ドラマ「相棒」シーズン12。第14話視聴率、あらすじ、感想。第15話予告、ネタバレ。キャストは水谷豊さん、成宮寛貴さん他。

公開日: : 最終更新日:2014/10/02 テレビ 視聴率 , , ,

ドラマ「相棒」シーズン12本文(サマリー)

・ドラマ「相棒」シーズン12の第14話視聴率、感想
・ドラマ「相棒」シーズン12の視聴率経緯
・ドラマ「相棒」シーズン12の第14話あらすじ
・ドラマ「相棒」シーズン12の第15話予告、ネタバレ
・ドラマ「相棒」シーズン12の過去の記事
を公開します。
相棒season13(シーズン13)放送開始
相棒season13(シーズン13)。あらすじ。1話ネタバレ、出演者、キャスト。相棒season12(シーズン12)あらすじ、視聴率。杉下右京と甲斐亨が今回はどんな難事件を解決してくれるのか

ドラマ「相棒」シーズン12の第14話が放送されました。現在冬のドラマ視聴率首位に立っています。視聴率はどうだったのでしょう。

ドラマ「相棒」シーズン12の第14話視聴率、感想

ドラマ「相棒」シーズン12第14話視聴率は17.6%でした。第13話17.4%でしたのであまり変化はなく安定しています。

ドラマ「相棒」シーズン12第14話の感想ですが、顔認証システムを使った殺人でだったのですが、まさか2人とも殺害しそして同じミスを行った展開が、事件を難解にしたことで右京の推理がいきた面白い回でした。

ドラマ「相棒」シーズン12の視聴率経緯

「相棒」シーズン12視聴率は視聴率推移を見てみましょう。尚冬のドラマと比較するため2014年放送されたもので比べます。

第11話 16.2%
第12話 18.6%
第13話 17.4%
第14話 17.6%
※第10話元旦スペシャルは19.2%でした。

相棒は本当に安定した視聴率です。それが2014年の民放の視聴率best1になっています。

ドラマ「相棒」シーズン12の第14話あらすじ

上野という男の遺体が自室で発見された。首つり自殺に見せかけた他殺と判明。享が偶然第一発見者となったことから右京も捜査。

パブのホステスに片思いし、ホステスの元彼から金を脅しとられていたという。上野は会社で上司の炭谷によると友人も少なく、黙々と仕事をしては昼休み1人でスマホでゲームをしていた。

殺害された上野はなんと整形していた。そこで上野の会社のクライアントでもある美容外科クリニックを訪ね、院長の聡美に上野が整形した画像をみせて意見を求める。

そして右京は、上野のと同じ顔がいることを突きとめる。しかもおかしなことが判明する。整形を行うことで2人の上野が存在することになったのだ。なぜ整形した人間が上野の顔にしなければならないのか。

右京は考え、その謎が顔認証システムに関係することをつきとめた。

犯人は炭谷でなんと炭谷は上野のみならず顔を上野に整形した人物までも殺害していたのだ。

炭谷が上野を殺害したのは、上野が会社の情報をマスコミにながしその事実をしった炭谷が上野をしかっていた。その時に炭谷は上野の手を跳ね除けた。

上野が後ろへのけぞり頭を打って、亡くなってしまったのだ。

しかしその上野を殺害した現場が、会社の顔認証システムでのみ開閉できない部屋であった。その部屋の上野の死体を処理するために、上野の顔を整形で生み出してもらい顔認証システムで上野の死体を処理しようとしたのだ。

その際に上野の顔に整形した人物も、顔認証で開いた部屋の上野の死体を見たため、炭谷はころしたのだ。

まさに罪に罪を重ねるとはこのことですね。

ドラマ「相棒」シーズン12の第15話予告、ネタバレ

「見知らぬ共犯者」

辛口で知られる評論家の山路が何者かに殺害された。山路は様々な分野で持論を展開、雑誌界のご意見番とも呼ばれていた。

ただ辛口故にうらまれることも多い。
昔は人気俳優の有村を「実力ゼロ」とこき下ろし、人気が低迷した有村は逃げるように日本を離れた。

その有村が数年ぶりに帰国し、舞台の凱旋公演を行うこととなった。

敵の多い山路に興味を抱いた右京は、享と山路の部屋を調べるが、キレイに片づいている室内に違和感を覚える。

普通評論家なら多くの資料が書斎にあり資料などが散らばり、録画機材などもたくさんあり、雑然としているはずだが…。その部屋の雰囲気に違和感を感じる。

山路の敵は多くいるが、山路の記事を読んだ右京らは、山路の発言をきっかけに他の雑誌なども迎合し、一気に世間全体が批判的になっていくという流れがあったことに気付おた。

そのうちの一人、女優の大倉奈津も山路の批判記事をきっかけにバッシングに遭っていたことが判明。

容疑者として 捜査一課、伊丹らは容疑者として奈津の父親・大倉を事情をきく。大倉は犯行を自供することに。

しかし、右京は証言に疑問を抱く。本当に大倉は山路を殴り殺したのか?右京の中に芽生えたささやかな疑問。。。

ドラマ「相棒」シーズン12の過去の記事

キャスト 水谷豊さん、成宮寛貴さん”相棒12”第13話視聴率、あらすじ、感想をお伝えします。第14話予告、ネタバレ。元旦スペシャルの視聴率は?

相棒12元旦正月スペシャル第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 。視聴率19.6%成宮大活躍。 キャストで宇崎竜童も参加。第11話 あらすじ

「相棒」第9話で視聴率上昇。最終回(第10話)は2014年正月にスペシャルで豪華キャストを迎えて。享(成宮さん)の身に。

6月に”出張徹子の部屋”に出演した水谷豊さん伊藤蘭さん。「相棒12」も視聴率好調。今度は映画化。水谷豊さんの長女と田島優成さんの関係は?

ad

関連記事

井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。挿入歌、キャスト、出演者を公開

本文(井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”に関する)内容 ・ドラ

記事を読む

花燃ゆ14話あらすじ、感想、視聴率。15話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。寅次郎が暴走し暗殺を計画。

NHK大河ドラマ花燃ゆ14話が放送されました。 ・花燃ゆ14話視聴率、感想 ・花燃ゆ14話あらす

記事を読む

北川景子さん、川口春奈さん出演”探偵の探偵”。見所、出演者、原作、主題歌、放送日時、1話あらすじ公開

北川景子さん主演ドラマ探偵の探偵が放送を開始します。 ・”探偵の探偵”概要、見所 ・”探偵の探偵

記事を読む

視聴率更新。アイムホーム4話あらすじ、感想、視聴率、5話予告。SMAP木村拓哉さん、上戸彩さん主演。久が、自分の過去を知るほど困惑する。

SMAP木村拓哉さん、上戸彩さん主演のドラマアイムホーム4話が放送されました。 ・アイムホーム4話

記事を読む

視聴率更新。アイムホーム5話あらすじ、感想、視聴率、6話予告。SMAP木村拓哉さん、上戸彩さん主演。恵と良雄はまだマスクを仮面を被っている

SMAP木村拓哉さん、上戸彩さん主演のドラマアイムホーム4話が放送されました。 ・アイムホーム5話

記事を読む

吉高由里子さん主演NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”21週視聴率、感想、あらすじ。22週予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者も公開。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・ドラマ”花子とアン”の21週視聴率、

記事を読む

ドラマ”MOZU”(もず)の5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。葵美の争奪戦東が勝つか倉木が勝つか。。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の5話視聴率、感想

記事を読む

ごめんね青春3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。合同文化祭を実現するためにあらた条件が。

本文(ごめんね青春に関する)内容 ・ごめんね青春3話視聴率、感想 ・ごめんね青春3話あらすじ

記事を読む

no image

大河ドラマ”軍師官兵衛”10話視聴率、感想、あらすじ、11話予告、ネタバレ。官兵衛は軍師として毛利の大軍に退却させる。。

大河ドラマ”軍師官兵衛(岡田准一さん)”のサマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が10話視聴

記事を読む

5時から9時まで私に恋したお坊さん1話お坊さんの星川が、潤子に一目ぼれ視聴率、感想

5時から9時まで私に恋したお坊さんまとめ ・5時から9時まで私に恋したお坊さん視聴率、感想、動画

記事を読む

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑