最終話視聴率更新。瞬間視聴率20%を超える。天皇の料理番(てんのうのりょうりばん)最終話(最終回)あらすじ。秋山篤蔵は、天皇の戦争を回避させることに最善を尽くす。視聴率、感想、動画、まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/10/03 テレビ 視聴率, 天皇の料理番

佐藤健さん主演の日曜劇場天皇の料理人が最終話(最終回)が放送されました
・天皇の料理番最終話(最終回)視聴率、動画
・天皇の料理番最終話(最終回)あらすじ
・天皇の料理番感想、まとめ
・天皇の料理番原作、脚本
・天皇の料理番主題歌
・天皇の料理番放送日
・天皇の料理番出演者、キャスト
・天皇の料理番過去のあらすじ、視聴率、感想

天皇の料理番最終話(最終回)視聴率、動画

天皇の料理番最終話(最終回)が放送されました。視聴率は17.7%でした。瞬間視聴率20.3%でした
天皇の料理番11話視聴率は16.8%でした。

天皇の料理番最終話(最終回)の動画は、こちらへ。
※尚7月12日までの配信になっています。

天皇の料理番最終話(最終回)あらすじ

太平洋戦争が始まり、国民へ食料は配給制となる。

そしてお上も国民と同じように食事をとるといい、国民とおなじ配給の食事を取ることに。

そして、東京大空襲、広島、長崎への原爆投下で日本は降伏することに。

そんな中、お上も戦争の責任を負わされるかもしれないという事態になり篤蔵は気になっていた。
お上はなにも悪くないのに
宇佐美が篤蔵に
”お上を助けることができないのか”と進言する。

あるとき、GHQからの依頼でサンドイッチをつくることに。
そのとき、篤蔵は手紙は入れていた。

そして篤蔵GHQに依頼されて数々の要望にこたえていった。
・靴磨き
・トイレ掃除
・個人の料理番

天皇の責任が問われる記事が新聞に載る。篤蔵は
”お上は、生真面目でいいひとなんです”と周りの人間に告げる。

篤蔵は、そんな時あるアメリカ人に天皇のことを馬鹿にされて憤慨してしまった。
そのことが宮内省に連絡が入る。
篤蔵は、
お上を心身ともに気を使うのが天皇の料理番だ
夢をかなえさせてもらった人間は、夢をかなえ続ける責任がある

20年仕えたことで、食べた皿を見て
・これは好きじゃない
・好きなものを残していれば、体調が優れないのか
大変恐れ多いが、お上をわが子のように思います

篤蔵は、GHQを接待することに。その前日亡くなった俊子にお願いする。
最高の料理と最高の振る舞いを行う。

GHQの責任者が、宇佐美に天皇について聞いていた。そのとき篤蔵は、アメリカ人に馬鹿にされた。そしてアメリカ人に立ち向かっていこうとしたときに俊子の鈴が、篤蔵は冷静にさせた。

篤蔵は、鴨のまねをして周りを和ませていた。新太郎、辰吉も鴨の真似をした

宇佐美は、天皇について話し出す。
私にとって陛下は味噌です
私は、生まれたときからそこにあり、なじんできたものですから。
・その意味を問うたことさえありません。

もし味噌を食べるなというと。。さびしくなり、暴動が起きると思います。”
”統治を難しくなるものだと。”

GHQは、天皇に戦争責任はないと言及することに。
そして篤蔵の二人の息子も戦争から戻ってきた。

1972年10月18日。秋山篤蔵は58年の料理人人生に幕を閉じる。そしてお上から
長い間ご苦労だった。
体を大切にするように。あなたが私のみをいたわってくれたのと同じように。
料理は真心だね。

天皇の料理番感想、まとめ

2015年春のドラマが”天皇の料理番”で終了しました。

非常に感動的なドラマ”天皇の料理番”でした。

秋山篤蔵さんの波乱万丈の人生。しかし最後の58年は天皇のために、天皇の体をいたわりながらまた
GHQの天皇の処分を免れるために料理番として最善を尽くしたその志は賞賛されるものだと思います。

そして秋山篤蔵さんを支えた妻俊子さんの存在。暖かさ、優しさ。

2015年春ドラマの最高の作品だと思います。

天皇の料理番原作、脚本

天皇の料理番原作、脚本は、直木賞作家・杉森久英さん原作の天皇の料理番です。

尚この作品は、以前 1978年週刊読売で連載されていたそうです。

天皇の料理番主題歌

天皇の料理番主題歌は、さだまさしさんの夢見る人です。この作品は、ドラマ書下ろしの曲だそうです。

天皇の料理人放送日

天皇の料理番放送日は、毎週日曜日9時からです。

尚、初回は4月26日です。

天皇の料理番出演者、キャスト

天皇の料理番出演者、キャストは

主役
秋山篤蔵:佐藤健さん

・秋山俊子:黒木華さん
篤蔵の妻
・宇佐美鎌市:小林薫さん
・松井新太郎:桐谷健太さん
・山上辰吉:柄本佑さん
・秋山周太郎:鈴木亮平さん
篤蔵の兄
・田辺祐吉:伊藤英明さん
・秋山周蔵:杉本哲太さん
篤蔵の父

その他武田鉄矢さん、高岡早紀さん、美保純さん、大島さと子さん、麻生祐未さんなどです。

天皇の料理番過去のあらすじ、視聴率、感想

・11話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・10話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・9話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・8話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・7話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・6話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・5話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・4話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・3話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・2話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

・1話のあらすじ、視聴率、感想はこちら

ad

関連記事

素敵な選タクシー9話あらすじ、視聴率、感想。最終回(10話)予告あらすじ、ネタバレ。脚本、出演者。今回は時間逆戻りしませんでした。

素敵な選TAXI9話あらすじ、最終回(10話)予告あらすじ、視聴率など公開します。 ・素敵な選TA

記事を読む

視聴率更新。ワイルド・ヒーローズあらすじ1話、2話予告、視聴率、感想。主題歌クリスタルケイさん。TAKAHIROさん、岩田剛典さんEXILEメンバー出演者。

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ1話が放送されました。 ・ワイルド・

記事を読む

来年20代初主演ドラマ武井咲 さん「戦力外捜査官」。現在は「海の上の診療所」出演。剛力彩芽さんと松坂桃李さんでライバル?武井咲 さん韓国大好き!ヤンキー の噂はデマ!

鴻上尚史さんの脚本家で、武井咲さんが、新米刑事役に挑戦することと なりました。 ドラマ「戦力

記事を読む

視聴率更新。問題のあるレストラン最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。真木よう子さん、東出昌大さん、松岡茉優さん主演 、主題歌はきゃりーぱみゅぱみゅ。ビストロフーが閉店することに。

真木よう子さん主演、問題のあるレストラン最終話(10話)が放送されました。 ・問題のあるレストラン

記事を読む

視聴率更新。ゴーストライター4話あらすじ、感想、視聴率。5話予告、中谷美紀さん水川あさみさん出演、主題歌はandrop。リサと由樹の立場が逆転。

ゴーストライターの放送が始まりました。久しぶり中谷美紀さん水川あさみさん出演作品です。 ・ゴースト

記事を読む

沢村一樹さんが主演のドラマ「ブラック・プレジデント」5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。百合は三田村に恋してる?

本文(ブラック・プレジデント)のサマリー(要約) ・沢村一樹さんが主演のドラマ「ブラック・プレジデ

記事を読む

きょうは会社休みます3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。原作、主題歌、出演者公開。花笑が田之倉が部屋の合鍵を。

本文(”きょうは会社休みます”に関する)まとめ ・きょうは会社休みます3話視聴率、感想 ・きょう

記事を読む

ドラマ「Dr.DMAT」第5話あらすじ、視聴率、感想。第6話予告、ネタバレ。DMATとは、そもそも何なのでしょう?

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約) ・DMATとは(用語説明) ・ドラマ「Dr.

記事を読む

小栗旬さん主演ドラマ”BORDER”キャスト(出演者)、主題歌、原作、放送時間及び初回あらすじ(予告)を公開。

TBSとWOWOWが共同制作の話題ドラマ”MOZU"と同じ時間帯で、小栗旬さん主演のテレビ朝日ドラマ

記事を読む

no image

ドラマ「相棒」シーズン12。17話視聴率、あらすじ、感想。18話予告、ネタバレ。ヒーローと憎しみの矛盾に生きる青年。

ドラマ「相棒」シーズン12本文(サマリー) ・水谷豊さん、成宮寛貴さん出演のドラマ「相棒」シーズン

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑