最新情報。株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩事件。漏洩事件犯人判明。正確な漏洩数。事故後の対応。

公開日: : 社会, 個人情報, 流失, 管理

株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩事故最新情報

・株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に対するポリシー
・株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に関する最新情報
・株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に関する顧客に対する謝罪及び対応
・情報漏えい者に対する対応
・株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に関する考察

株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に対するポリシー

株式会社ベネッセホールディングスは、個人情報漏洩に対するポリシーが公表されています。
※ポリシーを、”「ベネッセお客様本部」がとりくむこと”と非常にわかりやすい表現にされています。

「ベネッセお客様本部」がとりくむこと

・漏えいした個人情報の拡散防止・悪用抑止活動にとりくみます。
・今回の漏えいに関連した不審な勧誘など、お客様のお困りごとに個別に対応いたします。
・ベネッセでお預かりしているお客様の個人情報の利用停止・消去など、ご要望にお応えします。

顧客に対して会社の方針を真っ先に示しています。しかもわかりやすい表現で。

顧客に合わせた表現方法活用を行う。参考すべき点です

株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に関する最新情報

事故の内容

株式会社ベネッセコーポレーションのシステム開発・運用を行って
いるグループ会社、株式会社シンフォームの業務委託先の元社員が、弊社お客様の大切な情報を不正に持ち出し、名簿事業者に売却した

第三者委員会の設置

・小林英明弁護士を委員長とする外部の専門家と共に徹底した事実調査・原因究明を行う。

情報漏えい件数

・約3,504万件
3社の名簿事業者に売却実際は約2,895万件

情報漏えい内容
サービス登録者
・お名前
・性別
・生年月日
・登録いただいていた保護者様またはお子様のお名前、性別、生年月日、続柄
・郵便番号
・ご住所
・電話番号
・FAX番号
・出産予定日
・メールアドレス

不正持ち出しの経緯と原因

外部からのセキュリティ、監査を実施していたが内部からのセキュリティには不備があった。(性善説)

調査結果

事故の要因
・自社の情報セキュリティの過信
・ITリテラシー不足。
・企業風土の起因による甘さ

具体的要因
・外部記憶装置へのデータ書き込み制限の不具合
外部記憶装置へのデータ書き出し制限についてのシステム導入をしていたが、システムのバージョンアップの際に一部特定新機種スマートフォンへの書き出し制御機能に対応しないまま運用されていた
データベースのアラート機能設定の不備
定期モニタリングの不備

再発防止策
・アクセス権限の見直し、必要最小限の担当者への付与、パスワード管理強化
・端末へのダウンロード監督者の設置
・大量データをダウンロードする際のアラート機能の設置
・業務端末における外部記録媒体との接続禁止措置
・アクセスログの監視設定の強化(定期チェック)
・執務スペースへの私物である電子機器、記録媒体の持ち込み禁止、監視カメラの導入
・データベースの管理をグループ企業から本社管理に移行
・データの保守・運用は、株式会社ベネッセホールディングスと情報セキュリティ企業である株式会社ラック合弁会社
・データベースの保守・運用業務の外部委託を行わない。

株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に関する顧客に対する謝罪及び対応

情報漏えいした顧客に対しお詫びの品を提示
・500円分の金券(電子マネーギフトまたは全国共通図書カード)
・「ベネッセこども基金」へのご寄付500円
・財団法人「ベネッセこども基金」設立
未来ある子どもたちへの支援や子どもたちが安心して学習に取り組める環境の確保などを目的

情報漏えい者に対する対応
業務委託先の元社員が、不正競争防止法違反で東京地方検察庁立川支部により、東京地方裁判所立川支部に起訴されました。

株式会社ベネッセホールディングス個人情報漏洩に関する考察

今回の個人情報漏洩に対して
・ポリシーの作成
・迅速な情報公開
・原因の調査の迅速さ
・原因に対する対応の早さ
において、非常に評価できるものだと思います。

今までの企業でここまで大規模に対策を迅速にとった企業は、ジャパネットタカタぐらいだと思います。

ジャパネットタカタは率先した、高田社長の手腕によるものですが、今回も株式会社ベネッセホールディング会長の手腕によるものだと思います

セキュリティ対策が性善説での対応だったことは、企業風土らしさを感じます。しかし今回のことで性悪説での対応となるのが多少悲しく感じます

現在の情報セキュリティは性悪説の元に作成されているのですからしょうがないのですが。

しかし、謝罪に対する500円という値段が、個人的に疑問に思います。ソフトバンクの情報漏えい以来、500円という金額が一般化しそれが基準となっています。

500円の金額の妥当性について新たな議論が、今後必要だと思います

情報漏えい者に対して、不正競争防止法での訴訟ということで現在の情報漏えい事件で、一番使用される法律です
他の法律による処罰よりも一番重くなっています。

ただ民事の訴訟はまた別に行われる可能性もあります。

逆に情報漏えいされた側からの訴訟も発生する可能性もあります。
後個人的注目は、日本版クラス・アクション法(消費者団体訴訟法)が利用されるかということです。

尚クラス・アクション法(消費者団体訴訟法)に関しては、後日記事として作成予定です。

ad

関連記事

三菱UFJニコス会員専用WEBサービスへの不正アクセスで、894名の登録情報が不正閲覧、個人情報漏洩

本文(ネットバンキングに係る被害の防止)サマリー ・三菱UFJニコス会員専用WEBサービス不正アク

記事を読む

長崎ランタンフェスティバル2014年日程、時間は?ランタンの意味は?混雑日程、混雑時間、おすすめホテル、お店紹紹介します。日帰り、ハウステンボスなどのツアーは?

1月31日から始まった”長崎ランタンフェスティバル”が1月31日から2月14日の日程で行われます。

記事を読む

2013年ユーキャン流行語大賞 50選ノミネート。大賞は「倍返し」「じぇじぇじぇ」「今でしょ」「お・も・て・な・し」4者同時受賞

先日「流行語大賞」で50が選定されました。 今年は多くの流行語がうまれ、審査にも困難を よう

記事を読む

「インフルエンザ」の現在の流行地域と年齢は?予防接種の回数は?タミフルの副作用は? 潜伏期間は?

現在大寒波がおきていますが、これに関して3寒波型によるものでアメリカ、日本、ヨールッパ等で猛威を振る

記事を読む

インフルエンザ2014年4月状況。感染数、感染状況含め流行は終わり、20万人@週となりました。今からは重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、マダニに注意です。

本文(2014年第17週 (4月21日~4月27日))サマリー(要約) ・夏に向けて注意べき感染症

記事を読む

マイナンバーで不安になる個人情報。そもそも個人情報とは何なのでしょう

最近また個人情報の漏えい事故が増えています 年金個人情報流出問題 ・日本年金機構の個人情報流出問

記事を読む

インフルエンザ2014年第5週感染者増加。子供の脳症にも注意。 予防、症状、潜伏期間など基本情報は本文内のサイトで公開。

インフルエンザに関する本文サマリー(要約) ・インフルエンザニュース 子供の脳症に注意 ・イン

記事を読む

高速増殖炉もんじゅ。動画再生ソフト更新中にウイルス感染。不正アクセスを受け(IPアドレスは韓国)情報漏えい事故。 動画再生ソフトはGOMPLAYERの可能性?サイバーテロのリスクももっと政府は考えるべき。

あまり広まっていないのですが、日本原子力研究開発機構が1月6日に発表していますが ”福井県敦賀

記事を読む

2015年関東地区花火大会東京、横浜、千葉、埼玉、群馬。お勧め、場所、時間、打ち上げ数、有料席、場所、アクセス

2015年花火大会関東地区 ・東京 ・神奈川 ・千葉 ・埼玉 ・群馬 を公開します。

記事を読む

老人ホームに関する高齢者向けの電話による詐欺事件多発。利用されているのは不正に入手された個人情報。手口。対処法。電話の最初の対応が重要。

高齢者向けの電話による詐欺事件 近年の詐欺事件おれおれ詐欺などで高齢者を狙った事件が後を絶ちません

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑