視聴率更新。学校のカイダン3話あらすじ、感想、視聴率。4話予告、広瀬すずさん出演、主題歌ビーズ、挿入歌藤原さくらさん。ツバメがプラチナ8に果たし状。

公開日: : 最終更新日:2015/01/26 テレビ 視聴率, 学校のカイダン

広瀬すずさん主演の”学校のカイダン”今度は、反乱軍を作ること。
・学校のカイダン3話視聴率、感想
・学校のカイダン3話あらすじ
・学校のカイダン4話予告あらすじ、ネタバレ
・学校のカイダン原作、脚本、放送日
・学校のカイダン主題歌
・学校のカイダン挿入歌
・学校のカイダン出演者
・学校のカイダン過去のあらすじ、視聴率
公開します。

学校のカイダン3話視聴率、感想

学校のカイダン3話が放送されました。視聴率は8.4%でした。
学校のカイダン2話が、放送されました。視聴率は10.6%でした
尚広瀬すずさんをサポートする神木隆之介の記事です。意外な事実がありました。
子供のころ病気で死にかけたが、生き延び今はジブリの声優と俳優もこなす神木隆之介さん。本郷奏多とそっくり。身長?「spec」にも出演。 彼女の噂は?

学校のカイダン3話の感想は、ツバメがよいよ生徒会としてプラチナ8に立ち向かっていくことに。プラチナ8のメンバーのたくとが、ツバメに刺激されることに。

学校のカイダン3話あらすじ

生徒会室で、会議をするツバメ。
ツバメは”学校を変えよう”といいだすが、何の計画もなかった。

そんな時”目安箱”という案がでてきた。

慧に目安箱の話をすると。
そんなことより、プラチナ8がこのままだまっているとおもうか?”という。

目安箱を設置するツバメ。その時学校の部員が、生徒会室に押し寄せる。
部費を早く、決めてくれ”というものだった。

しかしツバメは、部費の件はまったくわからなかった。
そんな時プラチナ8が現れて、部活動費を
人気かつ、人数がいる部員に優先しよう
という。

そして生徒会室は、剣道部、卓球部など人気がない部にとられてしまった。

慧に相談するツバメ。その時慧は
”目安箱はどうした?”と聞く。

そこには”部活を思いっきりやりたい”という投書が入っていた。

ツバメは、その投書の意味を知るために生徒会の人間や、卓球部の人間に意見を聞くと
”部活して、プラチナ8みたいにもてたい”
という。その言葉にツバメはがっかりした。

その話を慧にすると
”もてたい軍団と、持てる軍団の対決だ”という。

そんな中、プラチナ8にいるたくとは、中学時代有名なバスケ部員だったことを聞く。

ツバメは”たくとクンは、バスケが好きなの?”と聞くと、タクトが逆上した。

翌日、学校へ来てみると卓球部、剣道部など生徒会室を利用していた部活は廃部になった

誰かが”生徒会から書類で、廃部届けが出されていたのだ

慧は、もてる軍団に今こそ挑戦をたたきつけるのだ。という。

そして慧は”やつらの得意分野で勝て”といい。
校則の32条で、同好会をつくることができる
これを利用して
第2バスケ部を作るんだ”という。

翌日ツバメはプラチナ8に、果たし状を出す。
しかしプラチナ8は、何かけるの?とツバメいうと
・廃部になった部を復活させる
・予算配分を正当に行う

そしてツバメは、負けるのがイヤなんですか?とプラチナ8を挑発する。

するとプラチナ8は
一点でも取ったら、勝ちだ”という。

そして試合が始まるが。。。プラチナ8の圧勝で、前半48対0だった。

ハーフタイムの時にツバメ
本気になるなんてかっこ悪い。それはだめになったときの保険がほしいから。
将来につながらないこと。今しかできないじゃないかな。。
馬鹿になって、一生懸命がんばろう。

慧は、ツバメに
さあ、お前が皆の前で馬鹿になれ”という。そしてツバメはメガフォンをとる。

そしてツバメは突然皆の前で、告白する
プラチナ8の須藤のことが、好きでした。”と。

”あと少し馬鹿になろうよ”とツバメは、皆に問いかける。

そして生徒会の生徒が怪我をしたとき

卓球部、剣道部たちが”チェンジ”と叫んだ。

試合終了間際に卓球部の元部員が、プラチナ8からバスケットで得点を獲得することに

そして卓球部、剣道部など廃部になった部活は、復活することに。

学校のカイダン4話予告あらすじ、ネタバレ

動部への部室と予算の割り当て問題も解決し、生徒会室を取り戻して意気の上がるツバメ(広瀬すず)たち生徒会。

そんな中、生徒会室がひどく荒らされ、使えない状態にされてしまう。エミリー(吉倉あおい)らプラチナ8の生徒たちの仕業と思われたが、証拠がない。

怒りに燃える生徒会役員たちだったが、これを機に生徒会室を改装し、生徒会室が荒らされた事件について学校新聞の記事にしようという前向きな意見にまとまる。

数日後、壺井(金子ノブアキ)とエミリーが腕を組んでデートしている写真が載った学校新聞が貼りだされ、大騒ぎになる。

生徒会宛てに匿名のメールで情報が届き、治(柾木玲弥)が記事にしたのだった。

職員会議で問い詰められた壺井は、エミリーから一方的に好意を寄せられただけだと主張。

蜜子(浅野温子)ら学校側は、エミリーだけに責任を押し付け、騒ぎが収まるまで壺井を研修の名目で学校から遠ざけることに。

壺井とエミリーのスキャンダルを流したのは、彗(神木隆之介)だった。

やり過ぎだと戸惑うツバメに彗は、腐った教師を排除する絶好のチャンスだと煽る。

学校の目安箱には、スキャンダルを隠ぺいしようとする学校側への批判が殺到。

生徒会でも壺井に対する敵意が高まり、壺井を辞めさせるための署名活動を始める。

騒ぎはますます大きくなり、エミリーはプラチナ8のメンバーから仲間はずれにされてしまう。

一人きりで追い詰められるエミリー。一方、壺井は、学校側をうまく丸め込むことに成功。

エミリーを見捨てて新たな職場に逃げようとしていた。

エミリーだけが罪を着せられることに違和感を覚えるツバメがとった行動とは…!?

学校のカイダンホームページ引用

学校のカイダン原作、脚本、放送日

学校のカイダン原作、脚本は、吉田智子さんです。

放送日は、毎週土曜日9時です。

学校のカイダン主題歌

今回学校のカイダンの主題歌は、ビーズ有頂天です。

学校のカイダン挿入歌

今回学校のカイダンの挿入歌は、藤原さくらさんのjust one girlです。

学校のカイダン出演者

主人公
春菜 ツバメ:広瀬すずさん
明蘭学園高等学校生徒会長

・雫井 けい:神木隆之介さん
ツバメを救う人物。

・油森 哲夫:須賀健太さん
・金時 平男:生瀬勝久さん
明蘭学園高等学校の教頭
・誉田 蜜子:浅野温子さん
明蘭学園高等学校の校長。

その他
・石橋杏奈さん
・杉咲花さん
・間宮祥太朗さん
・健太郎さん
・白洲迅さん
泉谷しげるさん
ツバメの祖父

学校のカイダン過去のあらすじ、視聴率

学校のカイダン過去のあらすじ、視聴率
2話あらすじ、視聴率
1話あらすじ、視聴率

ad

関連記事

ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。花咲舞が金融庁に喧嘩を売る?

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”5話視聴率、感想、

記事を読む

ドラマ「Dr.DMAT」第5話あらすじ、視聴率、感想。第6話予告、ネタバレ。DMATとは、そもそも何なのでしょう?

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約) ・DMATとは(用語説明) ・ドラマ「Dr.

記事を読む

無痛診える眼。3話刑法39条を使った犯罪逃れ、そのことに対し激情を表す早瀬

無痛診える眼まとめ(サマリー) ・無痛診える眼とは ・無痛診える眼の過去の放送のあらすじ、視聴率

記事を読む

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。早川が朝田によって、今回医師として成長しました。

本文(ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」)のサマリー(要約) ・ドラマ「医

記事を読む

視聴率更新。”ワイルド・ヒーローズ”9話あらすじ、視聴率、感想。日花里と父幸雄は、本当に殺害されたのか。。最終話(最終回)予告。

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ9話 ・ワイルド・ヒーローズ9話視聴率、

記事を読む

嵐二宮和也さん主演ドラマ”弱くても勝てます” の3話視聴率、感想。4話予告、ネタバレ。今後の赤岩は。

本文(嵐二宮和也さん主演ドラマ”弱くても勝てます”)のサマリー(要約) ・嵐二宮和也さん主演ドラマ

記事を読む

同窓生”人は、三度、恋をする”2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。あけひと健太の距離が近づく。

本文内容 ”同窓生 ~人は、三度、恋をする~”の2話が放送されました。このドラマの ・2話視聴率

記事を読む

SAKURAあらすじ3話、4話予告ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、キャスト、出演者公開。誠の声を聞く桜

本文(SAKURAに関する)内容 ・SAKURA3話視聴率、あらすじ ・SAKURA3話あらすじ

記事を読む

2014ドラマ若者たち4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者公開

本文(ドラマ”若者たち2014”に関する)内容 ・ドラマ”若者たち2014”4話視聴率、感想 ・

記事を読む

Nのために7話あらすじ、視聴率、感想。8話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者。N作戦2が”Nのために”の答えが。

本文(Nのためにに関する)内容まとめ ・Nのために7話視聴率、感想 ・Nのために7話あらすじ

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑