ドラマ”緊急取調室” 第5話視聴率、あらすじ、感想。 第6話予告、ネタバレ。キャストは、天海祐希さん他。今回のキントリは主婦でしか落とせなかったでしょうね。

公開日: : 最終更新日:2014/02/21 テレビ 視聴率, ドラマ , , ,

ドラマ”緊急取調室”)のサマリー(要約)

・ドラマ”緊急取調室”が第5話視聴率、感想
・ドラマ”緊急取調室”の視聴率の経緯
・ドラマ”緊急取調室”第5話あらすじ
・ドラマ”緊急取調室”第6話予告、ネタバレ
・ドラマ”緊急取調室”の過去の記事
以上です。それではご覧下さい


天海祐希さん主演の”緊急取調室”第5話が放送されました。視聴率の動向が気になります

”緊急取調室”第5話視聴率、感想

”緊急取調室”第5話が放送されました。視聴率は12.5%と発表されました。第4話の視聴率は11.2%でしたので約1%ほど上昇しました。

”緊急取調室”第5話の感想としては、有名なことばで”目に目を、歯には歯を”というのがありますが、まさに今回は”主婦には主婦”をでしたね。そして殺人犯は意外な人物でした。
今回主婦さん3人が鍵を握るということで今回面白いかな?とおもいましたが一番面白かったかもしれません。

ドラマ”緊急取調室”視聴率の経緯

今まで3話放送されたドラマ”緊急取調室”視聴率の経緯を見てみましょう。

第1話 12.5%
第2話 13.4%
第3話 16.1%
第4話 11.2%
第5話 12.5%

第5話視聴率が上昇しました。ソチオリンピックで軒並みドラマの視聴率が低下しているのですが、上昇しました。ちょっと今後に期待ですね。後有希子の旦那の死の原因が明らかになっているのでしょうか。

ドラマ”緊急取調室”第5話あらすじ

ある日公園の池に捨てられたスーツケースの中から、男の絞殺体が見つかった。被害者は詐欺グループの幹部・真木祐介。しかし、この真木。監物が8年前に取り逃がした指名手配犯だったのだ。

執念に燃える真木。

そんな中、目撃者の3人の主婦が現れる。

3人の主婦の目撃証言が完全に一致?

目撃者は春日小夜子、望月芳江、松井蘭子の3人でいずれも主婦だった。そこで主婦ということで有希子が取調べをすることに。

しかし、おかしなことで3人主婦が容疑者を目撃した場所が違うにもかかわらず
・40歳前後の中肉中背の男
・髪は短く
・眉が濃く
・細面
・頬にはほくろがあった
という。

最初はその証言から人物像を描いて、容疑者を捕まえようと監物は必死だった。

しかしそのような人物は防犯カメラにも写っていない。

そこで緊急取調室皆で、目撃者宅に伺い再度事情を聞いた。
そうすると共通している点が、主婦3人家族とも
・家庭が上手くいっていない
・お金のやりくりが大変
殺された真木は、デート商法で女性から高額の商品をかわせている。ということはお金のやりくりが急に大変になっている共通点である。

もしかしたら、この三人は真木にだまされたのではないか?そしたら殺害の動機がうまれる。

再度3人の主婦を殺人の容疑者として取調べ

今回の有希子は、目撃者は春日小夜子、望月芳江、松井蘭子を一緒に呼び出し、取調べを行うことにした。

有希子は
・春日小夜子、望月芳江、松井蘭子が真木にだまされたことの裏を取ってその事実をなげつける。
・目撃者は春日小夜子、望月芳江、松井蘭子は知り合いであることも追求する。
・春日小夜子、望月芳江、松井蘭子が目撃した場所から、頬のほくろの位置など詳細は見えないことを、立証したこと。

これで3人が嘘の証言をしたことを追求。そうすると真実を話し出す。
3人とも真木にだまされて意気投合し、真木の居場所を突き止めた。そして真木の部屋に入ると真木が死んでいたのだ。

そこに男が1人いて、嘘の証言をするように強要し、3人はうそ証言をしたのだ。
そして、その男の似顔絵を3人の情報から聞くと、その人物はなんと真木を追いかけていた8年前も捜査に参加していた警官だったのだ。

その警官が8年前も情報を真木にリークし逃がしたのである。

ドラマ”緊急取調室”第6話予告、ネタバレ

ゲーム会社社長・山本真人が誘拐され、被疑者としてゲームデザイナー・北原健が逮捕された。北原は、一部に熱狂的なファンを持つゲームペガサスアドベンチャーの開発者だった。

北原は、苦労して作り上げた最新作”ペガサスアドベンチャーIV”を開発した。しかし何らかの理由で社長・山本が、お蔵入りにする。それを阻止するため、犯行に及んだと考えられる。

だが、北原は頑として山本の居場所を明かそうとしない。何の理由があって場所をはかないのか。

そこで緊急事案対応取調班に北原は場所を移される。

北原はいきなり
「ゲームは一つの人生です。ゲームの中の人物には僕たちと同じように命があります。それを葬ろうとした奴は罰を受けねばなりません」
と言い放つ。

人の命を軽視するような北原の発言。だが北原にとってはゲームも人と同じぐらい重要なものだそうだ。

ただ有希子は怒りを覚えずにはいられない。
そんな中、中田が北原の取り調べを担当したい、と言い出した。

実は北原は、中田が所轄の少年課に所属していたころに万引きで補導したことのある人物だったのだ。

中田はその過去には敢えて触れず、初対面のふりをして北原と対峙。その真摯な対応に少しだけ心を開いた北原が、遂に山本の居場所に関してヒントをだす。

”答えは僕のゲームの中にあります”

と発売予定だった最新ゲームの中に登場するペガサスの剣の隠し場所にヒントがある、というのだ。

そして有希子は睡眠時間を返上してゲームに挑戦する。そしてやがて山本の居場所のみならず、事件の根幹に関わる重要なヒントを、ゲームの中で見つける。。
すべての謎がゲームに。

最新記事 第6話あらすじ 第7話予告、ネタバレ
ドラマ”緊急取調室” 第6話視聴率、あらすじ、感想。 第7話予告、ネタバレ。キャストは、天海祐希さん他。今回はゲームが事件の鍵

ドラマ「緊急取調室」の過去の記事

ドラマ”緊急取調室” 第4話視聴率、あらすじ、感想。 第5話予告、ネタバレ。キャストは、天海祐希さん

天海祐希さん主演のドラマ”緊急取調室” 第3話視聴率、あらすじ、感想。 第4話予告、ネタバレ。第3話ゲストは安達祐実さんでした。

ドラマ”緊急取調室” 第2話あらすじ、視聴率、感想。第3話ネタバレ。

天海祐希さん主演テレビ朝日「緊急取調室」。主題歌JUJUの「Door」 .キャストは草刈正雄さん、大杉漣さん、速水もこみちさんなど。

ad

関連記事

han42

視聴率更新。花燃ゆ42話世界に賭ける糸。群馬の生活に苦労する加藤と美和。そして敏三郎の死。

・花燃ゆ42話視聴率、感想 ・花燃ゆ42話世界に賭ける糸 ・花燃ゆ原作、脚本 ・花燃ゆ出演者

記事を読む

月9新ドラマフジテレビ”極悪がんぼ”1話視聴率、感想、原作、主題歌。2話予告(ネタバレ)。薫が金子と働くことに

月9新ドラマフジテレビ”極悪がんぼ”本文サマリー(要約) ・ドラマ”極悪がんぼ”1話視聴率、感想、

記事を読む

saigonos

2014年ドラマ視聴率速報。「相棒」「S -最後の警官-」「僕のいた時間」「緊急取調室」の視聴率は?2013年紅白歌合戦が「半沢直樹」の視聴率を抜きました。ちなみに歌手別視聴率、北島三郎さんがTOPでした。

2014年正月も終わり、そろそろテレビも通常放送に変わる時期です。2014年冬のドラマ視聴率は現在ど

記事を読む

yosida

2014年活躍の吉田鋼太郎さん。舞台で活躍し花子とアン、mozu、すべてがFになるなど出演。CMではラ王に出演。恋愛は?

2014年大活躍のした吉田 鋼太郎さん。今回おしゃれイズムに出演しています。 吉田 鋼太郎さん

記事を読む

sennryokugai20143

ドラマ「戦力外捜査官」8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。

ドラマ「戦力外捜査官」本分サマリー(要約) ・ドラマ戦力外捜査官8話視聴率、感想 ・ドラマ戦力外

記事を読む

nobunaga7

玉森 裕太さん主演ドラマ”信長のシェフ”7話視聴率、感想、あらすじ。8話(最終回)予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者公開

本文(玉森 裕太さん主演ドラマ信長のシェフに関する)内容 ・玉森 裕太さん主演ドラマ信長のシェフ7

記事を読む

asunaro1

ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ

本文内容 ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子 ・1話視聴率、感想 ・1話あらすじ ・2

記事を読む

borderfinal

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)”9話(最終話)視聴率、感想、あらすじ。衝撃的な結末。石川は今後どうなるのか?続編は?5週連続視聴率はmozuに勝ちました

本文(小栗旬さん主演ドラマ”BORDER(ボーダー)"に関する)サマリー(要約) ・小栗旬さん主演

記事を読む

NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”24週視聴率、感想、あらすじ。24週予告、ネタバレ。最終回を迎えます。悠太郎は満州から帰ってくるのでしょうか。

NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”のサマリー(要約) ・NHK朝のドラマ”ごちそうさん”が24週

記事を読む

kaizukasimao

ドラマ”ビター・ブラッド”10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告、ネタバレ。貝塚は生きていた島尾を拉致し、夏輝に究極の選択を

本文(ドラマ”ビター・ブラッド”)サマリー ・ドラマ”ビター・ブラッド”10話視聴率、感想 ・ド

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑