ごめんね青春あらすじ、視聴率、感想9話。予告あらすじ最終回(10話)、ネタバレ。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。平助がりさに三女放火を告白する

公開日: : ごめんね青春, テレビ 視聴率

本文(ごめんね青春に関する)内容

・ごめんね青春9話視聴率、感想
・ごめんね青春9話あらすじ
・ごめんね青春最終回(10話)予告あらすじ、ネタバレ
・ごめんね青春原作、脚本
・ごめんね青春主題歌、放送日
・ごめんね青春挿入歌
・ごめんね青春出演者、キャスト
・ごめんね青春の関連記事
を公開します。ご覧下さい。

ごめんね青春話視聴率、感想

ごめんね青春9話が放送されました。視聴率は後日公開します。
ごめんね青春8話視聴率は8.8%でした。

ごめんね青春9話の感想としては、平助が蜂谷先生に自分が三女を放火したことを告白しました。それを聞いたら蜂谷先生が一緒に乗り越えようという。

ごめんね青春9話あらすじ

東高に蜂谷の姉祐子が現れる。
フリーライターとして合同文化祭を取材することに。

蜂谷は姉が現れて混乱する。
祐子が、あるとき三女の火事の件警察に問い合わせると花火の跡があったという。平助はこころ痛める。

祐子が父と再会し、父は謝る。
祐子が、実家にいることで居づらくなっていた妹の蜂谷りさは平助の家に泊めてもらうことに

そこには平助の父の再婚相手がいた。すごくいい人で料理も上手だった。

平助の父平太は、ある日ラジオに投稿した。そこで
母は急性心筋梗塞でなくなった
そして最後の言葉が”あー。面白かった”といった。

平太のラジオでのごめんねを聞いて。せつこは、お寺をさることに

平太は平助にある告白をする。
火事の件で警察が、平助の家にきていたことをいう。
平助は動揺する。

しかしその時平太は息子を信じて、警察に事実を話し帰ったという父と母は、平助の三女の火事の件を知っているんじゃないかと思った。

文化祭前夜に、平助はりさを呼び出す。平助は
”文化祭おわったら教師をやめる”という。
”裕子にあの晩一緒に花火しよう”
といった。しかし当日こなかった。

東高の屋上にいた平助は、花火の明かりで三女の屋上で、裕子とさとしがキスをしていた。
それをみて、三女に花火を打ち込んだ。
と告白した。

三女の火事の原因は、原先生だった。と驚く蜂谷。

蜂谷は
あやまって。あなたのせいで姉は、父は
”なんで黙ってたの?明日文化祭”
”すきって言ったのに。なんで”
という。

平助は
”俺が、蜂谷先生のことが好きです”
”火事のことを正当化しません”
”蜂谷先生あなたのことが好きです。大好きです”
”理由はわかりません。”

すると蜂谷は
”私たちが運命で結ばれているからです”
今は放火の件は、許しませんけど乗り越えましょう”と。
最後に”ちゃんとご飯食べてください”といって去った。

ついに東高、三女の合同文化祭。青春祭が始まる。

ごめんね青春最終回(10話)予告あらすじ、ネタバレ

引用 ごめんね青春ホームページ

ごめんね青春原作、脚本

ごめんね青春の原作、脚本は、宮藤官九郎さんの書下ろしとなります。

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 – )は、日本の脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、映画監督、演出家、ミュージシャン、濡れ場評論家。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身。劇団大人計画所属。

愛称は「クドカン」「くんく」「クン兄」。及川光博からは「カンクちゃん」と呼ばれたことがある。

妻は振付師の八反田リコ。血液型はO型。身長176.5cm(宮藤官九郎の小部屋にて、「.5がミソです。つーかたぶん177です」と語っている)。2005年に第1子(長女)が誕生。

代表作品
ドラマ
・池袋ウエストゲートパーク
・木更津キャッツアイ
・マンハッタンラブストーリー
・うぬぼれ刑事
あまちゃん

映画
・ピンポン
・木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
・真夜中の弥次さん喜多さん
・舞妓Haaaan!!!』
など
一部引用 wikipedia

宮藤 官九郎さんといえばもう一つの顔は、バンドグループ魂です。

バンドの中では、ギターを担当し”君にジュースを買ってあげる”の極ではNHK紅白歌合戦にも出場しています。

非常に痛快な歌詞と音楽で、個人的にも好きなバンドです。

バンドメンバーには、特徴的な演技をする俳優阿部サダヲさんもいます。ちなみに担当はボーカルです。

ごめんね青春主題歌、放送日

ごめんね青春の主題歌は、関ジャニ∞言ったじゃないか”に決まりました。

ごめんね青春の放送日時は、10月12日日曜21時からです。

ごめんね青春挿入歌

ごめんね青春のドラマの挿入歌の担当は、THE BLUE HEARTSザ・クロマニヨンズギターリストな真島昌利が始めて担当することになりました。

非常に楽しみですね。

ごめんね青春出演者、キャスト

ごめんね青春の出演者、キャストは、
原 平助錦戸 亮さん
蜂矢りさ満島ひかりさん
・蔦谷サトシ:永山絢斗さん
・山田・ビルケンシュトック・京子:トリンドル玲奈さん
・神保 愛:川栄李奈さん
・古井 豊:矢本悠馬さん
・吉井良江:斉藤由貴さん
・原みゆき:森下愛子さん
原 一平えなりかずきさん
・原エレナ:中村静香さん
・淡島 舞:坂井真紀さん
・三宮大三郎:生瀬勝久さん
原 平太風間杜夫さん

など非常に楽しみな出演者です。

ごめんね青春の関連記事

ごめんね青春あらすじ8話、予告あらすじ9話、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。蜂谷が平助に愛の告白をする

ごめんね青春あらすじ7話、予告あらすじ8話、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。中井が転向することに。

ごめんね青春あらすじ、予告あらすじ6話、7話ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。中井が転校することに。

ごめんね青春5話あらすじ、6話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。吉井の秘密が

ごめんね青春4話あらすじ、5話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。平助とりの関係に変化が。

ごめんね青春3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。合同文化祭を実現するためにあらた条件が。

ごめんね青春2話あらすじ、3話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。合同文化祭を行うことに。

原作、脚本宮藤官九郎さんドラマ”ごめんね青春”あらすじ、1話予告

ad

関連記事

saigonos

日曜劇場TBS「S―最後の警官―」視聴率は? 向井理さんかっこよかったですね。感想はどうでしたか?主題歌安室奈美恵さん。

今年の冬のドラマで個人的に一番期待していた「S―最後の警官―」。私も見ていましたが感想としては、期待

記事を読む

sityouritu

2015年夏ドラマ視聴率ランキング1位花咲舞が黙ってない。2位DEATH NOTE(デスノート)。3位恋仲。(9月1日)

2015年夏ドラマの放送が終盤になりました。 ・2015年夏ドラマ視聴率ランキング(9月1日)

記事を読む

9kakari6

ドラマ警視庁捜査一課9係6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開。

本文( ドラマ警視庁捜査一課9係に関する)内容 ・ドラマ警視庁捜査一課9係6話視聴率、感想 ・ド

記事を読む

hanasakimai

2014年春のドラマ視聴率、評判ランキング。視聴率1位は”花咲舞が黙ってない”。お勧め、注目1位は”The long goodbye(ロンググッドバイ)”上昇中は”border(ボーダー)”

2014年春のドラマ視聴率ランキング(5月8日現在) 2014年春のドラマでの視聴率ランキングは

記事を読む

wakamonotati9

妻夫木聡さん、瑛太さん主演ドラマ”若者たち2014”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者。暁が多香子に愛の告白をする。

本文(ドラマ”若者たち2014”に関する)内容 ・ドラマ”若者たち2014”9話視聴率、感想 ・

記事を読む

kinndaiti1

山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ

本文内容 ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”の放送が始まりました。このドラマの ・1話視聴

記事を読む

aosimaseisakusyo

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の9話(最終回)視聴率、感想、あらすじ。イツワ電器と青島製作所の野球とコンペの対決は、沖原と細川の活躍で青島製作所が勝利しました。

本文(ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”)サマリー(目次) ・ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”の9話

記事を読む

wagaya7

視聴率更新。嵐相場さん主演ようこそ、わが家へ7話あらすじ、視聴率、感想、8話予告。沢尻えりかさんは、さすがに演技がうまいですね。

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ7話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

ドラマ”隠蔽捜査”TBS最終回(11話)視聴率、感想、あらすじ。議員誘拐の裏側には何が。。

ドラマ”隠蔽捜査”サマリー(要約) ・ドラマ”隠蔽捜査”が最終回(11話)視聴率、感想 ・ドラマ

記事を読む

docter

ドクターx、相棒、モッサンなど2014秋ドラマ紹介。視聴率予想。

本文(2014秋のドラマ)内容まとめ ・2014秋の注目のドラマ ・2014秋のドラマ視聴率予想

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑