ドラマ”明日、ママがいない”第4話視聴率、感想、あらすじ。スポンサー8社のCM放送されず。第5話予告、ネタバレ。子役演技と、ロッカーと水沢の恋の行方は?日本テレビの謝罪文内容。

ドラマ「明日、ママがいない」の
・ドラマ「明日、ママがいない」第4話視聴率、内容、感想
・ドラマ「明日、ママがいない」視聴率の推移
・ドラマ「明日、ママがいない」第4話あらすじ、内容
・ドラマ「明日、ママがいない」第5話予告・ネタバレ
・ドラマ「明日、ママがいない」に対する養護施設などからの抗議への謝罪内容”
・ドラマ”明日、ママがいない” の過去の記事”
を紹介します。


ドラマ「明日、ママがいない」の第4話が放送されました。日本テレビも養護施設等に配慮したのか、やや内容がマイルドになっていたかと思います。

ドラマ「明日、ママがいない」第4話視聴率、感想

ドラマ「明日、ママがいない」第4話視聴率が発表されました。13.1%となりました。第3話の視聴率15.0%に対して約2%下落しました。

第4話の感想としては、ポストが母親みたいに振舞っていてもまだまだ子供っぽいところもあり、逆に大人みたいに気を使うとこがあったりと非常に人間味のある演技で面白かったと思います。

ドラマ「明日、ママがいない」視聴率の推移

ドラマ「明日、ママがいない」視聴率の推移
第1話 14.0%
第2話 13.5%
第3話 15.0%
第4話 13.1%

と第4話に関して視聴率が急に下落しました。番組に対する様々な問題があったので視聴率が下がってもおかしくないと思います。
ただ個人的に、番組に対する抗議があったせいなのかややドラマがマイルドになっていたように感じます。

ドラマ「明日、ママがいない」第4話あらすじ、内容

コガモの家でひとり里親に夢見て妄想している”ボンビ”。いつもアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのような理想の夫婦のこと妄想する。そしてお父さんお母さんは、今凄く貧乏だからお金持ちになって迎えに来てくれると待っている。

そんな中、佐々木は”ボンビ”に対して”現実をみるように”と、里親のお試しに行くように命じた。

そしてお試しにいったのだが、夕食時にいきなり失神する。。

”ボンビ”は結局こがもの家に戻ることに。ドンキは”ボンビ”に現実をみるために父親、母親に一度会わせた方がいいと佐々木に進言する。しかし、それはできないという。

つまり”ボンビ”の両親は、災害にあって今も今も遺体があがってないのだ。

ポストは、”ボンビ”が失神した理由を探しに、最初ボンビがお試しにいった里親の下へ向かう。しかし何もわからなかった。その後”ボンビ”の実家へ向かい、ボンビの失神した理由を、ボンビの親戚にあえることに。

ポストは、ボンビの母親の妹にあうこととなる。そこでポストは、
”なぜ、ボンビをひきとらないか”と追求する。しかし話がこじれるため外に出される。その時太めにした風景が、ボンビがいった里親の風景とかさなった。

ボンビは里親のお試しで、父親が炊飯器から直接ご飯をよそう姿で父親と母親のことを思い出したのである。

その後コガモの家にもどり、食事をしている中電気が切れて”ボンビ”の母親が現れる。そしてボンビは両親が死んだことをうけいれる。
この演出を実は佐々木が行ったのだ。佐々木は口ではいろいろいうが、根は優しいのかもしれない。

そして最後にボンビのお墓に、佐々木が子供たちをつれて向かう。

ボンビの実家へ向かうことになったとき、ポストは水沢とロッカーを連れて行く。ボンビの気遣いである。そして旅館では2人の仲が..

ドラマ「明日、ママがいない」第5話予告・ネタバレ

ピアノへの情熱を抱き、いつも学校の音楽室でピアノを弾いているピア美。よく練習にポストたちが付き合わされる。

ある日見知らぬ女性に声をかけられる、一度ピアノを聞かせてほしいと頼まれる。そこでピア美は快諾し、ピアノを弾き始める。

そしてある日音楽の先生から日本で一番有名なピアノコンクールの予選に出場しないかと誘われる。というのも先日ピア美に演奏を聞かせてほしいと頼んだ女性は、音楽大学の教授・みどりだったのだ。

そのコンクールの審査員を務めるみどりがピア美のピアノを気に入り、コンクールに推薦してくれるのだという。

ピア美は喜んで音楽室に忍び込んで練習する。そしてポストはいつものように付き合わされる目に。じつはピア美はコンクールの出場したら実の父親が見に来てくれるかもしれないと期待しているのだ。

ポストはピア美から父親の写真をみせられ、コンクール当日ピア美の父を探すのだが。。

そんな中パチは、里親の候補の山口という夫婦の家へ向かう。温かく迎える山口夫婦。しかしパチはなぜか元気がない。。。

ドンキはドンキで、以前断った川島と美鈴夫婦の家へ再び“お試し”に行くことになった。喜ぶドンキだったが。。

ドラマ「明日、ママがいない」に対する養護施設などからの抗議への謝罪

ドラマ「明日、ママがいない」に対して、養護施設、赤ちゃんポストをせっちする熊本の慈恵病院、全国児童養護施設協議会などから抗議がおき、また番組を見た若者がリストカットした事例まで報告され、田村憲久・厚生労働相も2月3日に”影響を調査したい”と発言するなど波紋を呼んでいた。

本ドラマは、子どもたちが厳しい境遇に立ち向かいながら、前向きに愛情をつかむ姿を描くことをテーマに企画されたもので、そのことは、本ドラマを見続けていただければ必ずやご理解いただけるものと考えております。また制作にあたっては、児童養護施設の施設長を経験された専門家に監修をお願いするなどの配慮をいたしておりました。
しかしながら、貴協議会が1月29日付書状等においてご指摘されるように、本ドラマを視聴した施設の子どもたちが傷ついたり、同書状別紙の実態アンケートに記載されたような事実が存在するのであるならば、もとより本ドラマの意図するところではありませんが、そのような結果について重く受けとめるとともに、衷心より子どもたちにお詫び申し上げます。 日本テレビ 全国児童養護施設協議会に回答 抜粋

 元来、弊社の本ドラマ制作のテーマは最初に述べさせていただいたとおりであります。貴協議会のご活動と、方向性において異なるものではないと考えております。ストーリーは、当初の構想に従って展開致します。また、細部において誤解を生むようなことがないよう、細心の注意を払ってまいる所存ですので、改めてこのドラマを最後までご覧になって頂きたく存じます。

弊社は報道番組などさまざまな番組を通じて、児童養護施設の問題に真摯に向き合い取り組んでおります。今後とも貴協議会の一層のご協力を賜りますようお願い申し上げます。日本テレビ 全国児童養護施設協議会に回答 抜粋

しかし、日本テレビも放送、放送の自由として
”ストーリーは、当初の構想に従って展開致します。”とのべている事に関しては、テレビ局の意思を感じます。

現在第4話もスポンサー8社のCMは流れなかったのですが、頑張ってドラマをつずけてほしいです。ただできる限りの配慮は行っていただきたいものです。

ドラマ”明日、ママがいない” の過去の記事

児童養護施設を描いた日本テレビドラマ「明日、ママがいない」打ち切り問題が発生した経緯。自粛スポンサーは花王、スバルなど8社。ドラマキャストなどから擁護のコメント。

児童養護施設を描いた芦田愛菜さん主演、日本テレビドラマ「明日、ママがいない」第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。打ち切りの噂も。キャストは非常にいいです。

視聴率好調なドラマ”明日、ママがいない”児童養護施設関連から抗議で新たに2社がスポンサー見送りこれで5社目。放送打ち切りも。。番組感想ではキャスト芦田愛菜さん、パチが可愛いと評判。

児童養護施設関連からの抗議で、スポンサー3社が自粛した芦田愛菜さん主演ドラマ”明日、ママがいない” 。打ち切り、中止の可能性。その経緯や抗議の詳細は。第2話視聴率あらすじ。第3話ネタバレ。それにしても 子役の演技力は凄いですね。


主題歌コトリンゴの「誰か私を」、主役子役芦田愛菜さんドラマ ”明日、ママがいない”が養護施設から抗議を受けて中止,打ち切りの危機。しかし日本テレビはドラマ継続を表明。視聴率もいいドラマですが、ただ個人的感想として”あだ名”は。

ドラマ”明日、ママがいない” 芦田愛菜さん含め子役が大活躍。視聴率も14.0%と好調。第1話、第2話あらすじ、ネタバレ。テレビ放送後養護施設から抗議発生。ドラマ感想も様々な意見が。放送中止の可能性も

水曜10時から”明日、ママがいない”で芦田愛菜主演。子役エキストラ、キャストでは城田優さんなども参加。主題歌は?

ad

関連記事

ドラマ”ホワイト・ラボ”1話あらすじ、感想、視聴率、原作。2話あらすじ(予告)。死んだはずの教授が。。。

本文(ドラマ”ホワイト・ラボ”に関して)サマリー(目次) ・ドラマ”ホワイト・ラボ”の原作、主題歌

記事を読む

ドラマ”夜のせんせい”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。

ドラマ”夜のせんせい”本文サマリー(要約) ・ドラマ”夜のせんせい”7話の視聴率、感想 ・ドラマ

記事を読む

山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開します

本文( 山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”に関する)内容 ・ドラマ”金田一少

記事を読む

軍師官兵衛40話あらすじ、視聴率、感想。41話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者。官兵衛は北条を説得させることに。

本文( NHK大河ドラマ軍師官兵衛に関する)内容 ・NHK大河ドラマ軍師官兵衛40話視聴率、感想

記事を読む

更新長崎のお勧めのお店。長崎ランタンフェスティバル2016。開催スケジュール、イベント、会場日程公開。渋滞対策、お勧めイベント、観光地も公開。移動は路面電車がお勧めです。

2016年長崎で”ランタンフェスティバル”が、今年も開催されます。 ・更新長崎ランタンフェスティバ

記事を読む

探偵の探偵最終話死神の死す、あらすじ。視聴率、感想、動画。なぜ視聴率が伸びなかったのか。

北川景子さん、川口春奈さん出演探偵の探偵 ・最終話視聴率、感想、動画 ・最終話あらすじ ・最終

記事を読む

2013年1月~3月ドラマ視聴率総集編。TOP3 「とんび」「最高の離婚」「夜行観覧車」

2013年今年は”視聴率”という言葉が一つは流行語だったと思います。 ”じぇじぇじぇ””倍返し”な

記事を読む

ドラマ”ホワイト・ラボ”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。一之瀬が誘拐?

本文(ドラマ”ホワイト・ラボ”に関して)サマリー(目次) ・ドラマ”ホワイト・ラボ”5話視聴率、感

記事を読む

視聴率更新。ようこそ、わが家へ6話あらすじ、視聴率、感想、7話予告。名無しさんに健太が刺される

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ6話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

「THE MANZAI」の会見が矢部浩之さんと青木裕子夫人の妊娠の話に、岡村さんが途中で「THE MANZAI」の話を。。とつっこみを

昨年12月も行われた 「日清食品 THE MANZAI 2013 年間最強漫才師決定 トーナメン

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑