みぞおちの奥にあるすい臓の病気。すい臓の場所、痛み、膵がん、膵炎の症状、治療法など。

公開日: : すい臓, 健康・医療,

みぞおちの奥にあるすい臓に関する病気を公開します。
・すい臓とは
・すい臓に関する病気
・すい臓と”みぞおち”の関係まとめ

すい臓とは、場所は

膵臓はみぞおちの奥、胃袋の後ろ側に横たわる消化器系の臓器の1つです。

膵臓には食物の消化に必要な消化酵素を含んだ膵液を出して
食物の消化を助けること
血糖値を調整するインスリンなどのホルモンを分泌して、糖尿病にならないように調整するという2つの大事な役割があります。

引用 慶應義塾大学ホームページ

すい臓の病気

膵がん

膵がんとは、膵臓から発生した悪性の腫瘍のことを指します。
一般的には膵管癌の事を言います。

膵管癌は、癌での死因5位でした
※尚上位3位は、肺がん胃がん大腸がん

尚毎年2万人以上の方が、膵がんでなくなっています。近年急増しています。

膵がんが発生する関連性

膵がんの発生の関連性としては、
・喫煙
・膵がんの家族歴
・糖尿病
・慢性膵炎
など指摘されています。

膵がんの症状

初期段階
ほとんど自覚症状がありません。
初期段階進行後
・腹痛
※随伴性膵炎など発症
・体重減少
※膵がんの腫瘍が、胃や十二指腸を圧迫し食事が取れなくなり体重減少が現れてくる。
・黄疸
黄疸の具体的症状
・全身の皮膚が黄色みがかり、かゆみなどが出現。
・尿の色が濃くなることや、目の白目の部分が黄色味がかって見える
・背中痛

などの症状が現れる。
尚、糖尿の方の血糖値コントロールが急激に悪化したときは注意してください。

治療法

根治を目指す切除手術があります。
しかし、通常膵がんは初期段階では、中々発見されません。

現実的な話をすると、通常の6~7割は切除手術対象とならないほど信仰しているそうです。

具体的治療法は、
・抗がん剤
・放射線治療
が主として行われます。

参照 慶應義塾大学ホームページ 大阪大学大学院医学系研究科ホームページ

膵炎

膵炎は膵液を出す膵外分泌腺に様々な原因で炎症が起こる病気です。
膵炎には
急性膵炎
急激な炎症が膵臓に起こりみぞおちや背中に強い痛みを感じる
慢性膵炎
長期間持続的な膵臓の炎症により膵臓の細胞が徐々に壊されて線維成分に置き換わり、膵臓が硬くなって機能が低下する
二つに分類されます。

急性膵炎

急性膵炎は
・飲酒後
・胆石
・手術
・外傷後、内視鏡を使用した膵管造影検査の後
・血液中の中性脂肪高値
など特殊要因で起こる膵臓の炎症です。

急性膵炎症状

食後や飲酒後、突然強烈なみぞおちや背部に強い痛みを感じます

重症の場合は、
・冷や汗
・めまい
などの症状が出て血圧が下がり、脈が早くなってショック状態に陥り、意識が低下するなど生命に関わる症状も出てきます。

急性膵炎の治療

軽い膵炎の場合は、速やかな治療で治るそうです。

重症になると、治療は難しく死にいたることもあるそうです。

膵臓を安静にするために、絶飲・絶食しながら点滴で治療していきます。

慢性膵炎

慢性膵炎は、消化酵素を分泌する膵臓の外分泌腺細胞に長期間持続的に炎症が起こることで徐々にその細胞が壊され、壊れた細胞が線維組織に置き換わることで膵臓が硬くなり、膵臓本来の機能が失われてしまう病気です。

引用 慶應義塾大学ホームページ

慢性膵炎の原因

主としてアルコールがほとんど。
そのほか、胆石によるものや原因不明のものもあります。

慢性膵炎の症状

みぞおちや背部の痛みで始まり、
・長期間
・断続的
続くのが急性膵炎との違いです。

そしてその症状をそのままにしておくと、糖尿病を発症するそうです。

慢性膵炎の治療

慢性膵炎の治療は、発見された状態により様々です。

石が出来て症状が出ている場合は、超音波、内視鏡場合によっては外科手術で治療するなど様々ですが、治療には時間がかかるそうです。

すい臓と”みぞおち”の関係まとめ

”みぞおち”の痛みですい臓に関係するものは
膵がん
膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)
です。

特に膵がんは、注意してください。
しかし膵がんは、初期症状がほとんどないためいつの間にか進行したときに見つかることがほとんどです。

腹痛、体重減少、黄疸、背中の痛みなど感じましたらすぐに病院へ行きましょう。

またみぞおちや背中に(強い)痛みを感じたら、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)の可能性がありますので、すぐに病院へ。

参照 慶應義塾大学、大阪大学大学院医学系研究科 その他各大学医学部ホームページ参照

ad

関連記事

腰痛(腰が痛い)の原因は?右の腰だけ痛いこれは何の病気?内臓疾患の場合はがんの可能性も。

腰痛に関する本文サマリー(要約) ・内臓疾患による腰の痛み ・内臓疾患による腰の痛みに関するまと

記事を読む

infuru2015

インフルエンザ予防法。風邪との違い。予防接種回数、湿度の管理は大事?2015年状況公開。

インフルエンザに関して ・2015年インフルエンザ状況 ・インフルエンザ予防 ・インフルエンザ

記事を読む

kafunnsyou

花粉病とは。2014年花粉症(花粉)に対する薬、新薬、効果、ランキング。 花粉症症状 。

花粉症に関する本文サマリー ・花粉症とは ・花粉症の人口 ・花粉症対策の薬、ランキングなど

記事を読む

kubi

”首のしこり”とは、場所、病気について。”首のしこり”は怖い?怖い”首のしこり”の見分け方。

何かときになる体の”しこり”。 今回は首の”しこり”公開します。 首の”しこり”とは 首の

記事を読む

ebora

エボラ出血熱とは。感染経路、予防法、治療法。ワクチン、薬を公開。アメリカ人に投与された抗体治療剤”ZMapp”

本文(エボラ出血熱関する)内容 ・エボラ出血熱とは ・エボラ出血熱症状 ・エボラ出血熱発症地域

記事を読む

III

みぞおちの痛み、気持ち悪さの症状は、機能性ディスペプシア。原因はストレス、ピロリ菌?胃を切除した人は、ダンピング症候群の可能性も

みぞおちの痛み、気持ち悪さ最新の情報です。 ・機能性ディスペプシア ・胃を切除した方に起こるみぞ

記事を読む

hiza

膝の後ろ(裏)の名前は?痛み、腫れ、”しこり”、違和感など公開。首の”しこり”は?深く心配する必要はないようです。

膝の後ろ(裏)、耳の”しこり”に関して ・膝の後ろ(裏)の名前 ・膝の後ろ(裏)の痛み ・膝の

記事を読む

kafunnsyou2

花粉(花粉症)の時期。現在の花粉情報状況。花粉症対策として花粉症に効く食品(食べ物)を公開します。

花粉症についての本文サマリー ・花粉(花粉症)の時期 ・2014年花粉症情報 ・花粉症対策とし

記事を読む

asinotukene

足の付け根、股関節の”しこり”。押して引っ込む”しこり”、長期間残る”しこり”は注意。”しこり”の病名は。

足の付け根、股関節の”しこり”に関して ・足の付け根、股関節の”しこり” ・足の付け根、股関節の

記事を読む

水、薬、ツボで止まらない、頻繁な”しゃっくり”をほぼ完全に止める方法。犬、新生児、胎児、幼児もしゃっくりをします。ほぼまれに病気の場合もあります。

”しゃっくり”に関して本文サマリー(要約) ・しゃっくりとは ・しゃっくりの止め方 ・しゃっく

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑