする。
その時に、ひかりがこどもを生んだ後、子育てがいやになり子供を遺棄し殺害したのだ。

その事実を知って、正純はひかりとの結婚を悩みだす。
そして翌日、正純は
・結婚しよう
・婚姻届を出してきて
とひかりにいう。

正純は、心の奥ではやりきれない気持ちもあった

その晩番組のスタッフとのみに行って酔いつぶれる。
”家に帰りたくない”といっていたという。

翌日婚姻届を提出しに向かうひかり。
直前で母から電話が。。。

母の元へ行くとそこには、正純の母もいた。
なんと正純の母は、万引きして捕まっていたのだ

そんな中正純は、番組の打ち合わせで”母親が子供をしなせる”ニュースを報道で伝えることに抵抗を感じていた。

険悪な雰囲気となり、正純は
番組をやめる”と言い出す。

その時アシスタントの愛が、番組をやめたらひかりの秘密を他人に話すといい思いとどまらせる。

後日愛は、ひかりと会う。愛はひかりに
”正純が番組をやめると発言したこと”を知らせる。
自分の過去が、ばれるかもしれないことを想定して契約結婚したんですね”という。

翌日正純が番組に向かい、スタッフルームへ向かうと険悪な雰囲気が流れていた。
板垣が正純にある新聞記事を見せて
”これ正純さんの奥さんですよね”
それは、ひかりが子供を遺棄して殺害した記事だった。

困惑する正純。その時正純は、この記事を誰がリークしたのか考えた。
ひかりだと確信する。

ひかりに会うために家に向かう正純。
そんな中姉からも電話があり”契約結婚だったの?”という内容だった。

ひかりは、姉たちにも契約結婚だったことを話していた。
そして家にはひかりはいなかった。

正純はひかりに電話する。
ひかりは、正純と最初にデートした場所にいた。
ひかりが話し出す。

私は神に誓った”どんなに悲しくても泣かなかった。うれしい時泣こう”と決めてました。

”おはよう、いってらっしゃい、あやすみ。といってくれてうれしかった”
”幸せでした”
”この言葉だけはいいたくなかったけど。。。”
さようなら。正純さん

といって電話を切る。

同時に正純との婚姻届を破り捨てる

本当に、正純とひかりは別れるのでしょうか。

○○妻(まるまるづま)7話予告あらすじ、ネタバレ

正純(東山紀之)に別れを告げ、彼の前から姿を消したひかり(柴咲コウ)。

正純からの着信を拒否し、きっぱり縁を切ろうと決めたはずなのに、彼女は夜10時になると条件反射でテレビを点けて「ニュースライフ」を見てしまうのだった。

正純は、ひかりと連絡がとれなくなり、気がかりで仕方なかった。

正純から、ひかりが家を出ていったことを聞かされた板垣(城田優)は、マスコミに向けて離婚を発表してほしいと頼む。

正純は板垣の申し出に反発を覚えるが、拒絶することもできない。

行き場を失ったひかりは、どうしていいか分からなくなっていた。

そんな中、実結(奥貫薫)がひかりに電話をかけてくる。

ひかりは実結に「連れて行きたい所がある」と言われて着いていく。実結は、ひかりを苦しみから救うつもりだった。しかし、ひかりは実結と行動をともにして彼女の苦悩を知ることになる。

一方、正純は、ひかりが出ていってから仕事に身が入らない。番組での彼のコメントはキレを失っていた。

視聴率を気にする板垣は、打開策が欲しいと言い出す。

正純は、生放送で東京の街中に出向いていろんな人に質問し、話を聞くという企画を提案。

しかし、想定外のことが起こるのを恐れる板垣は、誰とどんな話をするかをあらかじめ決めた台本に従って取材してほしいと正純に言う。

正純は納得できなかったが、板垣に従うことに。正純は自分の仕事に自信をなくし、ヤケになっていた。

実結の部屋に泊めてもらうことになったひかりは、テレビで正純の様子を見て心配になる。

実結に背中を押され、正純と向き合おうとするひかり。しかし、またしても、ひかりを絶望させる出来事が起こり…。

○○妻ホームページ引用

○○妻原作、脚本、放送日

○○妻原作、脚本は、遊川和彦さんです。

放送日は、毎週水曜日22時です。

○○妻主題歌

○○妻は、椎名林檎至上の人生です。

○○妻出演者

主人公
・ひかり:柴咲コウさん 正純の妻?恋人?家政婦?契約?
・久保田正純:東山紀之さん
・井納千春:黒木瞳さん
・板垣:城田 優さん
・風谷愛:蓮佛美沙子さん
正純の番組アシスタント

○○妻過去のあらすじ、視聴率、感想

・○○妻5話あらすじ、視聴率、感想こちら

・○○妻4話あらすじ、視聴率、感想

・○○妻3話あらすじ、視聴率、感想

・○○妻2話あらすじ、視聴率、感想

・○○妻1話あらすじ、視聴率、感想

ad

関連記事

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話ネタバレ(予告)。次は千原へ復讐する明日美。

本文(主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”関する)サマリー ・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの

記事を読む

ドラマ”極悪がんぼ”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。金子が親友の復讐のために所長と敵対することに。

本文(月9新ドラマフジテレビ”極悪がんぼ”)サマリー(要約) ・ドラマ”極悪がんぼ”8話視聴率、感

記事を読む

主題歌更新。金曜ドラマ”表参道高校合唱部”。今回は青春ドラマです。主題歌、1話予告あらすじ、出演者、見所、原作、放送日公開。

芳根京子さん主演ドラマ表参道高校合唱部が放送を開始します。 ・表参道高校合唱部概要、見所 ・表参

記事を読む

藤原竜也さん、岡田将生さん主演ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者。

本文(藤原竜也さん、岡田将生さん主演ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”に関する)内容 ・ドラマ”S

記事を読む

仲間由紀恵さん主演”SAKURA~事件を聞く女~”概要、あらすじ1話予告、ネタバレ、放送日、原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者公開。

本文(仲間由紀恵さん主演ドラマ”SAKURA~事件を聞く女~”に関する)内容 ・ドラマ”SAK

記事を読む

ドラマ”夜のせんせい”第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。宇垣と大澤かっこよかったですね!

”夜のせんせい”本文サマリー(要約) ・ドラマ”夜のせんせい”第4話の視聴率、感想 ・ドラマ”夜

記事を読む

ドラマ”極悪がんぼ”2話視聴率、感想、原作、主題歌。3話予告、ネタバレ。薫が金子から横取りしました。

本文(月9新ドラマフジテレビ”極悪がんぼ”)サマリー(要約) ・ドラマ”極悪がんぼ”2話視聴率、感

記事を読む

視聴率更新。問題のあるレストラン最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。真木よう子さん、東出昌大さん、松岡茉優さん主演 、主題歌はきゃりーぱみゅぱみゅ。ビストロフーが閉店することに。

真木よう子さん主演、問題のあるレストラン最終話(10話)が放送されました。 ・問題のあるレストラン

記事を読む

大河ドラマ”軍師官兵衛”11話視聴率、感想、あらすじ、12話予告、ネタバレ。秀吉の命がけの行動を見抜いた信長さすがですね。

大河ドラマ”軍師官兵衛(岡田准一さん)”のサマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が11話視聴

記事を読む

視聴率更新。嵐相場さん主演ようこそ、わが家へ7話あらすじ、視聴率、感想、8話予告。沢尻えりかさんは、さすがに演技がうまいですね。

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ7話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

ad

ad

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

宿泊サイトの口コミ評価、ランキング。楽天、booking.com、じゃらんなど。評価が高いのはいい。評価が悪いのは悪い?

トリバゴ,楽天、booking.comなど宿泊サイトがたくさんあります

→もっと見る



PAGE TOP ↑