ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。青島製作所の開発情報は、イツワ電器に流れていたことに気づいた細川

本文(ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム)サマリー(目次)

・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の6話視聴率、感想
・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”視聴率経緯
・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の6話あらすじ
・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の7話予告、ネタバレ。
・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”関連記事
を公開します。ご覧下さい。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の6話視聴率、感想

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”6話が放送されました。14.8%%でした。5話は16%だったので横ばいです。

6話の感想としては、イツワ電器の東洋カメラに提案していたものは青島製作所の開発情報だったのです。ちょっと驚きですね。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”視聴率経緯

1話 14.1%
2話 11.8%
3話 13.7%
4話 13.8%
5話 16.0%
6話 14.8%

視聴率が上昇するかと思ったのですが、また伸び悩みです。もっと伸びてもよいと思うのですが。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”6話あらすじ

野球部はイツワ電器に敗北した。しかし細川は敗者復活のチャンスを与えた。

一方東洋カメラが、青島製作所と業務提携を行ったがイツワ電器がその業務提供を白紙撤回してきた。

細川は東洋カメラの業務提携をあきらめていなかった。そして開発部長の神山に再度お願いする。しかし”無理なものは無理”と言われ、細川も頭を抱えていた。

細川はある日会社から帰るとき、開発室に電気がともっていた。そして細川は開発室に出向くと、多くの社員が残っていた。

神山は家に何日も帰っていないとのことだった。多くの社員もそうだったのだ。その事実を知って、神山に”最善を尽くしてくれ”といった。

 細川は、イツワが青島製作所の開発内容を覆すスペックを持ち込んだことに非常に気になっていた。

 あるテレビを見ていると営業部長が、イツワ電器の開発部の人間がイツワ電器の秘書と密会している状況を発見したのだ。

そして細川は、ヘッドハンティングの会社を通して秘密裏にイツワ電器の開発部長に会うことに。そこで青島製作所に来ないかと誘う。

イツワ電器の開発部長最初は、憤慨するがしかし自分の立場が現在危うくなっていることになり、冷静にその話を聞き入れることに。

そして細川は、その部長にイツワ電器が東洋カメラに提案した製品の画像をもらうことができた。そしてその他のスペックなども細川は入手できることができた。

それを青島製作所の神山に見せることに。
すると、その製品は青島製作所で作成していた作品と同じスペックなのだ。

つまり青島製作所の開発部の人間が、その開発情報をイツワ電器にリークしていたのだ。

その情報をもってイツワ電器社長に細川はあった。その事実を話した。そしてその開発情報にロックがかかっていてイツワ電器がこれ以上製品開発ができない事実も言及した。

後日イツワ電器と東洋カメラの開発は、白紙となった。

一方沖原は、週刊誌に高校時代の暴力事件が暴露されて沖原は激しく動揺していた。そして試合中には激しい野次も飛ぶ。

沖原に立ち直ってもらうために、練習試合を行うこととなった。しかしその相手がジャイアンツの2軍だった。会長の人脈だそうだ。

そこで沖原は、ジャイアンツの2軍あいてに好投した。
そしてそこにきていた日本代表の監督が沖原のことを、報道でいい評価した。それにともない沖原の印象が変わり、ドラフト候補の話まで出てきた。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の7話予告、あらすじ

イツワ電器の青島製作所に対する不正行為を暴き、社長の坂東(立川談春)を逆に追い詰めることに成功した細川(唐沢寿明)。

ひとまず目の前の窮地から脱したかのように思われた青島製作所だったが、イツワ電器の坂東は青島製作所の弱点である株主構成に目をつけ、新たな攻撃を仕掛けてくる。

坂東は青島製作所の主要株主の一人である竹原(北村有起哉)に接触し、イツワ電器が青島製作所に合併を申し入れていることを告げ、イツワと青島が合併を見越した経営統合を行えば、未上場だった青島製作所の株に上場の話が持ち上がり、株主の竹原にも巨額の金が転がり込むと可能性があると揺さぶる。

坂東の思惑に突き動かされ青島製作所に乗り込んで来た竹原と面会した細川と笹井(江口洋介)は、竹原から臨時株主総会の開催を要求する「臨時株主総会召集請求書」を突き付けられることに。

細川は坂東が青島製作所の上場を餌に青島の株主たちを動かしてイツワとの経営統合に賛同させようと画策していると知る。

細川は会長の青島(山﨑努)と同じくおよそ3割の株を所有する大株主のキドエステート社長・城戸志眞(ジュディ・オング)に面会し、イツワとの統合を否決させようと城戸の説得を試みる。

 一方、青島製作所野球部は過去の暴力事件を雑誌にリークされた一件から立ち直り調子を取り戻したエースピッチャー・沖原(工藤阿須加)を中心に都市対抗野球大会の敗者復活戦に果敢に挑んでいた。

だが、そんな彼らの奮闘する姿を目にしながら野球部長の三上(石丸幹二)は野球部の存続が現状の青島製作所にとって難しいことを悟り、思い悩んでいた…。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”関連記事

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。業務提携に失敗した細川。沖原は好投するも。。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。細川の思わぬ隠し玉。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告、ネタバレ。青島製作所倒産の危機。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告、ネタバレ。沖原がついに野球

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の1話視聴率、感想、あらすじ、原作。2話予告、ネタバレ。最初の逆転は銀行融資でしたね

“ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”原作は池井戸潤さん。主題歌、放送日及び1話あらすじ、見所 “

ad

関連記事

2013年4月~6月ドラマ視聴率総集編。TOP3 「ガリレオ」「ラスト・シンデレラ」「35歳の高校生」福山雅治さん、篠原涼子さん、米倉涼子さんなど視聴率のキーマンが主演に。

2013年4月~6月ドラマ視聴率TOP3を公開します。 この時期から視聴率の転換期になりました

記事を読む

1話視聴率更新。刑事7人1話あらすじ、視聴率、感想。刑事7人2話予告あらすじ。出演者、原作。20年前事件の背後に隠蔽と大臣の影が

東山紀之さん主演ドラマ刑事7人が放送を開始します。 ・”刑事7人”1話視聴率、感想 ・”刑事7人

記事を読む

2014年ドラマ視聴率速報。「相棒」「S -最後の警官-」「僕のいた時間」「緊急取調室」の視聴率は?2013年紅白歌合戦が「半沢直樹」の視聴率を抜きました。ちなみに歌手別視聴率、北島三郎さんがTOPでした。

2014年正月も終わり、そろそろテレビも通常放送に変わる時期です。2014年冬のドラマ視聴率は現在ど

記事を読む

ドラマHERO(ヒーロー)2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者

本文内容 木村拓哉さん主演ドラマ"HERO"が放送されました。ドラマHEROの ・2話視聴率、感

記事を読む

ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話予告、ネタバレ。舞が相馬の敵討ち。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”2話視聴率、感想、

記事を読む

NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”最終週(25週)視聴率、感想、あらすじ。悠太郎は豚を抱えて満州から帰国。視聴率も12年ぶりの高視聴率。

NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”のサマリー(要約) ・NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”最終

記事を読む

no image

大河ドラマ”軍師官兵衛”10話視聴率、感想、あらすじ、11話予告、ネタバレ。官兵衛は軍師として毛利の大軍に退却させる。。

大河ドラマ”軍師官兵衛(岡田准一さん)”のサマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が10話視聴

記事を読む

ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ。伊丹グループの給与情報紛失の犯人は伊丹誠一郎だった。2014年民放ドラマ視聴率NO1になりました。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視

記事を読む

2016年冬の注目ドラマ、高視聴率ドラマ。ヒガンバナ、相棒、わたしを離さないで、真田丸ほか

2016年に入り冬のドラマが放送されます。 ・2016年冬のドラマ ・注目のドラマ ・高視聴率

記事を読む

ドラマ”MOZU”(もず)の8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。爆弾事件の黒幕が、それは倉木の上司室井だった。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の8話視聴率、感想

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑