ホテルコンシェルジュ5話あらすじ、視聴率、感想、動画。6話予告、原作、出演者、主題歌。 嘘に振り回される

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 テレビ 視聴率, ホテルコンシェルジュ

西内まりやさん主演ドラマホテルコンシェルジュ
・5話視聴率、感想、動画
・ホテルコンシェルジュとは
・5話あらすじ
・6話予告あらすじ
・原作
・主題歌
・出演者
・放送日
・過去あらすじ、視聴率、感想
を公開します。

5話視聴率、感想、動画

西内まりやさん主演で”ホテルコンシェルジュ”4話が放送されました。視聴率は後日公開。
4話視聴率8.2%でした

5話感想は、結婚当日に新婦が部屋に閉じこもるという大騒動がおきました。

その理由が、ちょっと子供っぽい理由で、ちょっと見ていて苛立ちを感じました。私だけでしょうか。。

5話動画は、こちら

ホテルコンシェルジュとは

コンシェルジュとは

フランス語では、コンシェルジュは本来「集合住宅(アパルトマン)の管理人」という程度の意しか持たない単語である。

そこから解釈を広げ、ホテルの宿泊客のあらゆる要望、案内に対応する「総合世話係」というような職務を担う人の職名として使われている

宿泊客のあらゆる要望に応える事をそのモットーとしていることもあり、「(宿泊客の要望に対して)決してNOとは言わない」と言われている。

引用 wikipedia

5話あらすじ

今回は物語りは
結婚式、披露宴の当日に部屋に引きこもる新婦
子供にうそをついて町の定食屋店主

の物語でした。

老舗で数百億の老舗のお店の息子の結婚式をホテルベルモントでおこなうことに。

政財界の人物が多数訪れる。
そんな中新婦が部屋に引きこもり出てこないという事態が。。
原因がわからず、新郎も新郎の母も困惑する

コンシェルの本城らも、対応にあたるが部屋から出てこない。

一方西崎が見知らぬ人物と写真を撮っているところを見つける塔子。
見知らぬ男性は、ベルモントのコックの服装を着ていた

理由を聞くと、古市という人物で離婚して子供もがいて、その子供にベルモントで働いているとうそをついたのだ。

そして証拠の写真をとるために、ベルモントのコックの衣装をきていたのだ。

しかし、その子供が突然ベルモントに訪れる。
そして総支配人に塔子が頼み込んで、古市にベルモントの行くを着させて料理を出させることを許可した。

しかし古市は、自分の作ったコロッケを出して自分がうそをついていたことを告白する。

子供は
コロッケが一番おいしかった”といい古市は安心した。

一方部屋に閉じこもっていた新婦は
”妊娠したことがうそだと言い出せず結婚式当日となり、新郎は妊娠したからけっこんするのであって、結婚したいから結婚したのではない”

と思い込んでいた。

そして塔子は、新郎の思いをつげ新婦と結びつけることに。

6話予告あらすじ

フォルモントに季世子(三浦恵理子)という女性客がやってきた。1年半ほど前にフォルモントで結婚式を挙げた妙齢の女性だ。

その季世子はなんと客室係・亜里砂(夏菜)が以前働いていた別のホテルの先輩だった。季世子は亜里砂との再会を喜ぶが、同時に雰囲気が当時と違うことに驚く。

他愛のない会話を交わし亜里砂はその場を離れるが、そんな2人の会話を偶然通りかかったベルボーイの二階堂(上杉柊平)が聞いてしまった。亜里砂は前のホテルではフロントクラークだったという。あんなに無愛想な亜里砂がフロント…。

この話題は瞬く間にスタッフの知るところとなる。 その頃、塔子(西内まりや)の電話に、主婦友だちと泊まりに来ている鈴香(黒田福美)というお客様が指輪を紛失したという連絡が。

塔子は客室に向かい、本城(三浦翔平)はコンシェルジュデスクからインカムで各スタッフに指示を出す。鈴香は、一緒に泊まっている典枝(山野海)、暁美(舟木幸)と出かける前は確かにあったという。塔子は珠久里(尾美としのり)と亜里砂の3人で当時の状況を丁寧に聞いていく。

しかし、そのうち友人の1人がホテルの従業員が盗んだに違いないと言い始め、それを聞いた鈴香も頭に血が上って怒り始めてしまう。しかも亜里砂の無愛想な言い草が怒りに油を注ぎ、亜里砂が犯人だと決め付けられ、警察を呼ぶ騒ぎになってしまう。

成沢社長(伊武雅刀)と鷲尾総支配人(高橋克典)の立会いのもと、防犯カメラの映像確認がなされた。

すると、亜里砂が1人で鈴香の客室に入っていく姿が。成沢は悪い噂が広まる前に早期解決を図れと鷲尾に迫る。鷲尾は指輪が見つからなかったら辞職すると淡々と言う亜里砂をなだめ、彼女の過去を知る季世子に接触する。

”ホテルコンシェルジュ”ホームページ引用

原作

ホテルコンシェルジュの原作は、松田裕子さん、李正姫さんらの書き下ろしだそうです。

主題歌

ホテルコンシェルジュの主題歌は、Honey L Daysデスペラードです。

ホテルコンシェルジュのエンディングテーマは、ERIHIROStarsです。

出演者

ホテルコンシェルジュ出演者は、
主人公
・天野 塔子 西内まりやさん

・本城 和馬 三浦翔平さん
・鷲尾 陵介 高橋克典さん
総支配人

その他
・尾美としのり
・夏菜
・小関裕太
・山田裕貴
・敦士
・池津祥子
・武田航平
・浅利陽介
・若村麻由美
・伊武雅刀
などです。

放送日

放送日は、毎週火曜日10時からです。

尚初回放送7月7日10時から放送

過去あらすじ、視聴率、感想

・4話あらすじ、視聴率、感想 こちら

・3話あらすじ、視聴率、感想 こちら

・2話あらすじ、視聴率、感想 こちら
・1話あらすじ、視聴率、感想 こちら

ad

関連記事

軍師官兵衛46話あらすじ、47話予告ネタバレ、視聴率、感想、出演者。三成が追い込まれる。

本文( 軍師官兵衛に関する)内容 ・軍師官兵衛46話視聴率、感想 ・軍師官兵衛視聴率推移 ・軍

記事を読む

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。明日美が虹に父の面影を見てしまう。

本文(主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”関する)サマリー ・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの

記事を読む

TBSドラマ「S-最後の警官-」。キャスト、エキストラは、向井理さん、綾野剛さん、土屋アンナさん、大森南朋さんなど豪華メンバー。主題歌はMISIAの最新曲「僕はペガサス君はポラリス」。第1話あらすじ、ネタバレ。映画化も決定。

日曜劇場、日曜9時から「S-最後の警官-」が始まります。主演は綾野剛さんと 向井理さんの2人のイケ

記事を読む

視聴率ランキングドラマベスト3(2014年2月13日最新速報)。”明日、ママがいない”、”僕のいた時間”、”失恋ショコラティエ”は? NHK朝の連続ドラマ”ごちそうさん”大河ドラマ”軍師官兵衛”視聴率推移?

ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3サマリー(要約) ・2014年の冬の民放ドラマランキングB

記事を読む

沢村一樹さんが主演のドラマ「ブラック・プレジデント」7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。三田村が女子大生と付き合う?

本文(ブラック・プレジデント)のサマリー(要約) ・沢村一樹さんが主演のドラマ「ブラック・プレジデ

記事を読む

ホテルコンシェルジュ3話あらすじ、視聴率、感想、動画。4話予告、原作、出演者、主題歌。

西内まりやさん主演ドラマホテルコンシェルジュ ・3話視聴率、感想、動画 ・ホテルコンシェルジュと

記事を読む

視聴率更新。花咲舞が黙ってない3話あらすじ、視聴率、感想、動画。4話予告

杏さん、上川隆也さん出演花咲舞が黙ってない ・3話視聴率、感想、動画 ・3話あらすじ ・4話予

記事を読む

昼顔~平日午後3時の恋人たち~10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告あらすじ、ネタバレ。原作、脚本、主題歌、挿入歌、キャスト、出演者を公開 。乃里子の妊娠。加藤の成功。利佳子と紗和の運命は。

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼顔~平日

記事を読む

ドクターx最終回(11話)神原を救えるか!あらすじ、視聴率、感想、まとめ公開

ドクターx(Docter-x)に関する内容 ・ドクターx最終回(11話)視聴率、感想 ・ドクター

記事を読む

GTO”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者、キャストを公開。ほなみの兄は。。

本文( AKIRAさん主演ドラマ"GTO"に関する)内容 ・ドラマ"GTO"9話視聴率、感想 ・

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑