視聴率更新。DEATH NOTE(デスノート)。月がエルに大勝負を仕掛ける。6話あらすじ、視聴率、感想、動画。7話予告。出演者

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 テレビ 視聴率, デスノート

窪田正孝さん主演ドラマDEATH NOTE(デスノート)
・6話視聴率、感想、動画
・6話あらすじ
・7話予告あらすじ、ネタバレ
・原作、脚本
・出演者
・過去のあらすじ、視聴率
を公開します。

6話視聴率、感想、動画

”DEATH NOTE(デスノート)”6話が放送されました。
視聴率は10.2%でした
5話視聴率8.2%でした

6話の感想は、月がミサミサを助けるために大勝負にでることに。

その大勝負に月が勝利する、非常に見ごたえのある回でした。

”DEATH NOTE(デスノート)”6話動画はこちら

6話あらすじ

Lから、第二のキラ容疑で海砂が収監される。
そしてLは、月がキラであることをほぼ断定し海砂に拷問して、月の名前を自白させようとしていた。

その拷問に耐えることができなくなり、海砂はレムに
”殺して”
とお願いする。

レムは、海砂のデスノートに関する記憶を消した。

そして月がLに、キラであること思われている。そのエルの考えを払拭するためにある行動に

月は、キラの前に現われて
自分は、キラかもしれない”と告白する。

そして月はLに監禁され、拷問をうける。

月が関されている間、キラによる殺害はおこなわれず、月がキラである疑いがますます強くなる。

しかし、監禁して一週間後。。
キラによる殺人が行われる。
月と海砂が監禁されているにもかかわらず。

Lも困惑する。
そしてキラの殺人は、次々と増えてゆく。

実は、レムがある企業の役員にデスノートを渡したのだ。
その人物がデスノートを使い殺人を始めだしたのだ。

Lもあせって、月をポリグラフを使ってうそを見破ろうとする。
ポリグラフ

ポリグラフ(英: polygraph)は、呼吸・脈拍・血圧など複数の生理現象を、電気的または物理的なシグナルとして同時に計測・記録する装置である。

俗に「嘘発見器」、つまり被験者の返答が真実かうそかを判定することを目的とする装置を指すと考えられているが、後述するように正確ではなく、多くの国では裁判で証拠としては認められない。

引用 wikipedia

その時月は、最後の秘策を実行する。
月”すてる”という言葉でデュークに、月の記憶を消させることを指示していた。そして月はデスノートに関する記憶を失う。

当然Lの用意したポリグラフには、以上は表示されない。。

つまり今回は月は、Lに勝利したのだ。

7話予告あらすじ、ネタバレ

総一郎(松重豊)が命がけの大芝居を打ったにも関わらず、月(窪田正孝)が100%キラではないという確信を持てないL(山﨑賢人)。

そんなLを納得させるために、月もキラ対策室の一員として捜査に加わることに。

新たに現れたキラが日本を代表する企業・ヨツバジャパングループの関係者かもしれないという模木(佐藤二朗)の報告を聞いた月は、自らの潔白を証明するためにもキラの逮捕に全力を尽くすことをLに誓う。

お互い心のどこかにわだかまりを抱きつつも、捜査を通じて奇妙な友情で結ばれていく月とL。

そんな中、ヨツバジャパングループのCMタレントオーディションに乗じて、海砂(佐野ひなこ)と松田(前田公輝)、月がヨツバ本社に潜入することに。

一方、キラがヨツバと関係があることを警察に勘付かれたのではないかと不安になった尾々井(寿大聡)たちヨツバ幹部は、Lに次ぐ実力を持つと言われている探偵・バベルに調査を依頼。

オーディションの場で、海砂はバベルに追いつめられ、キラ対策室の内情を相手にさらしてしまう。

“第3のキラ”と月&Lの白熱の頭脳戦が展開する中、明らかになるバベルの思わぬ正体。

そして、キラを逮捕するべく大勝負に出る月とL。その勝負の果てに、月たちを待ち受ける“真実”とは…!?

DEATH NOTE(デスノート) ホームページ引用

原作

”DEATH NOTE(デスノート)”の原作は、”週刊少年ジャンプ”掲載されていた”DEATH NOTE(デスノート)”です。原作者は、大場つぐみさんです。
尚脚本は、いずみ吉紘さんです。

主題歌

ドラマ”DEATH NOTE(デスノート)”の主題歌は、まだ公開されていません。

””DEATH NOTE(デスノート)”出演者

”DEATH NOTE(デスノート)”出演者は、
主人公
・夜神 月 窪田正孝さん
・L 山崎賢人さん
・N(ニア) 優希美青さん
佐野ひなこさん
藤原令子さん
関めぐみさん
前田公輝さん

その他、佐藤二朗さん、松重豊さん などです。

放送日時

放送日時は、毎週日曜日10時30分からです。

尚初回放送7月5日10時から放送です。

”DEATH NOTE(デスノート)”過去のあらすじ、視聴率

・5話あらすじ、視聴率はこちら

・4話あらすじ、視聴率はこちら

・3話あらすじ、視聴率はこちら

・2話あらすじ、視聴率はこちら

・1話あらすじ、視聴率はこちら

ad

関連記事

「マツコの知らない世界」など多数のレギュラーをもつマツコ・デラックス(本名松井貴博 なんと木村拓哉と同級生)。 「マツコの日本ボカシ話」が第一話で休止理由は? 第一生命 ?生保レディ?マツコがやな女は真矢みき 、RIKACO?

マツコ・デラックスが主役のTBS「マツコの日本ボカシ話」が、初回で休止 となったそうです。

記事を読む

Nのために最終話(10話)あらすじ、視聴率、感想、まとめ。主題歌、出演者。Nのために、各々が罪を隠していた

本文(Nのためにに関する)内容まとめ ・Nのために最終話(10話)視聴率、感想 ・Nのために最終

記事を読む

花子とアン25週視聴率、感想、あらすじ。26週(最終回)予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者公開。戦争が終わるが蓮子にとっては。。。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・ドラマ”花子とアン”の25週視聴率、

記事を読む

偽装の夫婦2話ヒロが、超治との結婚を阻止できるのか。。3話あらすじ、視聴率、感想、動画

偽装の夫婦1話、2話まとめ ・偽装の夫婦1話視聴率、感想、動画 ・偽装の夫婦2話あらすじ ・偽

記事を読む

視聴率更新。学校のカイダン4話あらすじ、感想、視聴率。5話予告、広瀬すずさん出演、主題歌ビーズ、挿入歌藤原さくらさん。プラチナ8にスキャンダル。

広瀬すずさん主演の”学校のカイダン”今回は、先生と生徒のスキャンダルが。そのスキャンダル生徒がプラチ

記事を読む

水川あさみさん主演ドラマ”東京スカーレット~警視庁NS係”の2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開します。

本文( 水川あさみさん主演ドラマ”東京スカーレット~警視庁NS係”に関する)内容 ・ドラマ”東京ス

記事を読む

大河ドラマ”花燃ゆ”31話あらすじ。高杉が奇兵隊を動かす。感想、視聴率。32話予告あらすじ

NHK大河ドラマ花燃ゆ ・花燃ゆ31話視聴率、感想 ・花燃ゆ31話あらすじ ・花燃ゆ32話予告

記事を読む

児童養護施設を描いた日本テレビドラマ「明日、ママがいない」打ち切り問題が発生した経緯。自粛スポンサーは花王、スバルなど8社。ドラマキャストなどから擁護のコメント。

児童養護施設を描いた芦田愛菜さん主演、日本テレビドラマ「明日、ママがいない」が第3話がCMスポンサー

記事を読む

恋仲視聴率上昇。2015年夏ドラマ視聴率ランキング。1位杏さん主演花咲舞が黙ってない、2位”デスノート。お勧めランキング断然1位民王

2015年夏ドラマの放送が始まりました。 ・2015年夏ドラマ視聴率ランキング(7月27日) ・

記事を読む

2014年3週目(4月14日週)春ドラマ週間視聴率ランキングベスト3。”花咲舞が黙ってない”が1位に!。NHK大河ドラマ”軍師官兵衛”、朝ドラ”花子とアン”視聴率。

本文(ドラマ視聴率(民放)ランキングBEST3)サマリー ・2014年春の民放ドラマランキングBE

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑