視聴率更新。銭の戦争7話あらすじ、視聴率、感想。8話予告、主題歌SMAP、草彅剛さん、大島優子さん、渡部篤郎さん出演。ホワイト化学の謎が。

公開日: : 最終更新日:2015/02/18 テレビ 視聴率, 銭の戦争

・銭の戦争7話視聴率、感想
・銭の戦争7話あらすじ
・銭の戦争8話予告あらすじ、ネタバレ
・銭の戦争主題歌
・銭の戦争の原作
・銭の戦争出演者
・銭の戦争前回までのあらすじ、視聴率、感想
公開します。
尚”銭の戦争”は、韓国で放送されかなりの高視聴率をたたき出したそうです。だから韓国語が堪能な草彅剛さんが、主演になったのでしょうか。

銭の戦争7話視聴率、感想

銭の戦争7話が放送されました。視聴率は14.4%でした。
銭の戦争6話視聴率は11.9%でした。

銭の戦争7話の感想は、父の会社ホワイト化学に新たな真実が。ホワイト化学を経営難にしたのは青池会長だった。

銭の戦争7話あらすじ

富生は、夜赤松金融に向かい赤松大金の場所を探し出す。

赤松の洋服ダンスの裏に隠し部屋に通じる場所があり、地下には金庫があった。しかしその金庫は、監視カメラで監視されていた。

その時赤松が会社に戻ってくる。
未央が、赤松の気をひいてなんとかその場から逃げ延びた富生。

翌日赤松が会社にくると、金庫への入り口である洋服ダンスがいつもと違うことが気になった。

監視カメラの映像を調べる。

しかし何もなかったが気になっていた。

富生は、金庫を開けるためにいろいろ調べた。
・地下室は以前ワインが貯蓄されていた場所だった
・金庫の暗証番号を間違えると3分以内に赤松の携帯に連絡が行く

そこで富生は、金庫の番号をしるために粉をつかった。
そして暗証番号01358で構成されていることがわかる。
暗証番号は約12万通り。

富生は、赤松に関する数字をしらべて、いざ赤松の金庫へ向かう。
最初は
・赤松の誕生日5月31日
・赤松の住所
・部屋番号、会社設立日。。など試すがわからない。。

そばにいた未央が、”家族など大事にしていない”のことばである数字をひらめく富生。

それは1835年1月10日 福沢諭吉の誕生日。

金庫が空いたときに、赤松の金庫の中には120億の金額が。
翌日そのお金を盗む計画をした赤松と未央。

そして赤松のお金を盗む日に、赤松からある場所に呼ばれる。
それは梢の誕生会会場だった。

しかし追い返されて、赤松と富生は飲みに行く。
その時に赤松から衝撃的な事実をしる。
ホワイト化学は、青池会長によりつぶされたのだと

富生の父のホワイト化学は、ある時期まで健全な経営だった。
そしてある時に、青池会長がホワイト化学のホワイトプラスチックの特許に目をつけて、買収に乗り出した。

しかし富生の父は、その話を受け入れず会長は、青池グループに大量の発注を行うが、突然キャンセルする。

それにより、ホワイト化学は一気に経営難に

その後、青池グループが会社を乗っ取った。

その事実を知った富生は梢のもとに。
梢にホワイト化学の真実を話した後富生は梢に
・ずっと悪いと思っていた。
・お前は、優しくて正しい。
と思っていた。しかしその言葉訂正する。
さすが会長の孫。鬼だ。いや怪物がここにもいたんだな。と。

富生は
赤松は後回しだ。まずはホワイト化学を取り戻す。と決める。

銭の戦争8話予告あらすじ、ネタバレ

ホワイト化学が経営難に陥った裏に、早和子(ジュディ・オング)の思惑があったことを知った富生(草彅剛)は怒りを抑えきれない。

赤松(渡部篤郎)は、そんな富生をけしかけるかのように、早和子と特許庁の水越(浅野和之)という男が手を組み、ホワイト化学が出願した特許が下りないよう、画策していたことを教える。

翌日、青池ファイナンスの人間を装い水越を訪ねた富生は、ホワイト化学の件で捜査が入るかもしれないと揺さぶりをかけ、さらに、水越が早和子から金を受け取った証拠をつかもうと、彼の行動を徹底的に調べ始める。

赤松と手を組むことに反対しながらも、富生が再び無茶をしないか心配な未央(大島優子)もまた、ある場所へと潜入して……。

同じ頃、富生から話を聞いて早和子を信じられなくなった梢(木村文乃)は、独自に社内の金の流れを調べ始める。そして、早和子が隠してきた重大な秘密を知り、がくぜんとする。

そんなある日、富生のもとに水越と青池ファイナンスが接触するとの情報が入るが、何者かに尾行されていることに気付いた水越は接触直前に姿を消してしまう。

あきらめかけたその時、富生の携帯が鳴り、出ると相手は未央。

「今、水越を追いかけてる」――。その声を聞いた富生は、「水越には近づくな!」と告げ、慌ててその後を追うが……。

銭の戦争ホームページ引用

銭の戦争放送日

銭の戦争放送日は、毎週火曜日10時です。

銭の戦争主題歌

銭の戦争の主題歌は、SMAPの2015年最初のシングル華麗なる逆襲に決まりました。

銭の戦争の原作

”銭の戦争”の原作は、韓国のパク・イングゥンさん作品です。

銭の戦争出演者

主人公
・白石 富生 草彅剛さん

・紺野 未央 大島優子さん
・青池 梢 木村文乃さん
・桜田 慎一 高田翔さん
・円 あかね 新川優愛さん
・白石 孝夫 志賀廣太郎さん
・白石 三保子 木野花さん
・白石 光太郎 玉森裕太さん
・紅谷 裕蔵 津川雅彦さん
・青池 早和子 ジュディ・オングさん
・紺野 洋 大杉漣さん
・赤松 大介 渡部篤郎さん

銭の戦争前回までのあらすじ、視聴率、感想

・銭の戦争6話あらすじ、視聴率、感想こちら

銭の戦争5話あらすじ、視聴率、感想

銭の戦争4話あらすじ、視聴率、感想

銭の戦争3話あらすじ、視聴率、感想

銭の戦争2話あらすじ、視聴率

銭の戦争1話あらすじ、視聴率

ad

関連記事

ドラマ”花咲舞が黙ってない”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。花咲舞のはかない恋

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”7話視聴率、感想、

記事を読む

秋のドラマ相棒、偽装の夫婦、私の愛したお坊さんこの3作品が視聴率争い。。

秋のドラマが10月から始まります。注目作品相棒などご紹介します。 ・秋のドラマ(2015年)注目作

記事を読む

ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開します。

本文( 柳葉敏郎さんドラマ主演”あすなろ三三七拍子”に関する)内容 ・ドラマ”あすなろ三三七拍子”

記事を読む

HERO11話(最終回)あらすじ、視聴率、感想、まとめ、続編は?キャスト、出演者公開。久利生冤罪を国分に自供させる

本文( 木村拓哉さん主演ドラマ"HERO"に関する)内容 ・ドラマ"HERO"11話(最終回)視聴

記事を読む

ドラマ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」あらすじ、原作、脚本、主題歌、キャスト(出演者)。

ドラマ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」が始まります。 ・ドラマ「ゼロの真実~監察医・松本真央~」

記事を読む

大河ドラマ”軍師官兵衛”9話視聴率、感想、あらすじ、10話予告、ネタバレ。官兵衛と竹中半兵衛の考え方の違いがあらわになりました。

大河ドラマ”軍師官兵衛(岡田准一さん)”のサマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が9話視聴率

記事を読む

no image

仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言うとコインチェックのセキュリティ

記事を読む

相棒10話(正月スペシャル)あらすじ、視聴率、感想。11話あらすじ、ネタバレシーズン13。脚本、出演者公開します。

本文(”相棒シーズン13”に関する)内容まとめ ・相棒10話(正月スペシャル)視聴率、感想 ・相

記事を読む

武井咲さん主演ドラマ”ゼロの真実 監察医・松本真央”8話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ、総括。出演者、キャスト公開。真央の母の死の真実が明らかに。

本文(武井咲さん主演ドラマ”ゼロの真実 監察医・松本真央”に関する)内容 ・ドラマ”ゼロの真実~監

記事を読む

no image

ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」9話視聴率、あらすじ、感想。10話予告、ネタバレ。以前から桜宮巌雄の思想に安楽死が。。。

ドラマ「チーム・バチスタ4」の本文サマリー(要約) ・ドラマ「チーム・バチスタ4」9話視聴率、感想

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑