最終話更新。ゴーストライター全話及び3話あらすじ、感想、視聴率。4話予告、中谷美紀さん水川あさみさん出演、主題歌はandrop

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 テレビ 視聴率, ゴーストライター


ゴーストライターの放送が始まりました。久しぶり中谷美紀さん主演作品です。
ゴーストライター最終話、全話あらすじ、視聴率はこちら
ゴーストライター8話はあらすじ、視聴率、感想はこちら
・ゴーストライター3話視聴率、感想
・ゴーストライター3話あらすじ
・ゴーストライター4話予告あらすじ、ネタバレ
・ゴーストライター原作、脚本、放送日
・ゴーストライター主題歌
・ゴーストライター出演者
・ゴーストライター過去のあらすじ、視聴率
公開します。

ゴーストライター3話視聴率、感想

ゴーストライター3話が、放送されました。視聴率は8.7%でした。
ゴーストライター2話視聴率は9.2%でした。

ゴーストライター3話の感想は、

ゴーストライター3話あらすじ

川原の才能を見抜いて開花させたと思っていた遠野リサ。

川原がプロット(概要)を書いて、リサが内容を付け加える。

この秘密は、川原、リサ、秘書、神崎編集長4人しか知らない秘密。

そんな中小田が、神崎に
以前本にしたい作品があり、その作品が川原のもの”だと話したときに
”見ておく”という。その作品は”二番目のわたしへ”

意外な回答に小田が驚いた。

神崎はその時、川原に会うことを決める。
そして神崎は川原に
”小説を書くために結婚もあきらめたのだろう。”
”プロットばかり書いてても。。自分で書いてみたらどうだ”
という。

そして川原は、リサに出したプロットをもとに自分で小説を書いてみる。

神崎は、リサの下に川原の作品を持っていく。そしてリサに
”一時書くのをやめてみないか”という。

神崎は、川原にリサのゴーストライターになることを提案する

そして川原は承諾する。

テレビ局内で偶然リサは、向井に出会う。
向井とリサは、新人賞をとったライバルだった。しかし向井は、10年間業界から離れていた。エッセイという形で本を出すことに。

社会にリサの名前で、川原の作品が出ることに。
非常に評判がよかった

川原は、リサから豪華なマンションを与えられて、予想以上の給与も振り込まれていた。
しかし、困惑する川原。

川原は、神崎を訪ねた。
”いつまで、先生のゴーストライターをすればいのか?”と聞くと
”君の事は考えている”
神崎は
君の書いた”二番目のわたしへ”を小説を、本にする。
という。
その代わり、リサの連載をこれからもよろしく。
といわれて川原は、戸惑いながら承諾した。

そして神崎は、3000部本にすることに。

リサは、ライバルであった向井との対談を行うことに。
リサは、川原の書いた小説を自分が書いたように話している姿に川原は困惑と怒りも覚えていた。

そんな中、リサに原稿を持ってきた川原。
”私を育ててるんじゃなくて、利用してるんじゃないですか!”という。
その時リサは、
”利用しているのは、あなたじゃないの?”という。

川原が本を出すことを知っていた。リサは
あなたの名前で出せば本は3000部。私の名前で出せば20万部。そして本屋で平積むされる。

リサは、川原を利用した。
しかし、リサはまだ川原の恐ろしさを知らなかった。

ゴーストライター4話予告あらすじ、ネタバレ

 いまやリサ(中谷美紀)が抱えている連載小説3本は、すべて由樹(水川あさみ)が書くようになっていた。

神崎(田中哲司)から映画の原作小説はどうするのかと問われたリサは、せめてそれだけは自分で書きたいと申し出る。

 由樹が自らの名前で出した小説「二番目のわたしへ」のほとんどが駿峰社へ返本されてきた。

努めて明るく振る舞う由樹に、小田(三浦翔平)は、最初は誰でもこんなものだと励ましの言葉をかける。

一方、真奈美(菜々緒)は、最近のリサの作風と、「二番目のわたし」が似ている、と言い出し、由樹の反応をうかがっていた。

 リサのサイン会で書店へ来た由樹は、本当は自分が書いた小説がベストセラーコーナーに積み上げられているのをじっと見つめる。リサは、そんな由樹に、私たちは共犯者だと告げた。

 常務室に呼び出された神崎は、鳥飼(石橋凌)から映画原作の遅れを指摘される。

由樹ではなくリサに書かせようとしている神崎の意図に気付き苦笑いする鳥飼。神崎は、映画は必ず大ヒットさせる、とだけ鳥飼に返す。

 リサのもとを訪れた神崎は、映画原作の進行具合を尋ねる。

まだタイトルだけしか決まっていないと知った神崎は、もうこれ以上待たせるわけにはいかない状況だと、リサに告げ…

ゴーストライターホームページ引用

ゴーストライター原作、脚本、放送日

ゴーストライター原作、脚本は、橋部敦子さんです。

放送日は、毎週火曜日21時です。

ゴーストライター主題歌

ゴーストライターは、andropGhostです。

ゴーストライター出演者

主人公
・遠野 リサ:中谷美紀さん

・田浦 美鈴:キムラ緑子さん 遠野の秘書
・川原 由樹:水川あさみさん 後に遠野のゴーストライターとなる
・小田 楓人:三浦翔平さん 川原の実力を認める
・塚田 真奈美:菜々緒さん
・岡野 慎也:羽場裕一さん
・坪田 智行:水橋研二さん
・遠野 大樹:高杉真宙さん

ゴーストライター過去のあらすじ、視聴率、感想

・ゴーストライター2話あらすじ、視聴率

・ゴーストライター1話あらすじ、視聴率

ad

関連記事

きょうは会社休みます最終回(10話)あらすじ、視聴率、感想、まとめ。原作、主題歌、出演者。花笑は最後に田之倉を選ぶことに。

本文(”きょうは会社休みます”に関する)まとめ ・きょうは会社休みます最終回(10話)視聴率、感想

記事を読む

ドラマ「戦力外捜査官」第6話視聴率、感想、あらすじ。第7話予告、ネタバレ。キャストはEXILEのTAKAHIROさん、武井咲さんなど。

ドラマ「戦力外捜査官」本分サマリー(要約) ・ドラマ「戦力外捜査官」第6話視聴率、感想 ・ドラマ

記事を読む

視聴率ランキングドラマベスト3(2014年3月2日最新速報)。”僕のいた時間”と”明日、ママがいない”視聴率は?。 NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”、大河ドラマ”軍師官兵衛”視聴率公開

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”人は、三度、恋をする”最終話視聴率、あらすじ、感想、まとめ、総括。挿入歌、キャスト、出演者。4人はお互いそれぞれの道を歩む。

本文(井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”に関する)内容

記事を読む

軍師官兵衛40話あらすじ、視聴率、感想。41話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者。官兵衛は北条を説得させることに。

本文( NHK大河ドラマ軍師官兵衛に関する)内容 ・NHK大河ドラマ軍師官兵衛40話視聴率、感想

記事を読む

no image

ドラマ”隠蔽捜査”TBS9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ 。上条は潜入捜査を隠蔽できたのか?

ドラマ”隠蔽捜査”9話が放送されました。竜崎と伊丹は上条を追い詰められたのでしょうか? ドラマ

記事を読む

視聴率ランキングドラマベスト3(2014年2月13日最新速報)。”明日、ママがいない”、”僕のいた時間”、”失恋ショコラティエ”は? NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”大河ドラマ”軍師官兵衛”視聴率推移?

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

きょうは会社休みます3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。原作、主題歌、出演者公開。花笑が田之倉が部屋の合鍵を。

本文(”きょうは会社休みます”に関する)まとめ ・きょうは会社休みます3話視聴率、感想 ・きょう

記事を読む

視聴率更新。恋仲7話視聴率、あらすじ、感想、動画。翔太が再びあかりに告白。8話予告。

福士蒼汰さん、本田翼さん 出演月曜9時ドラマ恋仲 ・7話視聴率、感想、動画 ・7話あらすじ

記事を読む

視聴率更新。ワイルド・ヒーローズ6話あらすじ、視聴率、感想、7話予告。EXILEメンバーが出演。希一が狙われたデータを持ってダムに飛び込む

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ6話 ・ワイルド・ヒーローズ6話視聴率、

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑