韓国クレジットカード3社(KB国民・NH農協・ロッテカード)の情報漏えいは1億500万件。現在に分かっている情報漏えいの原因、経緯、被害。混乱が起こっている理由。最新情報。訴訟リスクも。

この数日で韓国の個人情報流失問題で大騒ぎになっています。

韓国個人情報流失問題の詳細

被害国     韓国
流出企業    大手クレジットカード会社3社(KB国民・NH農協・ロッテカード)
流出件数    約1億580万件
流失情報の内容 名前、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカードの詳細、ID番号、収入、婚姻関係の有無、パスポート番号など

※ただ流失した情報に関して、後出しのように情報がでてきています。
・流失した情報に国民銀行の顧客と解約したカード顧客の情報が含まれていたこと
・流失した情報人と発表したがその後、死亡者と法人が含まれていた。

流失した原因、経路

民間の信用情報企業「コリア・クレジット・ビューロー(KCB)」の社員が、派遣先だったKB国民カードやロッテカード、NH農協カードが保有する1億580万件の口座情報を持ち出したとのことです。
持ち出しということで記録媒体(USB)などにより行われたと思います。

2次流出の可能性

民間の信用情報企業「コリア・クレジット・ビューロー(KCB)」の事件を起こした社員は身柄を収束され、その社員が少なくとも2人に転売したされたと思われ、すでのほかの1人とともに身柄収束されたとの情報です。
ただ”その社員が少なくとも2人に転売したされたと思われ”
と発表されましたが非常にあいまいな表現であり、また転売してから時間がすこしでもたっているため、その情報が他に渡っている可能性はあります。

以前は、ブラックマーケットでクレジット情報は1万円台/1件ともいわれていましたが。

また今回の情報流失によって朴槿恵大統領や国連の潘基文事務総長の個人情報も含まれているとしています。

情報流失がとまっていなかった場合、韓国の要人情報が漏れていたとなるとその情報がテロ組織に渡れば。。

今回情報漏えい事件が騒ぎになった理由

行政及び情報漏えい企業3社は、
1.情報を小出しにし真実を話さなかった
2.照会サービスを金曜の夜から開始したこと
3.行政間の情報の交換が遅延となっていたことによる対応の遅れ
この3点があります。

1に関しては、
1月8日に検察が情報漏えいしたことに関しては人と表現しています。その後同日金融委と金融監督院の合同報道資料では”人ではなく件”で発表した。

その後説明では、名前、住民番号、電話番号、住所のようなものを別々に合算してみると、数字が大きく膨らんだと意味不明な説明が行われた。

金融監督院は19日緊急記者会見でも、人、件の正確な説明が出来なかった。
そして具体的な情報を発表したのが11日後だったのです。

2に関しては
19日夜情報漏えい照会を可能にしたことで、コールセンターに電話が集中。混乱が大きくなる。

3に関しては
昌原地検がKB国民・NH農協・ロッテカードの顧客情報流出事件を発表したのは8日で、金融監督院が検察の資料を譲り受けたのは2日後の10日だ。

この2日の空白がなければ、もっと迅速な個人情報流失に対する対応ができたでしょう。

個人情報流失の結果により発生したこと

率直に言うと、今回の個人情報流出事件に関して流失に
・関与した企業
・行政機関
に落ち度があったことには明白です。

これにより
KCB及び大手クレジットカード会社3社(KB国民・NH農協・ロッテカード)の経営陣が辞任する意向だといわれています。

はっきりいうとこれでことは収まらず、訴訟も懸念されています。

弁護士らによると、クレジットカード会社3社を相手取った集団訴訟が20日遅くに提起され、130人が参加しているようです。おそらくこれからも人数は増えてゆくでしょう。
尚損害賠償金額は1億1000万ウォン(約10万3400ドル)@1人を求めているようです。

行政機関による流失企業への刑罰

実は2011年に韓国で大規模な個人情報流失があったのであるが、これに対する法整備をおろそかにしてしまっていた。「対策をまとめる」「責任者を厳罰する」にとどまったのです。

2012年以降、サムスンカード、ハナSKカード、メリッツ火災など従業員が顧客情報を持ち出した事件が起きたが、役員・社員が懲戒と過怠金600万ウォンを科すにとどまっています。

なぜ過怠金600万ウォン?
信用情報法で1000万ウォン以下の過怠金を科すよう定めており、施行令でこの基準が600万ウォンと定まっていたのだ。

韓国の行政においての問題点

情報漏えいが起きてから、行政は後手後手に対応になっている。そして問題発言も増えている。ある行政のTOPは
「情報を提供した国民に問題がある」
と発言し問題になっている。

また地検と金融監督院の情報共有が遅れたことで、国民の混乱を起こしたことは確かです。

また、流失事件の問題対策のために金融委員会はチョン・チャンウ副委員長をチーム長とし関係機関と専門家11人が参加する金融会社顧客情報保護正常化タスクフォースを構成して17日に会議を行った。その後政府が委員に参加していた専門家が知らない間にいつの間にか政府が再発防止対策を発表した。

今の韓国政府はその場限りの対策で、2011年の事件の時と二の舞になりそうだ。ただこの事件は韓国だけの問題ではなく、日本や世界各国も起こりうる問題であり真剣に受け止めなければならない。

ad

関連記事

ソチオリンピック日程及び現在決まっている代表・フィギュア、スピードスケート、スキーはまだ未定。

ソチオリンピックもまもなくです。 ・場所:ロシアのソチ ・日程:2014年2月7日~2月23日

記事を読む

日本レコード大賞を獲得し、紅白歌合戦にも出たEXILEのMATSUさんが元旦に結婚。お相手は2013年夏に婚約した彼女。

元旦早々またまたおめでたです。 EXILEのMATSUさんが都内の区役所に一般女性との婚姻届を

記事を読む

秋の味覚ランキング。1位、2位、3位は、まつたけ、栗、さんまです。そしてお米、柿、梨など。さんまとお米のマッチングは最高です。

今回は、秋の味覚に関するランキングをご紹介します。 様々なサイトで出ていますが、ちょっとまとめてみ

記事を読む

猪瀬都知事辞職に伴い2014年都知事選挙。 最新都知事候補は、 細川護熙元首相、舛添元厚生労働大臣、、田母神俊雄さんなど現在5名、東国原さんは出馬の予定なし。細川さんを小泉純一郎元首相は支援表明で自民党困惑。 予想は細川さんと舛添さんの一騎打ち。都知事選で脱原発に動いた場合経済に影響は。

東京都知事選に細川護熙元首相が、都知事に立候補することになりました。そしてびっくりしたことが、自民党

記事を読む

核心は!”日本年金機構の個人情報流出”最新情報、疑問、問題点。今後流出件数は増える可能性も。政権時代機構に手を入れた民主党が、なぜ自民を非難するのか。

日本年金機構の個人情報流出に関する最新情報 ・日本年金機構個人情報流出概要 ・日本年金機構の個人

記事を読む

ドラマ”MOZU”(もず)の10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ。倉木、美希、大杉により大統領への爆破テロは阻止。室井は新谷に殺される。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の10話(最終回)

記事を読む

ネルソン・マンデラ元大統領の追悼式で、要人の隣で手話を行っている人物は手話ができない?原因は?その裏でオバマ大統領が歴史的行為が行われていた。

アパルトヘイトの撤廃に全力を尽くしたネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が昨日行われました。各国の首脳

記事を読む

スピードスケートソチ代表選考会にてソチオリンピック代表男子、女子決定。男子長嶋選手、加藤選手、女子小平選手、辻選手も出場。

2014年スピードスケート代表が17選手が決まりました。 スピードスケート代表 ソチ五輪、スピー

記事を読む

ドラマ”極悪がんぼ”9話視聴率、感想、あらすじ。10話(最終回)予告、ネタバレ。抜道が薫の案件を横取り。そして金子が東京へ左遷?

本文(月9新ドラマフジテレビ”極悪がんぼ”)サマリー(要約) ・ドラマ”極悪がんぼ”9話視聴率、感

記事を読む

ドラマ”続最後から二番目の恋”の9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ。千明と薫子が恋敵。市長は和平に告白。。

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑