主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。明日美の父親を殺した犯人は、意外な人物で有馬だった。その理由は娘にあった。

本文(主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”関する)サマリー

・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の8話視聴率、感想
・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”8話あらすじ
・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”9話予告、ネタバレ
を公開します。ご覧下さい。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の8話視聴率、感想

ドラマ”アリスの棘”8話放送されました。視聴率はまだ公開されていませんので後日こちらで公開します⇒こちら

ドラマ”アリスの棘”8話の感想としては、明日美の父小山内を殺した人物が有馬だったとはびっくりでした。それ以上に有馬が殺した理由は娘のためだったのです。

ドラマ”アリスの棘”の8話あらすじ

伊達に刺された悠真。磐台教授は、その場で必死に対処し、病院に運ぶことに。

その後、病院では磐台自身がオペをすることに。しかし磐台の必死のオペも空しく死亡した。

磐台がオペ室からでてきて明日美にひとこと。
”これで満足か?”
と発言した。

明日美をかばって亡くなった悠真

明日美は、自分をかばって悠真に対する自分を責め続けて病院にも出勤していなかった。

そして、ある日健太が会いに来ないことに不審に思い、病変が急変した。そして病院から明日美に電話がかかってくる。

そして、慌てて駆けつける。明日美が到着した時有馬がいた。そして
”出ていきなさい”
といった。そして明日美は病院をでた。

有馬教授の秘密

磐台教授の医療ミスを隠蔽し続けてきたのは有馬教授だった。
そして磐台は、有馬のある事実を知っていた。

西門は、病院の中で肝臓移植で鈴という患者と接していた。そして鈴が
”腎臓移植が出来ることになった”
と打ち明けた。しかし二度目の移植手術で不安に感じていた。

西門は会社にいた時に、同僚から移植の情報は自分に入ってくるが、鈴というこが

ある時鈴に会いに西門は病院にいった。
そしてその時、西門は鈴の驚くべき事実をしることに。
鈴は有馬教授の娘だった。

その時、西門に磐台から電話がかかってきた。
”15年前にある移植手術をした。臓器は裏ルートから入手したのだという”
詳しくは会ってから話す。

その後磐台は殺された。

一方明日美は自分のしたことに責任を感じ、自殺を図るが西門から止められる。

そして西門は明日美の殺された本当の理由を明日美に話す。
”有馬は、15年前有馬の娘鈴の移植のために、裏ルート肝臓を仕入れて手術することとなった。そして手術を執刀するのは、磐台だった。

その事実をしり、磐台と明日美の父小山内と口論になりそれを知った有馬は、小山内をオペミスとして処理し殺すした。”

明日美の父を殺した本当の人物は、有馬だったのだ。

そして肝臓を手に入れる、裏のルート側がわからないが、明日美は気づいた。
入院している健太を有馬が、頻繁に診察している。

明日美は密かに調べた。すると有馬の娘鈴と健太は臓器移植で”適合”という結果が出た。

つまり有馬は、健太の肝臓を鈴に移植する気なのだ。

そして明日美は、健太のために病院へ戻ることを決意する。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の9話ネタバレ(予告)

磐台教授(岩城滉一)亡き後、消化器外科の教授も兼務することになった有馬(國村隼)。

患者のためにも、聖林大の医師としての誇りを取り戻すためにも力を貸してほしいと医局のスタッフに頭を下げる有馬の呼びかけに、スタッフたちから拍手が起こった。

そこで峰岸健太(竹場龍生)のバイパス手術を行うことを発表した有馬は、「後進を育てるのも大事な仕事だ」と言い、岡村(今井隆文)に健太の執刀医を頼みたいと告げる。

また自身は、シンガポールの大学に客員教授として3ヶ月間、招へいされることになったという。

一方、有馬が健太の腎臓を狙っていると確信する明日美(上野樹里)と西門(オダギリジョー)は、健太の手術を阻止するすべを考え悩んでいた。

おそらく有馬が娘の鈴(藤原令子)に移植した臓器は、鈴の移植オペ当日に亡くなった患者のものだろうと推測する明日美。

その言葉を受けて、手術が行われた日を聞き出すために西門は鈴を訪ねるが、鈴は日にちを覚えていないという。

そんなある日、明日美が聖林大へやってきた理由を知った美羽(栗山千明)が、明日美の部屋を訪ねてきた。その目的とは…!?
主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”HPより引用

]

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”過去の記事

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。明日美の復讐が磐台の息子悠真に危険を及ぼすことに。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。証拠を握る三浦がいきなりいなくなる。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。日向が殺されることに。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。明日美が虹に父の面影を見てしまう。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告、ネタバレ。明日美の復讐に西門が協力する。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”2話視聴率、感想、主題歌、あらすじ。3話ネタバレ(予告)。次は千原へ復讐する明日美。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”1話視聴率、感想、原作、主題歌、あらすじ。2話ネタバレ(予告)。明日美の復讐が。

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”原作、主題歌、放送日。及びあらすじ(予告)、見所

ad

関連記事

”信長協奏曲”あらすじ、1話予告ネタバレ。小栗旬さん主演、見所は?主題歌はミスチル決定。

本文(信長協奏曲)に関する内容 ・信長協奏曲のあらすじ、概要、見所 ・信長協奏曲の原作、脚本

記事を読む

視聴率更新。花咲舞が黙ってない3話あらすじ、視聴率、感想、動画。4話予告

杏さん、上川隆也さん出演花咲舞が黙ってない ・3話視聴率、感想、動画 ・3話あらすじ ・4話予

記事を読む

“素敵な選TAXI(タクシー)”1話あらすじ、視聴率、感想。2話予告あらすじ、ネタバレ。脚本、主題歌、出演者、キャスト公開。時が戻れるタクシーのドラマです。

"素敵な選TAXI"に関する内容 ・"素敵な選TAXI"1話視聴率、感想 ・"素敵な選TAX

記事を読む

視聴率更新。エイジハラスメント5話あらすじ、視聴率、感想。百合子、英美里、保科が三角関係に。6話予告。原作、主題歌、出演者

武井咲さん主演ドラマエイジハラスメントの ・5話視聴率、感想 ・5話あらすじ ・6話予告あらす

記事を読む

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”原作は池井戸潤さん。主題歌、放送日及び1話あらすじ、見所

ドラマ”ルーズヴェルト・ゲーム”原作、主題歌、放送時間。あらすじ、見所のサマリー(目次) ・ドラマ

記事を読む

ドラマ”続最後から二番目の恋”の5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。和平と薫子、千明と涼太の関係は。。。

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

主演坂口憲二さんドラマ”医龍4~Team Medical Dragon~”木曜10時放送開始。キャストは稲森いずみさん、小池徹平さん、阿部サダヲさんなど。第1話あらすじ、ネタバレ

木曜10時フジテレビドラマ「医龍4」が3年ぶりに始まります。主役は朝田龍太郎役の坂口憲二さんで、この

記事を読む

毎週”嵐にしあがれ”の収録しながら現在Loveコンサートツアーの嵐。FNS歌謡祭など音楽番組で高視聴率。松本潤はドラマ、櫻井翔さんオリンピックキャスターで大忙し!

嵐の皆さんも年末の東京ドームコンサートも始まり、よいよコンサートも終盤戦で東京ドーム、福岡ドームを残

記事を読む

児童養護施設を描いた日本テレビドラマ「明日、ママがいない」打ち切り問題が発生した経緯。自粛スポンサーは花王、スバルなど8社。ドラマキャストなどから擁護のコメント。

児童養護施設を描いた芦田愛菜さん主演、日本テレビドラマ「明日、ママがいない」が第3話がCMスポンサー

記事を読む

no image

37.5℃の涙2話あらすじ、ネタバレ。

37.5℃の涙2話あらすじ 37.5℃の涙が2話が放送されました。 桃子が幼稚園を1年で首になり

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑