”失恋ショコラティエ”ドラマ第6話視聴率、感想、あらすじ。第7話予告、ネタバレ。

ドラマ”失恋ショコラティエ”の本文サマリー(要約)

・ドラマ”失恋ショコラティエ”第6話視聴率、感想
・ドラマ”失恋ショコラティエ”視聴率の推移
・ドラマ”失恋ショコラティエ”第6話あらすじ
・ドラマ”失恋ショコラティエ”第7話予告、ネタバレ
・ドラマ”失恋ショコラティエ”の過去の記事
を公開します。ご覧下さい

ドラマ”失恋ショコラティエ”の第6話が放送されました。紗絵子の誕生日に紗絵子の夫がケーキを取りに来ました。爽太も現実を突きつけられた瞬間でしたね。

ドラマ”失恋ショコラティエ”第6話視聴率、感想

ドラマ”失恋ショコラティエ”第5話が放送されました。視聴率は12.0%と第5回視聴率10.5%より1.5%上昇しました。

ドラマ”失恋ショコラティエ”第5話感想としては、爽太が現実を見つめえれなと付き合うことを真剣に考え出した爽太。それがえれなが爽太を本気に好きにさせてしまうことに。爽太が紗絵子に告白の結果どうなるのでしょう。

ドラマ”失恋ショコラティエ”視聴率の推移

ドラマ”失恋ショコラティエ”が第6話まで放送されましたが視聴率の推移を見てみましょう。
第1話 14.4%
第2話 12.7%
第3話 13.3%
第4話 11.8%
第5話 10.5%
第6話 12.0%

視聴率が第6話で上昇となりました。おそらく視聴率は10%~14%の間でこれから推移していくでしょう。これ以上上昇するのは難しいかもしれません。

ドラマ”失恋ショコラティエ”第6話あらすじ

えれなは失恋した。爽太はえれなの部屋に駆け込むが、そこにえれなの姿はなかった。爽太はえれなに何かあったのではと不安になった。

えれなはなんと洋服棚の下でちょこんと座っていたのだ。
そしてえれなは、倉科への告白の一部始終を再現し爽太に聞かせた。

えれなが恋をしていた倉科は、結婚していて子供もいたのだ
”恋は終わった”
と話した。

えれなが失恋した話を聞いて、爽太は
”結婚している紗絵子に対する恋心を抱くこと”
に対して、今まで現実逃避していることに自問自答した。。

その後、翌日お店に戻る。そして爽太は薫子に会うと、前日の発言を謝罪。
”自分は薫子が好きだから、好きな人の口から人の悪口を聞きたくなかったんだ”
と謝罪した。

爽太はお店で薫子、オリヴィエ、まつりに聞いてもらいたいと話いきなり
”失恋することにした”
と宣言した。

薫子はいまさら。と言う顔をしていた。

さらに
”今度のバレンタインデーに、自分の思いを紗絵子にぶつけて、ちゃんとふられて恋をおわりにする”と

その後紗絵子は久しぶりお店に。そして爽太は改めて紗絵子への思いを再確認する。

爽太は、えれなに対して紗絵子にふられた後、改めてえれなに付き合おうと話す。
えれなは感激する。

ドラマ”失恋ショコラティエ”第7話予告、ネタバレ

バレンタインの季節が近づき、「ショコラ・ヴィ」は一層賑わってきた。爽太や店の従業員もは大忙しだった。爽太は、紗絵子に贈るショコラを同時に準備していたためかなり疲労がたまっていた。

爽太はバレンタインに、
”紗絵子に最後の告白をして振られ、長い片想いを終わらせようと決めた”
その思いは気合が入っているものであった。ふられる事に気合をいれるとは不思議な爽太。

えれなへの思いも後押しした。ただ爽太は現在どっちが本当にすきなのだろうか。

紗絵子が「ショコラ・ヴィ」にやってくるが、お店が混乱していて爽太も気づかない。

オリヴィエはまつりとつきあうことになったが、ある時携帯電話を見ていたまつりの表情が曇ったことに気づく。

まつりは、元カレの部屋に残っている私物を取りに行くことになったと話が、オリヴィエは、自分も一緒に行くと言い出す。

紗絵子は吉岡とペットショップにいた。猫が飼いたいと言う紗絵子に当初は反対していたものの、吉岡は猫を飼うことを許した。

バレンタインデー前日に爽太は、紗絵子に贈るショコラを完成させた。そしてこの日、爽太は紗絵子を呼び出して不意打ちで告白をする計画だった。

しかし突然、「ショコラ・ヴィ」に現れた紗絵子。。。

ドラマ”失恋ショコラティエ”の過去の記事

ドラマ”失恋ショコラティエ”漫画原作月9キャスト石原さとみさんなど。第5話視聴率、感想、あらすじ。第6話予告、ネタバ

ドラマ”失恋ショコラティエ”漫画原作月9キャスト嵐松本潤さん、石原さとみさん。第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。

キャスト嵐松本潤さん、石原さとみさん主演月9ドラマ原作が漫画の”失恋ショコラティエ”第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。主題歌嵐”Bittersweet”

主題歌”嵐”で主役松本潤さんそして、漫画で人気の”失恋ショコラティエ”第2話視聴率、感想、あらすじ。第3話ネタバレ。

嵐松本潤さん主演で原作が漫画の月9ドラマ”失恋ショコラティエ”初回視聴率は?主題歌は嵐。感想。第2話ネタバレ。

今回の月9は原作漫画の「失恋ショコラティエ」主演嵐松本潤さん。キャストは石原さとみさん、水川あさみなど。主題歌当然”嵐”。第1話あらすじ、ネタバレ

2014年月9ドラマ「失恋ショコラティエ」嵐松本潤さんの他佐藤隆太、石原さとみさん出演者決まる。井上真央さんが彼女との噂は本と?身長は?

嵐の松本潤来年月9「失恋ショコラティエ」主演決定。NHK「はじまりの歌」視聴率9.2%。主演映画「陽だまりの彼女」は好調。井上真央との電撃婚間近? 東出昌大 と兄弟疑惑

ad

関連記事

NHK大河ドラマ”軍師官兵衛”14話視聴率、感想、あらすじ、15話予告、ネタバレ。上月景貞家臣から裏切られる。

本文(大河ドラマ”軍師官兵衛”)サマリー(要約) ・大河ドラマ”軍師官兵衛”が14話視聴率、感想

記事を読む

1話あらすじ更新。主演武井咲さんドラマエイジハラスメント。原作内館牧子さん。1話予告あらすじ、出演者、主題歌、放送日、見所

武井咲さん主演ドラマエイジハラスメントの放送が開始します。 ・エイジハラスメント概要、見所 ・エ

記事を読む

嵐2013”love”コンサートファイナル福岡ドーム楽しみましたか?最終日セトリ公開です(セットリスト)。ファンキーダンスちゃんと覚えていきましたか?グッズ三時間以上の待ちに耐えれましたか?ファンサはとれましたか?次の日はNHK「嵐の明日に架ける旅」忙しいですね。嵐は!

12月23日、12月24日嵐の皆さんNHK「嵐の明日に架ける旅」お疲れ様でした。 嵐のコンサートが

記事を読む

井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告あらすじ、ネタバレ。挿入歌、キャスト、出演者公開。あけひが家を追い出される。

本文(井浦新さん、稲森いずみさん主演ドラマ同窓生”~人は、三度、恋をする~”に関する)内容 ・ドラ

記事を読む

DEATH NOTE(デスノート)3話あらすじ、視聴率、動画。Lの初めての敗北。4話予告あらすじ。感想、原作、出演者

窪田正孝さん主演ドラマDEATH NOTE(デスノート) ・3話視聴率、感想、動画 ・3話あらす

記事を読む

2016年ドラマ視聴率ランキング1位真田丸、2位相棒、3位スペシャリスト、善戦したフラジャイル

2016年ドラマの視聴率ランキング ・2016年ドラマの視聴率ランキング1位、2位、3位 ・20

記事を読む

ドラマ視聴率の傾向、ランキング。視聴率に曜日、時間帯、テレビ局に相関関係が。2015年冬のドラマ注目はデート、DOCTORS(ドクターズ)3,○○妻

ドラマのあらすじを公開していく中で視聴率が、気になり視聴率の動向を調べています。ここ数年面白い傾向が

記事を読む

視聴率更新。刑事7人2話あらすじ、視聴率、感想。3話予告、出演者、原作

東山紀之さん主演ドラマ刑事7人が放送を開始します。 ・2話視聴率、感想 ・2話あらすじ ・3話

記事を読む

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”10週視聴率、感想、あらすじ。11週予告、ネタバレ。ももが朝市に告白。でも朝市がすきなのは”はな”

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の

記事を読む

おやじの背中1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ。久々出演の田村正和さん、松 たか子さん

日曜劇場ドラマ”おやじの背中”の放送が始まりました。 目次 ・1話視聴率、感想 ・1話あら

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑