ドラマ「Dr.DMAT」8話あらすじ、視聴率、感想。9話予告、ネタバレ。今回響は、命の優先順位の例外を学ぶ。

本文(ドラマ「Dr.DMAT」)のサマリー(要約)

・DMATとは(用語説明)
・ドラマ「Dr.DMAT」が第8話視聴率、感想
・ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率推移
・ドラマ「Dr.DMAT」第8話あらすじ
・ドラマ「Dr.DMAT」第9話予告、ネタバレ
・ドラマ「Dr.DMAT」の過去の記事
以上です。それではご覧下さい。

ドラマ「Dr.DMAT」の8話が放送されました。低視聴率のまま最終回へ向かうのでしょうか。

ドラマ「Dr.DMAT」の8話視聴率、感想

ドラマ「Dr.DMAT」8話視聴率が発表されました。視聴率は7.3 %でした。7話は5.4 %と2%近く上昇しています。

8話の感想としては、人の命は重さでした。確かに人の命は平等ですが、その人がもし助かったらどれだけの人間が救われるか考えると、人の命の重さに優先順位があるのかもしれません。いろいろと考えさせられる回でしたね

ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率の経緯

ドラマ「Dr.DMAT」の視聴率の経緯を見てみましょう。

1話 7.9%
2話 7.2%
3話 7.0%
4話 8.4%
5話 5.0%
6話 5.3%
7話 5.4%
8話 7.3%

8話は視聴率が上昇しました。これはオリンピックの放送が終わったからです。今後視聴率がどうなるのかちょっと読めないですね。

ドラマ「Dr.DMAT」の8話あらすじ

ある日飲食店でガス爆発事故が発生した。出動するDMATの響きたち。

要救護者を処置していた響のもとに重症のホームレス・桑野が運ばれてきた。脳挫傷の疑いがあり響は早急に救急車で搬送するよう指示を出した。しかし小曽根は自分が処置していた老人を割り込ませて救急車に乗せた。

なぜならその老人は、大手商社の会長・重松で国益を左右するほど影響力のある人物だったのだ。なので小曽根は響は、重松を救急車にのせたのだ。

しかし響は、重篤なのは桑野の方だと抵抗するが誰も味方になってくれなかった。

響はDMATの鉄則
”助けられる人から助ける”
に小曽根の行動は反していると憤慨した。

響は病院に戻りすぐ、伊勢崎院長のもとへむかった。”なぜ重松優先の指示を出した”のかと。伊勢崎は


”原則には例外もありその現実の中で医者は働いている”
と答えた。

響が”助けられる人から助ける”の原則に縛られた考えをしている時
ハイパーレスキュー隊隊長の桜庭から
”自分と仲間の安全をまず守ることで多くの命を救える”
と聞かされる。

その通りで、”原則は原則であり、原則があるから例外が存在してなりたっている”これが世の中です。実際法律を読む機会があれば読んでみてください。必ず除外、例外の規定が存在します。

話は戻しますが、再度同じような状況を響におそう。
都内で地震が発生した。そこでDMATの出動要請が発動された。

事故現場に時期総理候補と目される政治家・一之瀬と彼の第二秘書・山口が、崩れた資材の下敷きになっていた。重傷者は明らかに第二秘書・山口だ。

当然政治家・一之瀬を助けるのがもっともな判断だが、響は、第二秘書・山口の搬送を優先した。第一秘書の意見を聞かずに。

ただ今回は理由があった。と言うのも
議員は、コンパートメント症候群で足が腫れ壊死する危険があった。そして”クラッシュ症候群”をも併発していた。

なので、今すぐに搬送すると死亡する確率が高いので、搬送前にその場で政治家・一之瀬の応急処置を行ったのだ。

ドラマ「Dr.DMAT」の9話予告、ネタバレ

ある日、脳外科医の紅美は響に春子の意識を戻せるかもしれないと持ちかける。

ファンクショナルMRIという先端技術を使えば血流の変化を通して脳の状況がわかり、状況がわかればより正しい治療方法がわかるというのだ。

紅美にからそのことを聞いて、響は春子に検査を受けさせる。
結果は”全く反応しなかった”

紅美は継続して検査を響に提案したが、響は否定的だった。
理由は、今までも様々な処置や療法を試してきたが無理だったので。半分あきらめている響の心があった。

紅美と響はそんなやり取りがあった中、ある日交通事故現場に出動した響と紅美。

要救護者の搬送順で響と紅美と対立する。紅美は、病院での本格的な検査・治療の結果、響の言い分が正しかったことがわかった。

響は、数ヶ月の間に様々な経験をして豊富な知識と確かな判断力を身につけていたのだ。

ある時、響は伊勢崎院長に呼び出された。院長室には長谷川師長と小曽根の姿があった。伊勢崎は小曽根の負担を減らすためにも”DMATの統括責任者を響にする”と発言した。

いきなりの発言に、響はこれを拒否する。

数日後、”地震で体育館が崩れた”とDMAT出動要請がきた。状況は、現場では2人の高校生が負傷しているという。

体育館では黒川という生徒が折れた鉄筋に身体を貫かれていた。貫通している場所が心臓に近く、救助に電動カッターが使えない。

黒川を生かすため懸命の処置を続けていたが、側にいた女子生徒・美貴の言動に異常を感じた響。彼女は異変は重大な症状だったのだろうか。。

ドラマ「Dr.DMAT」の過去の記事

ドラマ「Dr.DMAT」第7話あらすじ、視聴率、感想。第8話予告、ネタバレ。

ドラマ「Dr.DMAT」第6話あらすじ、視聴率、感想。第7話予告、ネタバレ。

ドラマ「Dr.DMAT」第5話あらすじ、視聴率、感想。第6話予告、ネタバレ。DMATとは、そもそも何なのでしょう?

ドラマ「Dr.DMAT」第4話あらすじ、視聴率、感想。第5話予告、ネタバレ。看護師役加藤あい。

関ジャニ∞の大倉忠義さん主演の原作漫画のドラマ「Dr.DMAT」第3話あらすじ、視聴率、感想。看護師加藤あいDMATに!第4話予告、ネタバレ。

漫画原作で関ジャニ∞大倉忠義さん、加藤あい出演の”Dr.DMAT”視聴率が停滞。感想はわるくありませんが。第2話あらすじ、第3話ネタバレ。主題歌は関ジャニ∞。 。


関ジャニ∞・大倉忠義さんドラマ初主演「Dr.DMAT」 キャスト、エキストラは加藤あいさん、石黒賢さんなど。第1話あらすじ、ネタバレ

ad

関連記事

檀れいさん民放連続ドラマ初主演。”福家警部補の挨拶” 感想の意見は様々で相棒に似ているという感想も。第1話視聴率、あらすじ。第2話ネタバレ。

今週から檀れいさん主演のドラマ”福家警部補の挨拶”が始まりました。個人的に檀れいさんが大好きなので、

記事を読む

来年20代初主演ドラマ武井咲 さん「戦力外捜査官」。現在は「海の上の診療所」出演。剛力彩芽さんと松坂桃李さんでライバル?武井咲 さん韓国大好き!ヤンキー の噂はデマ!

鴻上尚史さんの脚本家で、武井咲さんが、新米刑事役に挑戦することと なりました。 ドラマ「戦力

記事を読む

速報 !年間視聴率”テレビ朝日”2冠初制覇。全日は”日本テレビ”速報。ドラマ 「ドクターx」「相棒」、バラエティ「ロンドンハーツ」 などの視聴率好調。

2013年の年間視聴率が発表されました。 今年はなんと”テレビ朝日”が視聴率2冠を獲得しました。

記事を読む

NHK大河ドラマ軍師官兵衛37話視聴率、感想、あらすじ。38話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者。官兵衛が追い込まれる。

本文( NHK大河ドラマ軍師官兵衛に関する)内容 ・NHK大河ドラマ軍師官兵衛37話視聴率、感想

記事を読む

ナポレオンの村6話あらすじ市長が志が変わる。視聴率、動画。最終話予告

唐沢寿明さん主演ドラマナポレオンの村が放送を開始します。 ・6話視聴率、感想、動画 ・6話あらす

記事を読む

最新速報。民放テレビドラマ視聴率ベスト3。3位は”緊急取締室”2位向井理さん主演の”S-最後の警官”1位は、”戦力外捜査官”,”明日ママがいない”,”失恋ショコラティエ”それとも。。。NHK大河ドラマ”軍師官兵衛” 朝の連続ドラマ”ごちそうさん”の視聴率は好調です。

1月から冬のドラマが始まりました。 現時点での民放冬のドラマ現在のベスト3を発表します。 今年の

記事を読む

視聴率更新。問題のあるレストラン最終話(10話)あらすじ、感想、視聴率、総括。真木よう子さん、東出昌大さん、松岡茉優さん主演 、主題歌はきゃりーぱみゅぱみゅ。ビストロフーが閉店することに。

真木よう子さん主演、問題のあるレストラン最終話(10話)が放送されました。 ・問題のあるレストラン

記事を読む

ドラマ”ビター・ブラッド”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。古雅の悲しい恋愛物語

本文(ドラマ”ビター・ブラッド”)サマリー ・ドラマ”ビター・ブラッド”7話視聴率、感想 ・ドラ

記事を読む

視聴率更新。警視庁捜査一課9係シーズン10あらすじ3話、視聴率、感想、4話予告。伝説の鑑識が復活。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の3話が放送されました。 ・

記事を読む

NHK大河ドラマ”軍師官兵衛”15話視聴率、感想、あらすじ、16話予告、ネタバレ。播磨が分断される危機に

本文(大河ドラマ”軍師官兵衛”)サマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が15話視聴率、感想

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑