2014年春のドラマ視聴率、評判ランキング。お勧めは”mozu”。”ロンググッドバイ”1話視聴率、感想2話予告、ネタバレ。渋いですこのドラマ。!

2014年春のドラマがほとんど出揃いました。

2014年春のドラマ視聴率ランキング

2014年春のドラマでの視聴率ランキングは
1位 花咲舞が黙ってない
2位 続・最後から二番目の恋
3位 アリスの棘
4位 mozu
5位 弱くても勝てます

そして極悪がんぼ、ビターブラッドなどが続いています。

個人的には意外な視聴率ランキングとなっています。

1位”花咲舞が黙ってない”のこドラマが1位をとるとは思っていませんでした。

2位”続・最後から二番目の恋”は5位前後の順位だと思いました。

3位の”アリスの棘”これにはちょっとびっくりの順位です。最近の金曜のこの時間のドラマは、内容的に非常に良い作品があったのですが視聴率がそこまであがらなかったので、時間帯で厳しいと感じていました。

今年の春ドラマの傾向

今年の春のドラマの傾向は、
刑事ドラマが多い
・ホワイトラボ
・ビターブラッド
・TEAM
・SMOKING GUN(スモーキングガン)
・刑事110キロ、
・mozu
・border(ボーダー)
・トクボウ
など7作品もあります。

一方最近高視聴率をたたき出している医療系のドラマは
・アリスの棘
と1作品しかなく、しかもこの作品は復讐劇の現場が医療現場であり医療系のドラマというわけではありません。

NHK大河ドラマ、朝の連続ドラマ

一方NHK大河ドラマは、軍師官兵衛の視聴率が伸び悩んでいます。4月に入り15%に届かず、4月20日15%台を越えました。

内容的にはドラマをみて面白くないことはないのですが、裏番組の日本テレビ”世界の果てまでイッテQ!”が20%を超える高視聴率を獲得しているため大河ドラマの視聴率が圧迫されているのかもしれません。

NHK朝のドラマ”花子とアン”は、”あまちゃん”、”ごちそうさん”の流れを組んで非常に安定した高視聴率を獲得しています。
大河ドラマとは対照的です。

2014年春のドラマお勧め、高い評判ランキング

014年春のドラマお勧め、高い評判ランキングでは

mozu

は評判が高いです。個人的にも
・ストーリ構成複雑で面白い
・映像、撮影方法がすばらしい(borderと似ています)
短所としては、一度見逃したらストーリーがわからなくなることです。

ブラックプレジデント

沢村さんの演技が冴えてますね。見ていて面白くストレスが発散されるような気分です。もっと視聴率がでてもよいと思います。
この時間帯はいいドラマが多いのですが、視聴率をなかなか取りにくそうです。

他には”アリスの棘”、賛否両論がありますが”極悪がんぼ”などあります。個人的に”アリスの棘”は今後の展開が若干読めてしまって、面白さにかけます。復讐劇は面白いのですが。

おすすめのドラマ”The long goodbye”

浅野忠信さん主演のドラマです。
終戦の日本における、議員の娘殺害事件を描いているドラマです。

まず
・増沢磐二演じる浅野忠信さん
・原田保演じる綾野剛さん
がかっこいい。

ドラマ”ロンググッドバイ”音楽

音楽は”あまちゃん”を担当した大友さんが今回は、凄くシックでジャジーで渋い。

ドラマ”ロンググッドバイ”原作

ハードボイルドの最高傑作と呼ばれ、フィリップ・マーロウという名探偵を世に送り出したアメリカの小説「ロング・グッドバイ」(レイモンド・チャンドラー作)のドラマ化です。
ドラマ”ロンググッドバイ”のHPより引用

ドラマ”The long goodbye”1話視聴率、感想

ドラマ”ロンググッドバイ”視聴率は、7.6%でした。

感想としては
・演技
・衣装
・ストーリー
すべてが渋い。大人の雰囲気です。

ドラマ”The long goodbye”1話あらすじ

増沢磐二と原田保がある日雨の中に出会う。保は殴られて地面で寝ているところへ磐二が自分の私立探偵事務所へつれて帰る。そこで保におきたときに、コーヒーを渡す磐二。

そして2人は飲みに行くようになり、2人は暗黙の了解で交互におごりあう関係となった。

保は女優の原田志津香と付き合っていた

保は女優の原田志津香と付き合っていた。そして2人が出会ったあの雨の日に別れたのである。

そしてあるとき保が磐二の事務所に血だらけで拳銃を持って現れる。何も聞かずに磐二は、保を横浜港に送る。

その後、原田志津香を保が殺したとのことで犯人を逃がした罪で、磐二が警察に捕まり拷問を受けることに。

台湾で保が自殺し事件が終結する

磐二は、保が台湾で自殺したことにより釈放された。しかしおかしなことに磐二が釈放された時には誰も報道は集まっていない。

そこに1人の売れない新聞社の記者が磐二を尋ねる。

そしてその記者がいうには、この事件すべて何かの圧力がかかって終結した。なぜなら志津香の父原田平蔵が衆議院に立候補するため、報道をねじ伏せたのだ。

そして保は殺しはしていないと信じる記者そして磐二。

保の復讐に動く。

ドラマ”The long goodbye”2話あらすじ

女が階段を上る時

私立探偵増沢磐二(浅野忠信)は釈放された。女優・原田志津香殺害事件は、犯人と疑われた保(綾野剛)の自殺でピリオドが打たれた。

腑に落ちない磐二だったが、弁護士や保の戦友から、この事件から手を引けと脅され、益々保の死に疑念を抱く。

そんなとき、事務所に仕事の依頼が来る。依頼人はベストセラー作家の妻、上井戸亜以子(小雪)。酒びたりの夫が行方不明になので探し出して欲しいというのだ。一度は断る磐二だが…。
ドラマ”ロンググッドバイ”のHPより引用

ad

関連記事

視聴率更新。嵐相場さん主演”ようこそ、わが家へ”8話あらすじ名無しさんが捕まる?名無しさんがもう一人?視聴率、感想。9話予告。

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ8話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

ドラマ”ホワイト・ラボ”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。戸川が殺害していないトリックを見破った一之瀬

本文(ドラマ”ホワイト・ラボ”に関して)サマリー(目次) ・ドラマ”ホワイト・ラボ”8話視聴率、感

記事を読む

視聴率更新。花燃ゆ5話あらすじ、感想、視聴率。6話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん出演。視聴率が12%に低下。

NHK大河ドラマ花燃ゆ5話が放送されました。 ・花燃ゆ5話視聴率、感想 ・花燃ゆ5話あらすじ

記事を読む

水川あさみさん主演ドラマ”東京スカーレット~警視庁NS係”の9話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ、総括。主題歌、キャスト、出演者

本文( 水川あさみさん主演ドラマ”東京スカーレット~警視庁NS係”に関する)内容 ・ドラマ”東

記事を読む

主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”の7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。明日美の復讐が磐台の息子悠真に危険を及ぼすことに。

本文(主演の上野樹里さんドラマ”アリスの棘”関する)サマリー ・主演の上野樹里さんドラマ”アリスの

記事を読む

”DOCTORS3”新春スペシャルあらすじ、視聴率、感想公開。1話予告あらすじ、出演者、主題歌。森山が難手術を成功させました。

・”DOCTORS3”新春スペシャル視聴率、感想 ・”DOCTORS3”新春スペシャルあらすじ

記事を読む

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。キャストは阿部サダヲさん、小池徹平さんなど。

本文(ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」)のサマリー(要約) ・ドラマ「医

記事を読む

初の刑事役の佐藤健さん主役ドラマ”ビター・ブラッド”。キャスト(出演者)、あらすじ(予告)、主題歌を公開します。原作は。。

本文サマリー ・ドラマ”ビター・ブラッド”キャスト(出演者)、主題歌 ・ドラマ”ビター・ブラッド

記事を読む

おやじの背中1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ。久々出演の田村正和さん、松 たか子さん

日曜劇場ドラマ”おやじの背中”の放送が始まりました。 目次 ・1話視聴率、感想 ・1話あら

記事を読む

山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開します。

本文( 山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”に関する)内容 ・ドラマ”金田一少

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑