ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の1話視聴率、感想、あらすじ、原作。2話予告、ネタバレ。最初の逆転は銀行融資でしたね。

本文(ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム)サマリー(目次)

・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の1話視聴率、感想、原作。
・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の2話予告、ネタバレ。
・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”関連記事
を公開します。ご覧下さい。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の1話視聴率、感想、原作

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”がよいよ放送されました。1話視聴率はどうだったのでしょう。視聴率は14.1%でした。

1話の感想としては、話は面白かったのですが、ものすごく面白かったかといえば。。ちょっと微妙なこともありました。来週から期待したいと思います。


ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の原作⇒池井戸潤さんの”ルーズヴェルト・ゲーム”

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”1話あらすじ

中堅精密メーカー青島製作所。デジカメの事業部で大成功を収めた社長細川。そのことが評価され異例の出世で社長に。

しかし会社役員には、社長を面白く感じていない人物も。

そんな中、役員会議がおこなわれた。
実は現在デジカメ事業部がお荷物になり、会社経営が圧迫されているのだ。そして銀行のメインバンクからコストカットを要求された。

取引先からコスト削減を要求される

経団連の要職に就く取引先から、いきなり厳しい値下げと取引量の削減を言い渡された。

社長が直談判しても条件は変わらなかった。そしてその裏にはライバル社であるイツワ電器に影があることに気づく。

同時にメインバンクの融資課長が、融資打ち切りの話がでてきた。
そして社長が、野球部を廃部にして経費を削減すると明言した。

しかし野球部では会長青島の肝いりであった。

野球部では投手がいなくなることに

野球でもライバルであるイツワ電器の野球部に負け続けている。青島製作所野球部。

数日後イツワ電器に青島の監督、投手が移籍していた。

青島製作所の野球部に新しい監督がきて新しい戦略をしめした。それが功をせいした。しかしながら、投手がいない。

そこで青島製作所内部で青島杯という大会がある。その中で製造部が強敵で、最後に野球部と対決するというものだ。

そこで、製造部に新たな新人がひょんなことから。投手をすることに。そしてその新人が。とんでもない球をなげることに。

銀行融資のゆくへ

しかし青島製作所への融資の打ち切りと、青島製作所の取引先の取引先減少は何か関連があるのではないかと思ったいた時、細川の秘書がイタリア大使館でのパーティに出席した際のデジカメにある衝撃的な事実が。

なんとイツワ電器と担当者とつながっていて、そして金銭のやり取りもあったのだ。

この事実により青島製作所は、融資打ち切りがなくなり危機を脱した。

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の2話予告、あらすじ

メインバンクである白水銀行の林田融資課長の不正を追及し、銀行から突如突き付けられていた融資の取り止めを撤回させて続投を認めさせた細川(唐沢寿明)。

だがその一方で大口の取引先であるジャパニクスの諸田社長(香川照之)から提示されていた8割もの減産調整と値下げの要求はライバル会社のイツワ電器への乗換えを示唆された為、細川は苦渋の中、要求を受け入れる。

この厳しい条件を飲むことにより、当然、青島製作所の業績は赤字の可能性が高まり、細川は会社を再建するため、手始めに派遣社員の約8割を解雇するという本格的なリストラの敢行を役員たちに宣言する。

人事課を預かる総務部長兼野球部長の三上(石丸幹二)は、細川からリストラの責任者を命じられ、情を挟まず会社の事情だけを最優先させたリストラを遂行するよう煽られる。

そんな中、ある日細川のもとにイツワ電器から一通の封書が届く。中身はなんと青島製作所が開発してきたイメージセンサーのカラーフィルターが、イツワ電器の実用新案権を侵害したという訴状で、イツワ電器は青島製作所に対し商品の販売差し止めと損害賠償として200億円を請求してくる。

イツワ電器からの予期せぬ攻撃に細川をはじめ役員たちはみな殺気立つが…。

一方、青島製作所野球部では社内の野球大会で誰もが息を呑むようなズバ抜けた投球を披露した製造部梱包配送課の契約社員・沖原和也(工藤阿須加)に強い関心と注目が集まっていた。

沖原が甲子園の常連校の野球部に所属していたと知った野球部のマネージャーである古賀(高橋和也)とキャプテンの井坂(須田邦裕)は早速、沖原を野球部へ入部するよう勧誘するのだが…。

ad

関連記事

ドラマ”隠蔽捜査”第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ 。ドラマ”隠蔽捜査”視聴率の推移

ドラマ”隠蔽捜査”の ・ドラマ”隠蔽捜査”が第4話視聴率、感想 ・ドラマ”隠蔽捜査”視聴率の経緯

記事を読む

日曜劇場下町ロケット。池井戸潤さん作品昨年は”ルーズヴェルト・ゲーム”。今回も特許、買収がキーワードです。

池井戸潤さんの作品下町ロケットの放送が開始されました。 昨年は同じ時間帯で日曜劇場ドラマ”ルー

記事を読む

2013年4月~6月ドラマ視聴率総集編。TOP3 「ガリレオ」「ラスト・シンデレラ」「35歳の高校生」福山雅治さん、篠原涼子さん、米倉涼子さんなど視聴率のキーマンが主演に。

2013年4月~6月ドラマ視聴率TOP3を公開します。 この時期から視聴率の転換期になりました

記事を読む

TBSドラマ「S-最後の警官-」。キャスト、エキストラは、向井理さん、綾野剛さん、土屋アンナさん、大森南朋さんなど豪華メンバー。主題歌はMISIAの最新曲「僕はペガサス君はポラリス」。第1話あらすじ、ネタバレ。映画化も決定。

日曜劇場、日曜9時から「S-最後の警官-」が始まります。主演は綾野剛さんと 向井理さんの2人のイケ

記事を読む

ドラマ若者たち20143話視聴率、感想、あらすじ。4話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者。父親の死の真相が

本文(ドラマ”若者たち2014”に関する)内容 ・ドラマ”若者たち2014”3話視聴率、感想 ・

記事を読む

エンジェルハート。2話シティーハンターの冴羽獠が産まれた理由

エンジェルハート2話、3話まとめ ・エンジェルハート2話視聴率、感想、動画 ・エンジェルハート3

記事を読む

ドラマ”続最後から二番目の恋”の8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。典子のもとに広行が戻ってくる。千明と薫子と和平は。。。

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

2014年春のドラマ視聴率、評判ランキング。視聴率1位は”花咲舞が黙ってない”。お勧め、注目1位は”The long goodbye(ロンググッドバイ)”上昇中は”border(ボーダー)”

2014年春のドラマ視聴率ランキング(5月8日現在) 2014年春のドラマでの視聴率ランキングは

記事を読む

キャスト嵐松本潤さん、石原さとみさん主演月9ドラマ原作が漫画の”失恋ショコラティエ”第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。主題歌嵐”Bittersweet”

嵐松本潤さん主演月9ドラマ”失恋ショコラティエ”の第3話が放送されました。 月9ドラマ”失恋ショコ

記事を読む

キャスト 水谷豊さん、成宮寛貴さん”相棒12”第13話視聴率、あらすじ、感想をお伝えします。第14話予告、ネタバレ。元旦スペシャルの視聴率は?

水谷豊さん主演「相棒」シーズン12の第13話が放送されました。相棒は秋のドラマから冬のドラマと半年放

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑