相棒season13(シーズン13)。あらすじ。1話ネタバレ、出演者、キャスト。相棒season12(シーズン12)あらすじ、視聴率。杉下右京と甲斐亨が今回はどんな難事件を解決してくれるのか。

公開日: : 最終更新日:2014/10/03 テレビ 視聴率, 感想, 相棒

本文(”相棒season13”に関する)内容まとめ

・相棒season13あらすじ、概要、見所
・相棒season131話予告あらすじ、ネタバレ
・相棒season13原作、脚本
・相棒season13主題歌、放送日
・相棒season13挿入歌
・相棒season13出演者、キャスト
・相棒”season12”2014年放送から最終回までのあらすじ
・相棒”season12”2014年放送から最終回までの視聴率
・外部リンク
を公開します。ご覧下さい。

相棒season13あらすじ、概要、見所

相棒が帰ってきます。今回はseason13となり13作目です。
昨年も半年間放送だったのですが、おそらく今年も2014年秋から2015年3月までの放送となると思います。

相棒season13あらすじ、概要

警視庁の特命係の杉下右京

冷静かつ優れた推理力で難事件を解決していく物語。その特命係に右京の相棒として
・亀山
・神戸(かんべ)
甲斐亨
が担当。現在は甲斐が担当し、父親は警察庁次長。尚甲斐は、杉下が引き抜いた唯一の人物。

season13では、二人がどんな活躍を見せてくれるのでしょう。

相棒season131話予告あらすじ、ネタバレ

ファントム・アサシン
今回は特別ゲストに仲間由紀恵さん。

仲間由紀恵さんは、内閣情報調査室のキャリア官僚。
内閣情報調査室から警視庁へ出向。

内閣情報調査室はとは

内閣情報調査室は、内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務を担当しており、内閣情報官のもとで、次長及び総務部門、国内部門、国際部門、経済部門、内閣情報集約センター並びに内閣衛星情報センターで分担し、処理しています。
内閣官房HPより引用。

尚日本のCIAとも言われていますが、実際の職員の行動は極秘裏にされている部分もあります。

その時に杉下右京と甲斐亨が連続殺人追っていると極秘ファイルを手に入れる。

今回仲間由紀恵さんが演じる内閣情報調査室のキャリア官僚は、敵なのか見方なのか。非常に楽しみです。

相棒season13見所

相棒の見所としては、いつものことですが事件にどんな秘密が隠されているか。杉下が解明していく過程が見所です。

他には
・捜査一課の伊丹と杉下、甲斐との絡み
米沢の鑑識能力
などあります。

安定した面白さを保っていることが、見所なのかもしれません。

相棒season13原作、脚本

相棒の原作、脚本は、複数の脚本家による書下ろしとなります。

相棒season13主題歌、放送日

相棒season13の主題歌は、毎回のごとくないと思われます。

相棒season13の放送日は、10月15日水曜日20時からです。

尚通常放送は、水曜日21時です。

相棒season13出演者、キャスト

相棒season13の出演者、キャストは、

杉下 右京水谷豊さん
甲斐 享成宮寛貴さん
・月本 幸子:鈴木杏樹さん
・笛吹 悦子:真飛聖さん
甲斐享の年上の恋人。
伊丹 憲一川原和久さん
・芹沢 慶二:山中崇史さん
米沢 守六角精児さん
・角田 六郎:山西惇さん
大河内 春樹神保悟志さん
甲斐 峯秋石坂浩二さん
などです。

相棒”season12”2014年放送から最終回までのあらすじ

ドラマ「相棒」シーズン12。最終回(19話)視聴率、あらすじ、感想。最終回を迎えてまとめ。さすが官房長でしたね。

ドラマ「相棒」シーズン12。18話視聴率、あらすじ、感想。19話予告、ネタバレ。右京と亨の休日が。。

ドラマ「相棒」シーズン12。17話視聴率、あらすじ、感想。18話予告、ネタバレ。ヒーローと憎しみの矛盾に生きる青年。

ドラマ「相棒」シーズン12。第16話視聴率、あらすじ、感想。第17話予告、ネタバレ。

ドラマ「相棒」シーズン12。第15話視聴率、あらすじ、感想。第16話予告、ネタバレ。キャストは水谷豊さん、成宮寛

ドラマ「相棒」シーズン12。第14話視聴率、あらすじ、感想。第15話予告、ネタバレ。キャストは水谷豊さん、成宮寛貴さん他。

キャスト 水谷豊さん、成宮寛貴さん”相棒12”第13話視聴率、あらすじ、感想をお伝えします。第14話予告、ネタバレ。元旦スペシャルの視聴率は?

相棒12元旦正月スペシャル第10話「ボマー~狙撃容疑者特命係・甲斐享を射殺せよ!」 。視聴率19.6%成宮大活躍。 キャストで宇崎竜童も参加。第11話 あらすじ

「相棒」第9話で視聴率上昇。最終回(第10話)は2014年正月にスペシャルで豪華キャストを迎えて。享(成宮さん)の身に。

6月に”出張徹子の部屋”に出演した水谷豊さん伊藤蘭さん。「相棒12」も視聴率好調。今度は映画化。水谷豊さんの長女と田島優成さんの関係は?

相棒”season12”2014年放送から最終回までの視聴率

2014年元旦から最終回までの視聴率推移です。
11話 16.2%
12話 18.6%
13話 17.4%
14話 17.6%
15話 15.6%
16話 14.9%
17話 14.4%
18話 15.2%
最終回(19話) 19.6%
※第10話元旦スペシャルは19.2%でした。

season12も視聴率は安定していました。season13も視聴率は安定した高視聴率を獲得するでしょう

外部リンク

相棒season13HP

相棒スタッフブログ

内閣官房HP

ad

関連記事

1話視聴率更新。EXILEのAKIRAさん主演”HEAT”1話あらすじ、視聴率、感想。プロジェクト進行のために消防団に入るタツヤ。2話予告あらすじ、出演者、主題歌、原作

EXILEのAKIRAさん主演ドラマHEAT1話放送を開始します。 ・”HEAT”1話視聴率、感想

記事を読む

軍師官兵衛42話あらすじ、43話予告あらすじ、ネタバレ。視聴率、感想、キャスト、出演者。三成の術中にはまる官兵衛

本文( 軍師官兵衛に関する)内容 ・軍師官兵衛42話視聴率、感想 ・軍師官兵衛視聴率推移 ・軍

記事を読む

視聴率更新。アルジャーノンに花束を最終話(最終回)あらすじ。梨央の病気は治ったが、咲人は、副作用で昔の自分に戻る。。感想、視聴率、まとめ。

山下智久さん主演、アルジャーノンに花束を最終話が放送されました。 ・アルジャーノンに花束を最終話(

記事を読む

ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者。

本文内容 ドラマ柳葉敏郎さん主演あすなろ三三七拍子 ・2話視聴率、感想 ・2話あらすじ ・3

記事を読む

主演ビートたけしさん、共演瑛太さん、竹内結子さん来年正月ドラマ「黒い福音」楽しみですね。ところでたけしさんの年収、事故?山本太郎 さんにご立腹?

ビートたけしさんが久しぶりドラマ主役で出演です。 以前も松本成長原作のスペシャルドラマ

記事を読む

遠藤憲一さん、菅田将暉さんの主演民王4話あらすじ。視聴率、感想。5話予告、原作、出演者、主題歌

遠藤憲一さん、菅田将暉さんのダブル主演ドラマ民王 ・4話視聴率、感想 ・4話あらすじ ・5話予

記事を読む

ドクターx10話あらすじ、視聴率、感想。最終回(11話)予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者。大門が富士川のオペをフォローする。

ドクターx(Docter-x)に関する内容 ・ドクターx10話視聴率、感想 ・ドクターx10話あ

記事を読む

視聴率更新。○○妻(まるまるづま)9話あらすじ、感想、視聴率。最終話(10話)予告。東山紀之さん、柴咲コウさん、蓮佛美沙子さん出演。主題歌椎名林檎。ひかりと正純は再度結ばれる。

東山紀之さんと柴咲コウさん主演の○○妻(まるまるづま)9話が放送されました。 ・○○妻(まるまるづ

記事を読む

視聴率更新。銭の戦争6話あらすじ、視聴率、感想。7話予告、主題歌SMAP、出演者草彅剛さん、大島優子さん、渡部篤郎さんほか。

・銭の戦争6話視聴率、感想 ・銭の戦争6話あらすじ ・銭の戦争7話予告あらすじ、ネタバレ ・銭

記事を読む

ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」第4話視聴率、あらすじ、感想。第5話予告、ネタバレ。

伊藤淳史さんと仲村トオルさん主演のドラマ「チーム・バチスタ4」第4話が放送されました。視聴率はどうだ

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑