目の疲れは実は筋肉痛?冷えたタオルを目にかぶせるなど目の疲れ解消方法、グッズ紹介。産後にも目の疲れが。

公開日: : 健康・医療, 目の疲れ

目の疲れ関する目次

・目の疲れの原因
・目の疲れの解消法
・産後の目の疲れ
・目の疲れまとめ
以上です。ご覧ください。

目の疲れの原因

目の疲れは、目のまわりの筋肉が疲れた状態にあることです。

眼球は、6本の筋肉に支えられています。
つまり目の疲れの原因は、眼球を支える6本の筋肉疲労なのです。

筋肉疲労は、同じ体勢をする生じやすいといわれます。

目の疲れ(筋肉疲労)の場合は、
・パソコン、テレビ、本などを長時間見る
・VDT作業を行う
など同じ距離でものを見たりする行為となります。。

VDT作業とは

VDT作業(ブイ・ディー・ティーさぎょう)とは、ディスプレイ、キーボード等により構成されるVDT (Visual Display Terminals) を使用した作業を言い、一般的にはコンピュータを用いた作業を指す。
wikipedia引用

その他目の疲れの原因としては、不規則な食生活も言われています。

目の疲れの解消法

目の疲れの解消法としては
・蒸しタオルで目をつぶってまぶたにあてる
・冷やしタオルで目をつぶってまぶたにあてる
上記二つに関しては、単純で意外と効果がある方法です。

・目薬を差す
コンタクト、眼鏡をされている方は、よく使う方法です。 

・ツボを押す。
個人的に意外と聞く方法です。個人的にヨガに通っていたときに教わった方法は、眼球の上にある骨を鼻のほうから耳に向かって触るとちょっとへっこんだ部分があります。

そこ(魚腰と呼ばれる部分)を軽く押し続けるものです。

目に効く食品

・ブルーベリーを摂取
・黒酢の摂取
・青魚(DHA)の摂取
上記3つはよく言われている食品です。

・自然の景色を見る
昔から言われている、おばちゃんの知恵袋的なものです。

目の疲れに利く栄養素ルテイン
ルテインは、眼球内にも存在。水晶体や網膜の酸化を防ぐ、重要な役割を担う。

さまざまな目の病気
・白内障
・緑内障
・黄斑変性症
・乱視
・老眼
・近視
・ドライアイ
などのにも効果があります。

ルテインが多く含まれる植物は”マリーゴールド”です。

産後の目の疲れ

産後様々な体のトラブルが起きます。
その中で目の疲れがあります。

昔からいい伝わってるのは
産後は本を読まない

産後の目の疲れる理由

産後の目の疲れる理由は、交感神経の作用が通常よりも強くなるからです

交感神経とは

交感神経系(こうかんしんけいけい、英: Sympathetic nervous system, SNS)は、自律神経系の一つ。

「闘争と逃走の神経(英語ではFight and Flight)」などとも呼ばれるように、激しい活動を行っている時に活性化する

自律神経とは、
自律神経系(じりつしんけいけい、英: Autonomic nervous system)は、末梢神経系のうち植物性機能を担う神経系であり、動物性機能を担う体性神経系に対比される。

自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序という2つの系からなる。
wikipediaより引用

出産自体激しい運動で、交感神経が大きく作用し瞳孔が大きくなることで、近くのもの、字などを見ていると焦点が合わなくなります。

見えにくいものを無理に見ようとして、疲れるのです。

尚産後に起きる体調の変化としては、出産後約6週間までは骨盤、至急はまだ妊娠前の状態に戻っていないため、
・抜け毛
一時的なものなもので、一年もたてんば元に戻ります。
・便秘・痔
母乳に水分を取られるため、自然と便秘気味になります。
水分をよく取りましょう。
・産後うつ
妊娠・出産期は、ホルモンのバランスが急激に変化して

体調を治すのによく言われるのは
・黒砂糖を熱湯で溶いたもの
・ラズベリーの葉
・睡眠をとる
です。

目の疲れ解消グッズ

お風呂で目の疲れを解消

目にいいブルーベリー商品

おやつで目の疲れの解消

目の疲れに関するまとめ

目の疲れの原因は、眼球の筋肉疲労。

目の疲れ解消方法
・蒸しタオルで目をつぶってまぶたにあてる
・冷やしタオルで目をつぶってまぶたにあてる
・目薬を差す
・ツボを押す。
・目に効く食品の摂取
 ブルーベリー、黒酢、青魚など。
・自然の景色を見る

出産後も目の疲れを発祥しやすいため、長時間の朗読、パソコン、携帯の使用などを控えましょう。

ad

関連記事

kubisuzi

首こり(肩こり)とは。首の後ろが痛いなど痛みの原因と治療法。頭痛、吐き気が伴う痛みは。

首こり(肩こり)に関して ・首こりとは ・肩こり、首こりの”こり”とは、首の後ろが痛いのは ・

記事を読む

腰痛(腰が痛い)に関する原因、対処法まとめ。内部疾患による腰痛は左、右だけの痛みも。骨、筋肉の痛みはストレッチ、腰痛体操、筋トレ、コルセット、湿布で対処。腰痛は癌の可能性も。

腰痛に関する本文サマリー(要約) ・腰痛、食欲不振など複合の痛み ・原因不明の腰痛 ・腰の痛み

記事を読む

ebora

エボラ出血熱とは。感染経路、予防法、治療法。ワクチン、薬を公開。アメリカ人に投与された抗体治療剤”ZMapp”

本文(エボラ出血熱関する)内容 ・エボラ出血熱とは ・エボラ出血熱症状 ・エボラ出血熱発症地域

記事を読む

腰痛(腰が痛い)の原因が骨や筋肉の場合対処法は?ストレッチ、筋トレ、コルセット、湿布、腰痛体操など?急な腰痛はぎっくり腰?

腰痛に関する本文サマリー(要約) ・骨、骨盤、筋肉による腰の痛み ・骨、骨盤、筋肉による腰の痛み

記事を読む

asi

水虫の流行の時期となりました。爪にも水虫?水虫の病状、予防法、治療法は?市販薬、薬や民間療法。酢は効くの?

夏になりました。夏といえば水虫の時期です。今回は水虫について公開します。 水虫とは 水虫は、

記事を読む

mizooti

”みぞおち”の場所、痛み(押して痛い)、違和感、しこりなどについて公開します。”みぞおち”の痛みは何の病気なんでしょうか?”みぞおち”のしこりには意外な秘密が。。

本文(みぞおちに関する)サマリー(要約) ・”みぞおち”の場所また”みぞおち”とは ・”みぞおち

記事を読む

hiza

膝の後ろ(裏)の名前は?痛み、腫れ、”しこり”、違和感など公開。首の”しこり”は?深く心配する必要はないようです。

膝の後ろ(裏)、耳の”しこり”に関して ・膝の後ろ(裏)の名前 ・膝の後ろ(裏)の痛み ・膝の

記事を読む

kubi

”首のしこり”とは、場所、病気について。”首のしこり”は怖い?怖い”首のしこり”の見分け方。

何かときになる体の”しこり”。 今回は首の”しこり”公開します。 首の”しこり”とは 首の

記事を読む

イライラしない方法はあるの?イライラを減らす方法。イライラしたときの対応。環境を整えること、自分の想定を広げる、心の持ちよう、お金時間に対する余裕が大事。

本文(イライラしない、減らす方法)に関するサマリー(目次) ・いらいらする理由 ・予想通りの範囲

記事を読む

III

みぞおちの痛み、気持ち悪さの症状は、機能性ディスペプシア。原因はストレス、ピロリ菌?胃を切除した人は、ダンピング症候群の可能性も

みぞおちの痛み、気持ち悪さ最新の情報です。 ・機能性ディスペプシア ・胃を切除した方に起こるみぞ

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑