視聴率更新。流星ワゴン6話あらすじ、感想、視聴率。7話予告。西島秀俊さん、香川照之さん出演。主題歌サザンオールスターズ

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 テレビ 視聴率, 流星ワゴン

流星ワゴン6話が放送されました。西島秀俊さん、香川照之さん、井川遥さん出演。
・流星ワゴン6話視聴率、感想
・流星ワゴン6話あらすじ
・流星ワゴン7話予告あらすじ、ネタバレ
・流星ワゴン原作、脚本
・流星ワゴン主題歌
・流星ワゴン出演者
・流星ワゴン過去のあらすじ、視聴率
を公開します。

流星ワゴン6話視聴率、感想

流星ワゴン6話が放送されました。視聴率は9.0%でした。
流星ワゴン5話視聴率は8.3%でした。

流星ワゴン6話感想は、一雄が忠雄と面と向かって言葉を発した。それは忠雄の病状を気にした言葉だったが。。忠雄は聞き入れなかった。しかしその行動は、周りを感動させた。

流星ワゴン6話あらすじ

一雄が、忠雄に
”73歳になくなることを告げた”
そして困惑する忠雄。

忠雄は、自分が死ぬことを阻止するために今の自分自身に忠告にいくことに。

橋本はそのことをしり、忠雄がもし今の自分に会うと
一雄が、今までやってきたことがすべて無駄になる”という。

忠雄は、自分自身に会おうとするが一雄と健太が寸前に止める。

忠雄は、遠くから自分自身を見ると自分自身の姿を見ると
”かなり頑固親父”であることを理解する。

そこで若い忠雄は、忠雄を病院に行かせるために、
”忠雄が嫌いな人物が忠雄にマラソンにでるといって、そのために健康診断が必要だいって、そそのかせる方法を考えた”

しかしその計画が病院でばれてしまう。

忠雄は、憤慨して検査も受けずに帰ることに。

忠雄は一雄に
おまえは、あの親父から逃げてるだけだ”という。しかし一雄は”自業自得だろう”という。

忠雄も
”自業自得だろう”という。

忠雄は”翌日自分で説得する”といい一雄のもとを立ち去る。

一方健太は、一雄の母と遊園地に向かう。そこで
親にとって、子供のことは忘れない
親によって、何歳になっても子供だ
といわれる。

忠雄は、母に健康診断に生かせたことを怒っていた。
そして顔が傷つくことに。

一雄は、母に
”あんな親父はいいから、今夜はホテルにとまろう”というと母は一雄に顔を叩く。
たった一人の父親なんだよ。あんた何様のつもりなの。私は不幸だなんて一度もおもったことない

一雄は、”わからない”という。

翌日忠雄に会いに行く一雄。
”あんたみたいなやつ。病気になって自業自得だ。ただ親父のことを大事に思っている人物もいるんだよ”という。
おれの朋輩だって。。。

しかし忠雄は
”健康診断をする時間があったら会社を、もっともっと大きくする”といって聞かない。

一雄はあきらめずに
”半年後親父が病気になって、毎週毎週見舞いに来るんだよ”
”たのむ。医者にいってくれ”
たのむから。生きてくれ
と泣きながら頼む。

しかし忠雄は
”お前の女々しい話なんか、聴く気に及ばない”といい一雄のもとをさる。失望する一雄に母が
”私がいいたいこと言ってくれた”
自慢の息子だよ。いつでもかえっておいで

一雄は、結局何もかえれなかったと落ち込む。
忠雄は”わしがここにいる理由がわかった”という。

流星ワゴン7話予告あらすじ、ネタバレ

現実世界の忠雄(香川照之)は容態が急変したものの、蘇生措置によって奇跡的に持ちこたえた。

だが依然として危険な状態に変わりはなく、その時は刻一刻と近づいている。「一雄のこと、待ってるんだよ」…ベッドに横たわる忠雄を見つめながら、澄江(倍賞美津子)は智子(市川実和子)に呟く。

 同じ頃、生霊の忠雄を襲っていた苦しみもパタリと止み、橋本(吉岡秀隆)が次の分岐点へとワゴンを走らせようとした時、健太(高木星来)が嫌だと叫ぶ。

澄江の言葉に勇気をもらった健太は、母親が自分のことを覚えているかどうか確かめる決心をしていた。

「今度は逃げないから」そう覚悟を示す健太に橋本は言う。母親に会うということは、未練を断ち切って成仏することだと。

うなずく健太を、橋本は微笑んで送り出す。しかしその笑顔の裏に何かが隠されていると、忠雄だけが感じ取っていた。
 
その夜、忠雄は橋本を居酒屋に連れ出す。たまには親父同士も良いだろう、と豪快にビールを煽った忠雄は、橋本に問いかける。
「お前、ほんまに健太をジョーブツさせたいんか?」
 
翌朝、橋本をだけをワゴンに残し、一雄(西島秀俊)たちは健太の母親の家へ向かう。

成仏するには、夜が明ける前に蓼科峠の事故現場へ戻らなければならない。意を決して母親に会おうとする健太。だがその前になぜか忠雄が立ちはだかり…。

流星ワゴンホームページより引用

流星ワゴン原作、脚本

流星ワゴン原作、脚本は、重松清さんです。

代表作は
・ナイフ
・エイジ
・ビタミンF
などです。

流星ワゴンの放送日

流星ワゴンの放送日は、毎週日曜の21時からTBSです。

流星ワゴン主題歌

流星ワゴンの主題歌は、サザンオールスターズイヤな事だらけの世の中でです。

流星ワゴン出演者

流星ワゴン出演者は、
主人公
・永田 一雄:西島秀俊さん
妻から離婚届を送られて、子供は家庭内暴力、引きこもり。
・永田 忠雄:香川照之さん
一雄の父親

・永田 美代子:井川遥さん
・永田 智子:市川実和子さん
・永田 伸之:高橋洋さん
・橋本 義明:吉岡秀隆さん
・橋本 健太:高木星来さん
・永田 広樹:横山幸汰さん
・永田 澄江:倍賞美津子さん

流星ワゴン過去のあらすじ、視聴率

流星ワゴン5話あらすじ、視聴率、感想こちら

流星ワゴン4話あらすじ、視聴率、感想

流星ワゴン4話あらすじ、視聴率、感想

流星ワゴン3話あらすじ、視聴率、感想

流星ワゴン2話あらすじ、視聴率、感想

流星ワゴン1話あらすじ、視聴率、感想

ad

関連記事

hana19

視聴率更新。大河ドラマ花燃ゆ19話あらすじ、感想、視聴率、20話予告。高杉は上海へ向かう。

NHK大河ドラマ花燃ゆ19話 ・花燃ゆ19話視聴率、感想 ・花燃ゆ19話あらすじ ・花燃ゆ20

記事を読む

hana14

花燃ゆ14話あらすじ、感想、視聴率。15話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。寅次郎が暴走し暗殺を計画。

NHK大河ドラマ花燃ゆ14話が放送されました。 ・花燃ゆ14話視聴率、感想 ・花燃ゆ14話あらす

記事を読む

tumalast

視聴率更新。○○妻(まるまるづま)最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。東山紀之さん、柴咲コウさん出演。主題歌椎名林檎。ひかりと正純の結婚式前日にひかりが亡くなる。

東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻(まるまるづま)最終話(10話)が放送されました。 ・○○妻

記事を読む

ghostlast

視聴率更新。ゴーストライター最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。中谷美紀さん、水川あさみさん出演、主題歌はandrop。遠野リサも川原も小説家として成功する

ゴーストライターの放送が始まりました。久しぶり中谷美紀さん水川あさみさん出演作品です。 ・ゴースト

記事を読む

dousousei4

井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。挿入歌、キャスト、出演者を公開します。

本文(井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”に関する)内容 ・ドラ

記事を読む

doesudeka1

視聴率更新。ドS刑事(ドエスデカ)1話あらすじ、感想、視聴率、2話予告あらすじ、ネタバレ。多部未華子さん、関ジャニ大倉忠義さん出演。主題歌関ジャニ。

多部未華子さんと大倉忠義さん主演ドS刑事(ドエスデカ)1話が放送されました ・ドS刑事(ドエスデカ

記事を読む

wahei

ドラマ”続最後から二番目の恋”の6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。薫子と和平の仲に千明が嫉妬?

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

gokuakugannbo

”極悪がんぼ”最終回(11話)視聴率、感想、あらすじ、まとめ。小清水が危篤。薫、金子、冬月は協力し銭山倒す。

本文(月9新ドラマフジテレビ”極悪がんぼ”)をまとめた内容です ・ドラマ”極悪がんぼ”11話(最終

記事を読む

aruzyanon1

視聴率更新。アルジャーノンに花束を1話あらすじ、視聴率、感想、2話予告、ネタバレ。主題歌、山下智久さん、窪田正孝さんが出演者

名作アルジャーノンに花束が山下智久さん主演でドラマ化されました。 ・アルジャーノンに花束を1話

記事を読む

dmat7

ドラマ「Dr.DMAT」第7話あらすじ、視聴率、感想。第8話予告、ネタバレ。

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約) ・DMATとは(用語説明) ・ドラマ「Dr.

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑