最終話視聴率更新。ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)あらすじ。不二子とマヤが、警視庁の内部の犯罪を暴く!感想、視聴率、動画、まとめ。

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 テレビ 視聴率, ドエスデカ

多部未華子さんと大倉忠義さん主演ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)が放送されました。
・ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)視聴率、感想、動画
・ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)あらすじ
・ドS刑事(ドエスデカ)感想、まとめ
・ドS刑事(ドエスデカ)放送日
・ドS刑事(ドエスデカ)主題歌
・ドS刑事(ドエスデカ)原作
・ドS刑事(ドエスデカ)出演者、キャスト
・ドS刑事(ドエスデカ)過去のあらすじ、視聴率

ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)視聴率、感想、動画

ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)が放送されました。視聴率は8.8%でした。
ドS刑事(ドエスデカ)10話視聴率は8.4%でした。

ドS刑事最終話(最終回)感想は、マヤと不二子が今回本庁に、不当な身柄請求で意見しに向かう。そしてマヤは、事件に東野清正審議官と榊礼子警視正がかかわっていることを知る。

そして、この事件を正攻法ではなく自分をおとりにして犯罪を暴く、無茶なことを考える。

代官山、マヤ、不二子、近藤など同僚全員で事件を解決することに。不二子とマヤの兼ね合いが、面白かったですね。”ドエス課長とドエス刑事

ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)動画はこちら
※尚無料視聴は、一週間です。

ドS刑事(ドエスデカ)最終話(最終回)あらすじ

過去に無差別傷害事件を行った人物で、最近出所した人物を狙う殺人事件が起こり、その主犯が川崎デイジーフラッグスで赤沢が指示していた。

そして、赤沢を取調べを行っていたが、突然警視庁の榊礼子警視正が現れて赤沢の身柄を引き取ることに。

代官山が、不二子に”川崎デイジーフラッグスの事件で、何かできることがないか?”と聞くが”与えられた仕事をしましょう”という。

不二子は、納得がいかず本庁の榊礼子警視正の元へ向かう。そこにマヤも同席することに。

マヤは、
川崎デイジーフラッグスのメンバーが、なぜ無差別傷害事件を行った人物の住所、行動をきめ細かに知っていたのでしょう?誰かが情報を流した”という。

不二子は、マヤに”なぜ、本庁を刺激するようなことをいったの?”と聞くとマヤは、
”宣戦布告です”という。

そんな時、同僚の浜田が背中を押されて階段から落ちた
次に近藤(とくさん)は、腕を二本折られた。

とくさんに事情を聞きにいく、マヤ、代官山。
”駅からつけてきた。あきらかに狙った犯罪だった”という。

二人を襲ったのは、30代~40代の男性だった。

いつもの情報屋から、榊礼子警視正について情報を得る。
榊礼子警視正は、無差別殺人で恋人をなくしていた。

後日赤沢が、釈放されていた。赤沢を釈放したのは、榊礼子警視正だった。そして背後に東野審議官の影が。。。

マヤと代官山は、いつものように公園で回る乗り物にのっていた。そしてマヤはあることに気づく。
代官山に”母のけいこさんが、倒れた”とつげ母の元に向かわせる。

マヤが、榊礼子警視正のもとに。
榊礼子警視正が、無差別殺人で恋人をなくしていたこと。そして無差別殺人者が、軽い罪で出所してくることが許せなかった。無差傷害事件などで出所してきた人間を、川崎デイジーフラッグスを使って殺人を起こした
と話すと出て行った。

その後、マヤが廊下で東野清正審議官と出会う。そしてマヤは
”平和、希望、純愛。。。。”
意味深な言葉を残して。

後日マヤと連絡が、取れなくなった。
乾のもとに向かう代官山。そして乾が、マヤの鞭にGPSを仕掛けていて居場所がわかった。

そして、マヤが捕らえられていると思われる工場に向かう代官山。代官山も捕らえられることに。

不二子たちは、代官山、マヤを助けに向かう。

その工場には、東野清正審議官と榊礼子警視正にいた。
東野清正審議官が現れてマヤに
”動機のない犯罪者は、再び事件を起こすことが多い。世の中のためだ”という。

マヤと代官山は、マヤの機転で脱出することに。
そんな時不二子たちも救援に向かう。

そして不二子とマヤは、東野清正審議官と榊礼子警視正を追い詰める。
マヤは”東野清正審議官あなたは終わりよ”という。
東野清正審議官は
”この国の法律で私を裁くことはできない”といい自殺しそうになった。そのときマヤが、鞭で捕まえる。

不二子は、榊礼子警視正を逮捕する。

ドS刑事(ドエスデカ)感想、まとめ

ドS刑事(ドエスデカ)の放送が終了しました。黒井マヤ演じる、多部未華子さんの演技力が光る作品でした。

そして代官山演じる、関ジャニの大倉忠義さんの演技が非常に愉快で面白かったです。

黒井マヤと代官山の凸凹コンビが、このドラマを一層面白くしました。バラエティーを見るような感覚で見ることができて、気軽に見れるドラマでした。

個人的に好きなドラマでした。日本テレビの土曜夜9時のドラマは、肩に力を入れずにドラマが多く非常に楽しいです

ドS刑事(ドエスデカ)放送日

ドS刑事(ドエスデカ)は、毎週土曜日9時からです。

尚ドS刑事(ドエスデカ)初回放送日は、4月11日です。

ドS刑事(ドエスデカ)主題歌

ドS刑事(ドエスデカ)主題歌は、関ジャニ強く 強く 強くです。

ドS刑事(ドエスデカ)原作

ドS刑事(ドエスデカ)原作は、推理小説作家七尾与史さんの作品です。

ドS刑事(ドエスデカ)出演者、キャスト

ドS刑事(ドエスデカ)出演者、キャストは、

主役
黒井 マヤ:多部未華子さん
ドSな刑事役です。

・代官山 脩介:大倉忠義さん
・白金 不二子:吉田羊さん
・有栖川 恒夫:勝村政信さん
・乾 研三郎:ミッツ・マングローブさん
・代官山 かおり:瀬戸さおりさん
・近藤 徳二:伊武雅刀さん
・代官山 啓子:岸本加世子さん
などです。

ドS刑事(ドエスデカ)過去のあらすじ、視聴率

・10話あらすじ、視聴率はこちら

・9話あらすじ、視聴率はこちら

・8話あらすじ、視聴率はこちら

・7話あらすじ、視聴率はこちら

・6話あらすじ、視聴率はこちら

・5話あらすじ、視聴率はこちら

・4話あらすじ、視聴率はこちら

・ドS刑事(どえすでか)3話あらすじ、視聴率はこちら

・ドS刑事(どえすでか)2話あらすじ、視聴率はこちら

・ドS刑事(どえすでか)1話あらすじ、視聴率はこちら

ad

関連記事

99

視聴率更新。警視庁捜査一課9係”シーズン10。容疑者の過去を脅されて、殺害を実行することに。9話あらすじ、視聴率、感想、最終話(最終回)予告。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の9話が放送されました。 ・警視

記事を読む

syotengirl

出演者AKB48の渡辺麻友さんと稲森いずみ戦う書店ガールあらすじ、1話予告、ネタバレ、主題歌、放送日。

AKB48の渡辺麻友さんと稲森いずみさんが主演ドラマ戦う書店ガールが始まります。 ・戦う書店ガール

記事を読む

hannzwanaoki

2013年ドラマ視聴率ベスト10は。1位「半沢直樹」2位「ドクターx」3位「ガリレオ」10位にはなんと「Woman」が!

それでは、2013年ドラマ視聴率ベスト10を発表します。 2013年ドラマ視聴率ベスト3 201

記事を読む

no image

ドラマ”隠蔽捜査”TBS9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ 。上条は潜入捜査を隠蔽できたのか?

ドラマ”隠蔽捜査”9話が放送されました。竜崎と伊丹は上条を追い詰められたのでしょうか? ドラマ

記事を読む

2

2014年のNHK朝ドラ「マッサン」で史上初の外国人ヒロイン登用。”ごちそうさん”の視聴率は?”あまちゃん”能年玲奈さんは今度はヤンキー役?

NHK朝ドラマに初の外国人ヒロインを起用することが 報道各社に発表された。 来年秋からスター

記事を読む

hanakotoannlast

”花子とアン”ドラマ26週(最終回)あらすじ、視聴率、感想、まとめ、キャスト、出演者公開。曲がり角の先にはきっと一番いいものがまっている

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・ドラマ”花子とアン”の26週(最終回

記事を読む

wagayahelast

視聴率更新。嵐相場さん主演”ようこそ、わが家へ”最終話(最終回)あらすじ。本当の名無しさんは、今までにドラマで一度も顔が現れていない人物でした。視聴率、感想。まとめ。

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ最終話(最終回)視聴率、感想 ・よう

記事を読む

7ninn1

1話視聴率更新。刑事7人1話あらすじ、視聴率、感想。刑事7人2話予告あらすじ。出演者、原作。20年前事件の背後に隠蔽と大臣の影が

東山紀之さん主演ドラマ刑事7人が放送を開始します。 ・”刑事7人”1話視聴率、感想 ・”刑事7人

記事を読む

gaidan4

視聴率更新。学校のカイダン4話あらすじ、感想、視聴率。5話予告、広瀬すずさん出演、主題歌ビーズ、挿入歌藤原さくらさん。プラチナ8にスキャンダル。

広瀬すずさん主演の”学校のカイダン”今回は、先生と生徒のスキャンダルが。そのスキャンダル生徒がプラチ

記事を読む

nube4

地獄先生ぬーべー4話あらすじ、5話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、出演者、キャスト。ぬーベーが叱り方を悩む。

本文(地獄先生ぬーべーに関する)まとめ ・地獄先生ぬーべー4話視聴率、感想 ・地獄先生ぬーべー4

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑