すべてがFになる1話あらすじ、2話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。キャスト、出演者。密室殺人の謎に挑む西之園

公開日: : テレビ 視聴率, すべてがFになる

本文(すべてがFになるに関する)内容

・すべてがFになる1話視聴率、感想
・すべてがFになる1話あらすじ
・すべてがFになる2話予告あらすじ、ネタバレ
・すべてがFになる主題歌
・すべてがFになる挿入歌
・すべてがFになるの出演者、キャスト
・すべてがFになる関連記事
を公開します。ご覧下さい。

すべてがFになる1話視聴率、感想

すべてがFになる1話が放送されました。視聴率は後日公開します。

すべてがFになる1話感想は、今回は密室殺人に挑む西之園。しかし殺人を調べている中、西之園も密室でー20度の部屋の中に閉じ込められる。西之園の運命は。

すべてがFになる1話あらすじ

天才プログラマー真賀田と西之園萌絵が面会する。

真賀田は、ずっと地下で住んでいた。そして両親を殺害する。
真賀田は”お人形が殺害した”話す

そして動機は”外に出たかったから”と話す。
西之園も目の前で両親をなくした。

真賀田は”犀川が好きである”ということを言い当てる。

最後に西之園は真賀田に
あなたは誰ですか
またお会いできますか?
と聞く。

すると真賀田は”すべてがFになったら”という。

西之園の父は、神南大の前総長だった。

ある時、西之園と犀川創平准教授は、極地研究所の喜多准教授のもとを訪れる。

極地研究所では、-20度の中で実験を行っていた。
そこには木熊教授、一ノ瀬などがいた。

実験の後、実験室内で打ち上げを行う。しかし実験に参加した三輪と服部が姿を見せない。

そしてみんな三輪と服部を探し出すと実験準備室で、三輪と服部は二人とも背中を指されて殺害されていた

非常口と実験準備室のドアから以外から出入りされたことが形跡がない。つまり密室殺人だった。

西之園は、実験準備室にあるシャッターから犯人は出入りしたと推理した。

しかしシャッターは壊れていた。

久しぶりに弓道部に向かう西之園。
そこで三輪と服部が付き合っていた事実を知る

西之園は、もう一つある事実をしることに。
二年前ゼミ管失踪事件。二年前失踪した増田だった。その増田が殺害したのではないかと、西之園は推理した。

その推理を聞いた犀川は、疑問点を挙げる
今回の密室の事件に関して、犯人にメリットがない
つまり密室は不必要なのだ。
・それよりも最大のポイントは、犯罪に使われた凶器が隠されていたことだ。という。

西之園は、極地研究所である事実を知る。計測室に秘められた空間がある。それはダクトスペースだった。

そして西之園と喜多は、そのダクトを調べる。
そこには、ミイラ化した遺体が発見された。それが増田だった。

増田は、睡眠薬を服用し自殺したと考えられる

増田は、失踪する前に三輪にナイフを向けていた
そして失踪する前に”しか”という言葉を発言していた。

西之園は、極地研究所に忍び込み増田のパソコンデータを手に入れた。しかしそこで防寒装備をした人物から実験室で水の中に落とされる。

実験室を密室にされて、実験室の気温を低下させられる。そして実験室-20度に。西之園の運命は。

すべてがFになる2話予告あらすじ、ネタバレ

何者かにより低温実験室に閉じ込められた萌絵(武井咲)は、犀川(綾野剛)に救助され一命を取り留める。

集中治療室に運ばれた萌絵の元へ、叔父の捷輔(吉田鋼太郎)がやってくる。捷輔は犀川に、萌絵が事件のことを調べているのは、犀川に認められたいからだろう、と話した。

翌朝、一般病棟に移った萌絵のそばには犀川がいた。

犀川は萌絵に、犯人の目星が付いているだろう、誰だと思うか、と聞く。萌絵は、犀川の推察と同じだと答え、自分の代わりにそれを確かめて来てほしいと頼む。

同じ頃、極地環境研究センターに里佳(市川由衣)が出勤して来る。早い出勤に驚く守衛に里佳は、出張先から直接戻ったのだ、と明かした。

その頃、研究センターに着いた犀川は、悲鳴を聞いて建物に駆け込む。実験室付近の階段の下に木熊(平田満)が倒れていて、隣では里佳が震えていた。

現場に到着した刑事の鵜飼(戸次重幸)は、同じ場所から4つも遺体が出るとは狂っている、とため息をもらす。

犀川は、そんな鵜飼から情報を収集し考察を重ねる。さらに、喜多(小澤征悦)に亡くなった増田のパソコンに残された「shika」というフォルダについて聞くと、喜多は、誰かの登録名では、と答える。

研究室に戻った犀川は、桃子(水沢エレナ)から、犀川のパソコンのセキュリティーが何者かによって破られていたことを聞く。

やがて犀川は誰かにメールを打つ。手法はすべて自明――、と書き始めた相手は、shikaだった。

すべてがFになるの原作、脚本

すべてがFになるの原作は、森博嗣さんの累計350万部のベストセラー”すべてがFになる”です。

今回は「S&Mシリーズ」をドラマ化することになりました。
注目する点は、2話完結の形でドラマ化されたことです

すべてがFになるの主題歌、放送日時 

すべてがFになるの主題歌は、まだ公開されていません。

すべてがFになるの放送日時は、毎週火曜日21時からです。

すべてがFになるの挿入歌

すべてがFになるの主題歌は、まだ公開されていません。

すべてがFになるの出演者、キャスト

すべてがFになるの出演者、キャストは、

・西之園萌絵(にしのその・もえ):武井咲さん
プロフィール
莫大な資産家の家に育った世間知らずながら、抜群の瞬発力と発想力を持ち、驚異的な計算能力を有する理系女子

・犀川創平(さいかわ・そうへい):綾野剛さん
プロフィール
少し変わり者のクールな2枚目で、ズボラな性格ながら、警察からも頼られるほどの天才的な分析力と考察力の持ち主。

・天才プログラマー・真賀田四季(まがた・しき):早見あかりさん
※アイドルグループももいろクローバーの元メンバー

などです。他どのようなキャストが出演するのか楽しみです。

すべてがFになる関連記事

”すべてがFになる”ドラマあらすじ、原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者を公開。ドラマ初主演の綾野剛さん

ad

関連記事

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開。城西支部のチームプレー?

本文( 木村拓哉さん主演ドラマ"HERO"に関する)内容 ・ドラマ"HERO"9話視聴率、感想

記事を読む

2013年ドラマ視聴率ベスト10は。1位「半沢直樹」2位「ドクターx」3位「ガリレオ」10位にはなんと「Woman」が!

それでは、2013年ドラマ視聴率ベスト10を発表します。 2013年ドラマ視聴率ベスト3 201

記事を読む

ドラマ”MOZU”(もず)の4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。爆破事故の裏には公安が。

本文(ドラマ”MOZU”(百舌)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(百舌)の4話視聴率、感想

記事を読む

視聴率更新。警視庁捜査一課9係シーズン10あらすじ2話、3話予告あらすじ、視聴率、感想、原作、主題歌。渡瀬恒彦さん、V6井ノ原快彦さん出演。事件の鍵はコンソメスープでした。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の2話が放送されました。 ・

記事を読む

視聴率更新。”医師たちの恋愛事情”8話あらすじ。手術拒否の患者と格闘する春樹、千鶴、宗太郎。感想、視聴率、9話予告。

医師たちの恋愛事情8話が放送されました。 ・医師たちの恋愛事情8話視聴率、感想 ・医師たちの恋愛

記事を読む

速報2014年春のドラマ視聴率、評判ランキング(5月21日現在)。視聴率ダントツ1位は”花咲舞が黙ってない”。最終回を迎えましたがお勧め1位は”The long goodbye(ロンググッドバイ)”

2014年春のドラマ視聴率ランキング(5月21日現在) 2014年春のドラマでの視聴率ランキングは

記事を読む

ドラマ”トクボウ 警察庁特殊防犯課”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。後継者を断る朝倉。

本文(ドラマ”トクボウ)サマリー(要約 ・ドラマ”トクボウ 警察庁特殊防犯課”9話視聴率、感想

記事を読む

視聴率更新。”ワイルド・ヒーローズ”7話あらすじ。日花里は何者なのか。視聴率、感想、8話予告。

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ7話 ・ワイルド・ヒーローズ7話視聴率、

記事を読む

ディアシスター2話あらすじ、3話予告ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、出演者紹介。葉月に新たな恋が。

本文(ディア・シスターに関する)内容 ・ディアシスターの2話視聴率、感想 ・ディアシスター2

記事を読む

ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ。伊丹グループの給与情報紛失の犯人は伊丹誠一郎だった。2014年民放ドラマ視聴率NO1になりました。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑