視聴率更新。ゴーストライター2話あらすじ、感想、視聴率。3話予告、出演者、主題歌はandropのGhost

公開日: : 最終更新日:2015/01/21 テレビ 視聴率, ゴーストライター

ゴーストライターの放送が始まりました。久しぶり中谷美紀さん主演作品です。
・ゴーストライター2話視聴率、感想
・ゴーストライター2話あらすじ
・ゴーストライター3話予告あらすじ、ネタバレ
・ゴーストライター原作、脚本、放送日
・ゴーストライター主題歌
・ゴーストライター出演者
・ゴーストライター過去のあらすじ、視聴率
公開します。

ゴーストライター2話視聴率、感想

ゴーストライター2話が、放送されました。視聴率は9.2%でした。
ゴーストライター1話視聴率は10.5%でした。

ゴーストライター2話の感想は、遠野が川原の才能を利用して原稿を書くようになる。すぐ引き返せると思ったのだが。。。そして引き返せなくなる。

ゴーストライター2話あらすじ

遠野リサは、すぐに引き返せると思っていた。

遠野リサは、川原をアシスタントとして採用することとなった。そして遠野リサは、驚くべきことを発言する。
連載のプロットを川原に指示したのだ

プロットとは、あらすじのことである。

川原は、辞めるつもりだったが言い出せなかった。
婚約者の尾崎は、がっかりする。

一方出版社では、編集長の神崎が遠野リサの小説を映画化するプロジェクトが進行していた。20億円大きなプロジェクトだった。

遠野は、今まで連載の締め切りを落としたことがない。しかし今回ある会社の連載を落としてしまった。

遠野の家庭では
・遠野の母が、徘徊で施設からいなくなっていた。
その結果出版社のそうれい社から、連載の締め切りを落とすことに。
・息子のだいきは、学校のテスト問題をパソコンから盗み出しクラスの皆に公開した。その結果だいき意外は、数学と英語のテストはみんな100点でった。

だいきと家で話したとき
母さんが育てた結果、こうなったんだ”という。
その言葉は、リサが母に18年前言った言葉だったのだ。

遠野リサは、落ち込んでいたときに川原のプロットを読んだ。そして川原の彼氏が東京に来るというので、遠野が一緒にレストランに誘う。

遠野は川原の彼氏に
”あなたは川原の良くわかっている。しかし私は川原のことをひとつだけわかっていることがある。
彼女は、今書くことがすごく楽しい
という。

川原の彼氏と意見が対立する遠野。
川原の彼氏は”今日でやめさせてもらいます”と遠野に伝える。

そして川原が、引越しをして帰る日に川原がプロットした小説が遠野のから送られてきた。

川原は、遠野に会いに行く。そして遠野は
”才能ある人物が、目的を達成できないのは。。。”
目の前のチャンスを、見過ごすからよ

川原は彼氏に”実家に帰らずに、東京に残る”という。

遠野リサは、川原の才能を評価していた。

川原のプロットした作品対するネットでの評価は、高かった。

遠野リサは
そのときは気づいていなかった
いつでも引き返せると思っていた。罪が広がらないうちに。

しかし。。。

ゴーストライター3話予告あらすじ、ネタバレ

小説執筆に行き詰った遠野リサ(中谷美紀)に代わり、川原由樹(水川あさみ)がプロットを書くようになってから連載小説の評判が上がり始めた。

リサは罪悪感を抱えながらも、由樹のために彼女の才能の扉を開いただけだと自分に言い聞かせてプロットを書かせ続ける。

 事情を知らない小田颯人(三浦翔平)は、再び神崎雄司(田中哲司)に由樹の原稿を読んで欲しいとお願いする。

耳を貸そうとしない神崎だったが、由樹の名前を聞くと原稿を受け取る。

 リサは、由樹に豪華な仕事部屋を与えた。恐縮する由樹に、リサは駿峰社で始まる新連載のプロットは設定からストーリーまで自由に書いていいと告げる。

 神崎がリサの事務所にやって来た。

対応した由樹に神崎は、新連載はプロットだけでなく小説を書いてみないかと持ちかけた。突然のことに戸惑う由樹。

 リサはテレビ局の廊下で、同時期に新人賞を受賞して以来ライバルと言われていた女性作家の向井七恵(山本未來)とすれ違う。

人気作家となったリサとは反対に数年で姿を消した七恵は、10年ぶりにエッセイ本を出すことになったという。

事務所に戻ったリサは、神崎から七恵のエッセイ本と自分のエッセイ本の発売日が同日であると知らされる。

 数日後、由樹が新連載『おとぎの国の住人』のプロットを提出した。

それを基に小説を書き始めるリサだったが、由樹もまたひそかに『おとぎの国の住人』の小説を書き始めていた

ゴーストライターホームページ引用

ゴーストライター原作、脚本、放送日

ゴーストライター原作、脚本は、橋部敦子さんです。

放送日は、毎週火曜日21時です。

ゴーストライター主題歌

ゴーストライターは、andropGhostです。

ゴーストライター出演者

主人公
・遠野 リサ:中谷美紀さん

・田浦 美鈴:キムラ緑子さん 遠野の秘書
・川原 由樹:水川あさみさん 後に遠野のゴーストライターとなる
・小田 楓人:三浦翔平さん 川原の実力を認める
・塚田 真奈美:菜々緒さん
・岡野 慎也:羽場裕一さん
・坪田 智行:水橋研二さん
・遠野 大樹:高杉真宙さん

ゴーストライター過去のあらすじ、視聴率

ゴーストライター過去のあらすじ、視聴率
・ゴーストライター1話あらすじ、視聴率

ad

関連記事

視聴率更新。花燃ゆ15話あらすじ、感想、視聴率。16話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。寅次郎は何もできない己に苛立ちを感じる。

NHK大河ドラマ花燃ゆ15話が放送されました。 ・花燃ゆ15話視聴率、感想 ・花燃ゆ15話あらす

記事を読む

視聴率更新。流星ワゴン8話あらすじ、感想、視聴率。9話予告。西島秀俊さん、香川照之さん、井川遥さん出演。主題歌サザンオールスターズ。一雄は人生を変えることができた。

流星ワゴン8話が放送されました。西島秀俊さん、香川照之さん出演。 ・流星ワゴン8話視聴率、感想

記事を読む

すべてがFになる2話あらすじ、3話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題化、出演者。犯罪の動機は2年前の事件。

本文(すべてがFになるに関する)内容 ・すべてがFになる2話視聴率、感想 ・すべてがFになる2話

記事を読む

no image

ドラマ「相棒」シーズン12。17話視聴率、あらすじ、感想。18話予告、ネタバレ。ヒーローと憎しみの矛盾に生きる青年。

ドラマ「相棒」シーズン12本文(サマリー) ・水谷豊さん、成宮寛貴さん出演のドラマ「相棒」シーズン

記事を読む

視聴率更新。大河ドラマ花燃ゆ19話あらすじ、感想、視聴率、20話予告。高杉は上海へ向かう。

NHK大河ドラマ花燃ゆ19話 ・花燃ゆ19話視聴率、感想 ・花燃ゆ19話あらすじ ・花燃ゆ20

記事を読む

SMAPの香取慎吾さん主演ドラマ”SMOKING GUN”(スモーキングガン)6話の視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。山梨がかなり深い意味を持つようですね。

本文(ドラマ”SMOKING GUN”(スモーキングガン))サマリー(要約、目次) ・ドラマ”SM

記事を読む

すべてがFになる5話あらすじ、6話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。真賀田四季は死んだのか。。

本文(すべてがFになるに関する)内容 ・すべてがFになる5話視聴率、感想 ・すべてがFになる5話

記事を読む

たかとしMCで大島優子さんが出演していた「ほこ×たて」。改めてBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議対象となる。そのきっかけは「ラジコン対スナイパー対決」

日曜日の午後7時の時間帯の番組が以前あった番組覚えてます? フジテレビのタカトシさんが司会していた

記事を読む

視聴率更新。”アルジャーノンに花束を”9話あらすじ。咲人がALGの副作用で元に戻るのが早いか、梨央の病気を治す薬を開発するのが早いか。感想、視聴率。最終話(10話)予告。

山下智久さん主演、アルジャーノンに花束を9話が放送されました。 ・アルジャーノンに花束を9話視聴率

記事を読む

沢村一樹さんが主演のドラマ「ブラック・プレジデント」8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。三田村が真理を怒らせてしまう。。

本文(ブラック・プレジデント)のサマリー(要約) ・沢村一樹さんが主演のドラマ「ブラック・プレジデ

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑