脳ヘルニア、首(頸椎)ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニアの症状(痛み、手足のしびれ)、治療法(手術)、リハビリ予防体操など公開します。

公開日: : 最終更新日:2014/08/24 ヘルニア, 健康・医療

本文(ヘルニアに関する)内容

・ヘルニアとは
・ヘルニアの種類
脳ヘルニア
頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニア
・腰椎椎間板ヘルニア
・横隔膜ヘルニア
・内ヘルニア
・腹壁ヘルニア
・臍ヘルニア
・鼠径ヘルニア
・閉鎖孔ヘルニア
・嵌頓ヘルニア
を公開します。ご覧下さい。

ヘルニアとは

腰を痛め椎間板ヘルニアになって、手術したなどよく話を聞きます。私も椎間板ヘルニアです。そもそもヘルニアといはどういう症状なのでしょう。

ヘルニア(hernia)とは、体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指す

体腔内の裂隙に迷入したものを内ヘルニア、体腔外に逸脱したものを外ヘルニアと呼ぶ。

腹部の内臓に多くみられ、例えば腹壁ヘルニアは、腹壁に生じた裂け目から腹部の内臓が腹膜に包まれたまま腹腔外に脱出するものである
wikipediaから引用

つまり、体の本来ある場所から臓器でも、骨などであってもずれた状態にある場合は、ヘルニアと呼ばれるそうです

ヘルニアの種類

ヘルニアには下記のような種類があります。
・脳ヘルニア
 ・脳ヘルニアとは
 ・脳ヘルニアの原因
 ・脳ヘルニアの症状
 ・脳ヘルニア治療法
・頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニア
 ・頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアとは
 ・頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの症状
 ・頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの治療法
 ・頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの治療後、リハビリ
 ・頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの予防体操
・腰椎椎間板ヘルニア ⇒こちらをご覧ください
・横隔膜ヘルニア   ⇒こちらをご覧ください
・内ヘルニア
・腹壁ヘルニア
・臍ヘルニア
・鼠径ヘルニア
・閉鎖孔ヘルニア
・嵌頓ヘルニア
など思った以上に多くのヘルニアがあります。

脳ヘルニア

脳ヘルニアとは

脳は、人間の機能で非常に重要な場所です。体全体の司令塔となるところです。なので頭蓋骨という硬い骨で守られています。

そのため、頭蓋骨はヘルメットのようなもので限られた容積の中に脳が納められています。

そして脳の中(固定された空間の中)で脳組織や髄液などが増大したり、脳腫瘍、血栓などができて脳の中の圧力が高まります。

しかし人間は脳の圧力が高まっている状態を緩和する機能が備わっています。

しかし脳の圧力を調整する機能が崩れたときに、脳の一部が本来ある位置からずれてしまう。その影響でその他の脳組織が圧迫される。この状態が脳ヘルニアとなります。

そのことで、脳の働きが低下し生命の危機的状態が発生します。

※医学的に専門的に分類すると
・テント切痕ヘルニア
 ・鉤ヘルニア
 ・海馬回ヘルニア
 ・上行性ヘルニア
 ・正中ヘルニア
・大孔ヘルニア
(扁桃ヘルニア)
・帯状回ヘルニア
・蝶形骨縁ヘルニア

脳ヘルニアの原因

 
・脳の中にあるべきでないものが出現する。
※脳腫瘍、頭蓋内血腫など

・脳自体が体積増大。
・脳の循環障害
・頭蓋骨の縮小
※狭頭症など

脳ヘルニアの症状

脳ヘルニアの症状は、脳梗塞の症状と似ています。
・意識障害
・片側の瞳孔が開放状態
・からだの片側のまひ
・除脳硬直(手足が突っ張った状態)
などがあります。

慢性的な症状は、頭痛と嘔吐です

脳ヘルニア治療法

根本的に脳の圧力が高まっていることが原因なので、脳の圧力を下げることを行います。
・占拠物の摘出
・髄液の排除
・頭蓋骨を切り取ったままにして圧が上がらないようにする減圧手術、
※この治療法をスキーで事故したミハエルシューマッハに、行われていました。
・頭蓋内圧降下剤や副腎皮質ホルモン剤などを使用して、脳にむくみ)がおこらないようにする

脳ヘルニアの治療後、リハビリ

脳ヘルニアの治療後は、言語障害、歩行傷害などわずらう事もあるそうです。非常に怖い病気です。

頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアとは

脳から命令を受けて、人間は物を感じ体を動かします。その役割は、運動神経と知覚神経が担っています。

この神経は、頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしています。

このことは中学、高校の生物の時間に学ばれることです。

頸部の脊髄からは手や肩に向かう神経が枝分かれしており、神経根と呼ばれています。

頸部のところで脊髄を中に納めている骨は頸椎と呼ばれます

頸椎は全部で7つあり、上から順に第一頸椎、第二頸椎と名付けられます。各頸椎間には椎間板と呼ばれる組織があります。

この椎間板の組織がこわれて脊髄や神経根が急激に圧迫されて出現する症状が頸椎椎間板ヘルニアです。

ヘルニアの本来の意味、”体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態”今回の場合は、あるべき場所にいようとするが圧迫されて脱出した状態と考えられます。

頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの症状

神経を圧迫するため、一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや放散痛が生じることがあります。

首の寝違いとよく似た鈍痛・違和感などの後頸部症状がまずみられます。

この痛みは激烈なものですが、ほぼ2-3週間でピークを越え、数週間から数ヶ月で軽快するというものです。

両手のしびれがみられたり、両手を使って行う細かい動作が徐々に出来にくくなります。

同時期に同じくして両足が足先から段々としびれてきたり、歩行がなんとなく不自由になるなどの症状が数日から数週間の経過で急速に進行するものです。

頸椎椎間板ヘルニアは神経根を圧迫するため、手足などの

頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの治療法

一側の肩や手の特定の領域に激しい痛みや放散痛の場合は、保存的療法と呼ばれる治療法を行うことを原則とします。

保存的療法としては、頸椎牽引療法・頸部カラー固定。頸部のマッサージなどの理学的療法などがあります

通常は数日間カラーを装着して痛みが和らぐことが確認できれば、このカラーを4から8週間装着します。痛みの程度が強い場合には、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤などが用いられます。

しびれや巧緻運動障害が主な症状の場合には、ビタミンB剤が用いられます。

保存的療法を行っても症状が進行し、日常生活に不便を覚える程度となってきた場合には手術的療法が必要となります。

手術法としては、頸部の前から到達する方法(頸椎前方到達法)が原則として行われます。

この手術は全身麻酔下に行います。手術は仰臥位(仰向けの姿勢)で行います。

頸部の右側に皮膚切開を行い、気管と食道を左側へ引き寄せながら頸椎の前面に到達し、頸椎の一部を削りながら脊髄の方へと進みます。

通常は2-3時間程度の手術となります。

頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの治療後、リハビリ

手術後は原則として、頸椎カラーを装着して術翌日に起床します。数日は右の腰の採骨部分に痛みがありますので、歩行器を用いた歩行となります。術後10-14日目に退院となります。

尚手術後数週間から数ヶ月リハビリは必要となります。

頸椎椎間板(けいぶついかんばん)ヘルニアの予防。体操

基本的に頸椎周辺部分の筋肉を鍛えること言われています。
おでこを手で押さえて、首を前に力を入れたりする運動が代表的です。

首だけでなく体全体の運動としてはラジオ体操第一、第二もよいといわれてます。

後ストレッチ運動に関しては、いいという意見もありますがあまり効果ないという意見も聞きます。

参照資料
・日本脊髄外科学会 http://square.umin.ac.jp/jsss-hp/patient/hernia.html
・「脳、神経の病気百科」トップ http://www.onicu.com/nou/
・.wikipediaなど

ad

関連記事

mizootisuizou

みぞおちの奥にあるすい臓の病気。すい臓の場所、痛み、膵がん、膵炎の症状、治療法など。

みぞおちの奥にあるすい臓に関する病気を公開します。 ・すい臓とは ・すい臓に関する病気 ・すい

記事を読む

asinotukene

足の付け根、股関節の”しこり”。押して引っ込む”しこり”、長期間残る”しこり”は注意。”しこり”の病名は。

足の付け根、股関節の”しこり”に関して ・足の付け根、股関節の”しこり” ・足の付け根、股関節の

記事を読む

III

みぞおちの痛み、気持ち悪さの症状は、機能性ディスペプシア。原因はストレス、ピロリ菌?胃を切除した人は、ダンピング症候群の可能性も

みぞおちの痛み、気持ち悪さ最新の情報です。 ・機能性ディスペプシア ・胃を切除した方に起こるみぞ

記事を読む

kouennn

口内炎とは。できる場所、症状、原因、治療法の薬、塩、ビタミンとの関係。治らない口内炎はどの病院に行けばよいのか?

口の中の違和感、ほとんどの場合は口内炎です。しかし 口内炎に怖い病気が。。 ・口内炎とは、口内炎

記事を読む

nextutyuusyou

熱中症とは。熱中症の症状、予防、対策。予防に水よりもスポーツドリンク。熱中症になったときの処置、対処法。犬の熱中症と対策 。

本文(熱中症に関する)サマリー(要約) ・熱中症とは ・熱中症の症状 ・熱射病が起きる環境、ど

記事を読む

kafunnsyou

花粉病とは。2014年花粉症(花粉)に対する薬、新薬、効果、ランキング。 花粉症症状 。

花粉症に関する本文サマリー ・花粉症とは ・花粉症の人口 ・花粉症対策の薬、ランキングなど

記事を読む

mizooti

”みぞおち”の場所、痛み(押して痛い)、違和感、しこりなどについて公開します。”みぞおち”の痛みは何の病気なんでしょうか?”みぞおち”のしこりには意外な秘密が。。

本文(みぞおちに関する)サマリー(要約) ・”みぞおち”の場所また”みぞおち”とは ・”みぞおち

記事を読む

mizooti

”みぞおち”の痛み、違和感など関係のある病気急性虫垂炎 、十二指腸潰瘍 、胆石症を公開。症状、治療法など。

本文(みぞおちに関する病気)サマリー(要約) ・みぞおちに関する病気 ・急性虫垂炎 ・十二指腸

記事を読む

tabaco

タバコは、本当に肺がんを原因なの?喫煙すると害ばかりでメリットはない?下山論文(レポート)とは

タバコは、本当に肺がんの原因なのか? 最近”タバコはやめないほうがいい”という本を読みました。

記事を読む

水、薬、ツボで止まらない、頻繁な”しゃっくり”をほぼ完全に止める方法。犬、新生児、胎児、幼児もしゃっくりをします。ほぼまれに病気の場合もあります。

”しゃっくり”に関して本文サマリー(要約) ・しゃっくりとは ・しゃっくりの止め方 ・しゃっく

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑