草彅剛さん主演”銭の戦争”1話あらすじ、視聴率、感想。2話ネタバレ、主題歌はSMAP、出演者公開。

公開日: : テレビ 視聴率, 銭の戦争

ドラマ”銭の戦争”の放送が、開始されました。
・1話視聴率、感想
・1話あらすじ
・2話予告あらすじ、ネタバレ
・”銭の戦争”主題歌
・”銭の戦争”出演者
公開します。
尚”銭の戦争”は、韓国で放送されかなりの高視聴率をたたき出したそうです。だから韓国語が堪能な草彅剛さんが、主演になったのでしょうか。

1話視聴率、感想

”銭の戦争”1話が放送されました。視聴率は後日公開します。


”銭の戦争”1話の感想は、草彅剛さん演じる優等生の外資証券マン富生が父の借金により自分の貯金もなくなり、会社も辞めさせられ、恋人とも別れてどん底まで落ちてしまった。今後どのように富生が、這い上がっていくのか。結構面白そうな感じがします。

1話あらすじ

婚約が決まった元東大での白石富生。
婚約パーティーを行っていた。

婚約パーティーに、婚約者青池梢の叔母はアオイケファイナンス社長も訪れていた。そんな中実家から電話が。
母からだった。

父親が逃げ出した。理由は、息子に黙っていた多額の借金で、取引先などが押し寄せていた。

父の借金の連帯保証人が、白石富生だった。
富生は、父の借金額を調べる。すると調べただけでも数千万を借りていた

闇金にも手を出していた。

富生は、
・父の工場の従業員給与
・銀行の借金
を返済した。
富生は知り合いに金を借りようと電話していたが、誰も貸してくれなかった。

そして家に帰るが、父は帰らずにそして母は倒れてしまった。脳出血だった。

富生闇金を無視していたが、会社にまで連絡してきて社内で立場が危うくなった。上司は、富生に無理難題を課して辞めさせようとしていた。

一方母の容態は、脳に血腫ができている。薬物療法で抑えていたが手術により除去は難しいとのことだった。

そんな時富生に警察から連絡があった。
そこには、父の遺体があった。自分で喉を切って自殺した。出血しだったという検死の結果だった。

会社に戻ると上司から呼ばれる。辞職を促され退職する。

一方青池は、大学時代に成功した人物に金を借りようと必死だった。
そんな時富生の恋人の青池の叔母から、呼ばれる。

叔母アオイケファイナンス会長が、富生に
今後孫とは会わないことを約束に、1000万円が突き出された
しかし、富生がその話を断った。

その後富生に弟から電話がかかってくる。
母の手術ができるという。しかしその医者は北海道にいるため旅費等でお金が必要だとのことだった

富生は、恋人の叔母の所へ向かった。そして1000万受け取る
その直後、債権を譲渡された人間に拉致された。1000万を横取りされることに。

富生は、殴られてその場にずっと倒れていた。その時偶然通りかかったのが、高校時代の教師紺野だった。

そして富生は、紺野の家で介抱される。
朝家を出て行った。

家に帰ると恋人の梢がいた。そこで梢に冷たい言葉をかけて、別れることとなった。

結局母は、再度CT画像により手術が無理なことがわかった。

富生の父親は、葬式が行われた。
そこで、参列者の従業員、取引先の人間が、父への不満が爆発した。

富生は出席している皆の前で
”親父が一番悪い。しかしここまで手のひら返されるほど悪い人間なのか?”
俺はなくしたもの、金で取り戻す”といいその場を立ち去ることに。

富生はどのように、金を稼いでいくのか。

2話予告あらすじ、ネタバレ

亡くなった父・孝夫(志賀廣太郎)の葬儀で、「金で失くしたもの全て、金で取り戻す」と宣言した富生(草彅剛)だったが、住所不定とあって再就職先はなかなか見つからない。

行く当てのない富生は紺野洋(大杉漣)の家を訪ねる。

しかし未央(大島優子)が洋の借金を知ってしまい、親子げんかを繰り広げていた。

あきれながらも、そんな洋の温かさに救われる富生。

それから数日後、手応えがあった会社からも不採用を告げられた富生は、路上生活を余儀なくされてしまう。

しかし、ルールを知らないためホームレスたちとトラブルを起こし、紅谷(津川雅彦)という謎の老人に助けられる。

聞けばホームレスから300億を動かす金貸しにまで上り詰めた男だと知り、借金を申し込むが、紅谷は取り合わず。

そんな富生の様子を祖母の早和子(ジュディ・オング)から聞いて心配になった元婚約者・梢(木村文乃)は富生に会いに公園へ行き…。

その頃、洋は赤松(渡部篤郎)から今月分の返済を迫られていた。

待ってほしいと頼むが取り合ってもらえず嫌がらせが始まる。

未央は、仕事先で声をかけられた高級レストラン経営者・植草(丸山智己)と食事をするが…。

一方、自分も金貸しを始めようと考えた富生は、紅谷について回るがノウハウを教えてもらうどころか、食い逃げ犯に仕立て上げられる始末。

それでもあきらめない富生に対し、紅谷は「お前に、借金の取り立てができるか?」と、食い逃げした定食屋への借金取り立てを任すが…?

銭の戦争ホームページ引用

銭の戦争放送日

銭の戦争のスペシャル放送は、1月6日9時からです。
毎週火曜日10時です。

”銭の戦争”主題歌

銭の戦争の主題歌は、SMAPの2015年最初のシングル華麗なる逆襲に決まりました。

”銭の戦争”の原作

”銭の戦争”の原作は、韓国のパク・イングゥンさん作品です。

”銭の戦争”出演者

主人公
・白石 富生 草彅剛さん

・紺野 未央 大島優子さん
・青池 梢 木村文乃さん
・桜田 慎一 高田翔さん
・円 あかね 新川優愛さん
・白石 孝夫 志賀廣太郎さん
・白石 三保子 木野花さん
・白石 光太郎 玉森裕太さん
・紅谷 裕蔵 津川雅彦さん
・青池 早和子 ジュディ・オングさん
・紺野 洋 大杉漣さん
・赤松 大介 渡部篤郎さん

ad

関連記事

DEATH NOTE(デスノート)父も死ぬ。10話あらすじ、視聴率、感想、動画。最終話予告。出演者

窪田正孝さん主演ドラマDEATH NOTE(デスノート) ・10話視聴率、感想、動画 ・10話あ

記事を読む

ごめんね青春あらすじ7話、予告あらすじ8話、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。中井が転向することに。

本文(ごめんね青春に関する)内容 ・ごめんね青春7話視聴率、感想 ・ごめんね青春7話あらすじ

記事を読む

1話視聴率更新。主演武井咲さんドラマエイジハラスメント。1話あらすじ、視聴率、感想。2話予告あらすじ、原作、出演者、主題歌、放送日。

武井咲さん主演ドラマエイジハラスメントの1話 ・エイジハラスメント1話視聴率、感想 ・エイジハラ

記事を読む

2014年夏のドラマ放送日時、主題歌、原作、キャスト(出演者)公開。木村拓哉さん主演HERO、若者たち(若者達)、同窓生、GTO、金田一少年の事件簿Nなど期待ドラマが一杯です。

2014年春のドラマがまもなく終了し、2014年夏のドラマが始まります。 2014年期待の夏のドラ

記事を読む

松雪泰子さん主演ドラマ家族狩り8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告あらすじ、ネタバレ 。主題歌、キャスト、出演者を公開

本文( 松雪泰子さん主演ドラマ”家族狩り”に関する)内容 ・ドラマ”家族狩り”8話視聴率、感想

記事を読む

刑事7人最終話あらすじ。視聴率、感想。まとめ

東山紀之さん主演ドラマ刑事7人 ・最終話視聴率、感想 ・最終話あらすじ ・刑事7人まとめ

記事を読む

ドクターx10話あらすじ、視聴率、感想。最終回(11話)予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者。大門が富士川のオペをフォローする。

ドクターx(Docter-x)に関する内容 ・ドクターx10話視聴率、感想 ・ドクターx10話あ

記事を読む

松雪泰子さん主演ドラマ家族狩り10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ。主題歌、キャスト、出演者公開。この世には”家族を開く”ことが大事なのかもしれません

本文( 松雪泰子さん主演ドラマ”家族狩り”に関する)内容 ・ドラマ”家族狩り”10話(最終回)視聴

記事を読む

リスクの神様最終話30年前の資源採掘に関する謎が明らかに。あらすじ、視聴率。

堤真一さん主演ドラマリスクの神様 ・視聴率 ・あらすじ、動画 ・リスクの神様のまとめ ・原作

記事を読む

小泉孝太郎さん主演ドラマペテロの葬列8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者

本文( 小泉孝太郎さん主演ドラマペテロの葬列に関する)内容 ・ドラマペテロの葬列8話視聴率、感想

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑