口の中のしこり、白いできもの、違和感は口腔がんかも。症状、治療法、予防法、生存率は。飲酒、たばこ、口腔衛生が大事。

公開日: : しこり, 健康・医療, 口腔がん

口内炎、またはそれに近い症状が発生したとき、
・体力低下
・栄養不足
・内臓の異常
など考えられますが、口のなかの病気で一番怖いものは癌です
今回は
・口腔がんとは
・口腔がんの怖さ
・口腔がんの症状
・口腔がんの予防
・口腔がんのいろいろ
・口腔がんの治療法
・口腔がんのまとめ
を公開します。
口内炎については、こちらをご覧ください。

口腔がんとは

口の中及び周辺で出来る癌は、口腔がんです。
口腔がんとは

口の中およびその周辺組織にできる癌のことで、できる部位によって舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなどと呼びます。

口腔がんの発生率は、体にできるがんの1〜3%です。しかし、以前に比べると口腔がんになる人は男女ともに増えてきています。

日本における口腔がんの年齢的な特徴は、年齢別では、70歳代が一番多く29.1%、60歳代26.5%、50歳代が18.1%となり、50歳以上が約80%を占めています(2002年度の統計)。

徳島大学 がん診療連携センター 引用

尚口腔がんで、一番発症する人が多いのが”舌がん”。次が”歯肉がん”となっています。

口腔がんの怖さ

口腔がんの生存率(5年)は、60~80%

初期症状の治療は、非常に安易といわれています
生存率(5年)も非常に高く90%以上とも言われています。
初期症状で発見され、治療した場合です

しかし、大半が進行後に見つかり、治療も困難で手術を行い
・舌やあごの骨を切除
・顔が変形
し、私生活に大きな支障をきたすことが多くあります

口腔がんは、早期発見がすべてです
 

口腔がんの症状

口腔がんは、目で見て触ってわかるものです。

注意するもの
・一見汚く、触って硬い感じをうけるものは要注意
・白斑(はくはん)も要注意

セルフチェックのポイントは
・口の中に硬い”しこり”がある。
・口の中に出血しやすい場所がある。
・3週間以上治らない口内炎や潰瘍、または抜歯後の傷の治りが悪い。
・口の中に痛みがある。
・口の中や唇にしびれがある。
・口の中が腫れて、入れ歯が合わなくなった。
・口の中に白い部分または赤い部分がある。
・口臭があると言われた。
・原因不明の歯のぐらつきがある。
・首のリンパ節の腫れが3週間以上続いている。

徳島大学 がん診療連携センター 引用
※なお、セルフチェック日本歯科衛生士会のホームページにも記載されていましたので、こちらもごらんください。

セルフチェックできになる場合
・歯科医院
・耳鼻咽喉科
・口腔外科
など専門の病院に行かれることをお勧めします。

口腔がんの予防

口腔がんにもっとも悪いと言われているのが、タバコです。
非喫煙者と喫煙者とでは、7倍近い発症率の差があるとのことです。

そして
・飲酒
・口腔不衛生
の順番となります。

口腔がんのいろいろ

口腔がんは、先ほど口の中及び周辺で出来る癌ということで、複数のがんがあります。

1.扁平上皮癌
・舌がん
・歯肉がん
・口底がん
・頬粘膜がん
・口唇がん
ちなみに一番多いのは、舌がんです。
2.悪性黒色腫
3.唾液腺がん

舌がんには
・隆起したタイプの舌がん
・潰瘍タイプの舌がん。
・白いできものができた舌がん。
などあります。

口腔がんの治療法

基本的にがんの治療方法は
・手術
・放射線治療
・抗がん剤
その他免疫療法、レーザー治療などあります。

口腔がんの治療の苦悩
口腔がんの術後は、歯を磨くとが不憫になり口腔内環境の悪化し
・術後感染
・肺炎
・手術創の治療不全
など発生すうことがあります。

また手術の場合、舌や顎骨・顔面を切除することがあり
・顔貌の変形
などをおこすことがあり、人工材料や他部位の皮膚・筋肉を利用した形成外科・美容外科の手術が必要となります。

抗がん剤の治療では約60%、そして頭頸部の放射線治療では100%
口腔粘膜炎が発症します。

ひどくなると
・痛みを伴い
・話もできず
・歯ブラシもできず
口腔内が不衛生状態になります。

そして食事ができなくなり、最悪体力低下で治療を中止することもあります

しかし、そのために専門的口腔ケアの歯科衛生士いるので大丈夫です。

口腔がんのまとめ

口腔がんは、早期発見が大事。
口腔がんは、自分で見つけることが可能。

しかし、早期で発見できなければ生存率(5年)は、60~80%

治療中、口腔衛生が悪くなり非常につらいものとなる。

口腔がん予防のためには
喫煙
飲酒
口腔衛生
に気をつける

ad

関連記事

kouennn

口内炎とは。できる場所、症状、原因、治療法の薬、塩、ビタミンとの関係。治らない口内炎はどの病院に行けばよいのか?

口の中の違和感、ほとんどの場合は口内炎です。しかし 口内炎に怖い病気が。。 ・口内炎とは、口内炎

記事を読む

asinotukene

足の付け根、股関節の”しこり”。押して引っ込む”しこり”、長期間残る”しこり”は注意。”しこり”の病名は。

足の付け根、股関節の”しこり”に関して ・足の付け根、股関節の”しこり” ・足の付け根、股関節の

記事を読む

III

みぞおちの痛み、気持ち悪さの症状は、機能性ディスペプシア。原因はストレス、ピロリ菌?胃を切除した人は、ダンピング症候群の可能性も

みぞおちの痛み、気持ち悪さ最新の情報です。 ・機能性ディスペプシア ・胃を切除した方に起こるみぞ

記事を読む

mizootisuizou

みぞおちの奥にあるすい臓の病気。すい臓の場所、痛み、膵がん、膵炎の症状、治療法など。

みぞおちの奥にあるすい臓に関する病気を公開します。 ・すい臓とは ・すい臓に関する病気 ・すい

記事を読む

nextutyuusyou

熱中症とは。熱中症の症状、予防、対策。予防に水よりもスポーツドリンク。熱中症になったときの処置、対処法。犬の熱中症と対策 。

本文(熱中症に関する)サマリー(要約) ・熱中症とは ・熱中症の症状 ・熱射病が起きる環境、ど

記事を読む

腰痛(腰が痛い)の原因は?右の腰だけ痛いこれは何の病気?内臓疾患の場合はがんの可能性も。

腰痛に関する本文サマリー(要約) ・内臓疾患による腰の痛み ・内臓疾患による腰の痛みに関するまと

記事を読む

menotukare

目の疲れは実は筋肉痛?冷えたタオルを目にかぶせるなど目の疲れ解消方法、グッズ紹介。産後にも目の疲れが。

目の疲れ関する目次 ・目の疲れの原因 ・目の疲れの解消法 ・産後の目の疲れ ・目の疲れま

記事を読む

hiza

膝の後ろ(裏)の名前は?痛み、腫れ、”しこり”、違和感など公開。首の”しこり”は?深く心配する必要はないようです。

膝の後ろ(裏)、耳の”しこり”に関して ・膝の後ろ(裏)の名前 ・膝の後ろ(裏)の痛み ・膝の

記事を読む

munesikori

胸の”しこり”は乳がん?胸の”しこり”の場所、形、動く、”しこり”を押して痛みを感じるなどの特徴が。検査は画像診断の超音波が主流?

胸の”しこり”といってすぐに思いつくのは、乳がんです。 ・胸の”しこり”がすべて癌ではありません。

記事を読む

infuruenza

インフルエンザ2014年第7週感染者減少。予防、症状、潜伏期間など基本情報は本文内のサイトで公開。インフルエンザのピークは終わったようです。

2014年第7週インフルエンザ状況を公開します。ご覧下さい。 感染症全般 ・インフルエンザ・

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑