2045年問題人類の脅威。ムーアの法則、収穫加速の法則などから予想されAI(人工知能)が人間を超える。AIから支配されるターミネーターの世界?

公開日: : 最終更新日:2015/09/06 社会, 2045年問題

本文(2045年問題に関する)サマリー(要約)

・2045年問題とは
・ナノテクノロジー脅威
・2045年問題提起を行った映画の代表作
・2045年問題への対策
・2045年問題のまとめ
を公開します。ご覧ください。
2045年問題に関する記事
スパースモデリングが医療などの技術を進化させて、より便利な社会に。反面人間を超越する能力を身につけるコンピューター。2045年の危機が近づく。

2045年問題とは

現実的な人類の問題としていわれていることがあります。
それは2045年問題です。

2045年問題とは、AI(人工知能)が知識・知能の点で人間を超えてしまう年と呼ばれている。また感情も人間より人間ぽくなるといわれています。

人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術を指す。
wikipediaより引用


なぜ、2045年かというと技術的特異点が2045年といわれているからです。

技術的特異点(ぎじゅつてきとくいてん、Technological Singularity)とは、未来研究において、正確かつ信頼できる、人類の技術開発の歴史から推測され得る未来モデルの限界点を指す。
wikipediaより引用

2045年という数の特定には
・ムーアの法則
・収穫加速の法則
2つの法則をもとに推測されています。

ムーアの法則は、インテルの創業者ゴードン・ムーアが講演、論文による内容をもとに作られたもので、
集積回路上のトランジスタ数は「18か月(=1.5年)ごとに倍になる
というものです。

収穫加速の法則とは、アメリカの発明家レイ・カーツワイルが提言する考えで

収穫加速の法則とは、一つの重要な発明は他の発明と結びつき、次の重要な発明の登場までの期間を短縮し、イノベーションの速度を加速することにより、科学技術は直線グラフ的ではなく指数関数的に進歩する
wikipediaより引用

というものです。

ムーアの法則は、限界といわれながらその壁を乗り越え法則は現在でも
継続しています。

2つの法則を参考として数々の学者が、2045年ごろに人間の脳の能力をコンピューターが超えるということを提言しています
技術的特異点は近い”

ナノテクノロジー脅威

AIが人間を凌駕するよりも、ナノテクノロジーの技術革新が人類の脅威という人もいます。AIを作り出す中で半導体の縮小化が必要で、その際にナノテクノロジー必須なテクノロジーです。

つまり人類はナノテクノロジーを制すれば、おのずとAIの脅威も制御できるということです

逆説的にいうと、ナノテクノロジーを制しなければ、AIの脅威からのがれることができない
というものです。

ナノテクノロジーとは

ナノという言葉、これは長さの単位で使われており“10億分の1”という意味です。
例  ナノメートル⇒10億分の1メートル
ナノの世界は、原子、分子レベルの単位でその中で自在に制御できる技術をナノテクノロジーと言われます。
産業技術総合研究所のHP参照

2045年問題提起を行った映画の代表作
最近の映画では2045年問題を意識したわけではないのですが、結果的に2045年問題提起した映画は多くあります。

代表作としては”ターミネーター”シリーズで、スカイネットと呼ばれるAIが人よりも上位の地位に立ち支配するという物語です。

その他には、”マトリックス”そしてスピルバーグの”A.I.”は、まさに技術的特異点後の世界を描いているように感じます。

後最近の映画でも表現されていますが、人間がなくなったときにその人間の脳をAIと同様に埋め込むと、その人物は、第2の不死身な人生が始まるというものもあります。

2045年問題への対策

2045年の問題に対して、アメリカ国防総省も問題視し対策を練っていることは有名な話です。

その他には2045年問題に対する人材を育てるために、グーグル創業者ラリー・ペイジが参加する大学も設立されています。

2045年問題のまとめ

現実的な問題として、2045年問題に2045年が発生するどうかは別としてAIが人間の能力を超えることは、今世紀中には間違いなく起こると思われます

その時人間がAIに対する主導権をもてるかどうか、これが重要な問題となります。

そしてAIは、人間を騙し人間に主導権をゆだねたかのように見せかけて実際は人間に対して主導権を持っているとするならば、その世界は
”ターミネーター”と同様な世界になることでしょう。

なぜAIが、人類の主導権をとる可能性があるのかというと
AIから見れば人間は、欲におぼれた愚かな生物としか見えないからです

2045年問題への対策に関して、まだ対応できていないのが現実です。
・”AIが人間を支配するのか
・”AIを人間が支配できるのか
・”AIと人間が共存できるのか

技術的特異点になった、その時がこなければわかりませんが。

もしAIが人間を支配したとしたとき、人間の中で革命がおこり
”人類対AI軍団”
の戦いが始まるかも知れません。”ターミネーター”の映画のように。

そして世界はアナーキーとなるでしょう

様々な学者が2045年問題の対策の提起として
・”火星移住計画
人間の直観力、過去に存在していた人間の能力
 ・超能力(予知能力など)
 ・直感力
などいわれています。まるでSFの世界ですが、これは現実です。

今後私達は、SFのような世界の中現実を直視し立ち向かっていかなければならない、今よりもっと困難な世界を生きていくことになるのかもしれません。

ad

関連記事

福岡、長崎など九州のクリスマスイルミネーション、クリスマスツリー。お勧めはハウステンボス、ベイサイド、稲佐山など。

九州地区のクリスマスイルミネーション、クリスマスツリーに関して ・福岡のクリスマスイルミネーション

記事を読む

東急コミュニティーが管理しているマンション住人情報を紛失。

2014年3月25日に株式会社東急コミュニティーは、マンション管理業務を受託しているマンションの住居

記事を読む

2013年紅白歌合戦出演者及び 曲目決まる。 AKB、嵐など9組メドレー歌う。

大晦日の紅白歌合戦の出場者が発表され、倖田來未さんが落選したり、SEKAI NO OWARIが落選し

記事を読む

2014年”桜”開花予想時期、花見の名所、場所、ランキングを公開します。梅の名所も同時に公開します。(中国、四国)

中国、四国の開花、花見、名所サマリー(要約) ・2014年中国、四国”桜”開花時期予想、名所 ・

記事を読む

もう年の瀬?2013ユーキャン新語・流行語大賞流行語大賞候補50語発表。じぇじぇ、倍返し、今でしょうなど。ふなっしーは?

そろそろ年の瀬になりました。 今年も流行語大賞のノミネート作品が発表されました。 今年は結構

記事を読む

速報 伝説(レジェンド)のドライバー、モナコマイスターの元F1ドライバーミハエル・シューマッハさんがスキーで頭部を打ち危篤状態。ヘルメットは装着していたが頭部の外傷が酷い模様。ミヒャエル・シューマッハは病院搬送中に昏睡状態に。

緊急速報です。元F1ドライバー通算7度のワールドチャンピオンに輝いたヒャエル・シューマッハーさんが意

記事を読む

小保方晴子さん”STAP細胞の発見、作成”で記者会見を。会見時の指輪、経歴、小保方さんの可愛らしさに注目

STAP細胞を作成したことで有名になった小保方 晴子さん。 理化学研究所発生・再生科学総合研究セン

記事を読む

スカパーシステム障害及び個人情報漏洩事故に関する検証。いつの間にかスカパーのホームページから事故のプレス記事が削除されています。

スカパーJSAT株式会社が顧客管理システムの不具合による個人情報漏洩事故に関する情報の公開を行います

記事を読む

クリスマスイルミネーション・夜景の場所をご案内します。お台場から神戸のモザイクなど。。ご参考に

今年もクリスマスが迫っています。 今年は家で過ごしますか?外で過ごしますか? ちなみに私は今

記事を読む

長崎ランタンフェスティバル2014の日程、お勧め場所、会場、グルメ、イベント、駐車場をご紹介します。

”長崎ランタンフェスティバル”のサマリ(要約) ・”長崎ランタンフェスティバル”イベント場所 ・

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑