ドラマ”team”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。佐久自身が駒に。

本文(ドラマ”team(チーム)”に関する)サマリー

・ドラマ”team”7話視聴率、感想
・ドラマ”team”7話あらすじ
・ドラマ”team”8話予告(ネタバレ)
以上です。ご覧下さい。

ドラマ”team”7話視聴率、感想

ドラマ”team”7話が放送されました。7話視聴率は後日こちらで公開します。尚6話視聴率は8.7%でした。

ドラマ”team”7話感想としては、佐久が自分で駒になって事件を解決するのにはびっくりしました。

ドラマ”team”7話あらすじ

ある日の開発地から白骨死体が発見され、被害者は3年前に殺された男だとわかった。

そしてその被害者は、最後に投資ファンドの代表・仲正利樹に会うといっていなくなってしまった。

重要参考として仲正利樹を任意同行しようとした。

しかし仲正利樹は今は存在しないのだ。仲正利樹は現在海外に移住しパギ・スカルナという新たな名前を取得していた。そして伯爵の称号も手に入れていた。

うかつに手を出すことが出来ない。

そこで仲正利樹とパギ・スカルナが、同一人物である証拠をつかむことを第一に捜査が始まる。その際にDNA鑑定を実施を目的として動くことに。

パギ・スカルナは、大使館から出てこない。しかもパギ・スカルナは三日後に帰国することになっている。

捜査を行う段階で仲正利樹が、児童養護施設に長年寄付を続けていることがわかった。寄付をしていたのは樹理という女性あてであった。

樹理は身寄りのない子で重度の腎疾患を患う。そして定期的にその費用が振り込まれていた。樹理と仲正利樹に何か関係があるのではないかとにらむ。

そこで、佐久が樹理の住む警備会社の警備員となり樹理に近づくことに。
”私が駒になります”といって。

そして、佐久は樹理に近づき仲正利樹が毎年樹理の母真理の命日に、お墓に花を添えていることに聞き出す。

真理の命日の日

真理の命日に、樹理を真理のお墓につれていくことに成功する佐久。そして、そこには仲正利樹いた。

そこで仲正利樹のDNA鑑定の証拠をつかむために、捜査員は待っていた。しかし仲正利樹は手袋をはめるなど非常に警戒していた。

しかしあるとき樹理が父親の話をした時に、仲正利樹は涙を流した。
そしてその時樹理が、ハンカチを差し出した。

そのハンカチでDNA鑑定し、仲正利樹とパギ・スカルナが同一人物だと確定し、仲正利樹を捕まえることに。

ドラマ”team”8話予告(ネタバレ)

メタンハイドレート研究の第一人者、関田博士(浅野和之)が半年前の女性研究員殺害事件に関与している。

そんな書き込みを見つけた佐久(小澤征悦)は、谷中刑事部長(西田敏行)に再捜査を直訴。解散した捜査本部を島野(田辺誠一)ら13係とともに立ち上げる。

 前回の捜査で目撃証言から被害者をストーカーしていたらしい男が容疑者として浮上。

似顔絵も作成され、継続捜査班がその男の行方を追っていたが、佐久は「捜査の邪魔になる」とそれらの情報の処分を命じる。

 佐久の指示で事件を洗い直すと、目撃証言も、ストーカーの存在すらも怪しいものであることがわかった。

目撃者の一人で関田のラボにいた大学院生・高橋(山口大地)もよく顔は見えなかったと証言。ただ、被害者の自宅近くでストーカーらしい男を目撃したことだけは本当だという。

 いずれにしても前回の捜査本部による捜査はいい加減だったと言わざるを得ない。

事件を引き継いだ所轄署の小川(モロ師岡)らも責任を感じ、島野らと一つになって犯人逮捕に尽力すると決意を固める。

生まれ変わったような所轄署の刑事たちを目の当たりにした島野らは、佐久の策が当たったことを実感する。

 経済産業省の陶久(中村育二)が佐久を呼び出すと、捜査に圧力をかけてきた。

関田が犯人であった場合、メタンハイドレートの研究が止まってしまう。国益を優先する経産省は、先の捜査本部にも圧力をかけ、事件を未解決のまま解散させたらしい。

 そんな経産省の要求をはねつけた佐久だったが、今度は谷中が佐久に事件をうやむやに終わらせるよう提案する。

メタンハイドレートが生み出す7000兆円という利益は守らなければならない。しかし、佐久は「7000兆円など関係ない」と言い放つ。初めて面と向かって谷中の指示を拒否した佐久。

 谷中は屋敷(塚本高史)に対して、佐久の部屋に盗聴器を仕掛けるようひそかに命じる。佐久と谷中の関係はほころびを見せ始める。

 捜査本部をまとめたものの、巨大な敵に捜査を阻まれる佐久。窮地を打開するための策とは?
ドラマ”team”HP より引用

ドラマ”team”関連記事

ドラマ”team”6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。容疑者が二転三転し非常に面白かったです。

ドラマ”team”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。警察内部に内通者が。

ドラマ”team(チーム)”4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告、ネタバレ。迅速さか正確さか

ドラマ”team”3話視聴率、感想、主題歌。4話予告、ネタバレ。新聞社と警察の隠蔽?

ドラマ”team”2話視聴率、感想、主題歌。3話予告、ネタバレ。佐久の捜査に対して偏見を見せないこと。。

ドラマ”team”1話視聴率、感想、主題歌。2話予告、ネタバレ。策士の佐久面白いですね。

刑事役で民放連ドラ初主演小澤征悦さんドラマ”TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-”原作、主題歌、放送時間。及びあらすじと見所。

ad

関連記事

aibou13

相棒season13(シーズン13)。あらすじ。1話ネタバレ、出演者、キャスト。相棒season12(シーズン12)あらすじ、視聴率。杉下右京と甲斐亨が今回はどんな難事件を解決してくれるのか。

本文(”相棒season13”に関する)内容まとめ ・相棒season13あらすじ、概要、見所

記事を読む

bokunoitazikan

ドラマ「僕のいた時間」第6話視聴率、あらすじ、感想。第7話予告、ネタバレ。主題歌Rihwaさんの「春風」。挿入歌はゆず。原作はドラマ書き下ろし。

本文(ドラマ「僕のいた時間」)のサマリー(要約) ・三浦春馬さん主演のドラマ「僕のいた時間」が第6

記事を読む

maxtusann

マッサン。NHK朝の連続ドラマあらすじ、放送日、原作、主題歌、キャスト、出演者など紹介

NHK朝の連続ドラマ”マッサン” NHK朝のドラマ”マッサン”が始まります。このドラマは ウイス

記事を読む

nobunagalast

信長協奏曲あらすじ、視聴率、感想最終話(11話)まとめ。原作、主題歌、出演者。サブローは浅井を破り天下を取る覚悟をきめる

本文(信長協奏曲に関する)内容まとめ ・信長協奏曲最終話(11話)視聴率、感想 ・信長協奏曲最終

記事を読む

hirugaolast

昼顔~平日午後3時の恋人たち~11話(最終回)あらすじ、視聴率、結末、感想。原作、脚本、主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開 。利佳子と紗和の結末は意外なものに。

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼

記事を読む

hanasakilast

花咲舞が黙ってない最終話あらすじ宿敵真藤常務がピンチに。視聴率14.8%でした。続編は?

杏さん、上川隆也さん出演花咲舞が黙ってない ・最終話視聴率、感想、無料動画 ・最終話あらすじ

記事を読む

goodby

正月休みに2014年放送されたドラマで楽しんでください。お勧めは、ロンググッドバイ、昼顔、Nのためになど

2015年ドラマが様々なドラマが放送されました。ドクターx、HERO、”ごちそうさん”など。

記事を読む

gomenlast

ごめんね青春あらすじ、視聴率、感想、まとめ最終回(10話)。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。

本文(ごめんね青春に関する)内容 ・ごめんね青春最終回(10話)視聴率、感想 ・ごめんね青春最終

記事を読む

hanamoyu6

視聴率更新。花燃ゆ6話あらすじ、感想、視聴率。7話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん出演。寅次郎が復活する。

NHK大河ドラマ花燃ゆ6話が放送されました。 ・花燃ゆ6話視聴率、感想 ・花燃ゆ6話あらすじ

記事を読む

aibou13last

視聴率更新。相棒最終話(19話)あらすじ、視聴率、感想、総括、シーズン13。成宮寛貴さん、水谷豊さん出演。ダークナイトは亨だった。

相棒最終話(19話)シーズン13 相棒シーズン14(season14)1話こちら ・相棒最終話(

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑