視聴率更新。医師たちの恋愛事情7話あらすじ、感想、視聴率、8話予告。春樹がHIPEC(腹腔内温熱化学療法)で末期の胃がん患者を救う

医師たちの恋愛事情7話が放送されました。
・医師たちの恋愛事情7話視聴率、感想
・医師たちの恋愛事情7話あらすじ
・医師たちの恋愛事情8話予告あらすじ
・医師たちの恋愛事情原作、脚本
・医師たちの恋愛事情主題歌
・医師たちの恋愛事情放送日
・医師たちの恋愛事情出演者、キャスト
・医師たちの恋愛事情関連記事
を公開します。

医師たちの恋愛事情7話視聴率、感想

医師たちの恋愛事情7話が放送されました。視聴率は8.0%でした。
医師たちの恋愛事情6話視聴率は8.3%でした。

医師たちの恋愛事情7話感想は、春樹の元彼女由梨絵の存在が千鶴を迷わせていた。

春樹の母も、由梨絵と春樹が結婚してくれればいいと思っていることをしる千鶴。

そんな中、友子が子供を産むことが決まっていたのだが夫が急に、おろしてくれと発言し友子は困惑する。

春樹と千鶴は、今後進展があるのか、ないのか?由梨絵と春樹が結びつくのか。

医師たちの恋愛事情7話あらすじ

春樹が星野という患者を診察することに。

紹介で来た患者だった。胃がんで末期だった。
そして様々な病院にいったがさじを投げられていた。

春樹は、星野に”あきらめないでください”という。
春樹は、様々な論文を読みあさる。

そんな春樹を見ていた千鶴は、無責任に希望をもたせるのはどうなのかと問う。

しかし春樹は、千鶴に反論する。

春樹は、渡辺から星野の治療に関して売り上げに関与しないなら別の患者を診察してくれと言及される。

春樹はまだ、星野の治療をあきらめていなかった。そこでHIPEC(腹腔内温熱化学療法)に目をつける。

HIPEC(腹腔内温熱化学療法)とは

腹腔内の臓器に癌(ガン)が発生し、ガンが進行すると、腹腔内にガン細胞がまき散らされるようになります。

まき散らされ腹腔内に拡がったガン細胞は、腹腔内の様々な場所の腹膜に接着し、そこで発育して数多くの小さなガンの巣を作ります。

これが腹膜転移です。種を播いたような発育をするので、腹膜播種性転移(ふくまくはしゅせいてんい)とも呼びます。

 腹膜転移を起こすと、腹水や、腸閉塞などを発症し、生活の質が著しく落ちます。また、この腹膜転移は極めて難治性で、これまで有効な治療がありませんでした。

 HIPECは、この難治性の腹膜転移を予防し、また、治療するために開発された治療方法です。

引用 滋賀医科大学ホームページ
尚詳細はこちら

再度会議の中で、春樹が星野のオペの説明をするが渡辺が噛み付いてきた。

そしてHIPEC(腹腔内温熱化学療法)の治療法を提案する。
渡辺は、その治療法を理解したのだがこの治療法は大学病院で初めてだから倫理委員会等かける必要があるという。

その時白石教授が、なんとHIPEC(腹腔内温熱化学療法)のオペの経験があったのだ。そして、白石教授が中心でオペが行われることに。

春樹は、千鶴の恋はというと、春樹の元彼女の由梨絵が現れてから二人の間はギクシャクしていた。

春樹の母は、由梨絵がよく家に来ていて、由梨絵がお嫁さんになってくれたらと発言したことに、悩んでいた千鶴。

友子は、子供を産むことがきまりいろいろ考えている中、急に友子の夫がおろすことを提案し、困惑する

そんな中星野のオペが始まる。
HIPEC(腹腔内温熱化学療法)を行うこととなっていたが、癌が転移していないことが前提条件だった。

そしてオペ中に細胞を採取し、転移がないか調べた。結果転移が認められずHIPEC(腹腔内温熱化学療法)を白石が行うことに。

オペは無事成功した。

その後千鶴が、春樹を屋上に呼び出す。そして
今までのことはなかったことにしよう”という。

医師たちの恋愛事情8話予告あらすじ

守田春樹(斎藤工)は、整形外科から転科してきた岩瀬重雄(岩松了)の担当になり、手術の日程を相談しにいく。

だが岩瀬は、死んでも構わない、と言って何故か手術を拒む。

同じころ、千鶴(石田ゆり子)も、仕事中毒のキャリアウーマン・朝倉貴子(MEGUMI)から手術を拒否される。

さらに宗太郎(平山浩行)も、幼い3人の子どもを抱えるシングルマザーでキャバクラ嬢の前川留美(岩佐真悠子)から、金がないという理由で手術を断られていた。

別の日、春樹の元恋人・由梨絵(小松彩夏)が退院する。駅まで春樹に送ってもらうことになった由梨絵は、いまでも春樹のことが好きだと告白する

一方、奈々(相武紗季)は、宗太郎の息子・悠馬(矢村央希)が骨髄移植を受けなければならないことを知る。

しかし、悠馬と母親の菜穂(上野なつひ)とはHLA=ヒト白血球抗原が適応せず、いま宗太郎と適合するかどうかを調べているのだという。

泣いている菜穂の姿を目の当たりにした奈々は、千鶴や友子(板谷由夏)にその複雑な胸の内を告白する。その際、奈々から春樹との関係を問われた千鶴は、もう止めた、と答えるが…。

岩瀬は、壊死した右足を切断しなければ命にかかわる状態だった。

改めて岩瀬の説得を試みた春樹は、家族にも相談してはどうか、と話す。しかし岩瀬は、家族なんかいない、といって背を向けてしまう。
そんな中、留美、そして貴子の容体が相次いで急変し…。

医師たちの恋愛事情ホームページ引用

医師たちの恋愛事情原作、脚本

医師たちの恋愛事情の原作、脚本は
・秋山竜平さん
・坂口理子さん
・小山正太さん
3名の書きおろしです。

医師たちの恋愛事情主題歌

医師たちの恋愛事情主題歌は、シシド・カフカさんのDon’t be love feat.斉藤和義という曲です。

医師たちの恋愛事情放送日

医師たちの恋愛事情放送日は、毎週木曜日10時からです。

医師たちの恋愛事情初回放送日は、4月9日です。

医師たちの恋愛事情出演者、キャスト

医師たちの恋愛事情出演者、キャストは

主役
・守田春樹:斎藤工さん
2014年この時間帯で昼顔にも出演していました。

・河合奈々:相武紗季さん
・近藤千鶴;石田ゆり子さん
・市川友子:板谷由夏さん
・仁志祐介:伊原剛志さん
・渡辺幹夫:生瀬勝久さん

医師たちの恋愛事情関連記事

・6話あらすじ、視聴率こちら

・5話あらすじ、視聴率こちら

・医師たちの恋愛事情4話あらすじ、視聴率こちら

・医師たちの恋愛事情3話あらすじ、視聴率こちら

・医師たちの恋愛事情2話あらすじ、視聴率こちら

・医師たちの恋愛事情1話あらすじ、視聴率こちら

医師たちの恋愛事情あらすじ、1話、予告、ネタバレ、出演者斎藤工さん、相武紗季さん、石田ゆり子さん。主題歌はシシドカフカさん。医師たちの恋愛ドラマ

ad

関連記事

n3

Nのために3話あらすじ、4話予告ネタバレ、視聴率、感想。原作、主題歌、出演者公開。西崎、安藤、杉下の関係が明らかに。

本文(Nのためにに関する)内容まとめ ・Nのために3話視聴率、感想 ・Nのために3話あらすじ

記事を読む

naan6

視聴率更新。ようこそ、わが家へ6話あらすじ、視聴率、感想、7話予告。名無しさんに健太が刺される

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ6話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

rintarou7

視聴率更新。Dr.倫太郎(ドクターりんたろう)7話あらすじ、感想、視聴率、8話予告。

堺雅人さんが主演でDr.倫太郎(ドクターりんたろう)7話が放送されました。 ・Dr.倫太郎(ドクタ

記事を読む

hirugao

上戸彩さん主演ドラマ昼”顔~平日午後3時の恋人たち~”あらすじ、原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者を公開します。

本文( 上戸彩さん主演ドラマ”昼顔~平日午後3時の恋人たち~”に関する)内容 ・ドラマ”昼顔~平日

記事を読む

hanasakilast

花咲舞が黙ってない最終話あらすじ宿敵真藤常務がピンチに。視聴率14.8%でした。続編は?

杏さん、上川隆也さん出演花咲舞が黙ってない ・最終話視聴率、感想、無料動画 ・最終話あらすじ

記事を読む

deto9

視聴率更新。デート”恋とはどんなものかしら”9話あらすじ、視聴率、感想。最終話(10話)予告、杏さん、国仲涼子さん主演。主題歌chay。巧が高等遊民になった理由が明らかに。

フジテレビ月9ドラマ”デート 恋とはどんなものかしら" ・デート〜恋とはどんなものかしら〜9話視聴

記事を読む

ドラマ”ホワイト・ラボ”原作、主題歌、放送時間。1話あらすじ(予告)、見所

ドラマ”ホワイト・ラボ”原作、主題歌、放送時間。あらすじ、見所のサマリー(目次) ・ドラマ”ホワイ

記事を読む

han10

視聴率速報。花燃ゆ10話あらすじ、感想、視聴率。11話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。伊藤利助が松下村塾に

NHK大河ドラマ花燃ゆ10話が放送されました。 ・花燃ゆ10話視聴率、感想 ・花燃ゆ10話あらす

記事を読む

HEAT1

1話視聴率更新。EXILEのAKIRAさん主演”HEAT”1話あらすじ、視聴率、感想。プロジェクト進行のために消防団に入るタツヤ。2話予告あらすじ、出演者、主題歌、原作

EXILEのAKIRAさん主演ドラマHEAT1話放送を開始します。 ・”HEAT”1話視聴率、感想

記事を読む

nisizima

ドラマ”MOZU”(もず)の5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告、ネタバレ。葵美の争奪戦東が勝つか倉木が勝つか。。

本文(ドラマ”MOZU”(もず)に関する)サマリー ・ドラマ”MOZU”(もず)の5話視聴率、感想

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑